デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.728-733(DK390311k) ページ画像

昭和6年2月4日(1931年)

是日、アメリカ合衆国ハワイノ実業家ウォルター・エフ・デリンガム夫人及ビ子息、飛鳥山邸ニ来訪シ、栄一ト対談ス。


■資料

総長ト外国人トノ談話筆記集 【デリンガム夫人並令息の訪問】(DK390311k-0001)
第39巻 p.728-730 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(ウォルター・エフ・デリンガム)書翰 渋沢栄一宛一九三一年一月一六日(DK390311k-0002)
第39巻 p.731-732 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰控 ウォルター・エフ・デンリンガム宛 一九三一年二月二四日(DK390311k-0003)
第39巻 p.732-733 ページ画像

渋沢栄一書翰控  ウォルター・エフ・デンリンガム宛一九三一年二月二四日
                     (渋沢子爵家所蔵)
                  (別筆)
                  二月十九日御承認済
    案
 ハワイ領ホノルヽ市
  ヲーター・エフ・デイリンガム殿
                   東京 渋沢栄一
拝復、然は一月十六日付御懇書確かに拝受多大の興味を以て閲読仕候御承知の頽齢の為め近来兎角健康勝れず、事務は勿論接客も局限致居る次第に御座候、御令閨並御令息東京御滞在の頃は幸に元気に有之、且つ貴台より特に尊示を得候義にも有之喜んで御迎へ申上、飛鳥山拙宅にて暫時御談話申上候、御令息が今年十四歳なる由を承り、自己の十四歳の頃を想ひ起し、コンモドル・ペーリの来航当時の感触より引いてはタウンセンド・ハリスの追懐等申上げ、日米両国の国交が決して一朝一夕のものにあらざる次第を申述べ、御令息の如き春秋に富める人々の日米親善に留意せられ、出来るだけ配慮せられんことを希望
 - 第39巻 p.733 -ページ画像 
仕候次第に御座候、令夫人も日米親善増進を希望せられ今回の御旅行も、全く御令息をして東洋を実見せしめ之を理解せしめんが為めなる由を承り敬服仕候、老生の談話中二月十三日を以て満九十一歳に可達旨申上候を御記憶被下候様にて、同日北平より電報にて態々御祝賀被下候、御厚志感佩の至に御座候、御旅行中の事とて返電は差上げず失礼に打過候段不悪御諒恕被下、御両所御帰国の節は老生の謝意よろしく御伝へ被下度願上候
目下の御事情の為め御来遊御取止め被遊候由を承り真に遺憾至極に奉存候、近き機会に於て御希望実現せられ候様期念罷在候
右御回答旁得貴意度如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ同日付ニテ発送セラレタリ。