デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.141-145(DK400023k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

7. ルイス・エル・クラーク


■資料

(ルイス・エル・クラーク)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月八日(DK400023k-0001)
第40巻 p.141-142 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(ルイス・エル・クラーク)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一〇月五日(DK400023k-0002)
第40巻 p.142-143 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(ルイス・エル・クラーク)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一〇月一七日(DK400023k-0003)
第40巻 p.143-144 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰 控 ルイス・エル・クラーク宛大正一二年一一月一七日(DK400023k-0004)
第40巻 p.144-145 ページ画像

渋沢栄一書翰 控 ルイス・エル・クラーク宛大正一二年一一月一七日
                   (渋沢子爵家所蔵)
                    (栄一鉛筆)
                    十一月十二日一覧
    案
 ニユー・ヨーク市、ゼ・アメリカン・エキスチェンジ・ナショナル・バンク
  ルイス・エル・クラーク殿
                    東京
                      渋沢栄一
拝復、益御清適奉賀候、然ば九月八日付貴翰を以て、老生及家族の安否御聞合被下御芳情真に難有奉謝候、先便申上候通り、当日兜町事務所に出勤中激震突発し、同事務所は崩潰せしも幸に身を以て免れ、微傷をも負はざりしは天裕と悦居候、然し右事務所は同夜類焼の災厄に罹り、書類全部と共に烏有に帰し申候、一昨昨年御渡来之節貴台御夫婦並に御令嬢の尊来を得たる飛鳥山の拙宅も、地震之為め軽からざる被害有之しも、大火災の延焼を免れ候間、旧態を存し居候、随て家族も一同無事経過致候
右申上候通り多少之打撃は受けたれども、幸に健康に何の障りも無之徳川公爵と相計り、九月九日大震災善後会を組織し、罹災民の救護及東京市の経済復興の為め微力を致居、日夜多忙を極め居候間、乍憚御休神被成下度候
今次の大震災に際し、貴国の官民が深厚なる同情を以て莫大の金品を寄送せられしは、我が国民の挙つて感激致居候次第に有之、為めに国民全般の勇気を鼓舞し、且つ復興の希望を一層旺盛ならしめしことと
 - 第40巻 p.145 -ページ画像 
信申候
右御回答まで得貴意度如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ十一月十七日付ニテ発送セラレタリ。


渋沢栄一書翰 控 ルイス・エル・クラーク宛大正一三年三月七日(DK400023k-0005)
第40巻 p.145 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ルイス・エル・クラーク宛大正一三年三月七日
                     (渋沢子爵家所蔵)
                     (栄一墨書)
                     三月四日一覧
    案
 紐育市、ブロードウエイ一二八
 アメリカン・エキスチエンジ・ナシヨナル・バンク
  エル・エル・クラーク殿
                    東京
                      渋沢栄一
拝啓、益御清適奉賀候、然ば昨年之大震災に付貴国官民より深厚なる同情を蒙り且つ莫大なる金品の寄送に与り、我国民一同衷心より感謝罷在候、貴台には日本に対する義捐金募集の際、貴行をして其取扱に当らしめ、且貴行玄関前に二旒の赤十字旗を掲げて公衆の注意を喚起せらるゝ等、種々御尽力下され候由、御好意真に難有奉謝候、又已に御発送相成候由なる当時の模様を撮映したる一葉の写真未た落手不致候得共、何れ其内拝受可致と楽み居り候、貴行発行の月報十月号は正に拝受、同誌上に掲出せられたる「大和魂」と題する我国民に対する御感想面白く拝読仕候、就中狭隘なる愛国心及人種的偏見を超越し、一視同仁の態度を以て東西両洋の文明を融合すべしとの御卓見、真に感服の至に御座候
右貴答旁得貴意度如此に御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年三月七日付ニテ発送セラレタリ。