デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.260-261(DK400079k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

63. ジョン・アール・モット


■資料

(ジョン・アール・モット)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一二月一二日(DK400079k-0001)
第40巻 p.260-261 ページ画像

(ジョン・アール・モット)書翰  渋沢栄一宛一九二三年一二月一二日
 - 第40巻 p.261 -ページ画像 
                  (渋沢子爵家所蔵)
     The International Committee of Young Men's
          Christian Associations
         347 Madison Avenue, New York.
                 December 12, 1923
Dear Viscount Shibusawa:
  My heart is deeply touched by your gracious and kind letter of October 12th which you have sent me in care of our mutual friend Mr. H. E. Coleman. I value the service of Mr. Coleman very highly indeed, and, therefore, I respond heartily to all that you have so well said regarding him and his valuable work.
  Let me, likewise, express my profound sense of gratitude for your generous words concerning the interest America has taken in helping to be of service to your great country in connection with your recent disaster. I am just now working hard to secure a fund of at least one million dollars to help reconstruct and rehabilitate the important work of the Young Men's Christian Association in Tokyo and Yokohama.
  With highest regard,
            Very sincerely yours,
                (Signed) J. R. Mott
Viscount E. Shibusawa,
  Marunouchi, Tokyo,
  Japan.
(右訳文)
                     (栄一墨書)
                     二月四日一覧
 東京市              (十三年一月十八日入手)
  子爵渋沢栄一閣下   紐育、一九二三年十二月十二日
                  ジヨン・アール・モツト
拝啓、小生友人エチ・イー・コールマン氏気附を以て御発送相成たる十月十二日附御芳書正に入手、御厚志難有奉深謝候、小生はコールマン氏の尽力に対しては深く感謝致居るものにて、同氏並に同氏の貴重なる事業に対する閣下の御讚辞に対しても難有御礼申上候
過般貴国の大震災に際し、我国が貴国罹災者救護の為に微力を致せるに対し感謝の御言葉を賜り恐縮に存候
小生は東京及横浜の基督教青年会館の重要事業復興の為、少くとも百万弗を募集せんとして大いに尽力中に有之候
右御返事旁御挨拶まで 敬具
  ○右書翰中ニイフ十月十二日付書翰ニ就イテハ、ロバート・エヌ・リンチ宛同日付栄一書翰参照。同文ナリ。