デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
1款 埼玉学友会
■綱文

第45巻 p.107(DK450039k) ページ画像

明治43年9月4日(1910年)

是日栄一、当会川越支部ノ講演会ニ臨ミ、演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四三年(DK450039k-0001)
第45巻 p.107 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年       (渋沢子爵家所蔵)
一月十四日 曇 寒
午前七時過起床先ツ入浴ス、畢テ学友会ヨリ来訪セル相川生ニ面会シテ二月十一日総会ノ事ヲ談ス○下略
  ○中略。
二月三日 晴 寒
○上略 八時褥中ニテ朝餐ヲ食ス、学友会幹事宮崎一氏来リ開会ノ事ヲ談ス○下略
  ○中略。
二月十一日 晴 寒
○上略 此日ハ埼玉学友会紀念会ヲ誘掖会ノ寄宿舎ニ於テ開催スル筈ニテ余ハ会頭トシテ出席スル筈ナリシモ、病ノ為メ欠席ノ事ヲ申遣ス○下略
  ○中略。
九月四日 晴 暑
○上略 午前八時二十分王子発ノ汽車ニテ川越ニ赴ク○中略午後一時ヨリ中学校ニ於ル演説会ニ出席シテ、大国民ノ襟度ト題スル演説ヲ為シ、畢テ三時発ニテ帰京ノ途ニ就ク○下略


竜門雑誌 第二六八号・第五四頁明治四三年九月 ○青淵先生の川越行(DK450039k-0002)
第45巻 p.107 ページ画像

竜門雑誌  第二六八号・第五四頁明治四三年九月
○青淵先生の川越行 青淵先生には埼玉学友会川越支部の発知庄平氏等の懇請により万障を差繰りて同会講演会に臨席することゝなり、九月四日午前八時二十二分王子発汽車に乗り、大宮駅にて電気鉄道に乗換えられ、川越の出迎諸氏と共に同地に着したるは同十時頃なり、夫れより同所銀行集会所員並に実業家諸氏の催しに係る午餐会に臨み、次で中学校にて一場の講演を為し、夕刻帰京せられたり。
  ○演説筆記ヲ欠ク。


渋沢栄一 日記 明治四三年(DK450039k-0003)
第45巻 p.107 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年        (渋沢子爵家所蔵)
十一月一日 晴 冷
午前七時起床入浴シテ朝飧ヲ食ス、畢テ○中略埼玉学友会委員ノ来訪ニ接ス、学友会秋季小会ノ事ヲ談ス○下略