デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

3章 商工業
2節 蚕糸・絹織業
5款 其他 3. 横浜蚕糸貿易商同業組合
■綱文

第52巻 p.461-462(DK520048k) ページ画像

昭和6年11月15日(1931年)

是月十一日栄一歿ス。是日葬儀ニ際シ、当組合副組長原善一郎、組合員ヲ代表シテ弔詞ヲ贈ル。


■資料

竜門雑誌 第五一八号・第二〇―三五頁 昭和六年一一月 葬儀○渋沢栄一(DK520048k-0001)
第52巻 p.461-462 ページ画像

竜門雑誌 第五一八号・第二〇―三五頁 昭和六年一一月
    葬儀○渋沢栄一
十五日○一一月
○中略
 一、青山斎場着棺 午前九時四十分。
 一、葬儀開始   午前十時。
 一、葬儀終了   午前十一時三十分。
 一、告別式    午後一時開始三時終了。
○中略
また東京市民を代表した永田市長の弔詞、実美界を代表した郷誠之助
 - 第52巻 p.462 -ページ画像 
男の弔詞朗読があり、他の数百に達する弔詞を霊前に供へ、十一時半予定の如く葬儀を終了した。
○中略
    弔詞
○中略
正二位勲一等子爵渋沢栄一閣下痾革リ溘焉長逝セラル、嗚呼哀哉
閣下夙ニ国家経済ノ発達ト教育ノ普及文教ノ刷新トニ意ヲ注キ、邦家ノ基礎確立ニ尽瘁、明治・大正・昭和ノ時代ニ亘リ蓋世ノ偉業ヲ樹テ恵沢ヲ百世ノ後ニ遺シ、邦家ノ為貢献セラルヽ処洵ニ偉大ニシテ、国民ノ崇敬措ク能ハサル処ナリ、而シテ我国蚕糸貿易数次ノ難局ニ際シ克ク斯業ノ危急ヲ匡救セラル、特ニ大正十二年九月一日ノ大震火災ニヨリ焼失セル蚕糸ノ損害負担ニ就キ関係者ノ意見一致ヲ欠キ、紛糾其ノ極ニ達シ困惑趨舎ノ路ニ迷ヘルノ秋ニ方リ、閣下之カ裁定ノ任ニ膺リ、千載不磨ノ遺訓ヲ垂レ以テ趨帰ノ道ヲ示サレ、玆ニ難事ノ解決ヲ看、本組合員ノ今日在ルヲ得タルハ洵ニ閣下威徳ノ賜ニシテ、感銘忘ルヽコト能ハサル処ナリ、今ヤ蚕糸業界最モ多事多難、閣下ノ掖導ニ待ツ多キノ秋ニ方リ、卒然トシテ易簀セラル、邦家ノ為洵ニ痛惜ノ至ニ禁ヘス、玆ニ本組合員ヲ代表シ恭ク弔詞ヲ呈ス
英霊尚クハ饗ケヨ
  昭和六年十一月十五日
              横浜蚕糸貿易商同業組合
              組長代副組長 原善一郎