デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.257-258(DK400076k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

60. リリアン・エフ・フィッチ


■資料

(リリアン・エフ・フィッチ)書翰 渋沢栄一宛(一九二三年)一一月二四日(DK400076k-0001)
第40巻 p.257-258 ページ画像

(リリアン・エフ・フィッチ)書翰 渋沢栄一宛(一九二三年)一一月二四日
                   (渋沢子爵家所蔵)
                Saturday, Nov. 24th
My dear Viscount:
  Your letter reached me a month ago and I certainly intended to reply more promptly. It was wonderful of you to bother writing in such a strenuous time. I am sure you are exceedingly busy on the reconstruction work, which is a long, arduous task.
  We watched our papers for news of how you fared, but it was very difficult for weeks to be really sure as to whether one's friends had been saved or lost.
  Rev. Dr. Coleman is in New York now and has been in our home several times. He tells a very vivid story of the awful catastrophe, and has some heart-rending pictures he shows.
  …………
  We were sorry to know that your office building had gone down in the quake, but delighted to know that you escaped uninjured.
  The feeling of sympathy and helpfulness that obtained here was most delightful to see. ......
  With our united greetings and best wishes to you and yours,
                 Sincerely,
                Lillian Francis Fitch
 - 第40巻 p.258 -ページ画像 
(右訳文)
                  (栄一墨書)
                  十二月三十一日一覧
 東京市               (十二月廿四日入手)
  渋沢子爵閣下     紐育、一九二三年十一月廿四日
              リヽアン・フランシス・フヰツチ
拝啓
貴翰は一ケ月前落手拝見致候へども、今日まで御返事延引致し申訳御座なく候、大事変中にも不拘態々御手紙を賜り詳細事情御洩し被下候
御親切悉く奉謝候、閣下には目下復興事業の為に非常に御多忙と存候右事業は永年熱心の功によりて初めて成就し得るものに御座候
閣下の御消息に就ては新聞記事に不断の注意を払ひ承知せんと致候へども、数週間は閣下を始め友人諸氏の御安否を知るに由なく経過致候コールマン博士は只今紐育に滞在中にて拙宅にも数度来訪有之可恐大災害に就き詳細の談話を聞くと共に悲惨なる写真を拝見致候
○中略
震災に際し貴事務所の崩壊したるは御気毒に存候、乍併幸御怪我なかりしは欣喜の至に存候
当地の人々が日本国民に表明せる同情と教護の希望とを抱きしことは私の欣喜に不堪処に御座候
○中略
終に臨み閣下及御家族様に対し謹んで敬意を表し候 敬具


渋沢栄一書翰控 リリアン・エフ・フィッチ宛 大正一三年三月一七日(DK400076k-0002)
第40巻 p.258 ページ画像

渋沢栄一書翰控  リリアン・エフ・フィッチ宛大正一三年三月一七日
                     (渋沢子爵家所蔵)
                     (栄一墨書)
                     三月四日一覧
    案
 紐育市、西第七十三街一七〇
  リリアン・フランシス・フイツチ夫人様
                    東京
                      渋沢栄一
拝復、爾来久々御無音に打過候処貴方様には至極御健在に被為入候由慶賀此事に御座候、然は昨年の大震災に関しては深厚なる御同情を賜り、御厚意難有奉謝候
貴方様には最近コールマン氏に御面会被成、親しく我邦之近状を御聞取之由、定めて御驚愕の事と察上候
今回の災禍は史上稀に見る悲惨事にて、死傷算なく、物質的損害も亦莫大なるもの有之候、此変災に当り貴国官民は甚深の同情を寄せられ且豊富なる物質的援助を与へられ、単に応急の必要を充せしのみならず、罹災者を始め国民全般の志気を鼓舞作興せしこと甚大にして、老生等は感謝の辞無之次第に御座候
○中略
擱筆に望み御尊父様を始め貴方様の御健康と御幸福とを祈りて止まざる次第に候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年三月十七日付ニテ発送セラレタリ。