デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
8款 財団法人理化学研究所
■綱文

第47巻 p.172-174(DK470030k) ページ画像

大正10年1月29日(1921年)

是日栄一、日本工業倶楽部ニ開カレタル当研究所理事会及ビ評議員会ニ出席ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正一〇年(DK470030k-0001)
第47巻 p.172 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正一〇年          (渋沢子爵家所蔵)
一月二十九日 晴 寒
○上略 午前十時工業倶楽部ニ抵リ、理化学研究所ノ評議員会ニ出席シ、座長トナリテ議件及報告ノ事ヲ了ス○下略

 - 第47巻 p.173 -ページ画像 

自第壱回至第三十八回 理事会決議録(DK470030k-0002)
第47巻 p.173 ページ画像

自第壱回至第三十八回 理事会決議録  (財団法人理化学研究所所蔵)
(桜井)
 (印) 第三十四回理事会議事録
大正十年一月二十九日午前十時日本工業倶楽部ニ開会、十一時閉会
出席 渋沢・古市・桜井・団・高松・大橋・和田・荘各理事
古市所長議長ト為リ左記ノ事項ヲ決議セリ
      決議事項
一、大正十年度事業計画並ニ事業費予算、別紙原案ノ通
二、左記留学生留学期間ヲ各頭書ノ通延期スルコト
   一ケ年間 菊池研究員補
   六ケ月間 久保田研究員補
   六ケ月間 綾部職工
三、理学博士和田猪三郎氏ヲ四月一日ヨリ研究員補ニ任用スルコト
        以上
 追テ当日ノ議題ノ内、専務職員ヘ住宅建築並ニ貸与方ノ件及ビ資金補充方ヲ政府ニ申請ノ件ハ、評議員会開会ノ都合上議了スルニ至ラズ、依テ延期スルコトヽセリ
(別紙)
    大正十年度事業計画案
一、建築及設備 大正七年度建築ニ着手シタル化学部本館ハ昨年末素建工事ヲ了ヘ、其ノ設備ハ本年六月中ニ終了スル見込ナルヲ以テ、是レカ完成ヲ俟テ帝国大学ニ於ケル本所ノ研究ヲ之ニ移シ、物理学部ハ昨年度竣工シタル第一号館ノ設備ヲ充実スル外、本年度内ニ機械工場二階建一棟延坪四百坪、鍛工場平家一棟四十坪、及第二号館二階建一棟延坪三百二十坪ヲ建築シ、更ニ其ノ設備ヲ終了セシメ、尚新電車線開通ト共ニ門塀並ニ守衛所ヲ設置スル予定ナリ、而シテ此等ノ建設ニ要スル経費ハ本年度払込寄附金五十万円及大正九年度末現在資金中ノ銀行預金百二十万円ノ一部ヲ以テ支弁セムトス
一、事業費 本年度内ニ帰朝スル留学生ハ研究員補五名・職工一名ニシテ、新ニ化学部ニ研究員補一名及助手以下小者数名、物理学部ニ助手及雇員数名並ニ総務部ニ守衛小者等数名ヲ採用スル見込ニシテ事業費ハ、別項記載ノ通二十五万四千六百六拾五円ヲ以テ支弁セムトス
  ○別紙事業費予算案略ス。


評議員会決議録 自設立総会 至大正十年九月(DK470030k-0003)
第47巻 p.173-174 ページ画像

評議員会決議録  自設立総会 至大正十年九月  (財団法人理化学研究所所蔵)
    大正十年一月定期評議員会議事録
一、時日 大正十年一月二十九日午前十一時開会、正午閉会
二、場所 日本工業倶楽部
三、出席 渋沢・古市○外十名ノ評議員其ノ他々ノ評議員ヲ代理人ト為ス旨通知セシ者二十六名
四、議事 出席評議員ノ推薦ニ依リ渋沢男爵議長ト為リ、別紙○略ス 大正十年度事業計画並ニ事業費予算ヲ附議シ、原案ノ通可決、次デ左記理事一名・評議員五名ヲ推薦セリ
   記
 - 第47巻 p.174 -ページ画像 
  理事  農商務次官田中隆三
  評議員 農商務次官田中隆三・東京帝国大学工学部長塚本靖・東京帝国大学理学部長五島清太郎・台湾銀行頭取中川小十郎・柴田純三
五、報告○略ス
      渋沢子爵ハ資金ノ現況ニ付報告セリ
追テ閉会後○中略 午餐ヲ共ニシ、卓上資金補充方ニ関シ各自意見ヲ交換セリ
右ノ通
  大正十年一月三十一日
       評議員会議長 評議員子爵 渋沢栄一(印)
              評議員男爵 古市公威(印)
              評議員   桜井錠二(印)