デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
7款 帰一協会
■綱文

第46巻 p.631-633(DK460156k) ページ画像

大正6年1月11日(1917年)

是日、当協会幹事会、東京銀行集会所ニ於テ開カレ、栄一出席ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正六年(DK460156k-0001)
第46巻 p.631 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正六年         (渋沢子爵家所蔵)
一月七日 晴 寒
午前七時半起床、昨夜ヨリ聊カ風邪気ナルニ付入浴セス、洗面後朝飧後、来人ニ接ス、成瀬仁蔵氏来話ス、帰一協会ノ事ヲ協議ス○下略
   ○中略。
一月十一日 晴 寒
○上略 午後四時銀行集会所ニ抵リ、帰一協会幹事会ヲ開キ、幹事外ニ阪谷・井上・添田・中島ノ諸氏来会シテ、本会発展ニ付テ種々ノ意見ヲ交換ス、夜十時過散会○下略
   ○中略。
二月三日 晴 寒
午前七時起床、風邪気ナレハ入浴セス、洗面後朝飧ヲ食ス、成瀬仁蔵氏来リ帰一協会ノ事ヲ談ス○下略



〔参考〕自大正元年七月至大正五年十二月四年六ケ月間帰一協会収支計算書(DK460156k-0002)
第46巻 p.631-632 ページ画像

自大正元年七月至大正五年十二月四年六ケ月間帰一協会収支計算書
                    (渋沢子爵家所蔵)
  自大正元年七月至大正五年十二月四年六ケ月間帰一協会収支計算書
    収入ノ部
一金九千百五拾円也       寄附金
      内訳
  金五千円也          渋沢男爵寄附金
  金四千円也          森村男爵同上
  金壱百円也          御木本幸吉氏 同上
  金五拾円也          姉崎正治氏 同上
     〆
一金弐千参百弐拾九円五拾銭   会員会費
一金壱千七百五拾五円九拾銭   晩餐会費
一金八拾円也          会報代金
一金弐百拾八円拾四銭      預ケ金利息
  合計金壱万参千五百参拾五円五拾四銭
    支出ノ部
一金参千六百参拾八円四拾参銭  印刷費
      内訳
  金弐千五百参拾九円七拾銭   会報印刷費
  金五百参拾五円八拾五銭    時局論叢 同上
  金百五拾九円五拾銭      叢書第一編同上
  金四百参円参拾八銭      雑 同上
     〆
一金弐百六拾九円参拾壱銭五厘  筆紙墨及文具費
 - 第46巻 p.632 -ページ画像 
一金九百六円拾四銭       郵税
一金弐千六百参円弐拾六銭    報酬及手当
一金弐千七百四拾九円六拾七銭  晩餐例会費
一金四百弐拾円四拾壱銭     器具費
一金百八拾円也         姉崎博士渡米持参書物代
一金百七拾弐円九拾壱銭     服部博士 同上
一金七百七円弐拾五銭      研究図書費
一金九百参拾七円五拾参銭五厘  雑費
  合計金壱万弐千五百八拾四円九拾弐銭
差引残
  金九百五拾円六拾弐銭
                次期ヘ繰越金
      此内訳
  金八百四拾六円四拾銭      銀行預ケ金
  金四拾六円六拾八銭       振替貯金
  金拾円也            同上証拠金
  金拾五円也           仮払金(電話加入料)
  金参拾弐円五拾四銭       現在金
     〆
右ノ通ニ候也
  大正五年十二月三十一日
                 帰一協会幹事
                  明六

〔参考〕大正五年下半期帰一協会収支計算書(DK460156k-0003)
第46巻 p.632-633 ページ画像

大正五年下半期帰一協会収支計算書    (渋沢子爵家所蔵)
  大正五年下半期帰一協会収支計算書明六
    収入ノ部
一金千参百参拾弐円弐銭五厘     前期繰越金
一金壱千円也            渋沢男爵寄附金
一金参百参拾四円五拾銭       会員会費
一金百七拾壱円也          晩餐会費
一金四円五拾銭           会報代金
一金拾壱円九拾銭          預ケ金利息
  合計金弐千八百五拾参円九拾弐銭五厘
    支出ノ部
一金七百拾九円八拾銭        印刷資
   金弐百六拾参円八拾弐銭      会報印刷費
   金弐百七拾九円六拾参銭      時局論叢 同上
   金百五拾九円五拾銭        叢書第一編同上
   金拾六円八拾五銭       雑印刷費
一金参拾壱円拾弐銭         筆紙墨及文具費
一金九拾円八銭五厘         郵税
一金六百参拾弐円五拾六銭      報酬及手当
一金百七拾七円九拾銭        晩餐例会費
 - 第46巻 p.633 -ページ画像 
一金四拾五円拾銭          器具費
一金百五拾参円五拾五銭       研究図書費
一金五拾参円拾九銭         雑費
  合計金千九百参円参拾銭五厘
差引残
  金九百五拾円六拾弐銭
                  次期ヘ繰越金
      此内訳
   金八百四拾六円四拾銭       銀行預ケ金
   金四拾六円六拾八銭        振替貯金
   金拾円也             同上証拠金
   金拾五円也            仮払金(電話加入料)
   金参拾弐円五拾四銭        現在金
     〆
右ノ通ニ候也
  大正五年十二月三十一日
                     帰一協会幹事
   ○大正六年中ノ「集会日時通知表」ニ記サレタル当協会関係記事ヲ参考トシテ左ニ録ス。栄一出欠未詳。



〔参考〕集会日時通知表 大正六年(DK460156k-0004)
第46巻 p.633 ページ画像

集会日時通知表 大正六年       (渋沢子爵家所蔵)
壱 月廿二日 月 午後 四時半 帰一協会(中央亭)
弐 月廿四日 土 午後 三時半 帰一協会幹事会(兜町事務所)
三 月廿七日 火 午後 四時半 帰一協会幹事会(中央亭)
四 月廿八日 土 午後 四時半 帰一協会評議員会(中央亭)
         午後 五時半 帰一協会例会(中央亭)
五 月 四日 金 午後 四時半 帰一協会委員会(中央亭)
五 月廿五日 金 午後 五時半 帰一協会例会(中央亭)
六 月 二日 土 午後 三時半 帰一協会特別委員会(飛鳥山邸)
七 月十四日 土 午後 五時  帰一協会ノ件(中央亭)
九 月廿八日 金 午後 五時  帰一協会例会(中央亭)
拾 月廿六日 金 午後 五時半 帰一協会例会(中央亭)
拾壱月 八日 木 午後 四時  帰一協会ニ付懇談会(飛鳥山邸)
拾壱月十六日 金 午後 五時半 帰一協会例会(中央亭)
拾二月十四日 金 午後 五時  帰一協会例会(中央亭)