デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
8款 早稲田大学
■綱文

第45巻 p.396-397(DK450154k) ページ画像

昭和6年11月15日(1931年)

是月十一日栄一歿ス。是日葬儀ニ際シ、当大学学生代表三百名、飛鳥山邸前ニ堵列送葬シ、教職員青山斎場ニ参列、総長田中穂積弔詞ヲ贈ル。


■資料

半世紀の早稲田 早稲田大学出版部編 第四一一頁昭和七年一〇月刊(DK450154k-0001)
第45巻 p.396-397 ページ画像

半世紀の早稲田 早稲田大学出版部編 第四一一頁昭和七年一〇月刊
 ○第一篇 第五章 昂揚期
    第十三節 総長の更送
○上略
 然るに十一月十一日、久しく学園の為めに尽した渋沢栄一が死んだ渋沢は明治四十一年、基金管理委員長として、第二次拡張事業基金の募集に尽力し、また大正六年の『早稲田騒動』に際して鋭意斡旋の労を執つて、学園の経済を鞏固にし、其平和を確実にし、更に維持員に
 - 第45巻 p.397 -ページ画像 
就任し、校規改定調査委員長となり、故大隈総長記念事業後援会長となり、学園の発展に貢献するところが極めて大きかつた。其葬儀が行はれた十五日、学園からは学生代表三百名が飛鳥山の邸前に堵列して霊柩を送り、田中総長以下教職員は青山斎場に参列して、哀悼の誠意を表した。田中総長の捧げた弔詞に『幽明途隔たりて再び音容に接すべからず、徳沢長へに存して館舎空しく岑寂たり。玆に一弁の香を拈して閣下多年の高誼と功績とを感謝し、恭しく哀悼の誠意を表すると共に、衷心より閣下の冥福を祈念し奉る』といふ句があるが、それは真に全学園の誠意を披瀝したものであつた。
○下略


竜門雑誌 第五一八号・第四六頁昭和六年一一月 ○弔詞(DK450154k-0002)
第45巻 p.397 ページ画像

竜門雑誌 第五一八号・第四六頁昭和六年一一月
 ○弔詞
早稲田大学総長法学博士田中穂積謹ミテ
故正二位勲一等子爵渋沢栄一閣下ノ霊前ニ白ス
惟フニ閣下ハ少壮ヨリ国事ニ奔走シテ忠ヲ其ノ仕フル所ニ尽シ、王政復古シテ百度一新スルヤ身ヲ財政ノ局ニ委シテ貢献スル所アリ、官ヲ辞シテ野ニ下ルニ及ビデハ、其ノ豊富ナル経験ト卓越セル識見トヲ以テ、力ヲ実業経済ノ発達ニ致シ、公益ヲ広メ世務ヲ開ク事殆ド関与セサルハナク、又深ク思ヲ教育ニ潜メ、学術ノ進歩文運ノ振興今日ノ隆昌ヲ見ルニ至レルモノ、蓋シ閣下ニ負フ所少シトセズ、就中我カ早稲田大学ニ対スル閣下ノ高誼ト功績トハ亦特筆大書スヘキモノアリ
顧ミレハ明治四十一年、本大学ガ第二期拡張ノ議ヲ決シテ基金ヲ江湖ニ募集スルヤ、閣下ハ推サレテ基金管理委員トナリ、其ノ委員長ニ挙ゲラレ、大正六年学内ニ事アルヤ、閣下ハ鋭意斡旋ノ労ヲ執リテ遂ニ平和ノ途ヲ開キ、本大学ノ最高決議機関タル維持員ニ就任シ、尋ギテ校規改定調査委員長トナリ、後又故大隈総長記念事業後援会長トナリ陰ニ陽ニ本大学ノ発展ニ尽瘁セラレ、本年十月高齢ノ故ヲ以テ維持員ヲ辞任セラルヽニ至ルマデ前後二十有余年、終始一貫シテ熱誠ナル賛助ヲ与ヘラレシハ関係者一同ノ感銘シテ忘ルヽ能ハサル所タリ
閣下ハ功成リ名遂ゲタリト雖モ、体力超倫ニシテ寿康当世ニ匹無ク、志猶経世済民ニ在リテ日夜心ヲ君国ノ上ニ馳セ、多事多難ナル現下ノ時局ニ際シ国民モ亦閣下ニ待ツ所多カリシニ、不幸二豎ノ犯ス所トナリ溘焉トシテ道山ニ帰シタマヘリ、嗚呼悲イ哉、幽明途隔タリテ再ヒ音容ニ接スヘカラス、徳沢長ヘニ存シテ館舎空シク岑寂タリ、玆ニ一弁ノ香ヲ拈シテ閣下ノ高誼ト功績トヲ感謝シ、恭シク哀悼ノ誠意ヲ表スルト共ニ、衷心ヨリ閣下ノ冥福ヲ祈念シ奉ル、英霊髣髴トシテ来格シ尚クハ此ノ区々ヲ鑑ミタマヘ
  昭和六年十一月十五日
         早稲田大学総長 法学博士 田中穂積