デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
5款 中日実業株式会社
■綱文

第55巻 p.24-25(DK550014k) ページ画像

大正11年11月24日(1922年)

是日、当会社臨時株主総会ニ於テ、高木陸郎、取締役ニ選任セラレ、総会終了後ノ取締役会ニ於テ、倉知鉄吉ニ代リ副総裁ニ推挙セラル。栄一、之ニ与ル。


■資料

集会日時通知表 大正一一年(DK550014k-0001)
第55巻 p.24 ページ画像

集会日時通知表 大正一一年       (渋沢子爵家所蔵)
四月六日   木 午前八半時 倉知鉄吉・春田茂躬両氏来約(アスカ山)
   ○中略。
八月五日   土 午前八時  倉知・尾崎両氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
八月二十日  日 午前九時  倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
十月十日   火 午前八時  倉知鉄吉・尾崎敬義両氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
十月十三日  金 午前十一半時 中日実業会社相談会(工業クラブ)
   ○中略。
十一月六日  月 午前十一半時 中日実業会社相談役会(銀行クラブ)
   ○中略。
十一月廿四日 金 午前九時迄ニ 中日実業会社ヘ御出向ノ約
         午前十時   中日実業会社臨時株主総会(同社)
   ○中略。
十二月九日 土 午後二時 中日実業会社相談役会(同社)


中日実業会社書類(二)(DK550014k-0002)
第55巻 p.24-25 ページ画像

中日実業会社書類(二)        (渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
(表紙)

   中日実業株式会社の過去現在及将来
                     高木陸郎

○上略
    三、私の入社
 不肖私が入社しまして、日本側に於ける中日会社主宰の大任を負ふことになりましたのは、前述の如く、会社が極端に衰微に傾いた非常の場合でありました。即ち忘れもせぬ大正十一年十一月二十四日に於て、副総裁と申す重き任務の椅子に就くことになつたのであります。
○中略
 一、大正十一年十一月六日、銀行倶楽部に渋沢子爵を始め郷・大倉両男爵、大橋・和田・古市・美濃部・土方の各相談役諸氏が会合せられて、その席上に於て、渋沢子爵より不肖に、中日会社
 - 第55巻 p.25 -ページ画像 
引請方につき御懇諭があつたのであります。
○下略