デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
1節 朝鮮
11款 朝鮮関係雑資料
■綱文

第54巻 p.480-481(DK540090k) ページ画像

 --


■資料

渋沢栄一書翰 竹内綱宛(明治四三年)七月二七日(DK540090k-0001)
第54巻 p.480 ページ画像

渋沢栄一書翰  竹内綱宛(明治四三年)七月二七日  (竹内綱氏所蔵)
拝啓 益御清適奉賀候、然者過日御高配被下候京城水道ニ関し、コールブラン氏へ御書通之事ニ付而ハ昨夕荒井氏より別紙之通り来電有之候間、早々御発状被下度候
右書中可得貴意如此御坐候 匆々不備
  七月廿七日
                     渋沢栄一
    竹内綱様
       梧下
  ○別紙欠。


(八十島親徳)日録 明治四三年(DK540090k-0002)
第54巻 p.480 ページ画像

(八十島親徳)日録  明治四三年      (八十島親義氏所蔵)
十一月五日 晴
○上略 男爵ノ用務多ク、韓国水道コールブランヨリ買受ノ件モ内定、其書状等ノ事モアリ、岸氏ト往復ス
○下略
  ○中略。
十一月廿四日 晴 風強シ
朝、陸軍省内朝鮮総督府出張所ニ荒井度支部長ヲ訪フ、不在也○中略 後再ヒ荒井氏ヲ訪ヒ、面会、京城水道取引ノ件ニ付、男爵ノ伝言ヲ申陳フ○下略


(八十島親徳) 日録 明治四四年(DK540090k-0003)
第54巻 p.480 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四四年   (八十島親義氏所蔵)
二月十七日 曇 寒クナリタリ
○上略
去月買収ノ京城水道ノ事務取扱方ニ関シ、佐野技師ヘノ書通取調等ニ多忙、六時半帰宅
○下略
  ○中略。
三月廿七日 晴
○上略 予ハ京城水道ノ件ニツキ、京城ヨリ入電アリシ件返事案取調等ノ為一寸又兜町ニ立寄リ、十一時帰宅


中外商業新報 第八九二四号 明治四四年三月七日 朝鮮総督の実業家招待(DK540090k-0004)
第54巻 p.480-481 ページ画像

中外商業新報  第八九二四号 明治四四年三月七日
    朝鮮総督の実業家招待
寺内朝鮮総督は五日官邸に渋沢男・三島子・添田・山本・進藤・朝吹・団・飯田・中野・大谷等京浜の知名実業家数十名を招待して晩餐会を開き、同総督より朝鮮の事情を調査研究し、或は母国との経済関係を密接ならしむるには農業を振興するにあるも、而も幾多の方面に於て著実なる実業家諸氏の助力を俟たざるべからざる旨を談じ、渋沢男来
 - 第54巻 p.481 -ページ画像 
賓を代表して謝辞を述べ、九時散会せり


渋沢栄一 日記 明治四四年(DK540090k-0005)
第54巻 p.481 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四四年       (渋沢子爵家所蔵)
三月十二日 晴 寒
午前八時起床、入浴シテ朝飧ヲ食ス、後、二・三ノ来客ニ接ス、朝鮮京城∃リ出京セル徳久氏外二人来リテ、製麻工業ノ事ヲ談ス○下略
  ○中略。
三月二十五日 晴 軽寒
午前七時起床、半身浴ヲ為シテ朝飧ヲ食ス、後、日記ヲ編成ス、徳久釘本二氏来リテ、朝鮮ニテ製麻会社設立ノ事ヲ談ス○下略



〔参考〕渋沢栄一 書翰 控 能勢辰五郎宛(年次未詳)四月一〇日(DK540090k-0006)
第54巻 p.481 ページ画像

渋沢栄一 書翰 控  能勢辰五郎宛(年次未詳)四月一〇日  (渋沢子爵家所蔵)
爾来御疎情ニ打過候得共、台下益御清適御坐可被成奉賀候、然者先頃来示有之候釜山浦水道工事ニ付資金融通之義者、其後太田・古藤両氏と度々御話合もいたし、第一銀行ニ於てハ可成都合相付候積ニ候得共在釜山他之同業者よりも幾分之助力有之候方将来之円滑を保候事と相考、毎々其辺御引合致候義ニ候、右ニ付而ハ既ニ両氏と同意之由ニ付百事相整候事と心得居候処、両三日前外務大臣より尚又御示諭も有之候間、近日更ニ両氏ニ会話之積ニ御坐候
○中略
  四月十日
                     渋沢栄一
    能勢辰五郎様
         研北


〔参考〕渋沢栄一 書翰控 能勢辰五郎宛(年次未詳)五月五日(DK540090k-0007)
第54巻 p.481 ページ画像

渋沢栄一 書翰控  能勢辰五郎宛(年次未詳)五月五日  (渋沢子爵家所蔵)
拝啓 貴地四月廿五日附尊翰致拝見候、賢台益御清穆御坐可被成奉抃賀候、偖来示釜山水道工事費金融通之事ニ付而ハ、先般来太田・古藤両氏出京ニて種々御協議いたし、弊行ニ於ても精々其御需ニ応し候得共、他同業者より幾分之御融通被成候方と申事ニて、両氏も同意ニて其御手配も相済候事と存候、尤も滞京中外務・陸軍両省大臣へ色々御交渉之事も有之候由ニ候得共、其辺ハ充分之奏効無之哉と存候、兎ニ角工事ニも御取掛ニ可相成との御運ニ相成候ハ重畳之事と拝祝仕候
○中略
  五月五日
                     渋沢栄一
    能勢辰五郎様
         侍史
  ○能勢辰五郎ハ韓国統監府理事庁理事官タリシガ、明治四十三年十月一日全羅南道長官ニ転任、同四十四年五月十五日死去ス。