デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

9章 其他ノ公共事業
3節 碑石
21款 春山茂義遺徳碑
■綱文

第49巻 p.269(DK490092k) ページ画像

大正12年2月11日(1923年)

是日栄一、春山翁遺徳碑ノ撰文並ニ揮毫ヲナス。


■資料

春山翁遺徳碑 (埼玉県深谷町滝宮神社境内所在)(DK490092k-0001)
第49巻 p.269 ページ画像

春山翁遺徳碑       (埼玉県深谷町滝宮神社境内所在)
(篆額)
  春山翁遺徳碑 正四位勲三等侯爵徳川圀順篆額
知機察勢為一郷開利便如吾春山翁者真可伝矣翁諱茂義春山氏通称長吉考諱方訓妣中村氏天保九年十月十日生武州大里郡深谷町資性温良謙譲夙修国史克励家業重徳義敬神仏為郷党所矜式自明治九年十月為地租改正地主総代至大正十一年二月或為町会議員或為区長其他在公職殆五十年終始一貫毫匪懈怠有暇則詠国歌楽園芸地方有紛議則執公調停之人亦喜服焉明治十六年十月深谷駅鉄道開通也翁聞熊谷本荘両駅間不設車站深慮地方将来盛衰奮起首唱遂醵金買収田園宅地新開通路成車站設置之基以便公衆常抱尊皇念献方物蒙嘉納又以多年尽瘁若捐金等之事受褒賞不可勝数大正十一年二月十四日病而歿年八十有五嗚呼是積善余慶所謂仁者寿者歟頃当町職員並有志諸氏追懐翁遺徳謀建碑以伝後昆請文余余与翁同郷義不可辞録其梗概銘曰
夙承祖業家道益振久在公職衆心弥親首唱奏功爰開新駅南北路通東西迎客善哉深谷福利無辺厥功爰勒厥徳長伝
  大正十二年紀元令節
         正三位勲一等子爵 渋沢栄一撰并書


集会日時通知表 大正一三年(DK490092k-0002)
第49巻 p.269 ページ画像

集会日時通知表 大正一三年        (渋沢子爵家所蔵)
十月廿九日 水 午前八時 埼玉県春山長吉碑文ノコトニテ来約