デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
2款 講道館 1. 財団法人講道館
■綱文

第43巻 p.359-360(DK430052k) ページ画像

大正13年5月26日(1924年)

是ヨリ先、当館監事和田豊治逝ク。栄一、後任トシテ大橋新太郎ヲ推薦ス。是日、丸ノ内中央亭ニ於テ、当館維持員会及ビ評議員会開カレ、大橋新太郎ヲ監事ニ選挙ス。


■資料

講道館書類(一)(DK430052k-0001)
第43巻 p.359 ページ画像

講道館書類(一)               (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
拝啓、時下愈御清康奉賀候、陳者久敷講道館の事業経過御報告不申上居候間、其後発展の摸様を御報告いたし、将来に於ける計画に就ても御高見承度、且六月一日を以て館長(理事)の任期満了ニ相成候ニ付来る五月二十六日(月曜日)午後五時、丸ノ内永楽町東京海上ビルディング内中央亭支店に於て、維持員会相開き、館長(理事)の改選を行ひ、終て評議員会を開き、欠員ニ相成居候監事壱名の補欠選挙を執行致度候間、御繰合御出席被下度、此段得貴意申候 拝具
 追て晩食用意致置度、御来否の程御一報相煩度候
  大正十三年五月十九日
                   講道館長嘉納治五郎
    (宛名手書)
    渋沢栄一殿
  (別筆)
  御多忙中ニも有之、自分も亦旅行計致居、拝顔の機会を難得ニ依り不取敢右取計置候、何れ拝顔之上御相談申上度と存居候


(嘉納治五郎)書翰 渋沢栄一宛 (大正一三年)五月二〇日(DK430052k-0002)
第43巻 p.359-360 ページ画像

(嘉納治五郎)書翰 渋沢栄一宛 (大正一三年)五月二〇日
                      (渋沢子爵家所蔵)
            (別筆朱書)
            大正十三年五月二十日
            岩手県水沢町岩井旅館ニテ嘉納治五郎氏
拝呈、先般来一度参上和田氏後任として講道館監事に御依頼可致人に付御思召承度所存に御座候処、文化会の為諸方旅行いたし居、未タ其機会を得す居候、然るに館長改選の期日も迫り参り、来る二十六日、維持員会及び評議員会を午後五時より中央亭本店にて開き候事に致候
予め御都合承り決定可致の処、小生諸所に講演の約束いたし鳥渡帰京又大坂に出向候事に相成居、外に日を定め難き事情あり、不得止同日に定め申候、御差繰如何と懸念いたし候へ共、可成御都合被成下御出席希上候、尤御多用の御方故御差支有之も難計と存、二十六日午前、時間は電話にて御打合いたし、王子の御宅の方へ伺ひ、御出席不叶場合に御意見を承り得る様いたし度と存居候間、左様御含み置被下度候
先は右得貴意置度 草々不宣
  五月廿日
                        嘉納治五郎
 - 第43巻 p.360 -ページ画像 
    渋沢老台
      御侍史

講道館書類(一)(DK430052k-0003)
第43巻 p.360 ページ画像

講道館書類(一)             (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
拝啓、愈御清昌奉賀候、陳者予て御通知申上置候通去る廿六日講道館維持員会及評議員会相開候処、在京役員の外熊本より溝淵進馬君、小倉より川合得二君等も御来会相成、多数御出席の上先つ維持員会に於て館長理事の改選相行候処、嘉納治五郎重任ニ決し、次に評議員会ニ於て監事の補欠選挙致候処、渋沢子爵の推薦に係る大橋新太郎氏を満場一致にて選挙し、同氏の就任承諾を得申候間、左様御諒承被下度、此段為念御通知申上候 敬具
  大正十三年五月廿八日      講道館長嘉納治五郎
    (宛名手書)
    渋沢栄一殿


大正十三年度講道館事業及会計決算報告 第三―四頁(大正一四年)刊(DK430052k-0004)
第43巻 p.360 ページ画像

大正十三年度講道館事業及会計決算報告 第三―四頁(大正一四年)刊
    処務ノ要件
○上略
一、五月二十六日、中央亭ニ於テ、維持員及評議員会ヲ開キ、嘉納治五郎・嘉納徳三郎・本田親民・本田存・本郷房太郎・竹内平吉・平山金蔵・富田常次郎・南郷次郎・花房太郎・宗像逸郎・樋口誠康・溝淵進馬・川合得二・有田秀造氏等出席シ、先ツ持維員会ニ於テ、六月一日ヲ以テ館長理事嘉納治五郎氏任期満了トナルニ付改選ヲ行ヒタル処、満場一致ヲ以テ嘉納治五郎氏ヲ再選シテ其重任ヲ冀望シ嘉納氏モ亦之ヲ承諾サレタリ
 次テ評議員会ヲ開キ、嘉納館長議長ト為リ左記ノ要件ヲ決議シタリ
 一、和田豊治氏長逝後監事一名欠員ト為リ居レルニ依リ、現任監事渋沢子爵ニ相談シタル処、子爵ハ大橋新太郎氏ヲ適任者トシテ推薦サレタル旨ヲ議長ヨリ報告シ、監事ノ補欠選挙ヲ行ヒタルニ、満場一致ニテ大橋氏ヲ推スコトト為リタルニ付、改メテ館長ヨリ同氏ニ交渉シタルニ、就任ヲ快諾サレタリ
○下略
   ○和田豊治ハ大正十三年三月四日歿ス。