デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
5款 中日実業株式会社
■綱文

第55巻 p.12-13(DK550002k)

大正3年5月2日(1914年)

是ヨリ先、栄一、中華民国大総統袁世凱ノ招請ニ応ジテ、同国ニ赴カントシ、病気ノタメ中止セシガ、是日、三男武之助及ビ明石照男・馬越恭平・尾高次郎等ヲ同伴シテ東京ヲ発シ、上海・南京等ヲ経テ、十九日北京ニ到ル。栄一、大総統袁世凱ヲ初メ、政府当局者及ビ当会社総裁楊子琦・専務取締役孫多森其他有力者ト会見シ、当会社ノタメ、及ビ広ク日中両国ノ経済提携ノタメ尽力スル所アリ、六月十五日帰京ス。
○中国旅行ニ関スル資料ハ本資料第三十二巻所収「中国行」ニ収ム。


■資料リスト