デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
5款 社団法人東京銀行集会所 東京銀行倶楽部
■綱文

第50巻 p.446-451(DK500094k) ページ画像

明治44年2月9日(1911年)

是日栄一、東京銀行集会所ニ於ケル、貴衆両院議員中ノ銀行家並ニ東京組合銀行有志ノ第五回連合懇親会ニ出席シテ、演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四四年(DK500094k-0001)
第50巻 p.446 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四四年       (渋沢子爵家所蔵)
二月九日 晴 寒
○上略 五時半銀行集会所ニ依リ、代議士銀行者ト懇親会ヲ開キ、食卓上一場ノ演説ヲ為シ、夜十時過王子ニ帰宿ス


銀行通信録 第五一巻第三〇五号・第五一頁明治四四年三月 ○録事 第五回議員銀行家連合懇親会(DK500094k-0002)
第50巻 p.446-447 ページ画像

銀行通信録 第五一巻第三〇五号・第五一頁明治四四年三月
 ○録事
    ○第五回議員銀行家連合懇親会
貴衆両院議員中の銀行家、及東京銀行集会所・東京交換所・銀行倶楽部三団体の有志者は、二月九日午後五時より東京銀行集会所に於て、第五回連合懇親会を開きたり、当日出席者氏名左の如し
  貴族院 (十一名)
 伊藤長次郎(兵庫)  糸原武太郎(島根)    保坂潤治(新潟)
 土居通博(岡山)   道源権治(山口)     千阪高雅(東京)
 鎌田勝太郎(香川)  高橋是清(東京)     山田義三郎(宮城)
 沢原俊雄(広島)   下村辰右衛門(佐賀)
  衆議院 (十九名)
 稲茂登三郎(東京)  稲村辰次郎(千葉)    井上僖作郎(奈良)
 市田兵七(青森)   堀谷左次郎(神奈川)   細野次郎(群馬)
 太田清蔵(福岡)   景山甚右衛門(香川)   田辺熊一(新潟)
 永江純一(福岡)   梅原良(神奈川)     有田源一郎(佐賀)
 佐竹作太郎(山梨)  柵瀬軍之佐(岩手)    西能源四郎(富山)
 宮古啓三郎(茨城)  水間此農夫(宮崎)    神保東作(富山)
 鈴木摠兵衛(愛知)
  銀行団体 (二十二名)
 早川千吉郎(三井)  岡本忠三郎(岡本)    河合徳兵衛(麹町)
 串田万蔵(三菱)   山口宗義(日本)     山口荘吉(二十)
 山田丈太郎(八十四) 山中隣之助(浪速支店)  矢野芳弘(三菱)
 松方巌(十五)    益子右馬助(四十一支店) 安藤浩(川崎)
 - 第50巻 p.447 -ページ画像 
 佐々木勇之助(第一) 佐々木慎思郎(二十)   阪田実(豊国)
 木村清四郎(日本)  三村君平(三菱)     渋沢栄一(第一)
 清水虎吉(第三)   清水宜輝(丁酉)     土方久徴(日本)
 杉原惟敬(肥後支店)
斯くて晩餐後、渋沢男爵発起人を代表して一場の挨拶及演説を為し、之に対して衆議院議員佐竹作太郎氏の演説あり、夫より別室に移り各自歓談の上、午後九時散会せり


銀行通信録 第五一巻第三〇五号・第三五―三九頁明治四四年三月 ○第五回議員銀行家連合懇親会席上演説(明治四十四年二月九日) 渋沢男爵の演説(DK500094k-0003)
第50巻 p.447-451 ページ画像

銀行通信録 第五一巻第三〇五号・第三五―三九頁明治四四年三月
  ○第五回議員銀行家連合懇親会席上演説
                  (明治四十四年二月九日)
    ○渋沢男爵の演説
臨場の閣下、諸君、今夕の此御会合は貴衆両院の御同業者と、議会に出ませぬ京浜の銀行者と、連合致して開く処の懇親会で、即ち年々の嘉例に依つたる一夕の交驩的会合でございます、今日に於て此会を催しましたに付ては発起者からして、時事に亘る問題若くは銀行業務に関する事柄に関して各意見を交換致すが是までの慣例と相成つて居りますので、玆に私は議会に出ませぬ銀行者の側から一言の愚見を陳上致して諸君の清聴を煩はし、特に代議士たる銀行者諸君の御尽力を願はふと思ふのでございます、私も発起者の一人として今夕の此御会合には大に担当致さねばならぬのに、甚だ準備が不行届でございまして此点は会員諸君に厚く陳謝を致します、会合致しました場合に特に時事問題として意見を呈することも無くて済んだ例もございます、又甚だ多く諸君の御考慮を煩はしたこともあつたのでございます、本年の如きは二・三私より愚見を陳上致して、貴衆両院に議席をお持ちなさる同業者の御参考に供したい点がございまして、玆に事長う相成るかは知れませぬけれども、暫時清聴を汚さうと思ふのでございます
経済界の状態が至つて穏健にして、金利も低落し、銀行業者として最も注意すべき公債が頗る高価を保ちて、内外に於ける金融状態が適順に行きますることは、御同様頗る喜ぶべきことである、蓋し政府の数年来の公債政策が或る方面の人々からは、未だ更により善いことを望まれる向もあるやうでございますけれども、吾々銀行者として決してさう不足ばかりを唱ふべきものではなからうと考へます、さりながら公債政策としては兎に角、他の点から考へますると、例へば税制の整理に付きまして又教育費の膨脹するによりて、地方費が次第に増加に赴くといふことに付きましても政治上大に注意を要すべき点があるかと存じまする、詰り斯の如く金利は低落し、金融は緩慢であつても、其割合に事業の順好く進んで参らぬといふことは、前に申す二・三の事柄が一般の人気をして、或は危惧せしめ、或は阻礙せしむるといふことなき能はずと申さねばならぬと思ふのでございます、故に是等の点に付きましても、貴衆両院の御同業者諸君は、定めて深く御注意も下さいませうし、又御意見もありませうで、所謂檜舞台に於て吾々の希望を其筋々に向つて強く御論じ下さる機会があるであらうと考へまするから、玆に其大体を一言申述べて置きます、併しそれは此議会に
 - 第50巻 p.448 -ページ画像 
於ける直接問題ではない、毎年の事にて昨年もあつたと申して宜しいさりながら玆に更に申し添へたいと思ひますことは、恰も此議会に提出になつてある政府案の三・四に付て、私はどうぞ貴衆両院の御同業者に深く御考慮を乞ふて、此議案の如何に成行くか、努めて社会のため吾々の同業者のため否一般経済界のために、一番善いことに落付くやう御尽力を乞ひたいと思ふのであります、其案を玆に具体的に申上げますると、私は四つ意見を陳上致したいと思ふのでございます、其陳上する廉々の中には、必しも吾々銀行業に直接でないこともございます、併し銀行者は唯々公債証書とか手形とか云ふ直接に取扱ふものばかりに宜しきを努めて、他の方面のことは我関せずと云ふ訳には参りませぬ、所謂天下の経済は即ち吾々の管知する所であれば、其経済関係のことたる、同時に吾々が深く考慮を要するものと思ひます
先づ第一に申上げたいのは工場法案である、此法案に付ては随分長い歴史を持つて居る、諸君も御聞知の通りである、併し是は此席で申すと他の事柄を引例して序でに愚見を申添へるやうな嫌ひがありますけれども、昨年も農商務大臣が開かれた生産調査会に提案されて、私共其場合に愚見を陳上致しました、或は尚早しといふ説もありました、又或は諸工場の段々に拡張し進んで行く今日に、相当の法度なかるべからず、目下の工業上大なる妨害の無い程度に於ては此案は寧ろ有つたが宜からうといふ説もございました、結局吾々は十四、五年前には尚早しを主張しましたけれども、今日も尚それのみの一点張は如何であらうかといふ念慮を持ちました為に、私共の同志に於ては、生産調査会に於て修正された意見を政府が採用するならば、大なる妨げはなからうかと云ふ意見が多数でございました、故に是は最も心を用ふべき問題でございますが、此工場法案に対しては、生産調査会に於ての渋沢としては大体に於て同意を表したのでございまする、若し諸君に於て尚御懸念がありましたら成るべく御修正ありたいと思ひまするけれども、全体に於て無理に法律の善美のみを求める政府の態度であると攻撃せぬでも宜からうと思ふのでございます
第二に申上げたいのは会社の重役に対する制裁即ち商法の改正であります、是は独り重役の体刑と云ふやうな事柄ばかりではなく、種々なる廉々に付て此の改正案が経済界に大に影響を来さうといふことからして、東京の銀行集会所なる手形交換所に於きまして特に委員を設けて調査を致まして、或は所有物の価額の見積、若くは手形の取扱、倉庫証券の書式又は重役に対する罰則が余り苛察に渉ること、殊に此罰則は法文の解釈によつては故意に為さぬ事柄にまで其罪を負はぬと限らぬやうに思はれまする、元来此改正案の設けらるゝといふのは数年前種々なる会社重役の不都合が原因を為したものではないか、果して然らば物に懲りて設立する法度といふものは所謂病を癒すに劇薬を用ふると同じく、若し一歩を誤ると其病を癒した劇薬の毒が病以上に後へ残て身体を害すると云ふ古訓を考へねばならぬと思ふのでございます、他に類例の無い制度ではなからうと考へまするけれども、唯々一片の法律を以て苛察の体刑を設け、さうして人の心を抑へ付けるといふが如きは、私は憲法政治、所謂法治国にあるべき仕組ではなからう
 - 第50巻 p.449 -ページ画像 
と思ふのでございます(拍手)、若し、唯々さういふ苛察の制度を以て人の心を直さうといふならば、即ち法律が人を造るといふことになつて、人が法律を使ふのではないとまで論ぜねばならぬかと思ふのでございます、故に此の改正案の如きは大に修正を要さねばなるまいと考へるのであります、今申上げました手形交換所に於て取調べましたのは、例へば千円の罰金を五百円にするとか、一年の体刑を半年に減じたが宜からうといふ詳細なる意見は述べませなんだけれども、果して其事が故造であつた、悪意に出たといふことが明かならば之を罰するも尚可なりである、併ながら此法文の儘では、悪くすると過失不注意でも矢張罪名を帯びるやうにならぬとも限らぬ、若しそれであるならば遂に正確の人は会社の重役たることは避けることゝなる、何を苦んでさういふ位地に立たうか、果して然らば善い人を求めたいといふ立法の精神が反対に悪い人を出すやうになつて来る、甚しきは先刻も他の席上で御話のあつた通り下手人を拵へて会社を経営するといふ如き悪例も生ぜぬとは云へぬであらう、此信用を以て経営すべき実業界が斯る有様に陥つて参つたならば、それを信用の発達といふか、徳義の向上と言ひ得るか、是は申すまでもない実に悪風俗と思ふのである、故に此商法改正の条項に於ては、幸に諸君が意見を同じうなさいますならば、努めて御議論なされて、此法案をして、どうぞ穏当なる所に止めるやうに修正せしめたいと希望して已まぬのであります(拍手)、第三に申上げたいのは、特殊銀行条例の改正でございます、集りました東京銀行集会所側の同業者は、多く普通銀行でございますから、特殊銀行のことに付て説を述べますのは、何やら人の仕合せ、人の便宜を妬み嫉むが如き嫌ひがございますから、努めて左様なことを言ひたくございませぬ、併ながら若しもその制度が適当を欠くとしたならば即ち国家の経済に影響をするものと考へますると、思ふだけのことは陳上せざるを得ぬ訳にならうと思ふ、此事に付ては此の席に、当初此法律の頒布せらるゝ際の起草者とも云ふべき御人も同席して居られまするので、其人を玆に起立せしめて、抑々何年何月といふ演説を請ふは何やら議会の反対演説らしうなりますから、若し諸君の御希望に依つては其場合も生じませうが、先づ私が代弁で或は其要領を尽さぬ嫌ひがあるか知れませぬけれども玆に一言述べますのであります(笑)、元来此特殊銀行は即ち特殊である、特殊の為に或る一方を抑制して、或る一方に便宜を与へるといふのが、即ち特殊の特殊たる所である、若し酒の好きな人に酒も飲ませるが、汁粉も食べさせるといふならば殆ど特殊ではなからうと思ふのである、然るに今度の修正に依りますと、特殊といふ字は取除けねばならぬやうになる、汁粉も食べ酒も飲むのが特殊だといふやうな風に解釈して、特殊の範囲を広めるならば最初の特殊と特殊の字義が違ふやうになりはしないか、と考へるのでございます、故に此条例改正に付ても、余程御考慮を要されたいと思ふ、併ながらそれも唯々特殊の字義の関係ばかりを以て、吾々が非難致すのではございませぬ、即ち特殊といふ精神は成るべく地方の農事に銀行の金融を普及せしめたいと云ふのが抑々当初の趣旨である、而して此改正が酒も汁粉も一緒に食べさせる為に地方の農事に向つて金
 - 第50巻 p.450 -ページ画像 
融の便益を欠くといふ事情が生ずるならば、酒と餅とを飲ませ食べさせた為に身体を害するといふことになりはせぬか、果して然らば此特殊を広い意味の特殊にするのは、国の経済には寧ろ不利益になりはせぬかと考へるのでございます(拍手)、若しさる懸念なくば吾々は喜んで此改正案に同意しまするけれども、果して前に申上げます事実ありとするならば、地方の経済の為には、或は恐る、他日は無くもがな、あの時改正しなかつたならばといふことも生ぜぬとは申されますまいどうぞ吾々の杞憂に止まるならば誠に結構でございます、其辺に付て地方の議員諸君は別して御考慮を煩はしたいと深く希望致す次第でございます
最後にもう一つ申上げたいのは、彼の蚕糸業法でございます、是は農業に属する事柄で、御集りの方々には蚕を御案内の方が多うございますけれども、東京側の方々には蚕の虫は芋虫のやうなものであるか、或は尺取虫のやうなものであるか、余り御差別がないかも知れぬ、斯く申す私は田舎の百姓でございますから蚕の虫は能く存じて居りますそれは暫く措て、左様な農事に属することでありますから、銀行に何の因縁があるかと云ふ御疑問があるかも知らねど、此養蚕といふものは吾々銀行者の金融界に大なる関係を持つといふことは申さぬでも明かでございます、殆ど一億何千万の輸出品である、日本の輸出品の最上位は是であるといふことは陳上するまでもない、隣席の正金銀行の頭取などは、此養蚕製糸の為に常に多大なる御心配をなされて居らるることは平常承つて居る、斯く申す私の銀行なども蚕糸の為に相当なる金融を致して居ります、而して此蚕種のことに付ては工場法案の如く生産調査会に案を提出せられ、蚕種統一の試験方法として諮問があつたのでございます、其事に付ては生産調査会は種々なる説があつた是は必要でないといふ論と速かに遣らねばなるまいといふ説とで頻りに討論した、落付く所政府は相当の方法を以て蚕種統一の出来るやうに力を尽すが宜からうといふことになつたのでございます、然るに其時の生産調査会員の考は蚕糸業法として突如斯様な法律案が出るとは予期しなかつた、若し政府が今日此法案を議会にお出しなさるならば先づ生産調査会に諮問なさるのが宜かつたと思ひます、生産調査会には少しばかりにして、更らに面倒なる法律案を以て生産調査会も同意したと言はれるならば、一寸甘酒を飲ませて、既に酒を飲んだ以上は焼酎も飲まなければならぬと云ふのと、同じ意味に当りはしないかと思ふのでございます(拍手)、但し此法律の総ての方面に非難を申すではございませぬけれども、最も面白からぬやうに考へるのは三十五条の如き、若し蚕病に付て疑があれば総てのものに立入つて製糸も貿易業も検めるといふは、俗に申す官権振廻しが大変強いやうに文章の上では見られるのであります、蓋し蚕種統一をするといふには或は左様な制裁も必要かも知れませぬ、けれども前にも申す法律が人を造るの精神から起つて居りはしないか、どうぞ人間の方が法律を造つて貰ひたいと私は常に企望して居る所から蚕糸業法の三十五条に付ては余程御考慮を煩はしたと思ふのでございます、法文全体に付て何条は云々と斯かる御懇親の会合に於て詳細に申上げますのは、御退屈にもなり
 - 第50巻 p.451 -ページ画像 
ませうし、又それ程私も細かに調べて居る訳でもございませぬけれども、第一に経済界の有様に付ての希望と、続いて今諸君の御手許にある議案に付て、どうぞ御注意を乞ひたいと思ふ廉々を斯る機会に陳上するは懇親の情も表し得る、又若し私の申上げますることが、多少御考慮を補益することありとするならば、即ち此会合は有用の会合なることを喜びまするので、玆に失礼も省みず我思ふことを陳上致したのでございます
呉々も前に申上げました通り今夕の此準備に付て、発起者の一人として居りながら甚だ不行届であることを深く陳謝致します、又此機会を以て貴衆の両院議事に終始御関係遊ばされ、御尽瘁ある諸君に対して吾々共深く御礼を申上げねばならぬのでございます、同時に先刻申上げました廉々は十分な御考慮を煩はし上げたいと希望して已まぬのでございます。(拍手)