デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
1款 南満洲鉄道株式会社
■綱文

第54巻 p.482(DK540091k) ページ画像

明治45年6月20日(1912年)

是日栄一、当会社総裁中村是公及ビ監事馬越恭平ノ来訪ヲ受ケ、当会社ノ監事就任ヲ懇請セラレシモ、之ヲ辞退ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四五年(DK540091k-0001)
第54巻 p.482 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四五年       (渋沢子爵家所蔵)
六月二十日 雨 暑
○上略
午前十一時中村是公氏満鉄総裁来リ、同会社ノ監事タラン事ヲ委頼セラル、依テ丁寧ニ之ヲ謝絶ス
(欄外記事)
 午後馬越恭平氏来リ、南満鉄道会社ノ事ニ付談話アリ、中村氏ト同シク之ヲ謝絶ス
 ○下略
六月二十一日 曇 暖
○上略 清野長太郎氏来リ、南満鉄道会社監事推薦ノ事ニ付談話ス○下略



〔参考〕(南満洲鉄道株式会社)営業報告書 第一二回大正二年六月刊(DK540091k-0002)
第54巻 p.482 ページ画像

(南満洲鉄道株式会社)営業報告書  第一二回大正二年六月刊
    事業報告書
○第十一回定時株主総会 明治四十五年六月二十二日東京市麹町区有楽町東京商業会議所ニ於テ第十一回定時株主総会ヲ開キ○中略 又同日監事ノ改選ヲ附議シ、滝兵右衛門退任シ、大橋新太郎之ニ代リ、其他ハ孰レモ重任ニ決セリ
  ○重任監事ハ中橋徳五郎・河上謹一・馬越恭平・岩下清周ノ四名ナリ。