デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
8款 財団法人理化学研究所
■綱文

第47巻 p.168-172(DK470029k) ページ画像

大正9年1月30日(1920年)

是日栄一、帝国鉄道協会ニ於ケル当研究所評議員会ニ出席ス。六月十四日、評議員会ニ於テ、同月二十九日ヲ以テ任期満了ノ栄一ヲ、更ニ理事ニ推薦、栄一重任ス。次イデ栄一、十一月二十九日ノ理事会ニ出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正九年(DK470029k-0001)
第47巻 p.168 ページ画像

集会日時通知表  大正九年         (渋沢子爵家所蔵)
一月廿四日 土 午前十時 理化学研究所理事会(同所)
  ○栄一是日出席セズ。


自第壱回 至第三十八回 理事会決議録(DK470029k-0002)
第47巻 p.168-169 ページ画像

自第壱回 至第三十八回 理事会決議録  (財団法人理化学研究所所蔵)
    第三十回理事会議事録
大正九年一月廿四日午前十時当事務所ニ開会、十一時閉会
出席 桜井・高松・高峰各理事及原監事
当日ハ出席者過半数ニ達セザリシモ、欠席者ニハ追テ意見ヲ徴スルコトトシ、予定ノ通開会、桜井理事議長ト為リ左記ノ事項ヲ決議シ、尚大正八年十月ヨリ、下級職員臨時手当ヲ二割以内増額ノ件ニ付承認ヲ経タリ
      決議事項
一、大正九年一月ヨリ研究員補留学費月額三百円ヲ三百五十円ニ増額スルコト
二、改正建設費予算ハ原案可決
三、国庫補助金増額ノ件ハ渋沢男爵ヲ煩ハシ、政府当局者ニ請願スルコト
       以上
備考
 右決議事項ニ就テハ桜井副所長ハ一月廿六日渋沢男爵ニ会見承認ヲ
 - 第47巻 p.169 -ページ画像 
得ラレ、又荘・団両理事ニハ一月卅日定期評議員会ノ席上ニ於テ承認ヲ経タリ
                           (水谷)
                            (印)


集会日時通知表 大正九年(DK470029k-0003)
第47巻 p.169 ページ画像

集会日時通知表  大正九年        (渋沢子爵家所蔵)
一月三十日 金 午前十一時 理化学研究所評議員会(鉄道協会)


渋沢栄一 日記 大正九年(DK470029k-0004)
第47巻 p.169 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正九年       (渋沢子爵家所蔵)
一月二十六日 晴 寒
○上略 午後二時事務所ニ抵リ、桜井錠二氏来リ、理化学研究所ノ事ヲ談ス○下略
  ○中略。
一月二十八日 晴 寒
○上略 午前十時理化学研究所ニ抵リ、桜井・団氏等ト要務ヲ談ス○下略
  ○中略。
一月三十日 晴 寒
○上略 鉄道協会ニ抵リ理化学研究所ノ評議員会ニ出席ス、議事畢テ午飧ヲ共ニシ、後大河内博士ノ物理学ニ関スル講演アリ○下略


評議員会決議録 自設立総会 至大正十年九月(DK470029k-0005)
第47巻 p.169-170 ページ画像

評議員会決議録 自設立総会  至大正十年九月  (財団法人理化学研究所所蔵)
    大正九年一月定期評議員会議事録
一、時日 大正九年一月三十日午前十一時三十分開会、正午閉会
二、場所 帝国鉄道協会
三、出席 渋沢・桜井・大橋・高松・高峰・団・荘・原・内藤・塩原各評議員、其他他ノ評議員ヲ代理人ト為ス旨通知セシ者二十七名
四、議事 出席評議員ノ推薦ニ依リ桜井錠二氏議長ト為リ、別紙第一号大正九年度事業計画、第二号大正九年度事業費予算第三号建設費増額予算ヲ附議シ、原案ノ通可決、次テ左記評議員十一名・理事七名・監事五名ヲ推薦セリ
    評議員 男爵森村開作君 内田信也君 島徳蔵君 岡崎藤吉君 堀内明三郎君 勝田銀次郎君 松本健次郎君 貝島鉱業株式会社 岩井勝次郎君 松方幸次郎君 末延道成君
    理事 大橋新太郎君 和田豊治君 団琢磨君 高松豊吉君 高峰譲吉君 桜井錠二君 荘清次郎君
    監事 男爵岩崎小弥太君 原六郎君 安田善三郎君 男爵古河虎之助君 男爵三井八郎右衛門君
     但シ前記理事及監事ハ大正九年三月卅日就職スルコト
○中略
右ノ通
  大正九年一月卅一日
         評議員会議長 評議員 桜井錠二(印)
                評議員 高松豊吉(印)
                評議員 塩原又策(印)
 - 第47巻 p.170 -ページ画像 
(別紙)
(朱書)
(第壱号)
    大正九年度事業計画
目下研究ニ従事セル職員ハ部長以下五十六名ニシテ、本年度ニ於テ新ニ研究員補以下若干名ノ職員ヲ任用シ、更ニ二名ノ研究員補ヲ選抜シテ海外ニ留学セシメムトス、而シテ物理学研究室ノ一部並ニ化学本館ノ竣工スルヲ俟チ、益々研究事業ノ拡張ヲ図ラムトス、尚物理学部ニ於テハ本年度内ニ更ニ一館ヲ増築スル予定ナリ
本年度事業費ハ、大正八年度末ニ於ケル現在預金中ヨリ本年度内ニ仕払フヘキ建設費ノ一部参拾万円ヲ控除シタル残額五拾万円・基金・有価証泰・本年度御下賜金・政府補助金及一般寄附金ノ一部ヨリ生スル利息約拾弐万六千円、及大正八年度事業費剰余金約六万円、合計約拾八万六千円ヲ以テ支弁シ、建設費ハ本年度払込寄附金五拾万円及前記参拾万円ヲ以テ支弁セムトス
  ○別紙第二号、第三号略ス。


自第壱回 至第三十八回 理事会決議録(DK470029k-0006)
第47巻 p.170-171 ページ画像

自第壱回 至第三十八回 理事会決議録  (財団法人理化学研究所所蔵)
    (朱書)
    威
    第三十一回理事会議事録
大正九年五月四日当事務所ニ於テ、第三十一回理事会ヲ開会シタルニ古市・桜井両理事出席セラレタルノミニテ、出席者過半数ニ達セス、依テ当日ノ議題ニ対シテハ別紙ノ通書面ヲ以テ欠席理事中渋沢・高松和田・大橋・荘各理事ノ意見ヲ徴シ、其ノ承認ヲ得タリ
而シテ所長及副所長俸給額改訂ノ件並ニ桜井副所長待遇方ノ件ハ、和田理事ノ提案ニ基ツキ、古市・大橋・荘・犬塚・南各理事ノ意見ヲ徴シ、更ニ渋沢理事ノ決裁ヲ経テ左ノ通決定セリ
 一、所長及副所長ノ俸給額ハ改訂セサルコト
 二、桜井副所長ニハ大正九年度ヨリ年俸金六千円ヲ給スルコト
        以上
                           (水谷)
                            (印)
(別紙)
拝啓 本日当事務所ニ於テ第三十一回理事会開会致候処、折悪敷御欠席ニ付、当日御協議相願フヘキ左記ノ諸件ニ対シ何卒御承認被下度、此段及御照会候也
  大正九年五月四日   財団法人理化学研究所
         所長工学博士男爵 古市公威 
      記
一、大正八年度決算
二、建設技師竹中二郎ヲ五月十日附ヲ以テ兼務研究員補ニ、仁科・海野・磯部・前田各研究生ヲ八月一日附ヲ以テ研究員補ニ任用スルコト
三、給与規程中俸給表ヲ大正九年度ヨリ別紙○略ス ノ通改訂スルコト
四、従来支給中ノ臨時手当ハ大正九年三月限リ之ヲ廃止シ大正九年四月分ヨリ前項俸給表ニ依リ相当ノ額ヲ支給スルコト
 - 第47巻 p.171 -ページ画像 
五、渋沢男爵(六月廿九日)古市男爵(十月十二日)理事任期満了ニ付更ニ推薦方ヲ来ル六月定期評議員会ニ附議スルコト
        以上
                 (高松)(和田)(大橋)(荘)
           栄一(印)(印)(印)(印)
    第三十二回理事会議事録
大正九年六月十四日午前九時半帝国鉄道協会ニ開会、十一時閉会
出席 古市・桜井・高松・和田・大橋・荘各理事及原監事
      決議事項
一、兼務職員大正九年上半期手当支給ノ件、別紙○略ス 原案ノ通、但古市所長ニハ金壱千弐百円ヲ給スルコト
二、専務職員・研究生・職工及雇員以下大正九年上半期賞与又ハ手当支給ノ件、別紙○略ス 原案ノ通、但桜井副所長ニハ俸給ノ一ケ月分ヲ給スルコト
三、内国旅費額改訂ノ件、原案ノ通
四、長岡物理学部長ヲ往復四ケ月間ノ予定ヲ以テ諸調査ノ為米国ニ出張セシムルコト
五、仁科研究員補ヲ二ケ年間海外ニ留学セシムルコト
        以上


評議員会決議録 自設立総会 至大正十年九月(DK470029k-0007)
第47巻 p.171 ページ画像

評議員会決議録  自設立総会 至大正十年九月  (財団法人理化学研究所所蔵)
    大正九年六月定期評議員会議事録
大正九年六月十四日午前十一時帝国鉄道協会ニ開会、同十一時半閉会
出席  古市、○外十三名ノ評議員 古河 ○代人 各評議員、其ノ他他ノ評議員ヲ代理人ト為ス旨通知セシ者三十三名
議事及報告 出席評議員ノ推挙ニ依リ古市男爵議長ト為リ、大正八年度決算報告書ヲ提出シテ一同ノ認定ヲ得、且左ノ諸件ヲ報告シ、尚大正八年度事業報告書ハ目下印刷中ニ付近ク頒布スル旨ヲ述ヘ、次テ渋沢男爵ハ六月二十九日ヲ以テ、又古市男爵ハ十月十二日ヲ以テ理事任期満了ニ付、両男爵ヲ更ニ理事ニ推薦スルコトヲ決議セリ
      記
○中略
            以上
          評議員会議長
             工学博士男爵 古市公威(印)
            評議員理学博士 桜井錠二(印)
            評議員工学博士 高松豊吉(印)


総裁伏見宮貞愛親王殿下上申書(DK470029k-0008)
第47巻 p.171-172 ページ画像

総裁伏見宮貞愛親王殿下上申書  (財団法人理化学研究所所蔵)
 御裁可
                 男爵 渋沢栄一
 財団法人理化学研究所理事ヲ委嘱ス
  大正九年六月二十九日
 - 第47巻 p.172 -ページ画像 
○中略
右御委嘱ノ件謹テ奉仰
御裁可候也
  大正九年六月十六日
           財団法人理化学研究所
         所長工学博士男爵 古市公威


集会日時通知表 大正九年(DK470029k-0009)
第47巻 p.172 ページ画像

集会日時通知表  大正九年        (渋沢子爵家所蔵)
十一月廿九日 月 午前十時 理化学研究所理事会(同所)


自第壱回 至第三十八回 理事会決議録(DK470029k-0010)
第47巻 p.172 ページ画像

自第壱回 至第三十八回 理事会決議録   (財団法人理化学研究所所蔵)
(朱書)(桜井)                    (荘)
 威  (印) 第三十三回理事会議事録          (印)
大正九年十一月廿九日午前十時当事務所ニ開会、正午閉会
出席 桜井・渋沢・和田・高松・高峰(代理塩原)各理事、原監事、四条工務局長
古市所長病気欠席ニ付桜井副所長議長ト為リ、左記ノ事項ヲ決議シ又北村技師ハ建設事業ノ概況ヲ報告セリ
      決議事項
一、大正九年下半期兼務職員手当別紙○略ス 原案ノ通、但シ古市所長ハ前期同額
二、大正九年下半期専務職員賞与前期同額
三、留学生給与規程改正ノ件原案ノ通、但シ大正九年十二月ヨリ実施
四、石田研究員補留学期間一ケ年延期
五、資金補充ノ件ハ一般寄附金ノ醵集望ミ難キヲ以テ、十分節約ヲ加ヘタル事業費既算額ヲ調査シ、政府ニ補助ヲ申請スルコト
六、元犬塚農商務次官ノ後任田中隆三氏、元寺野工学部長ノ後任塚本靖氏、元桜井台湾銀行頭取ノ後任中川小十郎氏、故柴田清之助氏ノ嗣子柴田純三氏ヲ評議員ニ推薦スルコト
七、古市所長ハ十月十二日理事任期満了ト同時ニ更ニ所長ニ、又桜井副所長ハ三月三十日理事任期満了ト同時ニ更ニ副所長ニ推薦スベキ筈ナリシモ、当時其手続ヲ省略シタルニ付、何レモ理事重任ト同時ニ古市理事ハ所長ニ、桜井理事ハ副所長ニ就職シタル件ヲ承認スルコト
       以上