デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.15

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

2章 交通・通信
4節 通信
1款 日本無線電信株式会社
■綱文

第52巻 p.5-13(DK520001k) ページ画像

大正8年5月12日(1919年)

是ヨリ先、栄一、内田嘉吉ト共ニ、日米間ノ通信状態ヲ改善シ又日米友好関係ニ資スルノ目的ヲ以テ、日米協同事業トシテ海底電線ヲ新タニ敷設スベキ計画ヲナス。是日、東京銀行集会所ニ於テ、朝野ノ名士ヲ招キ日米電信株式会社設立協議会ヲ開ク。栄一出席シテ演説ヲナス。又依託セラレテ、内田嘉吉ト共ニ調査委員十二名ヲ指名ス。次イデ創立委員トナル。


■資料

渋沢栄一 日記 大正八年(DK520001k-0001)
第52巻 p.5 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正八年          (渋沢子爵家所蔵)
二月十九日 晴 軽寒
○上略 内田嘉吉氏来リ、米国ニ通スル海底電信事業ヲ協議ス○下略
  ○中略。
四月二十七日
○上略
此日内田嘉吉氏来話、日米電信事業創設ノ事ヲ談ス○下略
  ○中略。
五月二日 曇 軽寒
○上略
夜食後中島久万吉氏ヨリ書状来リ、海底電線ニ関スル会同ノ事ヲ報知ス○下略
  ○中略。
五月十二日 曇 暖
○上略 十一時銀行倶楽部ニ抵リ、海底電線架設ノ事ニ付市内有力者ヲ集会シテ起業ノ件ヲ協議ス、委員十名ヲ挙ケテ立案スヘキ事ト決ス、指名ヲ余ト内田嘉吉氏トニ托セラル、畢テ午飧ヲ共ニシ○下略
  ○中略。
五月十六日 晴 軽寒
○上略 午前九時半兜町事務所ニ抵リ、内田嘉吉氏ノ来訪ニ接ス○中略 午後一時事務所ニ於テ海底電線架設会社ノ事ニ関シ委員会ヲ開ク、内田氏外八・九名来会ス○下略
  ○栄一、五月一日ヨリ大磯明石邸ニ滞在、同十日帰京ス。
  ○栄一日記、是年七月十日ヨリ同月三十一日マデ、八月二十一日ヨリ年末マデノ記事ヲ欠ク。


集会日時通知表 大正八年(DK520001k-0002)
第52巻 p.5-6 ページ画像

集会日時通知表  大正八年         (渋沢子爵家所蔵)
 - 第52巻 p.6 -ページ画像 
四月廿七日 日 午後四時 内田嘉吉氏来約(飛鳥山邸)
  ○中略。
五月一日 木 午前十時 中島久万吉男兜町ニ来約
  ○中略。
五月十二日 月 午前十時 海底電線ニ関スル件(銀行クラブ)
  ○中略。
五月十六日 金 正午 海底電線ノ件ニ付御会合(兜町)
  ○中略。
五月三十日 金 午後三時 中島久万吉氏来約(兜町)
  ○中略。
七月十四日 月 正午 海底電線会社ノ件(ホテル)
  ○中略。
七月廿四日 木 午前十一時 日米海底電線ノ件(銀行クラブ)
  ○中略。
九月一日 月 午前十時 野田逓信大臣御訪問ノ約(官邸)
  ○中略。
十一月廿二日 土 午前十一時 東郷安男来約(兜町)
  ○中略。
十一月廿七日 木 午前十一時 日米海底電線ノ件(銀行クラブ)


報知新聞 第一五一七三号 大正八年五月一五日 日米を結ぶ直通海底電線 間借同様の現在線 渋沢男を委員長に(DK520001k-0003)
第52巻 p.6-7 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第三七二号・第四一頁大正八年五月 ○日米電信創立計画(DK520001k-0004)
第52巻 p.7 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一書翰 ジェームズ・ディー・ローマン宛一九一九年九月一六日(DK520001k-0005)
第52巻 p.7-8 ページ画像

渋沢栄一書翰  ジェームズ・ディー・ローマン宛一九一九年九月一六日
            (ジエームズ・ディー・ローマン氏所蔵)
               (COPY)
           Baron E. Shibusawa
            No. 2 Kabutocho,
             Tokyo, Japan.
                   September 16, 1919.
Mr. J. D. Lowman:
  Seattle Chamber of Commerce,
  Seattle, Washington, U. S. A.
My dear Mr. Lowman:
  Your favor of August 1 duly received and I wish to thank
 - 第52巻 p.8 -ページ画像 
for the interest you and your Chamber have shown in the improvement of the means of communication between your country and mine.
  I am very happy to know that the Seattle Chamber of Commerce has been making investigations in the project of laying a new cable line between our two countries. We Japanese are thoroughly convinced that the new cable laid by the cooperation of our two nations will not only serve to facilitate the means of communication but also promote cordial relations between America and Japan.
  Yes, both Mr. Uchida and myself are on the board of the promoters of the new cable line. Mr. Uchida left Japan in early August for the United States to carry on negotiations with your Government authorities and the leading men of your country. He is expected to sail from New York for Europe at the end of this month and will return to the United States within a few weeks to resume negotiations with the American authorities. I feel sure that he will be interested in your proposition. I hope you will communciate with him immediately, for I will write him about your proposition. His address is as follows:
    c/o Japanese Embassy,
    Washington D. C.
 or c/o Messrs. Takata and Co.,
    50 Church St., New York City.
 or c/o Messrs. Takata and Co.,
    57 Bishopsgate St.,
    London, E. C.
  We have not yet decided upon the route for the proposed cable, and hence Mr. Uchida will no doubt give his serious consideration to your proposition. I earnestly hope that this enterprsie of American-Japanese cooperation will be brought to a speedy consummation with the assistance of your Government secured through the efforts of your Chamber.
  …………
            Very sincerely yours,
            (Singned) Baron Eiichi Shibusawa.
  …………


雨夜譚会談話筆記 上・第五一頁大正一五年一〇月―昭和二年一一月(DK520001k-0006)
第52巻 p.8-9 ページ画像

雨夜譚会談話筆記  上・第五一頁大正一五年一〇月―昭和二年一一月
                     (渋沢子爵家所蔵)
  第三回 大正十五年十一月十三日 於飛鳥山邸
先生「無線○無線電信会社は内田嘉吉氏が早くから心配して居た。これは経済界よりも米国との関係で私を入れることになつたので、初めは海底電信で通信する有線の計画であつたものが、其内に無線になつた
 - 第52巻 p.9 -ページ画像 
それは米国人の技師が、技術上無線でやれと云ふのでさうしたのである」
  ○此回ノ出席者ハ栄一・渋沢敬三・増田明六・高田利吉・岡田純夫。


日本無線 第八六号創立拾周年記念特輯号・第四五―五〇頁昭和一〇年一一月 「我社の創立されるまで」回顧座談会 二、民間側より見たる我邦国際通信機関及之が整備に関する民間有志の計画(DK520001k-0007)
第52巻 p.9-13 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。