デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

3章 商工業
2節 蚕糸・絹織業
1款 社団法人大日本蚕糸会
■綱文

第52巻 p.353-356(DK520034k) ページ画像

大正5年6月2日(1916年)

是日栄一、当会会頭清浦奎吾・副会頭牧野忠篤等ト共ニ、宮中御養蚕所ヲ拝観ス。


■資料

中外商業新報 第一〇八二五号 大正五年六月三日 ○坤徳洪大 蚕糸会役員の御養蚕所拝観(DK520034k-0001)
第52巻 p.354 ページ画像

中外商業新報 第一〇八二五号 大正五年六月三日
    ○坤徳洪大
      蚕糸会役員の
      御養蚕所拝観
皇后陛下が蚕糸の道を御奨励あらせらるゝは今更申すも畏き次第なるが、去ぬる大正元年宮城に移御せらるゝや、新に養蚕所を御造営相成り、同三年より年年新養蚕所にて蚕児を飼育遊ばされ、深く大御心を斯業の発達に用ひさせ給ひ、曩には地方長官に御養蚕所の拝観を差許され、更に二日は特に
  斯業御奨励の思召
を以て大日本蚕糸会々頭清浦奎吾子を始め同会役員に拝観を差し許されたり、今拝観の模様を承るに、御養蚕所は宮城内紅葉山にありて、正面玄関を中心に右に簡易養蚕室、左に普通養蚕室の二棟あり、建坪二十坪に出で何れも二階建なるが、簡易室は、陛下が往年高等蚕糸学校に成らせられし際御実見あらせられし同校の設備に則り、一般
  農家の飼育状態を
親しく臠はさんとの大御心より造らせ給ひしものとて、床は土間に筵を敷き、天井は粗き竹簀を用ひたる至極質素の御設備、拝するだに畏き極みにて、目下御飼育の蚕種は内国産にありては小石丸・東蚕一号等にて、外国種は仏国純粋種外に交配種をも含み、前者は五月一日掃立本月下旬頃上簇すべく、後者は五月三日掃立目下五齢六日目位にて
  交配種は昨今上簇
中なりと云ふ、此等は専ら全国各農学校より選抜せし学生及び卒業生が、宮内省主任技師指導の下に孜々として飼育の任に当り居り、陛下には掃立以来度度玉歩を此処に運ばせ給ふと承るも畏き次第なるが、御研究の広くして且つ深く渡らせらるゝ事専門家も遠く及ばざる程にて、常に養蚕に関する内外の書を御渉猟あらせらるゝ由拝聞す、桑葉は約六反歩の桑園に栽培せられ、桑樹は何れも一丈五六尺にも及ぶ見事なるものにて
  拝観者一同も驚嘆
し、今更ながら陛下の斯業に堪能に渡らせられ、その発達振興に意を用ひさせ給ふ事の深きに感佩恐懼せしと云ふ、尚同会は曩に御歌を給ひ、昨秋は更に御内帑金を給ひ、今復此の光栄を担ひ、幹部役員一同は感激措く所を知らず、深く聖旨の存する所を奉体して退出せりといふ、当日拝観の栄を荷ひしは清浦会頭の外左の諸氏なり
 副会頭牧野忠篤子・同益田孝・渋沢栄一男・原富太郎・吉池慶正・志村源太郎・中川望・北村七郎・渡辺文七・今西直次郎・若尾幾造・石渡繁貞・工藤善助・加藤知正・重富三男三・矢作栄蔵・森田退蔵・安達健三郎


竜門雑誌 第三三七号・第九五頁 大正五年六月 宮中御養蚕所拝観(DK520034k-0002)
第52巻 p.354-355 ページ画像

竜門雑誌 第三三七号・第九五頁 大正五年六月
○宮中御養蚕所拝観 大日本蚕糸会々頭清浦奎吾子・副会頭牧野忠篤子・同益田孝氏・顧問青淵先生其他二十余名の諸氏は、六月二日午前十時より石原宮内次官・三室戸皇后宮主事其他の案内にて、宮中紅葉
 - 第52巻 p.355 -ページ画像 
山なる皇后宮御養蚕所拝観の栄を辱ふせられたる由。



〔参考〕中外商業新報 第一二九四六号 大正一一年三月二七日 大日本蚕糸会総会 閑院総裁宮御諭旨(DK520034k-0003)
第52巻 p.355-356 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕渋沢栄一書翰 吉池慶正宛 (大正一三年)八月一九日(DK520034k-0004)
第52巻 p.356 ページ画像

渋沢栄一書翰 吉池慶正宛 (大正一三年)八月一九日 (西条峰三郎氏所蔵)
貴翰拝読、爾来益御清適奉賀候、然者過日開催之本会委員会聯合会ニハ特に御斡旋被下、好都合ニ提出案審議相成候ハ御同慶此事ニ御坐候右ニ付各県地方長官又ハ本会出席之委員等へ挨拶之書状案及協議案之原稿、又ハ官憲其他へ進達すへき書面之案共種々御取調御廻し被下一覧仕候処、少々字句に修正を要し候処も有之、其上是等之意見書漠然提出致候とも、単ニ官庁之束閣と相成候のミニ候間、此上機会を得て当局ニ対し篤と意見交換之必要有之候、依而右等之手続ハ尚御協議もいたし、東京委員とハ今一応会同打合も致度と存候、右ニ付御遣之原稿ハ暫時手許ニ留置、本月末帰京之上御相談可致と存候、右不取敢貴酬如此御座候 敬具
  八月十九日               渋沢栄一
    吉池賢契
         拝復