デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.546-550(DK390264k) ページ画像

昭和3年6月24日(1928年)

是日栄一、アメリカ合衆国ハワイ在住ノ日系合衆国人三十三名ヲ、日本工業倶楽部ニ招キテ茶会ヲ催ス。栄一病気ニヨリ阪谷芳郎代理接待ス。


■資料

(原田助) 書翰 増田明六・小畑久五郎宛昭和三年四月一〇日(DK390264k-0001)
第39巻 p.546-547 ページ画像

(原田助) 書翰  増田明六・小畑久五郎宛昭和三年四月一〇日
                     (渋沢子爵家所蔵)
  昭和三、四月十日
  東京
    増田明六様 明六
    小畑久五郎様
                   ホノルル
                      原田助
拝啓、愈御清穆奉賀候、陳者当地マキンレーハイスクール教師近藤菊次郎氏、今回学生見学団ヲ組織シ、六月中旬故国ヘ出発致ス予定ニ御座候、同氏ハ小生熟知ノ間柄ニ有之、又引率スル学生ハ皆布哇生ノ青年男女ニテ大学生両名、ハイスクール生十七名、其他ハ小学教育ニ従事中之者ニ有之候
右一行ニ就テハ、基督教青年会同盟主事松沢光茂氏斡旋ノ労ヲ執リ候筈ニ付、委細同氏ヨリ申出候事ト存候間、便宜ヲ御供与被下候得者至幸ニ奉存候
 - 第39巻 p.547 -ページ画像 
右御紹介且御願迄 匆々敬具


(菅儀一)書翰 増田明六宛昭和三年六月二日(DK390264k-0002)
第39巻 p.547 ページ画像

(菅儀一)書翰  増田明六宛昭和三年六月二日 (渋沢子爵家所蔵)
            (別筆)
            昭和三年六月二日菅儀一氏来状
拝啓
先般在布哇原田助博士より書状を以て御願有之候様、来る廿二日別紙の通り布哇公立学校教師及学生日系米人三十三名見学のため来朝致し候に付きては
子爵訪問の機会を与へらるゝ様御高配煩し度、此段以書状御願申上候
                           敬具
  昭和三年六月二日           菅儀一
    増田明六殿
         侍史
  追て東京滞在は二十三・四・五の三日の予定に有之候
  ○別紙略ス。


招客書類(二) 【昭和三年六月廿四日午後三時、於工業倶楽部 渋沢子爵御病気ノ為メ阪谷男爵代ハリテ催サル 布哇基督教青年会催同地日系米国人一行招待茶会来会者】(DK390264k-0003)
第39巻 p.547 ページ画像

招客書類(二)              (渋沢子爵家所蔵)
 昭和三年六月廿四日午後三時、於工業倶楽部
 渋沢子爵御病気ノ為メ阪谷男爵代ハリテ催サル
  布哇基督教青年会催同地日系米国人一行招待茶会来会者
                   阪谷男爵
                   添田寿一
                   頭本元貞
                   堀越善重郎
                   増田明六
                   小畑久五郎
            一行別紙ノ通 三十三名
                外ニ 斎藤惣一
                   鈴木恂
                   熊谷仁三郎
                   松沢光茂
                   菅儀一
                   ダーギン
           以上合計四十五名
 阪谷男爵、一行歓迎ノ趣旨ト将来ニ向ツテ訓諭トヲ述ベラレ、次テ添田・頭本両氏ヨリ英語ヲ以テ一場ノ訓辞ヲ与ヘ、一行ノ内女総代及男総代各一名宛起ツテ謝辞ヲ述ヘ、最後ニ布哇ノ送別ノ歌ヲ一行一同合唱シ、又各自ノ有スル扇面ニ記念ノ署名等ヲ得、禧々トシテ退散シタルハ五時半ナリ


(増田明六)日誌 昭和三年(DK390264k-0004)
第39巻 p.547-548 ページ画像

(増田明六)日誌  昭和三年       (増田正純氏所蔵)
六月廿四日 日 降雨
午後三時から渋沢子爵代理阪谷男爵主催の茶話会が丸の内工業倶楽部で開かるゝので、補佐の為め参会した、右は布哇基督教青年会の催で
 - 第39巻 p.548 -ページ画像 
同地日系米国人四十名(孰れも県立中小学校教育家)が母国観光の為め来邦したのを、同地原田助氏よりの申越ニ依り招待したのである。添田寿一・頭本元貞・堀越善重郎諸氏等米国通、並東京基督教青年会の人々をも来会して大ニ賑かであつた、阪谷男爵の日本語の挨拶に次いて、添田・頭本両氏の英話演説があつた


(松沢光茂)書翰 増田明六宛昭和三年六月二六日(DK390264k-0005)
第39巻 p.548 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(福田美津)書翰 渋沢栄一宛(昭和三年)九月一七日(DK390264k-0006)
第39巻 p.548 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(近藤菊次郎)書翰 渋沢栄一宛(昭和四年)(DK390264k-0007)
第39巻 p.548-549 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(ハワイ教員及生徒旅行団)書翰 渋沢栄一宛一九二八年一一月一日(DK390264k-0008)
第39巻 p.549-550 ページ画像

(ハワイ教員及生徒旅行団)書翰  渋沢栄一宛一九二八年一一月一日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                   Honolulu, Hawaii
                   November 1, 1928
(Viscount)
Baron Shibusawa
  Tokyo, Japan
Dear Sir:
  Although we are once more settled in our island home we have not forgotten our many friendships of the past summer while in Japan. We will always treasure our many experiences among your people. The beauty of your country and the unique hospitality of the Japanese will be enduring impressioas.
  With heartiest appreciation of all your courtesies and with best wishes always for your welfare,
              Sincerely,
               The American Members of the
               Hawaii Teachers' & Students'
               Party
              Ethel L. Martell
              Jane Lathrop Winne
         (Signed) Gertrude A. Reynolds
              M.L. Horace Reynolds
(右訳文)
                (栄一鉛筆)
                三年十二月十一日一覧
 東京市               (十一月廿八日入手)
  渋沢子爵閣下
          ホノルヽ
           ハワイ、教員及生徒旅行団
           米人団員
            エセル・エル・マーテル(女)
            ジエーン・ラスロプ・ウイン(女)
            ガートルード・エー・レーノルヅ(女)
            エム・エル・ホレース・レーノルヅ
拝啓、益御清適奉賀候、然ば私達一同無事帰国仕り候、過ぐる夏期貴
 - 第39巻 p.550 -ページ画像 
国滞留中私達の忝うせる幾多の御友誼は忘却仕らず候、貴国の方々に接して得たる多くの経験は始終珍重可致候、貴国の風光の美なる事及び貴国人の比類なき御款待は、永久の印象と相成可申候
閣下の御厚情に対し衷心より感謝申上げ、且つ御繁栄を祈上候
右御礼旁得貴意度如此御座候 敬具