デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

3章 商工業
3節 毛織物業・製帽業
2款 東京帽子株式会社
■綱文

第52巻 p.472-473(DK520053k) ページ画像

昭和6年11月15日(1931年)

是月十一日栄一歿ス。是日葬儀ニ際シ、当会社ヨリ弔詞ヲ贈ル。


■資料

竜門雑誌 第五一八号・第二〇―四九頁 昭和六年一一月 葬儀○渋沢栄一(DK520053k-0001)
第52巻 p.472-473 ページ画像

竜門雑誌 第五一八号・第二〇―四九頁 昭和六年一一月
    葬儀○渋沢栄一
十五日○一一月
○中略
 一、青山斎場着棺 午前九時四十分。
 一、葬儀開始   午前十時。
 一、葬儀終了   午前十一時三十分。
 一、告別式    午後一時開始三時終了。
○中略
また東京市民を代表した永田市長の弔詞、実業界を代表した郷誠之助男の弔詞朗読があり、他の数百に達する弔詞を霊前に供へ、十一時半予定の如く葬儀を終了した。
○中略
 - 第52巻 p.473 -ページ画像 
    弔詞
○中略
昭和六年十一月十一日子爵渋沢栄一閣下溘焉長逝セラル
閣下ハ明治二十二年当社ノ前身タル日本製帽会社ヲ設立シ、英米ヨリ技師ヲ招聘シ本邦フエルト帽子工業ヲ創始セラル、幾モナク技術ノ無経験ト不慮ノ災厄ニヨリ解散ノ悲境ニ遭遇セルモ、国産製品ヲ発展セシメントスル閣下ノ高遠ナル意図ハ、悲運ニ傾ケル日本製帽会社ノ事業ヲ継承シテ二十五年新ニ東京帽子株式会社ヲ創立シ、閣下ハ其取締役会長トシテ規画経営セラレタリ、閣下カ多難ノ間ニ処シテ纔ニ斯業一縷ノ命脈ヲ維持シ、以テ今日ノ基礎ヲ定メラレタル苦衷ハ洵ニ当社ノ銘記スル所ナリ、曩ニ閣下ハ喜寿ヲ期トシテ財界ヲ隠退セラレタルモ、当社ノ事業ニハ甚大ナル指導ヲ吝マセラレス、蓋シ本邦製帽業ノ今日アルハ職トシテ閣下ノ庇護ニ由ルモノト謂フ可キナリ、斯業ノ前途尚閣下ノ提撕指導ヲ乞ハサルヘカラサルモノ少カラサルニ、遽ニ閣下ノ易簀ニ接ス、昊天何ソ無情ナル
今ヤ内ニ経済思想ノ国難アリ、外ニ辺防ノ危機迫ル、此秋ニ方リテ一世ノ師表タル閣下ヲ失フ、悲傷哀慕ノ情禁シ難キモノ独リ豈当社関係者ノミナラン哉、誠ニ邦家ノ為哀惜痛嘆ニ堪ヘサルナリ、謹ミテ蕪辞ヲ陳ヘテ以テ弔詞トナス
                    東京帽子株式会社
                     取締役会長 馬越恭平