デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
7節 其他ノ資料
1款 日米交換教授
■綱文

第40巻 p.332-333(DK400098k) ページ画像

大正2年8月21日(1913年)

是日、ハーヴァード大学ノ招聘ニヨリ日米交換教授トシテ、東京帝国大学教授姉崎正治出発ス。


■資料

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正二年(DK400098k-0001)
第40巻 p.332 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記  大正二年
                     (阪谷子爵家所蔵)
○八月六日、姉崎正治ニ一書ヲ送リ、日本問題《(米カ)》ノ解決ハ段々困難ニ傾ク趣キアリ、是レ米人ノ人種的差別ノ観念ニ基因ス、故ニ根本解決ニハ二十世紀全部ヲ要スヘク、其間大雨覆盆ノ活劇ナシトモ限ラス両国志士ノ注意スヘキコトナリ、而シテ平和ヲ破ルノ責ハ主トシテ米人ニアリ云々(同氏八月中ニ出発、米国ハーバート大学ニ講義ヲ引受ケ一ケ年間同地ニ滞在ノ筈ナリ)
  ○中略。
○八月廿一日、姉崎博士北米出発ニ付早朝来談、日米関係ニ付注意ス万国会館(約三百万円)建設ニ付テハ市ハ財政上ノ監督ヲ為シ其他便宜ヲ与フルコトヲ諾ス、但シ土地ノ無代提供等ノ趣キ具体ノコトハ明言ヲ避クルコトヲ注意ス
  ○当時阪谷芳郎ハ東京市長在任中ナリ。


日米外交史 川島伊佐美著 第二七八―二七九頁 昭和七年二月刊(DK400098k-0002)
第40巻 p.332 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日米外交史 川島伊佐美著 第三五七―三五八頁 昭和七年二月刊(DK400098k-0003)
第40巻 p.332-333 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。