デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
2節 演芸
1款 帝国劇場
■綱文

第47巻 p.413-414(DK470106k) ページ画像

昭和6年11月15日(1931年)

是月十一日栄一歿ス。是日葬儀ニ際シ、当劇場取締役会長西野恵之助弔詞ヲ贈ル。


■資料

(帝国劇場株式会社)第五十回報告書 昭和六年下半期・第二頁 刊(DK470106k-0001)
第47巻 p.413 ページ画像

(帝国劇場株式会社)第五十回報告書
                昭和六年下半期・第二頁 刊
 ○第五〇回報告書
    第三 名誉顧問薨去
昭和六年十一月十一日名誉顧問子爵渋沢栄一閣下薨去セラレタリ


竜門雑誌 第五一八号・第二〇―四八頁 昭和六年一一月 葬儀○渋沢栄一(DK470106k-0002)
第47巻 p.413-414 ページ画像

竜門雑誌  第五一八号・第二〇―四八頁 昭和六年一一月
    葬儀○渋沢栄一
十五日 ○一一月
○中略
 一、青山葬場着棺  午前九時四十分。
 一、葬儀開始    午前十時。
 一、葬儀終了    午前十一時三十分。
 一、告別式     午後一時開始三時終了。
○中略
また東京市民を代表した永田市長の弔詞、実業界を代表した郷誠之助男の弔詞朗読があり、他の数百に達する弔詞を霊前に供へ、十一時半予定の如く葬儀を終了した。
○中略
    弔詞
昭和六年十一月十一日我ガ帝国劇場株式会社名誉顧問正二位勲一等子爵渋沢栄一閣下九十二歳ノ高齢ヲ以テ朝野ノ哀惜ヲ後ニ溘焉トシテ薨去セラル、痛哭曷ゾ勝ヘン、閣下ノ明治・大正・昭和ノ三代我ガ実業界ニ於ケル赫々タル偉勲ハ人咸ナ能ク知ル、天恩優渥特ニ国家元勲ノ待遇ニ準セラル、閣下夙ニ商業道徳ヲ高唱シテ斯界ノ向上発展ヲ謀リ風教ノ純化ニ尽瘁シテ社会ヲ救済ス、渾身維レ尽忠維レ報国、日夜ヲ懈ラス、老躯モ厭ハス、世界平和ノ使徒トシテ遠ク海外ニ赴クコト数次、崇高神ノ如キ人格ハ天下ノ等シク仰キ瞻ルトコロ、実業界ノ人士閣下ノ恩沢ニ浴セザルモノナシト云フモ蓋シ誣言ニアラズ、所謂斯界ノ慈父ニシテ洵ニ一代ノ師表ナリ、閣下ノ我カ劇場株式会社ニ於ケル時代ノ趨勢ニ鑑ミ、演劇ノ進歩、劇場ノ建築並ニ其設備ノ改善ニ志シ伊藤・西園寺両元勲ノ推薦ニ依リ発起人・創立委員長トシテ、専ラ其力ヲ設立ニ傾ケ、創業ニ及ンデハ取締役会長トナリ、従来逸楽人ノ余
 - 第47巻 p.414 -ページ画像 
業タリシ劇場経営カ、堂々タル実業トシテ斯界ニ其地歩ヲ占メ、劇場文化燦然トシテ光輝ヲ放チ、帝国劇場ノ名中外ニ布ケルモノ、一ニ閣下ガ誘掖指導ノ賜ナリ、大正三年実業界引退ト共ニ会長ヲ辞サレ、名誉顧問トシテ二十年終始一貫其高配ヲ忝フセシハ、我等ノ常ニ感激措ク能ハザリシトコロナリ、時将ニ国難ニ際会シ、劇場経営亦多端ナラントス、忽ニシテ今ヤ幽明境ヲ異ニス、又悲シカラスヤ、温容眼底ニ存シ、慈訓耳朶ヲ去ラス、我等一同遺憲ヲ奉戴シ、奮励努力、会社有終ノ美ヲ完フセンコトヲ誓ヒ、恭シクソノ冥福ヲ祈リ、謹ミテ哀悼ノ微忱ヲ表ス
  昭和六年十一月十五日
           帝国劇場株式会社
                取締役会長 西野恵之助



〔参考〕東京朝日新聞 第一九三五六号 昭和一五年二月二一日 口上(DK470106k-0003)
第47巻 p.414 ページ画像

東京朝日新聞  第一九三五六号 昭和一五年二月二一日
    口上
 時恰も栄光燦たる紀元二千六百年の佳き歳に際し、禁苑翠松を遥に仰ぐ辺り、日本演劇史に甚だ由緒深き丸の内帝国劇場を、玆に弊株式会社東京宝塚劇場の手によつて目出度開場し得る事は、私共の大いに名誉とする処であります。
 御承知の通り帝国劇場は、我国実業界の大恩人故渋沢子爵を中心とし、新日本文化の隆昌に副ひ、欧洲に於ける国立劇場の範に則り、実に明治四十四年設立以来、恐れ多くも幾度か高貴の御来臨を辱くし、舞台に在つては明治歌舞伎の最後の名優団蔵・雁次郎・梅幸を初め、世界第一流の舞踊家アンナ・パブロヴ、提琴家クライスラア、声楽家シウマン・ハインクに及んで、殆ど内外最高舞台芸術家を迎へたる、世界的劇場の花々しき歴史を負ふものであります。
 弊社帝国劇場経営の志も亦此に存し、仰いでこの光栄を継承し、現下我国最高芸能の殿堂として、各派各流を超越し、内日本演劇の精華を蒐め、外世界の芸術家を客とし、時に国賓御歓待のお役にも立ち得るやう、かの仏蘭西国立劇場の荘麗と、その古典的意義を同うせんとする心願であります。
 物資節約の国策に基き、場内諸設備の改修も法規の最小限度に止め其筋のお許しを得次第近日開場仕度、番組其他は引続き御知らせ申上ぐる事とし、不取敢玆に御披露旁々、改而皆様の御後援を仰ぎ奉る次第であります。 敬白
   昭和十五年二月
                株式会社東京宝塚劇場直営
                  丸の内 帝国劇場
              省線―有楽町・市電―日比谷御下車
              電話 丸ノ内(23)三七三〇―四番