デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
1節 朝鮮
2款 稷山金鉱(稷山金鉱株式会社)
■綱文

第54巻 p.364-379(DK540076k) ページ画像

昭和3年8月30日(1928年)

是年五月、当会社砂金鉱区ノ採掘結了ニヨリ解散スルニ決シ、是日、当会社本社ニ於テ開カレタル臨時株主総会ニ付議シ、議決セラル。


■資料

稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0001)
第54巻 p.364-367 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類          (渋沢子爵家所蔵)
 - 第54巻 p.365 -ページ画像 
     CHIKSAN GOLD MINING COMPANY,LTD.
      (SHOKSAN KINKO KABUSHIKI kAISHA)
        稷山金鉱株式会社
    INCORPATED UNDER THE LAWS OF THE EMPIRE OF JAPAN
           HEAD OFFICE : CHIKUSAN CHOSEN
              Tokyo, Japan, May 19th, 1928.
Messrs. Dozoku Shibusawa K. K.,
  No. 1 Eirakucho, 2 Chome,
  Naka Building, No. 28 Kojimachiku,
  TOKYO.
Dear Sirs:
  4,500 SHARES OF CHIKSAN GOLD MINING COMPANY OWNED BY YOU
  As you have been previously notified that the placer dredging area of the Chiksan Gold Mining Company would be worked out by the middle of this year, we now wish to advise you that by the end of this month, May 30th, operations will come to a close.
  As it has been definitely decided by your directors that no further mining work can be carried on by the Company at a profit, the Company will either be liquidated for the benefit of the shareholders, by authority of an Extraordinary General Meeting of the shareholders; or if a purchaser can be found for all the shares, and the shareholders or a large majority of them are willing to dispose of their holding at liquidation price, more can be realized that way, as practically all liquidation expenses would be avoided.
  It is expected at June 30th that we shall have cash and Government Bonds on hand after paying all expenses of the estimated value of Y. 475,000.00 including the earnings for the present six months' term. The other assets of the company consist of
  Concession Rights
  Dredger
  Power Plant
  Dredged Land
  Buildings
  Machine tools and equipment
  Sundry goods in stock for Dredger repairs.
  The concession rights are of no particular value as all the profitable ground will be worked out.
  The dredge, machine tools and equipment, and goods in stock all apply to Dredging work and can probably be sold for only scrap value. We have been trying for a year to sell the dredge for delivery upon completion of our work, same to be dismantled by the purchaser and re-erected in Korea or elsewhere where
 - 第54巻 p.366 -ページ画像 
 placer ground may exist, but our efforts have been unsuccessful.
  The buildings are all cheap wooden structures erected many years ago and are of practically no value.
  The dredged land is worth approximately only ten sen (five cents gold) per tsubo (36sq.ft.). It requires quite a few years to put dredged land in shape to be again cultivated.
  The Electric Power Plant which has been in use for twelve years, is in good condition and should be wroth 40% to 50% of present market price of such machinery. This plant can be used as the nucleus of a small Lighting and Power Company to supply current for light and power to several small villages and Industrial Plants in the Chiksan District, and to Quartz Mine Prospectors.
  In order to maintain the rights for operating a lighting and power business by local people there, or some existing lighting company, your Directors have been endeavoring to obtain an offer for all of the shares if the shareholders are willing to dispose of their shares at liquidation price and thus save liquidation expenses.
  It is estimated that the liquidation value of the shares at June 30th, 1928, will be about as follows, providing we could immediately dispose of the assets other than cash and bonds.
Cash and Government Bonds as above stated.. Y. 475,000.00
Amount that can possibly be obtained for all
the other assets as mentioned above........... 300,000.00
                      Y. 775,000.00
  As the Company has outstanding 40,000 shares, the total estimated value as above, Y. 775,000.00 would equal Y. 19.00 per share. It may be greater or less than this when all debts are paid and the final figures made up.
 ○Inasmuch, however, as we cannot safely say that we can quickly dispose of the property assets mentioned above, the total estimated amount we shall have for immediate distribution to the shareholders will be ................ Y. 475,000.00.
This will equal for the 40,000 shares approximately Y. 12.00 per share.
 ○Subsequently upon disposal of the property assets at Chiksan, if we can secure even Y. 250,000.00 for same, then there would be an additional distribution of about Y.5.00 per share after deducting liquidation and other expenses if we liquidate the Company
  Whether the Company be liquidated or sold as a whole to be operated by local people as a Lighting Company, all original shares must be turned in for the purpose of legally winding up the affairs.
  Therefore, please send to the President of the Company, No.
 - 第54巻 p.367 -ページ画像 
3 Mitsui Building, Honcho, Nihonbashiku, Tokyo, Japan, the shares as above mentioned which you own in the Chiksan Company, and also sign and return the enclosed official form of Power of Attorney used here for sale or disposal of shares, if you are willing to dispose of your shares. Also please cancel the stamp on the Power of Attorney by writing your initials across the face of it.
  If you have no attorney in Japan you may leave the blank space open on the Power of Attorney and we shall have some one act for you.
  Please send the shares by registered mail in enclosed addressed envelope, and when the matters concerning the closing up of the business are legally settled and disposed of, remittance will be sent to you in the same manner as we have been remitting your dividends, for the largest amount that can be realized for your holding in the Company.
                  (Signed)
             J. R. GEARY President
        CHIKSAN GOLD MINING COMPANY, LTD,
  収入印紙 POWER OF ATTORNEY
 KNOW ALL MEN BY THESE PRESENTS, that I here by authorize
        to be my attorney in
connection with my shares of Chiksan Gold Mining Company, Limited, with authority ot do either of the following things:
  1. To vote said shares at any meeting or meetings of shareholders in favor of a motion to liquidate said Company, and in the event of the liquidation to surrender said shares to the liquidator or liquidators upon payment of the dividend due on account of the liquidation; or
  2. To dispose of said shares by sale, and in such event to receive and receipt for the purchase price and to sign, execute and deliver as my act and deed any instrument or instruments necessary to consummate said sale and to transfer ownership of said shares to the purchaser.
  Signature of Shareholder
(Date)
  ○次掲文書ハ右ノ訳文ナルベシ。


稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0002)
第54巻 p.367-369 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類          (渋沢子爵家所蔵)
    稷山金鉱株式会社の株式数(貴下の分)に関する件
 拝啓 益御清適奉賀候、然ば予而御通知申上置候通り稷山金鉱株式会社の砂金採掘鉱区は本年半を以て採掘結了に付、本期末即ち五月三十日を以て事業を停止可致候間此旨御承知被下度候
 - 第54巻 p.368 -ページ画像 
 本社取締役会は、今後会社の採金事業を継続する事は会社の不利を招くものと認め候を以て、全然之が経営を停止する事に決定致候、就ては臨時株主総会を開き、其決議に基き、株主各位の利益の為め会社を解散するか、若くは他に譲渡するかに出てさるべからずと存候、仮りに本会社引受人出現し、且つ全株主若くは株主の過半数が譲渡に賛成せらるゝとすれば、株主の獲得すべき利益は、解散によりて受得する利益に優る次第に有之候、蓋し斯る場合に於ては、解散の為めに要する一切の費用を省略し得るが故に御座候
 六月三十日の報告には、一切の費用を控除したる上、現金と政府の公債とに、本年上半期の所得を加算して金四拾七万五千円を計上し得る予定に有之候、尚ほ会社に属する其他の財産は左の如くに有之候

  租借権   何等ノ価値ナシ 一、〇〇〇、〇〇〇円
 ○砂金採掘機 ○印ノ機械物品ハ屑物同様ノ価値ヲ存スルノミ
                  二五二、〇〇〇円
  発電所   相当ノ価値ヲ有ス  一八四、七〇一円
  採掘済鉱区 約四百町歩(反三十円ノ価値)六七、三四一・五円
  建物    価値ナシ 三九、三五三・三〇
 ○機械・道具・備附品
               七〇、七六三・六九
 ○砂金採掘機修繕用準備品

 租借権は全部使用済に付何等の価値を存せす候、砂金採掘機・機械道具・備附品及砂金採掘機修繕用準備品等は屑物同様の価値を存するのみに候、過去一年間本採掘機の売却に努め候も、購買者を得ざりし次第に候、売却の方法としては、本会社に於て使用済の上購買者の費用を以て之を解体し、朝鮮又は其他の砂金採掘地へ取附けしむべき計画に有之候
 建物は安直なる木造家屋にして数年前に建築せられしものなれば、実際上何等の価値を有せす候
 採掘済みの土地は壱坪(三十六平方尺)の代価約拾銭(米価五仙)とし、之を耕地として利用するまでには今後二・三年を要するならんと存候
 発電所は十二年間使用せられたるものにして、今尚ほ良好の状態に有之、其価格は現市価の四割より五割に相当可致候
 本発電所は、将来近村又は稷山地方に勃興すべき工場及石英鉱採掘者等の為に、電灯及電力を供給すべき小規模発電所の核心として利用せらるべく候
 地方の有志者若くは既設の電灯会社に、本社の電灯及電力事業の経営権を譲渡せんが為め、本社の取締役は、株主各位が解散価格に於て其所有株を売却する事に同意せらるべくと仮定し、全部之を売却して解散費用を省略し得る様努力し来り候
 一九二八年六月三十日に解散せらるべき会社の資産評価は、現金並政府の公債以外の資産も速かに清算せらるものと見て左の如くに候
  一金四拾七万五千円   現金、政府の公債、本年上半期の所得

  一金参拾万円      前掲諸財産の売却予定価格
  〆金七拾七万五千円也
 - 第54巻 p.369 -ページ画像 
 本社の現株数は四万株なるを以て、右七拾七万五千円を壱株宛に計算する時は其価格拾九円と相成可申候、本社の負債全部を償却し、最後の整理を行ふ時には略ぼ以上の価格と相成り可申候
 乍去現金並政府の公債以外の資産は、速に清算せられ得べしと断言致兼候間、会社が株主諸彦に対し此際速に配当し得べき金額は四拾七万五千円、即ち四万株に対し一株当拾弐円と相成り可申候
 会社を解散するものと看做し、之れに要する一切の費用を控除して残余の資産を清算する時は、弐拾五万円を得ることゝ相成り可申に付斯る場合には株主諸彦に対し一株当五円の追加配当を行ひ可得候
 本社を解散するにせよ、又は電灯会社に譲渡するにせよ、法律上各位の株式は本社へ送附せらるゝを要し候
 右に付約前掲の価格にて貴下の所有株売却の御希望に候はゞ、玆許差上候封筒に株券御封入、書留郵便を以て日本東京日本橋区本町三井ビルヂング第三号館稷山金鉱株式会社々長宛御送附被下度候、尚ほ同封の委任状に御署名、委任状の切手《(マヽ)》は貴下のイニシヤルを以て之を消し、御返送の程願上候、若し日本国内に代理人無之候はゞ、委任状は白紙の儘御返戻被下度、小生に於て適宜相計ひ可申候
 右申上候通り、差上候封筒へ御所有の株券御封入、書留郵便にて御送附被下候節は、法規に従ひ、本社の事務を整理したる上、従来配当金を御送附申上候と同様の方法を以て御送金可申上候は勿論、貴下の為め最も有利の結了を遂け候様努力可致候
 右御通知旁得貴意度如此御座候 敬具
                 稷山金鉱株式会社
                   ジエー・アール・ギアリー
        殿
*欄外記事
             銀行預金・現金 349,774.36
 三年十二月卅一日現在  公債      253,680.   648,153.89
             其他ノ資産    44,699.53
  ○右書類中傍線ハ増田明六ノ書入レタルモノナリ。

    委任状            (株数     )
拙者儀        ヲ以テ代理人ト定メ左ノ権限ヲ委任ス
 一、稷山金鉱株式会社ノ株主総会ニ於テ解散ノ決議ニ賛成シ、解散ノ場合ニハ、清算人ヨリ受領スベキ解散配当金ト引替ニ所有株ヲ右清算人ニ交附スルノ件
 二、所有株ヲ譲渡スル場合、右譲渡ニ関スル一切ノ手続ヲ行使スルノ件


(増田明六)日誌 昭和三年(DK540076k-0003)
第54巻 p.369-370 ページ画像

(増田明六)日誌  昭和三年       (増田正純氏所蔵)
七月十九日 木 晴                出勤
○上略
午前、内尾直二氏来訪にて、稷山金礦会社の状況を問はれたニ対し、詳細に近況を報告した、聞く処に依れは、同社長ゲーリー氏が同社残余財産売却の事を某氏ニ依頼し、某氏より人事興信所主たる内尾氏に
 - 第54巻 p.370 -ページ画像 
内容調査を依頼したる様子である。
○下略
  ○中略。
八月八日 水 曇                 出勤
○上略
午後一時、渋沢事務処に内尾直二・長谷川佳平両氏来訪、前原厳太郎氏と稷山金鉱会社の現況に就き懇談があつた、此会合は小生の心配より成つたのであるが、折柄種々多忙の用事があつたので、列席する事が出来なかつた○下略


稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0004)
第54巻 p.370 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類          (渋沢子爵家所蔵)
             (別筆)
             昭和三年八月廿日委任状発送済
               稷山金鉱株式会社
                東京市三井ビルデング三号
  一九二八年八月十一日   社長 ゼエ・アール・ゲアリー
    稷山金鉱株式会社株主殿
拝啓 来ル一九二八年八月参拾日(木曜日)午後四時参拾分、東京市麹町区内幸町参番地幸ビルデング第廿六号室稷山金鉱株式会社ニ於テ本会社通常株主総会開会仕候、本総会ニ於テ処理スベキ件ハ、一九二八年六月参拾日ヲ以テ終ル六ケ月間ノ営業報告、損益計算書・財産目録ノ承認及利益処分案ノ決議ヲ求ムル件
 御出席不可能ノ節ハ、何卒同封ノ委任状ニ御署名ノ上御返送被下度或ハ委任状ニ代理株主御指名被下度候也
    委任状
私儀       氏ヲ以テ小生代理人ト定メ、一九二八年八月参拾日開会ノ稷山金鉱株式会社株主総会ニ於テ小生ヲ代表シ、且同総会ニ於テ小生ノ投票権ヲ行使スルコトヲ委任ス
    年 月 日           株主
                    四千五百株所有者
                        署名


稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0005)
第54巻 p.370-371 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類           (渋沢子爵家所蔵)
               稷山金鉱株式会社
                東京市三井ビルディング三号
  一九二八年八月十一日   社長 ゼエ・アール・ゲアリー
    稷山金鉱株式会社株主殿
拝啓 来ル一九二八年八月参拾日(木曜日)午後五時、東京市麹町区内幸町参番地幸ビルデング内稷山金鉱株式会社本社ニ於テ、本社臨時株主総会開会、左記ノ件御決議相願度候間此段御通知申上候
 一、会社存在ノ目的完了シタルニ付解散整理議決ノ件
 二、解散整理可決ノ場合清算人撰挙ノ件
御出席不可能ノ節ハ、何卒同封ノ委任状ニ御署名御返送被下度、或ハ委任状ニ代理株主御指名被下度候也
 - 第54巻 p.371 -ページ画像 
    委任状
私儀        ヲ以テ稷山金鉱株式会社四千五百株ニ関スル小生代理人ト定メ、株主会議ニ於テ本会社解散整理賛成ノ投票ヲ為スコトヲ委任ス、且解散整理ノ場合ニハ、清算上請取ベキ配当金引換ニ右株券ヲ清算人ニ引渡スコトヲ委任ス
    月 日            株主
                        署名


外国係往復書(二)(DK540076k-0006)
第54巻 p.371 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

外国係往復書(二)(DK540076k-0007)
第54巻 p.372 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

外国係往復書(二)(DK540076k-0008)
第54巻 p.372-373 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

外国係往復書(二)(DK540076k-0009)
第54巻 p.373 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0010)
第54巻 p.374 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類          (渋沢子爵家所蔵)
       CHIKSAN GOLD MINING COMPANY, LTD.
         (SHOKUSAN KINKO KABUJSHIKI KAISHA)
          稷山金鉱株式会社
   INCORPORATED UNDEWR THE LAWS OF THE EMPIRE OF JAPAN
         HEAD OFFICE: CHIKUSAN, CHOSEN
REGISTERED       TOKYO, Japan, March 12th, 1930
Shibusawa Dozoku K. K.,
  No. 1 Eirakucho, 2 Chome,
  Naka Bldg., No. 28, Kojimachiku,
  Tokyo, Japan.
Dear Sirs:
      CHIKSAN GOLD MINING COMPANY
  FINAL LIQUIDATION DIVIDEND \4. FER SHARE
Shibusawa Dozoku K. K., Attorney for
           Mr. G. Mayebara.
  I am enclosing to you herewith checks as follows:
Shibusawa Dozoku K. K.  4,500 shares Yen 18,000.00
G・ Mayebara        300 shares    1,200.00
  I have already received receipts for the above payments.
           Very truly yours,
            (Signed) J. R. GEARY
                    Liquidator
JRG:EPN



〔参考〕稷山金鉱株式会社考課状(DK540076k-0011)
第54巻 p.374-375 ページ画像

稷山金鉱株式会社考課状 (渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
      Chiksan Gold Mining Company Limited.
          BALANCE SHEET
          At January 1st, 1928.
LIABILITIES             DR.    CR.
  Capital Stock            \2,000,000.00
  Legal Reserve              75,540.07
  Accounts Payable              406.50
  Dividends Payable            lOO,499.20
  Temporary Receipts              50.00
  Surplus                 85,277.25
ASSETS
  Concession          \1,000,000.00
  Machinery:
   Dredger   \252,000.00
   Power Plant  184.701.00   436,701.00
 - 第54巻 p.375 -ページ画像 
   Land              9,605,72
   Buildings           39,353.30
   Tools and Equipment         1.00
   Furniture and Fixtures       1.00
   Dredger Land          57,735.82
   Goods in Store         69,247.03
   Goods in Transit        1,514.66
   Bank Deposits and Cash    349,183.96
   Sundry Deposits          590.40
   Temporary Disbursements      800.00
   Bonds Owned          253,680.00
   Accounts Receivable      35,135.44
   Prepaid Rent            98.40
   Prepaid Taxes           358.80
   Accrued Interest        7,460.89
   Unexpired Fire Insurance     255.60
               \2,261,723.02   \2,261,723.02
   I hereby certify that the above Accounts are correct.
                    M. MAYEKAWA,
                        Inspector.
Tokyo, January 30th, 1928.



〔参考〕稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0012)
第54巻 p.375-377 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類           (渋沢子爵家所蔵)
                         明六
 稷山金鉱株式会社株式売却の件に関しジエー・アール・ギアリー並に広江沢次郎との間に締結せらるべき契約書案
              東京市、一九二八年五月十日
  一九二八年 月 日、東京市ジエー・アール・ギアリーを甲とし、朝鮮京城広江沢次郎を乙とし、両者の間に締結せる契約左の如し
乙は稷山金鉱株式会社株式即ち一株金五拾円払込済総株数四万株、此金額(即ち総資本金額)弐百万円を購買取得し度き希望を有す。而して
右金鉱会社の株主は約百三十九人あり、甲は右株主の所有せる株式を集め、之れを別記の如き支払法によりて乙に売渡せしむる様、株主に対して取計ひ得べしと信ず。
依て協定する事左の如し。
第一、甲より乙に対し稷山金鉱株式会社の株式全部若くは其内六割の引渡用意成れる旨を通知せば、乙は同社株式四万株の代金として金     円を甲に支払ふべき事を承諾す。乍去、甲の安心の為め右株式売却価格金     円を紐育ナシヨナル・シチー銀行東京支店に払込み置き、甲が同社株式四万株の内其六割若くは其れ以上を乙の為めに同銀行に差出し得るに至る迄、該金額を甲の為めに銀行に供託して置く
 - 第54巻 p.376 -ページ画像 
べき事を甲乙両者の間に協定す。
全株式の内六割を乙の為めに甲より銀行に差出したる際、銀行は購買価格金   円の六割に相当する金額を甲に支払ふものとす。全株式の内六割を引渡し、其代金を受取りたる後、残部株式を銀行に差出す毎に、銀行は其株数に応じて代金を甲に支払ひ、該株式を乙に渡すものとす。
第二、甲は稷山金鉱株式会社の株式全部を取纏める事不可能なるやも計り難し。然る時は一九二八年十二月三十一日迄に乙に引渡さゞる株式に対しては、其の数に相当する金額を同銀行より乙に払戻すべき事を甲は承諾す。右に対する一株の価格は、総株数四万株に対し乙が甲に支払ふべき事を承諾せるものに基きて定むるものとす。
第三、一九二八年六月三十日に至る迄の半季間の配当を行ふとせば、右配当金は同社株主名簿に登録せる一九二八年六月三十日現在の同社株主に対し、同社現役員より之れを支払ふものとす。但し乙は仮令一九二八年六月三十日に此協定事項実行の目的を以て登録する事ありとするも、一九二八年六月三十日に至る半季間の配当金は之れを受取るべき資格なきものとす。換言すれば右の時期に於て株主名簿に拠り乙に配当金を支払ひ得るものとし、又支払ふとするも乙は直ちに之れを甲に返還すべきものとす。
第四、乙が甲に対し株式の代金金額を支払ひ、且つ銀行が「第一」款に記載せる処に従ひ、売買価の六割を甲に支払ひたる時は、甲は稷山金鉱株式会社臨時株主総会の招集に必要なる手続を執るべく、而して乙の指命すべき新取締役の選挙をも行ふべく、而して甲は乙の指命に係る取締役が当選すべき様取計ふと同時に、現在の会社役員は辞任すべきことを保証するものとす。
第五、稷山金鉱株式会社は一九二五年八月四日附を以て、稷山金鉱株式会社の財産たる石英鉱租借地域売却の件に関し秋元豊之進氏と契約を締結せり。乙への参考として右契約書写を玆許添附せり。乙は稷山金鉱株式会社の負担すべき義務に関しては此契約書によりて諒解する処あるべし。
第六、本契約書記載の売買全価格の一割を、乙より甲に対し前記銀行に払ひ込みたる時は、甲は朝鮮総督府の当該係員に対し、稷山地方に稷山金鉱会社より電灯及電力を供給する件につき、同社をして其許可を申請せしむるものとす。右一割の金額は第一款に明記する処に従ひ甲より株式の引渡ある迄右銀行に於て保管するものとす。
第七、此契約調印の際、乙は手附金として金五千円也を支払ふべき事を承認す。右は取引完了の際、売買価格より差引くことゝす。而して右手附金は右銀行に払込み置き、銀行は甲の為に之れを保管す。万一乙に於て此契約条項を履行せさる時は、右金五千円也は甲に対し放棄せられたるものと認め、乙に返還を要せざるものとす。
第八、甲乙両者に於て此契約を履行せば、調印の日以後は同社の現任取締役は決して同社の総資産には手を触れざる事を甲は同意す、但し会社の経常費の支払及び永年在勤せる使用人に対して支払ふべき事を現任取締役に於て決定せるボーナス又は手当は此限りに非らず。尚ほ
 - 第54巻 p.377 -ページ画像 
現任取締役は会社、其資産及所有物件を従来通り整頓し確実に之を保管すべし。
第九、稷山金鉱株式会社の資産は、一として売却若くは処分せざるべし。又第八款に記せるものを除き、現状より毫も減少を見ることなかるべし。支払ふべき勘定若くは配当金は、乙に会社を引渡さゞる内は従前通り之れを行ふ。乍去月末以前に経常費の支払を行ひ、若くは期日前に配当金の支払を為すが如きことなし。
第十、東京及稷山に於ける帳簿並に財産目録の一覧及会社所有物件の検査は、契約調印前何時にても乙の要求に応ず。又乙は前記帳簿及記録に記載せる財産及資産を検閲したるに、甲の認定せる価値と性質とを有するものなることを認めたり。
第十一、甲は本契約履行完了の際、現在東京及稷山に於ける重要書類を全部乙に引渡すべき事に同意す。右重要書類の中には所有物件の証書あり。何時にても其の点検の求めに応ず。尚ほ帳簿・記録・地図・資料、其他稷山及東京に於ける同社所有物件全部及び借地権をも含むものとす。
第十二、甲がナシヨナル・シチー銀行に対し、四万株の内其六割の引渡用意成れる旨を通知し、又朝鮮京城大和町三丁目の乙にも亦其旨を書留郵便にて通知したる後十日以内に、前記売買価格全額を乙より右銀行に払込を為さゞる時は、本契約は無効と認め、其時迄に乙より支払ひたる金額は全部之れを違約金として甲は手得するものとす。
甲乙両人は前記契約の相違なき事を確証するものなり。



〔参考〕稷山金鉱株式会社書類(DK540076k-0013)
第54巻 p.377-378 ページ画像

稷山金鉱株式会社書類           (渋沢子爵家所蔵)
    稷山金鉱株式会社ニ関スル件          明六
         昭和三年五月廿八日 前原厳太郎氏談
凡明治三十二年、渋沢・浅野鉱山組合ハ、稷山ニ於ケル金鉱ノ権利ヲ得、金拾五万五千円ノ資本ヲ以テ事業ヲ開始ス
後、足立太郎氏ノ紹介ニテ米国人デシユラー氏新ニ同額ノ資本金ヲ以テ事業ニ加入スルコトヲ約シ、米国ニ至リ同志ヲ集メ、コレアン・エキスプロレーシヨン・コンパニーを組織、凡廿五万円ノ資金ヲ得ルコトヽナリ帰来シタルガ、当時戦後ノ好況ニ会シ、其資金ヲ以テ日本朝鮮間ノ海運計画ヲ立テ、オハイオ丸ヲ新造シテ、一時多大ノ利益ヲ得タルニ乗シ、更ニ二艘ヲ造リテ輸送事業経営ニ力ヲ注キタルガ、経済界不況ノ打撃ヲ受ケ、大損失ヲ蒙リ、遂ニ日本郵船ニ縋リ、僅ニ始末ヲ告ケタリトノコトナリ、此損失ノ為メ、彼カ米国ニテ集メタル出資金ハ採金事業ニ投セサル中、早クモ全部消尽スルニ至レリ
前原氏ハ明治四十年ノ暮、尾高次郎・成瀬仁蔵両氏ノ紹介ニテ始メテ渋沢子爵ニ面会シ、翌四十一年春、同社取締役ノ一人トシテ従事スルニ至リ、此時ノ資本金ハ三十一万円(組合、C・E同額ノ出資)ナリシカ、権利金九万ヲ増加シテ四十万円ト改メタリ
四十四年現社長ゲーリー氏一派加入スルコトトナリ、先ツ組合及C・Eノ出資金四十万円ヲ向後会社ノ収益ヲ以テ返済シ、別ニ金四十万円ノ外金八万円ヲ評価増シヲ為シテ、此金額ニ相当スル株式ヲ引渡シ、
 - 第54巻 p.378 -ページ画像 
ゲーリー一派ハ新ニ五十弐万円ヲ出資シテ資本金ヲ百万円トシ、更ニ鉱区ヲ百万円ト評価シテ之ヲ資本金ニ加ヘ、弐百万円トスルコトニ決定シ、ゲーリー氏社長ト為リ、前原氏モ新ニ取締役ニ加ハリ、社名モ稷山金鉱株式会社ト改メ今日ニ及ベリ
故ニ、渋沢・浅野両氏ハ
 組合設立ノ際 出資金拾五万五千円(参拾壱万円ノ半額)
 権利金ニテ増加四万五千円(九万円ノ半額)
 合計金弐拾万円ハ現金ニテ払戻ヲ受ケ
 更ニ権利ニテ弐拾四万円(四拾八万円ノ半額)
   同   弐拾四万円(鉱区評価金百万円ノ内四拾八万円ハ組合及C・Eニ、五拾弐万円ハゲーリー一派ニ帰ス)
 合計金四拾八万円
    此内渋沢弐拾四万円、浅野弐拾四万円ナリ
前掲デシユラー等ノC・Eハゲーリー一派加入ノ際其株式ヲ売却シテ脱退シタレハ、現在株主ハ渋沢、浅野、ゲーリー一派及デシユラーヨリ買受ケタル人々ナリ 了



〔参考〕朝鮮に於ける主なる鉱山の概況 第一―四頁刊(DK540076k-0014)
第54巻 p.378 ページ画像

朝鮮に於ける主なる鉱山の概況  第一―四頁刊
    稷山金鉱(砂金)
 所在地 京畿道 安城郡 薇陽面 忠清南道 天安郡笠場、 聖居稷山面
 登録番号 第二四一七号、面積三、三六五、八七七坪
 鉱業権者 忠清南道天安郡笠場面 稷山金鉱株式会社
沿革 本山は元朝鮮王室の所有に属し、安城金鉱と称したりしか、明治三十三年八月渋沢・浅野組合稷山金鉱として特許を得、四十四年稷山鉱業株式会社創立せられて之に移り、大正五年三月特許権を抛棄し、同時に鉱業令に依る鉱業権を設定し、七年四月現鉱業権者之れを継承し今日に至れり。
○中略
採鉱及製錬 砂金の探鉱は明治四十四年十一月之を開始し、大正六年十二月に至り本邦唯一の砂金浚渫機の運転を開始し今日に至る、現作業箇所は三谷里川流域にして、成歓より笠場に至る街道の南方三四町に在り、機は流路約五百間の間を往復し、「スヰング」の幅普通百尺なるも富鉱帯の幅に従ひ適宜変更せり、而して機は表土より一呎乃至一・五呎を水平に切りつゝ漸次下底に及ぶ、浚渫地の用水は附近河流より流入せしめ、機一回の前進は八乃至十二呎なり。

      鉱産額
                   販売高             販売価格
  年次     採取高       金       銀        金      銀
              匁       匁       匁        円      円
 大正八年   一〇六、三六三  八二、五九一  二〇、六二一  四三二、三六一  五、一五八
 同 九年   一二二、一四八  九七、一〇八  一七、一〇一  四八九、八〇〇  五、二二四
 同 十年    八八、八八五  七一、二五五  一六、〇五一  三五六、二七四  三、五〇九
 同 十一年   七六、一〇八  六五、二八六  一四、七四〇  三〇一、四二九  二、四九九
 同 十二年   八二、七〇九  六四、六八八  一六、七五四  三二三、二九四  二、七二〇
 同 十三年   九一、四一三  七二、八七四  一七、九九二  四〇〇、六五五  三、二九一


 - 第54巻 p.379 -ページ画像 


〔参考〕竜門雑誌 第四八一号・第一五二―一五三頁昭和三年一〇月 青淵先生と朝鮮の事業 佐々木清麿(DK540076k-0015)
第54巻 p.379 ページ画像

竜門雑誌  第四八一号・第一五二―一五三頁昭和三年一〇月
    青淵先生と朝鮮の事業
                      佐々木清麿
○上略
      三、稷山金鉱
 朝鮮国は頗る鉱物に富み、金銀銅鉄石炭等の鉱脈は各地に散在し、砂金採収の如きは全国到る処に大小の計画を以て之を営めるが如し、現今に於ても載寧殷栗は出鉄に有名にして、甲山銅も亦た古来其名あり、平壌の無煙炭亦然り、北鮮地方には近来石炭の採掘盛にして、鶏林炭礦は其名最も顕はれたり。
 明治二十八年日清戦役の後、在鮮の英米仏独人は殊に其鉱山の採掘に注目し、各自国の公使・領事を介して朝鮮政府に採掘の特許を出願せり、我邦人中にも亦た之を学ぶ者少からず、同年七月米人モールスは平安南道に於て雲山金鉱採掘のため六十方里の採掘許可を得たり、是れ正式に採掘権を獲得せる者の嚆矢たり、此事一たび世に伝はるや三十年には独逸人ウオルター金城堂峴の金鉱採掘を請ひて其許可を得尋で三十三年春英国人モルガンも亦平安南道の殷山金鉱を選定して、地積大方二十五方里の採掘許可を得たり、是より先き三十二年中、青淵先生は林公使を介し、渋沢・浅野鉱山組合の名を以て忠清道稷山金鉱の採掘許可を請ひ、翌年三月日本里数六里と四里の採掘権を得られ爾来之を採掘して今日に及べり、始めは石金・砂金共に之を採収せられたるが、近頃は砂金を専らとして相当の収獲ありといふ、技師は米国人なり、而して雲山金鉱は其後採掘権を転々譲渡せし由なるが、今なほ良鉱の名あり、然れども殷山振はず、金城堂峴も亦既に其採掘を廃したり。
○下略
  ○ジェー・アール・ゲーリーニ関シテハ本資料第三十五巻所収「大日本平和協会」並ニ「日米協会」ノ各条、第三十九巻所収「其他ノ外国人接待」大正四年七月二十五日ノ条参照。