デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.146-155(DK400025k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

9. ロドマン・ワナメーカー


■資料

(ロドマン・ワナメーカー) 電報 渋沢栄一宛一九二三年九月一〇日(DK400025k-0001)
第40巻 p.146-147 ページ画像

(ロドマン・ワナメーカー) 電報 渋沢栄一宛一九二三年九月一〇日
                  (渋沢子爵家所蔵)
                    Sept. 10, 1923
Newyork
HIS EXCELLENCY VISCOUNT E. SHIBUSAWA
  TWO KABUTOCHO, TOKIO.
DEAR EXCELLENCY DURING THESE DAYS OF SADNESS AND INDESCRIBABLE CONFUSION WE BESEECH THAT YOU HAVE BEEN SPARED WITH YOUR GREAT INFLUENCE POWER AND DISCRETION TO DO WHAT IS YOUR EMINENT DUTY AT THIS TIME WE ARE ASKING YOU TO REPRESENT JOHN WANAMAKER NEWYORK AND PHILADELPHIA AS DIRECTOR GENERAL and beg that at the first possible moment you will immediately send word to us which we pray the wisdom will be given to you to see for guidance at this time our hearts are overflowing with deepest emotion and we desire with all our strength to give you every known help within our power and beg of you to make us feel that we are a fortress of standing by your side though not seeing or knowing the divine reasons for this great calamity we can still hold to our supreme feeling in one who will guide us to the salvation with most anxious hearts we beg of you to confer with the imperial government and your countrymen and tell us how we can immediately express to you our deep friendship and desire to bring to you our greatest help at this moment in the meantime for your immediate disbursements we have cabled our house in yokohama a fund
 - 第40巻 p.147 -ページ画像 
to your credit of twentyfivethousand dollars and are placing at your disposal all the facilities of our various american representatives in japan with instructions to give you their personal assistance in every way and we will await your instructions with great anxiety your faithful friend
                  Rodman Wanamaker
(右訳文)
                    九月十日午後三時着
                    発信紐育
 東京兜町
  渋沢子爵閣下
                  ロドマン・ワナメーカー
親愛ナル閣下ヨ、悲哀ト名状スヘカラサル混雑ノ際ニ於テ、余ハ閣下ガ此時ニ於テ閣下ノ最モ卓越シタル義務ヲ遂行スル為メ、閣下ノ大勢力及ヒ大判断力ヲ以テ生存セラレ居ルコトヲ切ニ祈ル、此際余ハ閣下ガ紐育及費府ノジヨン・ワナメーカーノ代表者トシテ活動セラレンコトヲ願フ、而シテ出来得ル限リ速ニ、如何ニセバ善キヤ指導ヲ与ヘラレタシ、我々ノ心ハ最モ深キ感情ヲ以テ溢レツヽアリ、余ハ余ノ力ニ於テ為シ得ヘキ総テノ援助ヲ閣下ニ与フヘク、余ノ全力ヲ籠メテ切望ス、余等ハ閣下ニ対シテ、余等カ一城砦トシテ閣下ノ側ニ立ツモノト感セラレンコトヲ願フ、余等ハ神ガ何故ニ斯ル大災害ヲ下セシカヲ知ルヲ得ズト雖、此神ガ等シク深キ悲哀ヲ以テ新ナル救済ヲ与フルニ相違ナシトノ最高信念ヲ抱クモノナリ、余等ハ閣下カ帝国政府及国民ト協議ヲ遂ケ、余等ニ我々ノ深厚ナル友情ヲ直ニ如何ニセハ表シ得ヘキヤヲ知ラシメラレンコトヲ請フ、余等ハ此時ニ於テ我々ノ最モ大ナル援助ヲ閣下ニ与ヘンコトヲ願フ、差シ向キ閣下ノ直ニ使用ニ供スル為メ横浜ニ於ケル余ノ店ニ電報ヲ発シ、二万五千弗ヲ閣下ニ提供スルコトヲ命シタリ、又日本各地ニアル駐在員ヲシテアラユル便宜ヲ閣下ニ与フルコトヽセリ
余ハ大ナル心配ヲ以テ閣下ノ命令ヲ待ツモノナリ


渋沢栄一電報 控 ロドマン・ワナメーカー宛大正一二年九月一三日(DK400025k-0002)
第40巻 p.147-148 ページ画像

渋沢栄一電報 控  ロドマン・ワナメーカー宛大正一二年九月一三日
                  (渋沢子爵家所蔵)
 *紐育
  ロドマン・ワナメーカー宛
(別筆)
阪谷               東京
                   渋沢栄一
貴電領掌、未曾有ノ大災害ニ遭遇シ、悲哀ト混雑トヲ以テ充チタル際ニ於テ、最モ深キ友情ヲ込メタル貴電ハ余ニ名状スベカラザル愉快ト勇気トヲ与ヘタリ
余ノ事務所及余ノ関係セル数多ノ銀行・会社ハ灰燼ニ帰シタル中ニ於テ、余ハ不思議ニモ微傷ダモナク安全ニ余ノ事務所ヨリ逃出ルコトヲ得タリ
東京・横浜両大市ヲ焼払ヒ、一望一大砂漠ノ如ク化セシメタル大災害
 - 第40巻 p.148 -ページ画像 
ニモ拘ハラズ、国民ハ毫モ落胆セズ、復旧ノ為メニ非常ノ勇気ヲ示シツヽアルコトハ、余ノ貴下ニ報告スベキ唯一ノ慰安ナリ、全部ノ損害ハ莫大ニシテ俄ニ数字ヲ以テ言明シガタシ、少クトモ廿五億弗ヲ下ラズ、差向キ建築材料ニ最モ欠乏シツヽアリ
貴下ノ送付セラレタル寄附金二万五千弗ハ、余等ノ組織セル大震災善後会ニ託シ、最モ有効ニ使用スベシ
余ハ貴下ニ切望ス、震災復旧ノ為ニ要スル資金ハ実ニ巨額ニ上リ、日本市場ノミニテ弁ジ得ルコト困難ナリ、将来米国市場ノ援助ヲ乞フコト最モ必要ナリト思考ス、其場合ニ臨ミ貴下ノ偉大ナル勢力ト同情トヲ以テ其成功ニ助力ヲ賜ハランコトヲ
*欄外記事
 [12年9月13日
  ○右英文電報写ニ鉛筆ニテ9/10/23トアリ、誤記ナラン。後掲「外務省通移普通第一三〇五号」ニヨレバ右電報ノ発信日ハ九月十六日ナリ。


(ディー・マッケンジー)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月一四日(DK400025k-0003)
第40巻 p.148-149 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

外務省関係書類(一)(DK400025k-0004)
第40巻 p.149 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(ロドマン・ワナメーカー)電報 渋沢栄一宛一九二三年九月一八日発(DK400025k-0005)
第40巻 p.150 ページ画像

(ロドマン・ワナメーカー)電報  渋沢栄一宛一九二三年九月一八日発
                   (渋沢子爵家所蔵)
Newyork
                   Sept. 18, 1923
  Tokyo.
His Excellency Viscount Shibusawa,
  Dear Excellency in profound gratefulness have received today your message and conveyd to you through your newyork consul general our deepest solicitude Rodman Wanamaker
  ○右電報ハ遅延シ九月二十四日着信。
(右訳文)
                   (別筆)
                   九月廿五日御一覧
    電報翻訳
 東京
  渋沢子爵閣下
               ニユー・ヨーク
   大正十二年九月十八日     ロドマン・ワナメーカー
貴電拝誦、小生ハ深甚なる感謝を以て本日貴電を接手せり、閣下に対して深厚なる謝意を表せられ度き旨ニユー・ヨーク駐在の貴国総領事に依頼せり


外務省関係書類(一)(DK400025k-0006)
第40巻 p.150 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰 控 ディー・マッケンジー宛大正一二年九月二〇日(DK400025k-0007)
第40巻 p.150-151 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ディー・マッケンジー宛大正一二年九月二〇日
                   (渋沢子爵家所蔵)
             (別筆)
             大正十二年九月十九日一覧
    回答案
 神戸市パツテン・マツケンゼイ会社ニテ
 - 第40巻 p.151 -ページ画像 
  デイー・マツケンゼイ殿   (大正十二年九月二十日)
                   東京 渋沢栄一
拝啓、貴市第一銀行支店に託して御送附被下候十四日附御書面正に落手難有拝見仕候、然ハ今回の大震災に関するワナメーカー氏の深厚なる御同情と熱烈なる御声援とを御転達被下、感謝に不堪候、同氏よりは曩に懇篤なる電報に接し早速返電致置候へども、トブラー氏近々帰米の由に付、同氏帰国の上はワナメーカー氏に対し小生衷心より感謝致候義を御伝被下候様、貴下よりトブラー氏へ御伝言被下度願上候、ワナメーカー氏よりの寄附金弐万五千弗は、小生等の主唱にて成立せる大震災善後会への寄附金として取扱度と存候ニ付ては、貴市第一銀行支店を経て同本店右会勘定へ御振込被下候はゞ難有奉存候
右御礼旁々御回答まで得貴意度如此御座候 敬具


渋沢栄一書翰 控 ディー・マッケンジー宛大正一二年九月二九日(DK400025k-0008)
第40巻 p.151 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ディー・マッケンジー宛大正一二年九月二九日
                     (渋沢子爵家所蔵)
拝啓、益御清適奉賀候、然ばワナメーカー氏よりの寄付金二万五千弗(五万一千二百八十二円)に対する領収書玆許封中御送付申上候間御査収被成下度願上候、右寄附金は小生の最も適当と考ふる方法ニ於て使用すべしとのワナメーカー氏の主旨に基き、之を小生等の発起組織せる大震災善後会に寄附致候、同会の会長は徳川公爵に有之候、甚だ勝手なる申分に候へ共、御序の節右領収書を貴台よりワナメーカー氏へ御転送下され候はゞ真に難有奉存候 敬具
  大正十二年九月二十九日       東京
                      渋沢栄一
    神戸市パツテン・マツケンゼイ会社
     デイー・マツケンゼー殿
  ○右英文書翰ハ同日付ニテ発送セラレタリ。
  ○栄一、十月十二日付ヲ以テ、ロドマン・ワナメーカーニ宛テ、エツチ・イー・コールマン紹介状ヲコールマンニ手交ス。ロバート・エヌ・リンチ宛同日付書翰参照。同文ナリ。


(ロドマン・ワナメーカー)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一〇月一七日(DK400025k-0009)
第40巻 p.151-152 ページ画像

(ロドマン・ワナメーカー)書翰  渋沢栄一宛一九二三年一〇月一七日
                     (渋沢子爵家所蔵)
R.W.
                   October 17th, 1923
Viscount E. Shibusawa,
  Asukayama,
  Tokyo, Japan.
My dear Viscount Shibusawa,
  It is with feelings of great thankfulness I learn, through your courteous and highly appreciated letter of September 11th, of the safety of yourself and the members of your dear family.
  It is, indeed, fortunate that at this time of unprecedented distress and destruction, you have been spared, with your great wisdom and experience, to counsel and direct in the work of
 - 第40巻 p.152 -ページ画像 
 reconstruction and aiding the sufferers.
  Our representative in Japan, Mr. George Tobler, who was stationed at Yokohama, has just returned here with the members of his family, and has told me something of the catastrophe which fell upon your two most important cities like a thunderbolt from a clear sky.
  If there can be such a thing as a bright side to such an awful calamity, it is in the fact that in rebuilding you can plan for vastly greater, better and safer construction than was possible under old conditions.
  We, in this country, have had the experience of the California earthquake, which destroyed the greater part of San Francisco, yet a few years later the city was finer and more prosperous than ever before.
  Again thanking you for your letter, and assuring you of my deep and abiding sympathy in the welfare of your great country, I am, with great respect,
           Yours very sincerely,
          (Signed) Rodman Wanamaker
(右訳文)
          (栄一墨書)
          十二月十六日閲、先頃寄附金ニ付而之礼状ハ発送済と存候、此来書ニ付而ハ災後之復興経営概況を記載して回答致度候事
 東京市                (十一月十四日入手)
  子爵渋沢栄一閣下    紐育、一九二三年十月十七日
                  ロドマン・ワナメーカー
拝啓
九月十一日附の御鄭重なる御手紙正に落手拝見、閣下を始め御一同様には御無事なる由を承り、欣喜罷在候、前古未曾有の大震災に際し、閣下には幸ひ難を免れさせられ、該博なる知識と経験とを以て、復興と罹災者救護の事業とに御尽瘁相成候由にて、慶賀此事に存候
弊店の駐日代表者ジヨージ・トブラー氏は横浜に在住致居候処、今回家族と共に帰来致し、日本の最も重要なる両都市に、恰も晴天の霹靂の如く襲来せる大震災に関する情況を縷述せられ候
如此可驚惨状の中に在つて、せめてもの慰めとすべきものありとせばそは市街の復興に方つて其旧態を更め、広大にして安全且つ立派なる都市計画を樹つる事に有之と存候、吾国に於ける地震の経験は彼の桑港の震災にして、此災禍により同市の大部分は粉砕せられ候、乍併数年後には、旧時に優る立派なる都市再建せられ、従来よりも繁栄を見申候
終に臨み、御芳書に対し重ねて御礼申上、且つ貴国の康安を切に祈る次第に御座候
右御返事旁々如此御座候 敬具

 - 第40巻 p.153 -ページ画像 

渋沢栄一書翰 控 ロドマン・ワナメーカー宛大正一二年一〇月三〇日(DK400025k-0010)
第40巻 p.153 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ロドマン・ワナメーカー宛大正一二年一〇月三〇日
                      (渋沢子爵家所蔵)
                   (栄一墨書)
                   十月二十三日一覧
    案
 ニユー・ヨーク市第八街
 ワナメーカー百貨店
  ロドマン・ワナメーカー殿
                      渋沢栄一
拝啓、益御清適奉賀候、然ば今回の大震災に付ては早速電報を以て深厚なる御同情を寄せられ、且つ多額の寄附金を御送付被下真に難有奉深謝候、右御送金の処置に付ては、不取敢電報致置候へ共、其後多忙の為め未だ詳細申上ぐるに至らず打過候に付、乍延引玆に改めて右経過を申上候
九月十日貴台より別紙第一号の電報を拝受致候に付、同月十三日外務省経由第二号の通り返電致し、越えて同月十五日外務省通商局長永井松三氏より第三号の通信を得、更に同十七日在神戸マツケンゼイ氏より第四号の通信に接し、当方よりは第五号の通り回答致し、次に同月廿四日貴台より第六号の電報を拝受致し、其後神戸よりの送金受領の上大震災善後会への寄付を了し、同月二十九日第七号の通り再びマツケンゼイ氏に書通し、御寄付に関する交渉一段落を告げたる次第に御座候
老生が貴台より大震災善後会に御寄附の義を発表致候際、同会会長徳川公爵及幹部員青木子爵・阪谷男爵等諸氏に対して、貴台と老生との従来の関係を述べ、斯る友人を海外に有するを光栄とする旨を陳述し大に面目を施したる次第にて、是れ実に貴台の熱烈なる友情と敦厚なる博愛心に依るものと、別して感謝致候義ニ御坐候
御寄付金に付而は、貴台より阪谷男爵へも同文の御電報有之候由にて貴意了承の旨同男爵より被申聞候に付、序を以て玆に申上候
擱筆に臨み貴台の御健康を祝し併せて御事業の隆盛を祈候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十二年十月三十日付ニテ発送セラレタリ。
  ○別紙第一―七号前掲ニツキ略ス。


(ロドマン・ワナメーカー)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一一月二二日(DK400025k-0011)
第40巻 p.153-154 ページ画像

(ロドマン・ワナメーカー)書翰  渋沢栄一宛一九二三年一一月二二日
                      (渋沢子爵家所蔵)
R.W.
            New York, November 22nd, 1923
Personal
His Excellency, Viscount Shibusawa,
  Marunouchi, Tokyo, Japan.
Dear Excellency :
  I am deeply moved by your letter of October 30th, just received, in which you express such sincere gratitude for the little help which, we were privileged to give to your people in
 - 第40巻 p.154 -ページ画像 
 their great distress. The copies of the various cables, telegrams and letters, which you have taken so much care to send, show everyone's great desire to be of immediate assistance, and will be filed as a record of unselfish devotion in an hour of extreme need.
  The whole world is amazed at the great fortitude and noble calmness of your wonderful people in meeting the greatest physical upheaval that has ever befallen a nation. Their suffering will not have been in vain if it links the nations of the East and West more closely together with the ties of brotherhood.
  I think I can speak for America in saying that whatever she can do to help you to rebuild your homes, your cities, your country, will be done with a glad heart.
  Reciprocating your kindly personal wishes, and trusting that you are fully restored in health to carry on your great life's work, I am,
          Faithfully yours,
            (Signed) Rodman Wanamaker
(右訳文)
            (栄一墨書)
            十二月三十一日一覧 要回答
 東京市               (十二月十四日入)
  渋沢子爵閣下      紐育、一九二三年十一月廿二日
                  ロドマン・ワナメーカー
拝啓
十月卅日付貴書翰正に落手難有拝見仕候、大震災に附し僅か許りの寄附金を差上げたるに対し御鄭重なる御挨拶に与り恐縮に存候、閣下との間に交換したる各種の電報及書翰の写を、態々御作製被下候御厚意誠に難有奉存候、何人も此書類を見る時大災に際し直に喜んで尽力するを惜まざりしを知ると共に、小生は私心なき行為の記録として永く保存致度と存居候
前古比類なき大災害に際し、貴国人の示せる沈勇と剛毅とは世界の一様に驚歎せる処に御座候、東西の両国が未だ嘗て見ざる友情を以て結ばるるに至りしを見れば、今回の震災も穴勝無意義とは不相成申候、罹災都市及家屋の再建に際し、米国の力にて御援助申上得べき事も候はゞ、米国は微力を致すを惜まざるものに候
閣下の御鄭重なる御好意を御礼申上げ、猶ほ将来益々御健康にて重大なる事業を御遂行被遊候様祈上候 敬具


渋沢栄一書翰 控 ロドマン・ワナメーカー宛大正一三年三月一七日(DK400025k-0012)
第40巻 p.154-155 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ロドマン・ワナメーカー宛大正一三年三月一七日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                    (栄一墨書)
                    三月四日一覧
    案
 紐育市
 - 第40巻 p.155 -ページ画像 
  ロツドマン・ワナメーカー殿
                    東京
                      渋沢栄一
拝復、昨年九月一日に起りし大震災の際には逸早く電報を以て御慰問下され、特に金弐万五千弗を御寄送被下候に付ては、老生直ちに電報を以て御厚意深謝し、且つ御寄附の処置に関し御回答申上げし次第に候、其後も尚ほ御書面を以て老生等を鼓舞激励せられ、御芳情の段真に難有奉謝候、貴台の御寄附は老生より更に、老生等の組織せる大震災善後会へ寄附致候義は、予て申上候通りに有之候が、其後右善後会は金五万円を日本日曜学校協会に寄附致候、之に関しては右日曜学校協会より貴台まで已に通知せられ候事と存候得共、尚ほ老生よりも一言申上候
本年は世界日曜学校大会開催之由にて、日本日曜学校協会はコールマン氏及今村正一氏を代表者として派遣する事と相成、コールマン氏は数ケ月前に帰米せられ、今村氏は近々出発渡欧之途に就き候由に有之候
擱筆に臨み貴台御夫妻の御健康と御幸福とを祈りて止まざる次第に候
                           敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年三月十七日付ニテ発送セラレタリ。



〔参考〕白石喜太郎手記 大正一二年(DK400025k-0013)
第40巻 p.155 ページ画像

白石喜太郎手記  大正一二年      (白石喜義氏所蔵)
九月十四日
○上略
Rodman Wanamakerノ来電及返電ニ付阪谷男爵ニ協議セラレ、明朝十時頃迄ニ英訳ヲ小畑氏ニ於テ作成スルコトヽシタリ
○下略