デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
4款 財団法人修養団
■綱文

第43巻 p.519-520(DK430100k) ページ画像

大正6年9月16日(1917年)

是日、当団本部ニ於テ、当団ノ基礎確立ノタメ協議会開カレ、栄一出席ス。終了後、向上舎新入舎生歓迎懇談会ニ出席シテ訓話ヲナス。


■資料

集会日時通知表 大正六年(DK430100k-0001)
第43巻 p.519 ページ画像

集会日時通知表 大正六年         (渋沢子爵家所蔵)
九月十三日 木 午後三時 森村男・田尻子両氏ト御会見ノ約(森村銀行)
   ○中略。
九月十六日 日 午後一時 修養団本部ヘ御出向御予定


向上 第一一巻第一〇号・第一〇四頁 大正六年一〇月 ○本団基礎確立協議会(DK430100k-0002)
第43巻 p.519 ページ画像

向上 第一一巻第一〇号・第一〇四頁 大正六年一〇月
    ○本団基礎確立協議会
 九月十六日午後一時より渋沢・森村両顧問、田尻団長来団、本部楼上に於て基礎確立の協議会を開かる。本団に深き関係ある北爪・田沢二氏並に蓮沼主幹、瓜生・松本・小林・妹尾各幹事参列、団務拡張に関して種々協議の末、
  一、費用は当分特志家の寄附を仰ぐ件
  二、事務所建設の件
 其他数件を決議せり。手島顧問は当日已むなき御差支ありて御出席なかりき。当日は別項記載の如く新入舎生歓迎懇談会を本部道場に於て開催せしにより協議会結了後、両顧問を始め田沢・北爪二氏は臨席して有益なる訓示を与られたり、特に渋沢顧問は御多忙の中を割かせられ、森村顧問は御病体にて医師並に御家族の御引止めにありしにも拘はらず、何れも朝来の強雨を冒して御出席下されしは誠に感佩措く能はざるところなり。


向上 第一一巻第一〇号・第一〇四―一〇五頁 大正六年一〇月 ○新入舎生歓迎懇談会(DK430100k-0003)
第43巻 p.519-520 ページ画像

向上 第一一巻第一〇号・第一〇四―一〇五頁 大正六年一〇月
    ○新入舎生歓迎懇談会
会場 修養団本部道場に於いて
時日 九月十六日午後零時三十分集合
 当日のプログラム左の如し
 一、第一鈴 団員着席
 二、第二鈴 開会之辞 瓜生幹事
 三、君が代合唱 一同
 四、舎生懇談会
  イ、歓迎之辞
   第一向上舎々兄杉内君
   第二向上舎々兄矢島君(代理)
   第三向上舎々兄水野谷君
   第四向上舎々兄若生君
  ロ、新入舎生の謝辞
   第一向上舎 望月君
 - 第43巻 p.520 -ページ画像 
   第二向上舎 小林君
   第三向上舎 斎藤君
   第四向上舎 城口君
  ハ、五分間感話及茶話会
   立花君(第一)久保君(第一)小山君(第二)間庭君(農大)土田君(第三)秋山君(第一)鍛冶本君(第四)樋口君(第四)藪野君(第一)等交々演壇に立ちて大雄弁を振はる。
 五、1、訓話 本団顧問 男爵 渋沢栄一閣下
   2、同上 本団顧問 男爵 森村市左衛門閣下
   3、同上 本団々長 子爵 田尻稲次郎閣下
   4、歓迎の辞及修養団の趣旨 蓮沼主幹
   5、歓迎の辞及感想 内務書記官 田沢義鋪氏
            本団幹事   妹尾幸三氏
                   北爪子誠氏
            本団幹事   瓜生喜三郎氏
 六、新入舎生宣誓
    新入舎生一同起立、園内君代表して宣誓を為し、団長田尻子爵の御訓辞ありて午後六時閉会
各向上舎設立以来新入舎生聯合歓迎懇親会を本部内に開催したる事は恐らく今回を以て嚆矢となすべく、又斯かる会合に渋沢・森村の両顧問並びに団長田尻子爵閣下の御来臨の栄を忝うせしが如は、是又未だ嘗て非らざる所にして吾等の光栄是に過ぐるもの無き也。加之田沢義鋪氏は多忙中態々御来会下され、吾等学生に対する思想上の問題に就て熱烈なる御訓話を賜はり、以て大暗示を与へたるは誠に感謝の念に堪えざるなり。殊に森村男爵閣下の如きは目下御病気最も御大切の時にして、医師は勿論御家族の人々さへ引き止めらるゝにも拘はらず、強ひて本部の協議会に御出席遊ばされ、更に道場に於て一場の御訓示を賜はりたるは吾々舎生一同は勿論、吾が修養団員一同の感謝感激措く能はざる所なり、又渋沢男爵閣下も滝の川の御別邸に御来客のあるにも拘はらず、猶強ひて吾々青年の為め、帝国新文明の発展の為め、風教改善の道を教示せられ、帝国の模範国民として立派なる行動を取られよとの御訓話ありて吾々は全く衷心より感謝しぬ。
嗚呼吾人は今や思想界の危機に際して如何の覚悟を要とすべきか、吾が修養団の使命は果して那辺に存するのであらうか。警戒せよ混沌たる吾が国の思想界に。(若生記)



〔参考〕集会日時通知表 大正六年(DK430100k-0004)
第43巻 p.520 ページ画像

集会日時通知表 大正六年         (渋沢子爵家所蔵)
九月三十日 日 午後一時 森村男兜町ニ来約
        午後二時 田尻子同 上