デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
4節 保険
1款 東洋生命保険株式会社
■綱文

第51巻 p.229-230(DK510062k) ページ画像

大正3年6月11日(1914年)

是日栄一、中国旅行ヨリノ帰途、広島ニ於ケル同市商業会議所主催ノ講演会ニ臨ミ、講演後、当会社代理店主幹・社員等ニ対シ一場ノ訓示ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正三年(DK510062k-0001)
第51巻 p.229 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正三年          (渋沢子爵家所蔵)
六月十一日 晴 風少ク気候漸ク暑熱ヲ覚フ
○上略 午後三時広島ニ抵リ、兼子等ト分レテ下車ス、停車場ニ来リ迎フ者頗ル多シ、早速・保田・松本氏等ノ案内ニテ先ツ泉邸ニ抵ル、邸ハ浅野侯ノ別野《(墅)》ナリ、庭園ノ設備完全ナルノミナラス、同家所蔵ノ古美術品ノ陳列所アリ、一覧後吉川旅宿ニ休憩シ、午後六時公会堂ニ抵ル来会者千余人アリテ、満堂立錐ノ地ナキ有様ナリ、壇上ニテ一場ノ支那視察ニ関スル演説ヲ為シ、畢テ歓迎会席上ニ抵リ、更ニ謝詞ヲ述ヘ十時席ヲ避ケ吉川旅宿ニ於テ小憩ス、此夜十二時過発ノ寝台列車ニテ大阪ニ赴ク、広島停車場ニ来リ送ル者数十人アリ、保田・松下・海塚ノ三氏ハ汽車中ニ来リテ分袂ス、夜一時過就寝
(欄外記事)
[汽車中ノ為安眠スルヲ得ス、播州路ニ入リテ日出ヲ見ル


(東洋生命保険株式会社) 社報 第一八号・第三八―三九頁大正三年六月 渋沢男爵閣下の御来広と当社出張所の光栄(DK510062k-0002)
第51巻 p.229-230 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第三一三号・第六八頁大正三年六月 ○青淵先生支那旅行消息(DK510062k-0003)
第51巻 p.230 ページ画像

竜門雑誌  第三一三号・第六八頁大正三年六月
    ○青淵先生支那旅行消息
○上略
△渋沢男一行出発(六月十一日下関発電時事新報着電)渋沢男一行は十一日朝九時五十分発にて東上せり、一行は同日広島に下車して同地の歓迎会に出席十二日朝神戸に着し、大阪に入るは同夜なるべし
△渋沢男(六月十一日広島発電大阪朝日着電)渋沢男爵は十一日午後二時五十八分別府より来広し、商業会議所並に実業家等の懇請に応じ、午後四時より公会堂にて講話をなしたり
○下略