デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.421-423(DK390225k) ページ画像

大正15年11月5日(1926年)

是日、大隈会館ニ於テジェームズ・イー・ロー・ノ引率スルアメリカ合衆国海上大学学生ト、日本学生トノ交歓会開カレ。栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正一五年(DK390225k-0001)
第39巻 p.421 ページ画像

集会日時通知表 大正一五年       (渋沢子爵家所蔵)
十一月五日 金 午後二半時 日米学生交驩会(大隈会館)


竜門雑誌 第四五九号・第八七頁 大正一五年一二月 青淵先生動静大要(DK390225k-0002)
第39巻 p.421 ページ画像

竜門雑誌 第四五九号・第八七頁 大正一五年一二月
    青淵先生動静大要
      十一月中
五日 ○中略朝日新聞社催日米学生交歓会(大隈会館)○下略


(ジェームズ・イー・ロー)書翰 渋沢栄一宛 一九二六年一一月一六日(DK390225k-0003)
第39巻 p.421-423 ページ画像

(ジェームズ・イー・ロー)書翰 渋沢栄一宛 一九二六年一一月一六日
                    (渋沢子爵家所蔵)
          University Cruise
          (AROUND THE WORLD)
                        11 BROADWAY
                         NEW YORK
                    Shanghai, China
 - 第39巻 p.422 -ページ画像 
                    November 16, 1926
H. E. Viscount Shibusawa
  Asukayama
  Tokyo, Japan
Your Excellency:
  By the formal vote of our Faculty and Student Body we desire to convey to you our deep appreciation of the welcome Japan accorded our students. Both the official courtesies and the cordial assistance of individuals and student guides have forged the bonds of friendship. At this time we wish especially to thank you for your words of welcome to the Student Meeting at Okuma Hall.
  Only a visit to Japan could ever acquaint us with the charm of Japanese life and the gracious hospitality of Japanese people. It is these intimate experiences that we value most highly, although it is quite impossible ever adequately to express our gratitude.
  The members of the University Cruise are sailing away with memories of Japan that the years will not efface. We can only hope that the splendid friendships begun during our recent visit will flourish, and be renewed at some future time either in your country or in ours.
               Most sincerely yours,
               (Signed) James E. Lough
                       Acting President
(右訳文)
         (栄一鉛筆)
         昭和二年一月八日一覧、可相成ハ適当之回答案を取調、来意を謝し且一行之滞京日数少き為め、充分之接待出来兼候を遺憾とする旨之謝状差出申度事
 東京市                 (十二月日入手)
  子爵渋沢栄一閣下
              上海、一九二六年十一月十六日
               海上大学々長代理
                 ジエームス・イー・ロー
拝啓、益御清適奉賀候、然ば我幹部並に学生一同は日本が我学生に対し与へられたる歓迎に対し、深厚なる謝意を正式の決議により、玆に表候
政府の厚意、個人よりの深厚なる援助及学生諸子の案内は、友誼を増進するに与つて力有之候、此機会に於て小生等は大隈会館に於ける学生集会に於ける閣下の歓迎の辞に対し特に奉感謝候
日本人の美点及日本国民の礼譲ある厚遇を玩味し得るには、日本を親しく訪問したればこそと存候
小生等の最も尊重致すは如此親交に御座候、然も小生等の謝意を存分
 - 第39巻 p.423 -ページ画像 
に表明し得ざるは遺憾此事に御座候
海上大学の教職員及生徒一同は、年経て消えざる日本の思ひ出を抱いて航海を続け居候
小生等の訪問により生れたる友誼が次第に花咲き実り、将来我国又は貴国に於て再び温めらるゝことを希望致候
右得貴意度如此御座候 敬具


渋沢栄一書翰控 ジェームズ・イー・ロー宛 昭和二年三月一六日(DK390225k-0004)
第39巻 p.423 ページ画像

渋沢栄一書翰控 ジェームズ・イー・ロー宛 昭和二年三月一六日
                  (渋沢子爵家所蔵)
                 (栄一鉛筆)
                 三月十一日一覧
    案
 紐育市ブロード・ウエイ、一一
  海上大学々長代理
   ジエームス・イー・ロー博士殿
                      渋沢栄一
拝復、昨年十一月十六日附尊書正に落手難有拝誦仕候、然ば昨秋海上大学々生を御引率相成当地へ御来遊の節貴下を始め幹部並に学生諸子に御会見する事を得欣快に存候、只御滞在期間の短かゝりし為め十分御歓待申上兼候を頗る遺憾に存候、然るにも不拘幹部並に学生諸子を代表せられ正式の決議を経て、御丁寧なる御礼状を賜はり却て恐縮至極に御座候、御高見の如く今回の御来遊より生じたる友誼が次第に花咲き実を結び、永く両国間の親善に資し候事希望の至に候
右御礼旁得貴意度如此御座候 敬具
   ○右英文書翰ハ昭和二年三月十六日付ニテ発送セラレタリ。