デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.161-162(DK400030k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

14. アーサー・エル・ディーン


■資料

(アーサー・エル・ディーン)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月一一日(DK400030k-0001)
第40巻 p.161-162 ページ画像

(アーサー・エル・ディーン)書翰 渋沢栄一宛一九二三年九月一一日
                   (渋沢子爵家所蔵)
        THE UNIVERSITY OF HAWAII
           Honolulu, Hawaii
                  September 11, 1923
Viscount E. Shibusawa
 - 第40巻 p.162 -ページ画像 
  2 Kabutocho Nihonbashi
  Tokyo, Japan
My dear Viscount Shibusawa :
  The bearer of this letter, Mr. B. M. Matsuzawa, is connected with the Y. M. C. A. in Honolulu. He is going to Tokyo to assist the Tokyo Y. M. C. A. at this time. He is highly valued here and we hope that he may be of service in Japan.
  It was a great relief to me to see by the telegraphic dispatches that you are active in plans of reconstruction. That means, I am happy to believe, that you have escaped in the great disaster which befell your city, a catastrophe which has saddened all friends of Japan.
               Sincerely yours,
                (Signed) A. L. DEAN
                        President.
(右訳文)
                     (栄一墨書)
                     十月三日一覧
 東京市                 (九月廿四日入手)
  子爵渋沢栄一閣下
            ホノルヽ、一九二三年九月十一日
                   エイ・エル・ディーン
拝啓、本状持参人松沢氏はホノルヽ基督教青年会の関係者にして、時局に際し東京基督教青年会の事業を援助する為、日本に赴かるゝ筈に御座候、同氏は当地に於て重要の地位を占め居る人にして、日本に到着の上は大いに尽力可有之事と存候
今回東京を襲いし大惨害に対しては、吾々一同は深く御同情申上居候処、電報によれば閣下には復興事業の為に御活動中の由大いに安心致候、右により閣下には無事大災厄を免れられし事と深く御慶申上候次第ニ御座候 敬具