デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
3款 特殊銀行 4. 株式会社日本興業銀行
■綱文

第50巻 p.300-301(DK500060k) ページ画像

大正7年5月24日(1918年)

是日栄一、当行志立総裁・土方久徴・小野英二郎・岩佐埕蔵・二宮基成等ヲ飛鳥山邸ニ招キテ、小宴
 - 第50巻 p.301 -ページ画像 
ヲ催ス。


■資料

竜門雑誌 第三六一号・第八六頁 大正七年六月 日本興業銀行諸氏招待会(DK500060k-0001)
第50巻 p.301 ページ画像

竜門雑誌  第三六一号・第八六頁 大正七年六月
○日本興業銀行諸氏招待会 青淵先生には五月廿四日、新緑の好季節を機とし午後五時より、日本興業銀行諸氏を飛鳥山曖依村荘に招待して、一夕の清宴を催されたり、当日の来賓は志立総裁を初とし、土方久徴・小野英二郎・岩佐埕蔵・二宮基成の諸氏にして、尚ほ佐々木第一銀行頭取も参会し、主人側としては青淵先生を初め、渋沢正雄・明石照男・渋沢秀雄・八十島親徳・増田明六氏等の諸氏なりきと云ふ。



〔参考〕渋沢栄一 日記 大正二年(DK500060k-0002)
第50巻 p.301 ページ画像

渋沢栄一日記  大正二年           (渋沢子爵家所蔵)
一月十六日 雨 寒
○上略 午飧後第一銀行ニ抵リ、日比谷平左衛門氏ト会見ス、昨日桂公爵ヨリ依頼アリシ日本興業銀行総裁ノ事ヲ内話ス○下略
  ○中略。
二月一日 晴 寒
○上略 午後一時大蔵省ニ抵リ、勝田次官ニ面会シテ興業銀行総裁ノ事ヲ談シ、井上侯ノ注意ヲ通告ス○下略
  ○初代総裁添田寿一大正二年二月一日退任ス。右日記ニ見ユル総裁ノ事トハ添田総裁辞任ニ関スルコトナリ。同月十日、後任総裁志立鉄次郎任命。