デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
29款 其他 28. 渡米小学校長団送別会
■綱文

第46巻 p.235-238(DK460066k) ページ画像

大正6年9月15日(1917年)

是ヨリ先、実業之日本社、其創立二十周年記念事
 - 第46巻 p.236 -ページ画像 
業トシテ、全国小学校長中十名ヲ選抜シテ渡米視察セシメントス。是日栄一、渡米小学校長団送別会ヲ東京銀行集会所ニ開キ、一行ニ対シ挨拶ト希望ヲ述ブ。次イデ十七日、築地精養軒ニ実業之日本社主催送別会開催セラレ、栄一出席シテ送別ノ辞ヲ述ブ。


■資料

竜門雑誌 第三五三号・第一二三頁 大正六年一〇月 ○渡米小学校長団送別会(DK460066k-0001)
第46巻 p.236 ページ画像

竜門雑誌 第三五三号・第一二三頁 大正六年一〇月
○渡米小学校長団送別会 青淵先生には、今回実業之日本社が創立二十周年記念事業として、全国の小学校長中十名を選抜して渡米視察せしむる趣旨を嘉せられ、九月十五日午後六時東京銀行集会所に於て、団長佐々木吉三郎氏以下十一名を主賓とし実業之日本社長増田氏並に同社理事三名及び阪谷男爵、中野武営・添田寿一・堀越善重郎・姉崎正治氏等を陪賓とせる送別の宴を親ら催され、席上、青淵先生の一行に対する懇篤なる挨拶並に企望演説あり、佐々木団長これに対して鄭重なる答辞を陳べ、次に添田・堀越氏等の一行に対する視察上の希望等ありて、其散会したるは十時なりきと云ふ。因に右渡米の諸氏は、同十九日横浜出帆の春洋丸にて長途航海の途に上れる由。


実業之日本 第二〇巻・第二〇号 大正六年一〇月一日 我社二十周年記念事業たる渡米小学校長団の発程(DK460066k-0002)
第46巻 p.236-237 ページ画像

実業之日本 第二〇巻・第二〇号 大正六年一〇月一日
  我社二十周年記念事業たる
  渡米小学校長団の発程
                        記者
○上略
    渋沢男爵の渡米小学校長送別会
○中略
 七時食堂を開く、歓談笑語の間、珈琲の配られた頃、渋沢男は起つて、此送別会を開いた事情より、相客として自分の友人で、教育及び米国の事情に精通せらるゝ方々の御出席を乞ひ、食後米国の事情を懇談したい希望であると述べられ
 教育といふことは単に文字を教へ学問を授けるといふだけでなく、感化薫陶といふことがなければならぬと思ふ。此点に於て日本の教育は露骨にいへば未だ不完全の点がありはせぬかと思はれる。諸君が米国の学制を御視察になるに付ても、この感化薫陶が如何に行はれてゐるか、学校が之を如何に授けてゐるか、若し学校が授けないとすれば家庭で行つてゐるか、或は社会が教へてゐるか、之れらがありとすれば如何にそれが行はれてゐるか、或は又米国の社会がそれなしに行ける様になつてゐるか、此等の点に対しては蓋し御注意になることかと思ふ。
と云ひ、談は更に小学教育より大学教育に説き及ぼし米国大学に対する視察をも促し、一転して
 諸君は米国の文化を見られるに付て余り其旺盛に眩惑されてはいかぬ。例へば紫檀の机を壮麗なる室内に据ゑ、硯も筆も墨も最上等のを選み、設備に最善を尽したとても、之を用ふる人が立派でなければ何
 - 第46巻 p.237 -ページ画像 
の用を為さぬ、寧ろ設備は不完全なりとも、立派な人が之を用いたならば偉大なる効果がある。それと同じく米国の文化の盛大を見ても、直にそれに捉らへられてはいかぬ。稍もすれば米国文化の盛大に眩惑され、帰つて一も米国、二も米国といふものもあるが、諸君は外観の美を見ると同時に、必ず其精神を見ることを忘れてはならぬ。
旨を諄々として説き、更に一転して西部地方の排日問題に付ては国民の一員としても是非注意を払はれたい。これは国民的に解決せねばならぬことを告げ、一行の為に杯を挙げて健康を祝された。
○下略


集会日時通知表 大正六年(DK460066k-0003)
第46巻 p.237 ページ画像

集会日時通知表 大正六年         (渋沢子爵家所蔵)
九月十七日 月 午后五時 実業ノ日本社主催遣米小学校長送別会(築地精養軒)


実業之日本 第二〇巻・第二〇号 大正六年一〇月一日 我社二十周年記念事業たる渡米小学校長の発程(DK460066k-0004)
第46巻 p.237-238 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。