デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
1款 株式会社第一銀行
■綱文

第50巻 p.169-173(DK500029k) ページ画像

大正6年――昭和6年(1917-1931年)

栄一、当行頭取辞任以後、歿年ニ至ルマデ、相談役トシテ、努メテ当行ノ年賀式及ビ株主総会等ニ出席シテ、演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正七年(DK500029k-0001)
第50巻 p.169 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正七年           (渋沢子爵家所蔵)
一月一日 晴夕曇 朝来晴天ナルモ夕方ヨリ少シク曇リタリ、寒気ハ昨日ニ比シテ減シタルヲ覚フ
○上略 第一銀行ニ抵リ行員一同ノ賀詞ヲ受ケ、祝盃ヲ挙ク、後行員一同ヘ訓示ヲ為ス○下略
  ○中略。
一月十五日 寒 朝少ク曇リシモ雨雪トハナラスシテ午時頃ヨリ快晴セリ
○上略 十二時半銀行倶楽部ニ抵リ、第一銀行ニテ開催セル林公使招宴ノ午飧会ニ出席ス、食後支那ニ関スル経済財政上ノ要務ヲ談話ス○下略
  ○中略。
一月二十七日 曇 寒威昨日ニ比シテ少ク減スルヲ覚フ、夕方稍晴
午前八時起床、洗面シテ宿痾未愈ヲ以テ褥中ニ在テ休養ス○中略 佐々木勇之助氏来訪セラレ、昨日開キタル第一銀行株主総会ノ景況ヲ詳話セラレ、且将来ノ経営及人撰等ニ付テ種々ノ意見ヲ縷述セラル ○下略
  ○右記事中ノ総会ハ第四十三期定時株主総会ナリ。


竜門雑誌 第三六〇号・第七四頁 大正七年五月 ○第一銀行各地支店次席者招待会(DK500029k-0002)
第50巻 p.169-170 ページ画像

竜門雑誌  第三六〇号・第七四頁 大正七年五月
○第一銀行各地支店次席者招待会 青淵先生には過般第一銀行各地支店次席者諸君が、各自会議の為め上京せるを機とし、四月十六日午後二時より飛鳥山曖依村荘に於て懇篤なる宴会を催されたり。而して右宴会に招待せられたるは頭取佐々木勇之助君以下左の諸君にして、内五名の諸君を除くの外は孰れも我竜門社会員諸君なり。
 - 第50巻 p.170 -ページ画像 
          男爵
 佐々木勇之助君  三井八郎次郎君  日下義雄君
          公爵
 佐々木慎思郎君  徳川慶久君    尾高次郎君
 石井健吾君    竹山純平君    明石照男君
 広瀬市三郎君   島原鉄三君    玉木泰次郎君
 西園寺亀次郎君  江藤厚作君    内山吉五郎君
 永田甚之助君   佐々木修二郎君  村上豊作君
 田中猛君     小財宗一君    佐々木興一君
 飯塚八平君    田中二郎君    浅川真砂君
 河田重太郎君   平岡光三郎君   石川範三君
 平田益三郎君   野村揚君     宇野甚太郎君
 原簡亮君     尾上登太郎君   長谷川粂蔵君
 渡辺得男君    大西卯雄君    大橋悌君
 有川金吾君    竹内善造君    甘泉豊郎君
 池島新太郎君   国松半三郎君   小平省三君
 佐郷栄一君    岸上光君     本間譲三君
等以上四十五名の外、東京貯蓄銀行より山口荘吉及び中村鎌雄の両君を招待せられたるが、内、日下義雄・佐々木修二郎・小財宗一の三名は病気の為め乍遺憾欠席せられたる由なり。


竜門雑誌 第三六一号・第六九―七六頁 大正七年六月 ○青淵先生愛知三重両県下旅行記事(DK500029k-0003)
第50巻 p.170-171 ページ画像

竜門雑誌  第三六一号・第六九―七六頁 大正七年六月
    ○青淵先生 愛知三重両県下旅行記事
 青淵先生が令夫人同伴にて、五月四日西下せられたるは既報の如くなるが、右に付き各都市に於ける諸新聞紙は筆を揃へて青淵先生の消息を伝へ、或は歓迎辞を掲げ或は講演を詳記して、以て先生の人徳を崇敬愛慕せざるなし、依つて左に其一斑を掲げて先生の行を偲ぶこととせり。○中略
名古屋駅出発以来四日市より帰京の途に就かるゝ迄の記事は総べて勢州毎日新聞の報道に依ることゝせり○中略
      ○幾歳振の渋沢男
 幾歳振に伊勢路の旅、伊山に志州に老躯尚ほ壮者を凌ぐ意気旺んに巡遊されし渋沢男爵には、予記の如く兼子夫人を同伴し、八日午後二時廿七分四日市駅着列車にて来泗さる○中略
      ○銀行の要訣
 広漠たる築港埋立地を跡に俥を駆られし渋沢男爵は、井上支配人の東道にて、伊藤伝七・飯田市長・重盛信近の諸氏と共に、市内浜町なる第一銀行の支店に着さる、時正に四時、玆に於て男爵は一同の
△行員を引見 し懇切なる会釈をなし、徐ろに一場の訓諭を与へられしが、要領を摘記すれば「銀行の要訣は完全に責任を尽すに在り、之を尽せば、栄誉伴ひ、其処に貴重なる矜を生ぜん、然らば如何にして完全に責任を尽すべきやと云はゞ、執務を親切に為すべし、唯執務に親切たらんとする結果は、動もすれば遅延を免がれざるが故に、此の遅延を免がれんと欲するには、敏捷に行務を処理するの心掛けなかる可らず、要するに栄誉に憧憬し矜を得るに鋭意して之を先にし、責任の至尽を忘るゝが如き事なきを期するが銀行の要道也、此の支店も開
 - 第50巻 p.171 -ページ画像 
設されて既に卅五星霜を閲したれば、必ず本支店共に相当の成績は挙げられたらんも、第一銀行は之を以て足れりとするものに非ず、尚ほ四日市が輓近に於ける
△商工の発展 著しきも必ずや之を以て足れりと為すものならざるが如く、彼我共に発展の余地は綽々として存す、されば諸子は自己が業務に忠実なれば、栄誉を得ると同時に銀行の成績も一層良好なるに想到し、四日市の発展に順応して我が支店亦た一段の発展を期し、大に努力せられん事を望む」と云ふ意味にして、男爵が「第一銀行が斯く日本有数の銀行となりしは、私の勤労したる甲斐あるを喜ぶ」と言はれし一語の如き、蓋し無限の力を含蓄せる語なりと覚えたり。
○中略
                          (九日)
  ○右末尾ノ日付ハ掲載新聞ノ日付ナリ。


竜門雑誌 第三六三号・第六五頁 大正七年八月 ○第一銀行株主総会(DK500029k-0004)
第50巻 p.171 ページ画像

竜門雑誌  第三六三号・第六五頁 大正七年八月
○第一銀行株主総会 第一銀行にては七月廿五日、永楽町東京銀行集会所に於て定時株主総会を開き
(一)当第四十四期決算書類承認の件、(二)同期利益金処分の件、(三)取締役二名増員選挙の件、(四)京都市東洞院支店廃止の件、(五)定款第四条中京都市四箇所とあるを三箇所と改むる件等を附議したるが、中(三)の取締役二名増員選挙の件は顧問青淵先生の指名にて、西園寺亀次郎・石井健吾の両氏就任し、他は原案通可決したる由。○下略


株式会社第一銀行第四十五期自大正七年七月一日至大正七年十二月三十一日 営業報告書 第四頁刊(DK500029k-0005)
第50巻 p.171 ページ画像

株式会社第一銀行第四十五期自大正七年七月一日至大正七年十二月三十一日 営業報告書
                         第四頁刊
    処務要件
○上略
一、十月十四日ヨリ一週間本店ニ於テ支店長会議ヲ開催○下略


青淵先生演説速記集(二) 自大正七年十月至大正十年四月 雨夜譚会本(DK500029k-0006)
第50巻 p.171-173 ページ画像

青淵先生演説速記集(二)  自大正七年十月至大正十年四月 雨夜譚会本
                     (財団法人竜門社所蔵)
    大正七年十月支店長会議ニ於ケル渋沢男爵ノ訓話
私ヨリ特ニ申上グベキ要件モナケレド、オ揃ヒノ此ノ席上ニ於テ、当行ノ重要ナル職務ニ就カルヽ諸君ニ対シテ、諸君ガ如何ナル覚悟ヲ以テ世ニ処スベキカニ就キ、一言申述ベヤウト思フ
一昨年退職以来、私ハ当行ノ種々ノ仕事ニ就テ之ヲ知ル必要モ無ク、又之ヲ知リ得ベキ機会モ無カリシガ、私ガ永年自己ノ生命トシテ当行ノ業務ニ従事シ、誠心誠意之ヲ守リ立テ行キシ事ハ、諸君ニ於テ既ニ充分了解シ居ラルヽ事ト思フ、私ノ心ハ当行ニ関シテハ権利義務以外ニ、始終之ヲ離ルヽ事ヲ得ズ、常ニ関心ニ堪エザルモノアリ、サレバ玆ニ諸君ニ対シ衷情ヲ披攊スルハ、セメテモノ自己ノ心遣リトナルモノデアル
私ガ退職シタル一昨年ハ既ニ開戦後ニシテ、時局ノ干係ニヨリ業務ハ随分拡大発展シツヽアリシガ、今日ニ至テハ猶一層盛大ヲ来セル、誠
 - 第50巻 p.172 -ページ画像 
ニ慶賀ニ堪エザル次第ナリ
預金モ予ノ在職中ニハ、セメテ一億ニナシ度キモノト思ヒシガ、今日ニテハ既ニ三億代ニ上レリ、是レ一ニ諸君ノ努力ニヨルト共ニ、一方世ノ風潮ガ然ラシメシモノト反省スベキモノナリ
抑モ銀行ノ業務ハ鏡ノ如ク善悪共ニ之ニ映ズルモノナリ、サレバ一朝金融界ニ変動アランカ、災害亦惹起シ来ラン、是盛況裡ニ在リテ克ク注意スベキ事ナリ
然シ行務ノ要件ニ関シテハ何等云フベキ点ナケレトモ、特ニ注意シ度キハ、一般ノ気風ノ推移是也
或ハ曰ハン、是一ノ杞憂老婆心ニ過ギズト、然シ各自ノ覚悟心ニ銘スル所、之ヲ行員ニ推シ及シ、更ニ得意先ニ及スモノナラバ、吾人ハ時流ヲ追フモノニアラズ、時流ニ対シテ毅然タルベキ所アラン事ヲ表明シ、且之ヲ期スベキナリ
現代一般ノ人心利ヲ争フノ思潮ハ、延テ質実堅固ノ気風ヲ欠キ、浮薄利己主義ニ流レ易シ、是走者ニ競争ノ弊害多キト同様ナリ
然ルニ現今世ノ風潮ハ、吾人ノ覚悟以上ニ浮薄射利ニ駛リ、其ノ弊害ノ及ブ所底止スルヲ知ラザルノ状態ニアリ、吾人ノ世ニ処スル余程ノ決心ヲ要ス
昔時ノ教育ハ甚単調ナリシガ、或点ニテハ中々進歩セシモノアリ、即功利主義ニ惑溺セザル所是也
然ルニ維新ト共ニ、一方ハ洪水ノ如ク押シ流シ、他方新ラシキ建設ハ之ヲ怠リシカバ、浮薄淫美ノ気風ヲ助長シ、更ニ時局ノ影響ハ一方ニ少数ノ豪富ヲ生ジ、他方ニハ莚旗ヲ押立テ焼打ノ暴挙ニ出デシムルニ至レリ、之一ニ人情ノ稀薄トナリシニヨル、之ハ一般ノ人々ノミニアラズ、吾々自身モ感染セル所アルヲ知ラザルベカラズ
之ハ利益ヲ追フト云フ事ニ対シテハ、既ニ既ニ起ルベキモノナルニ、今ヤ一般ニ真摯質実ノ風ヲ去リ、只徒ニ功利ニ走リ宗教ノ信念無ク、道学ノ抑制無ク走ルガ儘ニ放任セリ、其ノ止マル所ヲ知ラザル、素ヨリ理ノ常ナルノミ
カヽル際ニ第一銀行ノミガ世ノ風潮ニカブレズ、毅然タル態度ヲ保チ株式会社ハカクアルベキモノナル事ヲ世ニ示シタキモノ也
サレバ銀行業者タルモノハ、模範的経営ヲナシ、真撃質実ノ気風ヲ養成スル様努メザルベカラズ
之ヲ行員ニ及シ、行員全部カヽル気風ニナラバ、之ヲ得意先ニ推及スル、亦難キニアラザルベシ
論語ニ曰ハズヤ、徳ノ流行スル命ノ伝フルヨリ速カ也、徳孤ナラズ必ズ隣有リト
サレバ現代ノ浮薄ナル思想、質実ヲ欠キタル気風、只眼前ノ利之従フノ風潮ニ対シテ、吾人ハ強キ心ヲ以テ之ニ逆ヒ、之ヲ指導スルノ覚悟ナカラザルベカラズ
諸君其ノ覚悟ヲ以テ行員ヲ誘掖シ、真摯堅実ナル気風第一銀行ノ内外ニ行ハルヽニ至ラバ、吾人ノ満足之ニ過ギズ
予ハ今ヤ総テノ公職ヲ辞シ、利殖ト経済ト道徳ノ三者配合ヲ円満ナラシムベク尽力セント欲ス、是レ余ガ残年ヲ捧ゲント欲スル所ノ心願也
 - 第50巻 p.173 -ページ画像 
諸氏モ希クハ予ノ意ヲ察シ、其ノ徳ヲ他ニ及ボス様努力セラレタシ