デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
7節 其他ノ資料
1款 日米交換教授
■綱文

第40巻 p.325-330(DK400094k) ページ画像

明治44年8月29日(1911年)

是日栄一、日米交換教授トシテ渡米スル新渡戸稲造及ビ在米同胞問題ノタメ渡米スル島田三郎ヲ、共ニ飛鳥山邸ニ招キテ、送別午餐会ヲ催ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四四年(DK400094k-0001)
第40巻 p.325 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四四年         (渋沢子爵家所蔵)
七月二十七日 晴 暑
○上略 島田三郎氏ト電話ヲ交換シテ昨夜桑港ヨリ到着セシ電報ノコトヲ協議ス○下略
  ○中略。
八月五日 晴 暑
○上略 昨夜米国日本人会ヨリノ電報ニ接シ○中略 午前十時自働車ニテ外務省石井次官ヲ訪問スルモ、途中事故ヲ生シタルニヨリ人力車ニテ外務省ニ抵リ、石井・倉地《(倉知)》二氏ト米国来電ノコトヲ協議シ○中略 午飧後事務所ニ抵リ新渡戸ヘ、軽井沢ニ向ヘ詳細ノ書状ヲ発ス○中略
午前九時過、島田三郎氏来リ米国行ノコトニ関シテ種々ノ談話ヲ為ス
八月六日 曇 暑
○上略 夜飧後軽井沢新渡戸氏ヨリ電報来ル、米国行ノコトニ関シテナリ
○下略
  ○此日ヨリ同月十六日マデ栄一伊香保ニ滞在ス。
八月七日 半晴 冷
○上略 朝飧ヲ食ス、後新渡戸氏軽井沢ノ別荘ヘ書状ヲ発シテ米国行ノコトヲ打合ハス、又島田三郎氏ヘモ同様ノコトニテ一書ヲ発ス○下略
  ○中略。
八月十一日 晴 暑
○上略 軽井沢新渡戸氏ヨリ来状アリ○中略 返書ハ直ニ之ヲ郵送ニ付ス○下略
  ○中略。
八月十九日 曇 暑
○上略 田町浅野総一郎氏邸ニ抵リ島田三郎氏米国行ノ送別会ニ出席ス、余興アリ、夜十一時散会帰宿ス
  中略。
八月二十三日 晴 暑
○上略 午前九時半小日向台町ニ新渡戸博士ヲ訪ヘ、米国行ニ付送別会ノコトヲ談ス○下略
  ○中略。
八月二十九日 曇 暑
○上略 今日ハ新渡戸・島田二氏渡米ヲ送別スル為メ開宴スル筈ナレハ朝来其準備ニ忙シ○中略 在米日本人会ヨリ来電ノコトヨリ今日新渡戸・島田二氏渡航ニ至ルマテノ経過ヲ演説ス○下略

 - 第40巻 p.326 -ページ画像 

竜門雑誌 第二八〇号・第七三頁 明治四四年九月 ○新渡戸・島田両氏の送別会(DK400094k-0002)
第40巻 p.326 ページ画像

竜門雑誌  第二八〇号・第七三頁 明治四四年九月
○新渡戸・島田両氏の送別会 青淵先生は八月二十九日正午、カルホルニヤ在留日本人会の招待に応じて渡米の途に上らるゝ新渡戸博士・島田三郎両氏を飛鳥山邸に招待して祖道の宴を張りたり、右は青淵先生がカルホルニヤ在留日本人会長牛島氏の嘱託により右両氏を推選したる縁故もあり旁々特に送別会を催したるものなりと


日米外交史 川島伊佐美著 第一三九―一四一頁 昭和七年二月刊(DK400094k-0003)
第40巻 p.326-327 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

新渡戸稲造伝 石井満著 第二八五―二九二頁 昭和九年一一月再版刊(DK400094k-0004)
第40巻 p.327-330 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。