デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
4款 財団法人修養団
■綱文

第43巻 p.609-610(DK430133k) ページ画像

大正12年9月8日(1923年)

是ヨリ先、九月一日、関東地方ニ大震火災起ル。是日芝協調会館ニ於テ、当団緊急理事会開カル。栄一出席シテ当団本部復興ニ関スル件及ビ救護ニ関スル件ニ就キ協議ス。


■資料

白石喜太郎手記 大正一二年(DK430133k-0001)
第43巻 p.609 ページ画像

白石喜太郎手記 大正一二年          (白石喜義氏所蔵)
九月八日
午前九時半渋沢子爵出動、白石随行
○上略 転シテ協調会ニ到リ、修養団理事会ニ列席シ、更ニ徳川公・粕谷・河井・中村諸氏ト会談ノ後午後四時頃帰途ニ就カル
○下略


修養団書類(一)(DK430133k-0002)
第43巻 p.609-610 ページ画像

修養団書類(一)               (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
                    (栄一墨書)
                    三月十七日一覧
    財団法人修養団理事会及評議員会報告書
      第一、理事会
○上略
大正十二年九月八日午後一時協調会館内ニ於テ震災善後ノ為緊急理事会ヲ開ク
出席者 渋沢顧問、林・小尾・瓜生・松元・後藤・坂本・妹尾・島各理事、田沢評議員(蓮沼主幹ハ朝鮮出張中)
 決議事項
  一、仮事務所承諾ノ件
    目下避難所タル府下荏原郡碑衾村字碑文谷主幹住宅ヲ仮事務所トナシ居ルモ将来協調会館ノ一部ヲ借受ケ仮事務所トナスコト
  一、本団善後策ニ関スル件
    1本部維持ニ関スル件
     事務員ハ全部解雇スルコト(出来ルダケ手当ヲ支給スルコト)
     理事ハ無報酬ニテ奉仕スルコト
    2雑誌向上ニ関スル件
     当分団報様ノモノヲ発刊シテ向上ニ換ヘルコト
    3団員名簿作成ニ関スル件
 - 第43巻 p.610 -ページ画像 
     希望・のぞみ・大成等ノ誌上ニテ普ネク告示スルコト
     各支部幹事ニ依頼シテ報告ヲ纏ムルコト
     各地新聞紙ニ広告シテ各自ノ報告ヲ促スコト
    4団費整理ノ件
     名簿焼失ノ為、団員各自ノ団費納不納一切不明トナリタルニ付、此際既納団費ノ寄附ヲ願ヒ、新ニ壱ケ年ナリ半ケ年ナリノ団費ヲ納付スル様団員諸君ニ訴フルコト
  一、罹災民救済ニ関スル件
    1各支部ニ号令シテ救護班ヲ組織セシムルコト
    2慰問袋及慰問品ノ募集ヲナシ罹災者ニ配布スルコト
    3各地救護班ヲ召集シテ特殊任務ニ奉仕スルコト
    4其他適当ナル施設ヲ講シテ社会的事業ニ貢献スルコト
     右ハ蓮沼主幹不在ニ付、帰京ヲ俟ツテ主幹ノ意見ニ依リ実行スルコト
  一、在京朝鮮同胞保護ニ関スル件
     田端工場跡ニ千人位集容シテ保護セン考ヘナリシモ、戒厳令ノ布カルヽト共ニ陸軍ニ於テ徹底的ニ保護スルコトトナリ、全部習志野外二ケ所ニ収容スルコトトナリシヲ以テ自然消滅トナル
  一、其他震災ニ関スル応急策ニ関スル件
     主幹帰京ヲ俟ツテ決スルコト
○下略


向上 第一七巻第一〇号・第六二頁大正一二年一一月 大震災に直面して 瓜生光村(DK430133k-0003)
第43巻 p.610 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。