デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
7節 其他ノ資料
4款 慶弔
■綱文

第40巻 p.553-556(DK400178k) ページ画像

大正14年2月2日(1925年)

是ヨリ先、大正十三年十月十一日、アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州ピッツバーグニ於テヘンリー・ジェー・ハインツ会社労資協調五十五年記念晩餐会催サル。是日栄一、ハワード・ハインツニ祝辞ヲ送ル。


■資料

米国人来翰(三)(DK400178k-0001)
第40巻 p.553-555 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰控 ハワード・ハインツ宛 大正一四年二月二日(DK400178k-0002)
第40巻 p.555-556 ページ画像

渋沢栄一書翰控  ハワード・ハインツ宛大正一四年二月二日 (渋沢子爵家所蔵)
    案
  ペンシルヴアニア州ピツツバーグ市
    ハーワド・ハインツ様
                  東京 渋沢栄一
拝啓、益御清適奉賀候、然ばエチ・ジエー・ハインツ会社創立者記念祝賀会委員よりの招待状、十月二十八日付の尊書及同祝賀晩餐会の模様に関する新聞紙切抜、何れも順着夫々拝誦仕候、右祝賀晩餐会は十月十一日(土)に開催せられ候由之処、御招待状を同月十五日に接手致候為め、当夜祝電を差上くるを得ざりし義にて真に遺憾に奉存候、当夜の御盛宴に関しては御送付の新聞切抜にて詳細手に取る如く承知致し、欣快至極に存候、又貴台の御演説を拝読致深く感服仕候、実に
 - 第40巻 p.556 -ページ画像 
故大人の人格と事業とを継承して立派に先人の意志を永く後世に伝ふるものにして、実に「此親にして此子あり」と称すべく候
過去五十五年間に亘り貴会社に於ては労資の調和を維持し、争議の未た嘗て起らざりし義は真に以て好模範とすべく、常に此方面に考慮致候老生としては欣快不禁次第に御座候、殊に貴会社の使用人一同醵金して、故人の第八十回の誕生と貴会社創立五十五年記念の祝賀会を開催せられし事、誠に稀に見る美挙にして羨望の至に御座候
意味深き種々の書類を接受し、故大人の事共回想し、又先年渡米の際貴台御夫婦の御歓待を蒙りし事等を想起し感興頻りに御座候まゝ一書得貴意候、実は老生昨年十一月末頃より持病の喘息に悩まされ、約一ケ月にて快方致候得共漸く全快、去る廿五日帰宅早々御回答申上くる次第に御座候
擱筆に望み貴下を始め御家族の御繁栄を祈り候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十四年二月二日付ニテ発送セラレタリ。