デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
5節 新聞・雑誌・通信・放送
1款 新聞・雑誌 22. ヘラルド・オブ・エイシヤ
■綱文

第48巻 p.254-255(DK480076k) ページ画像

昭和6年6月(1931年)

是月栄一、頭本元貞主宰ノ英文雑誌「ヘラルド・オブ・エイシヤ」再刊ニツキ紹介ノ労ヲ執ル。


■資料

紹介状往翰(一)(DK480076k-0001)
第48巻 p.254 ページ画像

紹介状往翰(一)            (渋沢子爵家所蔵)
(控)
拝啓 益御清適奉賀候、然ば老生多年別懇に致居候英文雑誌の権威頭本元貞氏、予て発刊致来候「ヘラルド・オブ・エシア」義、震災以来休刊致居候処之を遺憾とし、各方面の諒解を得て目下復興を企画中に有之、尊台にも右に対し御賛助を御願申出候由に承知致候、就ては、予て同氏の対外的活動に対して同情致居候老生よりも拝願仕度、一書得貴意候次第に御座候、同氏も邦家の為最後の御奉公の機を得度と申居候義にも有之、相当意義ある企画と存候為、時節柄御迷惑に候得共押して拝願仕候義に御座候、事情御諒察の上何分の御援助願上候、右は老生拝趨親しく可申上候得共、老衰の為健康兎角思ふに任せず乍残念不得其意候に付、当方白石喜太郎を差出候間詳細同人より御聴取被下度候
右得貴意度如此御座候 敬具
  昭和六年六月 日            渋沢栄一
    男爵 古河虎之助殿
    男爵 大倉喜七郎殿 各通 但森氏の分には尊台を「安田家」とすること
       森広蔵殿


紹介状往翰(一)(DK480076k-0002)
第48巻 p.254-255 ページ画像

紹介状往翰(一)            (渋沢子爵家所蔵)
(控)
拝啓 益御清適奉賀候、然は本書持参の頭本元貞氏は、永く故伊藤博文公の下に在つて活動せられ候関係より年来懇親に致居、且同氏が外国事情に精通し、英文に熟達致候為老生主として世話致来候日米関係委員会の件に付、特に御懇意を重ね何かと御相談致居候次第に御座候処、同氏予て力を致居候英文雑誌ヘラルド・オブ・エシヤの件に付、尊台拝訪仕度由にて御紹介申上候様依頼せられ候に付本書相付候間、御多忙中御迷惑恐縮千万に御座候得共、寸時御割愛御引見被下詳細御聴取被成候はゞ幸甚に御座候
右得貴意度如此御座候 敬具
 - 第48巻 p.255 -ページ画像 
  昭和六年七月廿四日           渋沢栄一
    男爵 郷誠之助殿