デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
4款 財団法人修養団
■綱文

第43巻 p.443(DK430075k) ページ画像

明治44年11月13日(1911年)

是日栄一、当団主幹蓮沼門三ヲ飛鳥山邸ニ招致シ、当団機関誌「向上」ノ改良並ニ発展ニ就キ協議ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四四年(DK430075k-0001)
第43巻 p.443 ページ画像

渋沢栄一日記 明治四四年          (渋沢子爵家所蔵)
十一月十三日 晴 寒
○上略朝飧ヲ食ス、畢テ蓮沼門三及岸田・遠藤氏等ノ修養団員ニ面会シテ、向上雑誌ノ改良発展ノ事ヲ協議ス○下略
   ○中略。
十一月二十九日 晴 寒
○上略朝飧ヲ食ス、後蓮沼門三氏来訪、修養団雑誌向上ノ事ヲ協議ス○下略
   ○中略。
十二月十二日 半晴 寒
○上略朝飧ヲ食ス、後○中略修養団遠藤賢次郎氏来リ、向上雑誌ニ記載ノ意見ヲ徴セラル○下略


渋沢栄一 日記 明治四五年(DK430075k-0002)
第43巻 p.443 ページ画像

渋沢栄一日記 明治四五年          (渋沢子爵家所蔵)
一月三日 晴 寒
午前八時半起床先ツ入浴シテ後、屠蘇酒ノ祝盃ヲ挙ケ雑煮ヲ食ス、畢テ蓮沼門三氏ノ来訪ニ接シ、修養団昨年来ノ経過ヲ聞キ本年ノ経営方法ヲ談ス○下略
   ○中略。
二月十一日 晴 寒
○上略朝飧ス、畢テ○中略蓮沼門三氏来話ス、向上雑誌修正拡張ノ事ヲ談ス○下略


向上 第五巻第二号・第七七頁明治四五年二月 △本部通信 一、雑誌経営の曙光(DK430075k-0003)
第43巻 p.443 ページ画像

向上 第五巻第二号・第七七頁明治四五年二月
  △本部通信
    一、雑誌経営の曙光
△昨年末より「向上誌の体裁内容を改良して修養雑誌の最優たらしめん」とは度々渋沢男より御相談ありたり。一月三日、蓮沼主幹等王子の男爵邸に於て其相談を進め、愈々近き将来に於て実行せんことを約せり。
 山本博進社主は洋紙の便利及販売等の便を計らんと誓はれ、添田博士・二木博士・杉浦先生・大田黒氏等大に尽力せんこと申されつゝあり。
若し大雑誌経営の時に至らば、鏘々たる各方面の先輩は悉く声援せらるゝ模様也、欣躍に不堪。
○下略