デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
29款 其他 25. 深川尋常小学校
■綱文

第46巻 p.233-234(DK460063k) ページ画像

大正4年3月19日(1915年)

是日、当校改築落成式挙行セラル。栄一出席シテ祝辞ヲ述ブ。


■資料

渋沢栄一 日記 大正四年(DK460063k-0001)
第46巻 p.233 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正四年           (渋沢子爵家所蔵)
三月十四日 晴
○上略 午飧後揮毫ヲ為シ、夜飧後ニ至リテ止ム、深川学校ノ依頼ニ係ル大幅ヲモ揮毫ス
○下略
   ○中略。
三月十九日 晴
○上略 午前十時深川学校ニ抵リ、新築落成ノ式ニ出席ス、一場ノ演説ヲ為ス、畢テ午飧ノ饗応アリ○下略
   ○演説筆記ヲ欠ク。


記御染筆送リ(DK460063k-0002)
第46巻 p.233 ページ画像

記御染筆送リ                 (渋沢子爵家所蔵)
大正四年三月十四日
深川学校 絹 一大軸
 星野氏ヘ


集会日時通知表 大正四年(DK460063k-0003)
第46巻 p.233 ページ画像

集会日時通知表 大正四年           (渋沢子爵家所蔵)
参月十九日 金 午前十時 深川尋常小学校改築落成式(東森下町)


竜門雑誌 第三二三号・第五〇頁 大正四年四月 ○深川小学校落成式(DK460063k-0004)
第46巻 p.233-234 ページ画像

竜門雑誌 第三二三号・第五〇頁 大正四年四月
○深川小学校落成式 予て改築中なりし深川小学校は三月上旬全く落成を告げたるより、同月十九日午前十時より、同校堂に於て落成式を挙行したり、来賓は青淵先生を首めとして、市区名誉職員其他約二百余名にて、式は型の如く植木区長の報告、宮川市長代理の式辞、知事代理の告辞あり、青淵先生にも一場の祝辞を述ぶる所あり、稲垣校長の答辞を以て式を終り、翌二十日落成祝賀会を催したる由。因に同校は二十六学級の外に特別室四室、裁縫教室の如きは二間の床の間に青淵先生揮毫の大幅を掛け、左右に違ひ棚を設くる等、小学校の設備と
 - 第46巻 p.234 -ページ画像 
しては従来稀有の校舎なりと云ふ



〔参考〕深川区史 同区史編纂会編 上巻・第四九〇―四九一頁 大正一五年五月刊(DK460063k-0005)
第46巻 p.234 ページ画像

深川区史 同区史編纂会編 上巻・第四九〇―四九一頁 大正一五年五月刊
 ○第七章 市制施行後の深川(其一)
    第三節 教育
○上略
 深川尋常小学校(承前)本校は明治二十一年四月に東森下町に一大校舎を建築し、四月十六日これに移り、ついで二十二年四月深川幼稚園を本校附属幼稚園とした。
 この年九月校長交迭須田要就任、三十七年四月福士来之助これに代り、三十八年四月鶴岡重治これに代り、四十年五月本校舎内に市立深川第一実業夜学校を開設、四十年六月十四日校長稲垣知剛就任、大正三年九月二十三日校舎新築工事を起し、翌四年二月二十三日竣工、その規模は木造校舎として市内有数のものであつた。この改築費予算額十万二千九百十七円、校舎総坪千百余坪、建坪六百四十四坪で、三月十九日落成式を挙げた。○下略