デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

9章 其他ノ公共事業
5節 祝賀会・表彰会
8款 朝日新聞訪欧飛行関係者招待会
■綱文

第49巻 p.390-393(DK490134k) ページ画像

大正15年1月18日(1926年)

是ヨリ先大正十四年、東京及ビ大阪朝日新聞社訪欧飛行ヲ計画挙行シ、成功ス。是日栄一、ソノ関係者ヲ飛鳥山邸ニ招待シテ茶話会ヲ催シ、祝辞ヲ述ブ。


■資料

東京朝日新聞 第一三八六二号 大正一四年一月一日 欧洲訪問大飛行(DK490134k-0001)
第49巻 p.390 ページ画像

東京朝日新聞 第一三八六二号 大正一四年一月一日
    欧洲訪問大飛行
我が国航空事業のため不断の努力を尽して熄まざる我社は、航空局並に陸海軍当局の援助の下に、復興第二年の劈頭に於て百尺竿頭更に一歩を進め、陽春の交を期して欧洲訪問大飛行の快挙を試みんことを企画し、曩に世界最優秀の飛行機ブレゲー(十九A・2型)二台の組立は中島飛行機製作所に委嘱し、之れに装備する発動機(ロレン四百馬力)は三井物産の手を経て仏国に註文中のところ近く到着することになつたので、航路の選定、飛行家の人選を行ひ、いよいよ日本の航空界を国際的に進展せしむる端を拓くべく、国家的事業として着々その準備を進めてゐる。


東京朝日新聞 第一三八七二号大正一四年一月一一日 訪欧大飛行と名士の意見 この雄図を決行し我が航空界を鞭撻されたい 渋沢栄一子(DK490134k-0002)
第49巻 p.390 ページ画像

東京朝日新聞 第一三八七二号大正一四年一月一一日
    訪欧大飛行と名士の意見
○上略
      この雄図を決行し我が航空界を鞭撻されたい
                     渋沢栄一子
朝日新聞社が今春欧洲訪問飛行の大事業を決行すると聞いて、老人乍ら私は血湧き肉踊るの感がある、慶応三年仏国に大博覧会の開催された時私は徳川使節の御伴をして渡仏したが、その当時は飛行機のやうなものはなかつた、最近に至つて欧洲各国から続々世界一周の飛行機が飛来し、航空界の発達に驚嘆するが、悲しいかな我国はまだ一人として大飛行を決行する者なく、我国航空界の幼稚さを悲しまざるを得なかつた、今回御社に依つて行はるる大飛行は貧弱なる我国航空界の鞭撻となる許りでなく、我国航空界を国際的たらしめるもので、実に国家的大事業であるから、飛行士諸君も『斃れて後止む』の一大決心を以て、飽まで目的の貫徹を遂げられんことを望んでやまない


招客書類(二) 【案(奉書ノ巻紙ニ認メテ発送) 拝啓 益御清適奉賀候、然ば本邦人としては最初の訪欧飛行を無事に完了せられ候は愉快の至に御座候…】(DK490134k-0003)
第49巻 p.390-391 ページ画像

招客書類(二)                (渋沢子爵家所蔵)
    案(奉書ノ巻紙ニ認メテ発送)
拝啓 益御清適奉賀候、然ば本邦人としては最初の訪欧飛行を無事に完了せられ候は愉快の至に御座候、就ては御帰朝に際し聊か御歓迎の意相表度小集相催候間、来十八日午後二時飛鳥山拙宅へ御光来被下度
 - 第49巻 p.391 -ページ画像 
候、右御案内申上度如此御座候 敬具
  大正十四年一月十四日《(五)》 渋沢栄一
    安辺浩様
    河内一彦様
    篠原春一郎様 各通
    片桐庄平様


渋沢栄一 日記 大正一五年(DK490134k-0004)
第49巻 p.391 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正一五年          (渋沢子爵家所蔵)
一月十八日 晴 寒
○上略 午後二時ヨリ朝日新聞社挙行訪欧飛行機ノ諸氏ヲ招待シテ茶話会ヲ開ク、新聞社ノ諸士ニハ飛行士四名ノ外関係者数名、其陸海航空士官等合計五十人許《(外脱カ)》リ、茶菓饗応中一場ノ歓迎辞ヲ述フ、同時ニ飛行士安辺氏ノ答辞、下村宏氏ノ演説、阪谷男ノ祝詞等アリ、午後五時頃散会ス○下略
   ○栄一演説筆記ヲ欠ク。


招客書類(二) 【大正十五年一月十八日午後二時飛鳥山邸 朝日新聞社訪欧飛行家諸氏招待会】(DK490134k-0005)
第49巻 p.391-393 ページ画像

招客書類(二)              (渋沢子爵家所蔵)
大正十五年一月十八日午後二時飛鳥山邸
朝日新聞社訪欧飛行家諸氏招待会
                   (太丸・太字ハ朱書)
                    ○ 安辺浩
                    ○ 河内一彦
                    ○ 篠原春一郎
                    ○ 片桐庄平
               朝日社長 欠 村山竜平
               〃 専務 ○ 下村宏
                取締役 ○ 村山長挙
               営業局長 ○ 石井光次郎
               編輯局長 ○ 緒方竹虎
                特派員 ○ 名倉聞一
               編輯主幹 ○ 牧野輝智
              計画部次長 ○ 久松定夫
              経済部次長 ○ 宇野木忠
               社会部長 ○ 鈴木文四郎
               外報部長 ○ 永井万助
               大阪朝日 ○ 岡野養之助
               陸軍大臣 欠 宇垣一成
               〃 次官 欠 津野一輔
               軍務局長 欠 畑英太郎
               兵器局長 ○ 大橋顧四郎
               経理局長 ○ 三井清一郎
               砲兵課長 ○ 伊東政喜
               航空課長 欠 堀丈夫
               鉄砲課長 ○ 黒須辰之助
               工政課長 ○ 植村東彦
 - 第49巻 p.392 -ページ画像 
               器材課長 ○ 玉置美之助
              航空本部長 ○ 安満欽一
              〃総務部長 ○ 古谷清
              〃技術部長 ○ 笹本菊太郎
              〃検査部長 ○ 河田四十一
              〃補給部長 ○ 杉山元
            所沢飛行学校長 ○ 上原平太郎
           下志沢飛行学校長 ○ 荒蒔義勝
        航空本部総務部第一課長 ○ 毛内靖胤
               大臣副官 欠 久納誠一
            逓信省総務局長 ○ 波多野保二
               技術課長 ○ 児玉常雄
               帝大教授 欠 男斯波忠三郎
               〃    欠 岩本周平
               〃    ○ 田中館愛橘
           帝国飛行協会々長 ○ 男阪谷芳郎
                副会長 欠 長岡外史
                      有川鷹一
                      長谷荘作
                  男 欠 古河虎之助
                    ○ 浅野総一郎
                    ○ 藤山雷太
                    欠 団琢磨
                    欠 木村久寿弥太
                    欠 佐々木勇之助
                    欠 大橋新太郎
                    欠 井上準之助
                    ○ 大倉喜八郎
                    欠 児玉謙次
                    欠 服部金太郎
                    ○ 梶原仲治
                    欠 男森村開作
                    欠 内藤久寛
                    欠 添田寿一
                    欠 姉崎正治
                    ○ 堀越善重郎

                    ○ 主人
                    ○ 渋沢武之助
                    ○ 〃正雄
                    欠 明石照男
                      渋沢秀雄
                    ○ 〃敬三
                    ○ 増田明六
 - 第49巻 p.393 -ページ画像 
                    ○ 渡辺得男
                    ○ 白石喜太郎
                    ○ 新井源水
     以上〆七拾一人 内 出席四十六人
               欠席二十一人
          返事不明ノ分 四人
     出席五十人トシテ注文スルコト
一、茶菓、東洋軒
一、順序 青淵文庫にて客受、庭ヲ通シ日本館書院ニテ茶菓ヲ饗ス、食卓ハ散シトス