デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
6款 日華実業協会
■綱文

第55巻 p.257-266(DK550047k) ページ画像

大正12年12月24日(1923年)

是日、日本工業倶楽部ニ於テ、当協会評議員会及ビ第三回総会開カル。栄一出席シ、会長トシテ議事ヲ司宰ス。


■資料

日華実業協会往復(一)(DK550047k-0001)
第55巻 p.257 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
謹啓
来ル十二月十一日(火曜日)正午当事務所ニ於テ常任幹事会相開キ、総会並ニ評議員会ニ付議スヘキ議案其他ニツキ御協議願度、乍御多用中御繰合セ御臨席奉願候 敬具
  大正十二年十二月八日
                     日華実業協会
    渋沢会長殿


日華実業協会書類(一)(DK550047k-0002)
第55巻 p.257 ページ画像

日華実業協会書類(一)          (渋沢子爵家所蔵)
拝啓
益御清栄之段奉欣賀候、陳者来ル十二月廿四日午后三時ヨリ丸ノ内日本工業倶楽部ニ於テ、別紙○欠ク 通知状ノ次第ニ依リ当協会総会並ニ評議員会相開キ候間、御臨席ヲ賜ハリ度、此段御案内申上候 敬具
  大正十二年十二月十一日
                     日華実業協会
   子爵
    渋沢栄一殿


日華実業協会往復(一)(DK550047k-0003)
第55巻 p.257-258 ページ画像

日華実業協会往復(一)           (渋沢子爵家所蔵)
謹啓
益御清適奉賀候、陳者左記ノ通リ当協会(評議員会第三回総会)相開キ候間、御出席被成下度、此段御通知申上候 敬具
 - 第55巻 p.258 -ページ画像 
  大正十二年十二月十一日
                   日華実業協会々長
                    子爵渋沢栄一
―――――――――――――――
一、開会日時及場所 (評議員会)十二月二十四日后三時
          (総会)  十二月二十四日后四時
                丸ノ内日本工業倶楽部ニ於テ
一、報告  一般会務
一、議案  (一) 第三年度会計報告及第四年度予算ノ承認ヲ求ムル件
      (二) 会費増率ノ件 (三) 役員任期満了ニツキ改選ノ件
    出席
    欠席 貴名
  追而御欠席ノ場合ハ別項委任状ニ御調印ノ上御送付願上候
       ―――――――――――――――
    委任状
 大正十二年十二月二十四日日華実業協会(評議員会総会)ニ出席シ其ノ会ノ決議事項ニ関スル一切ノ権限
 右委状如件《(任脱)》
  大正十二年十二月 日
              姓名



集会日時通知表 大正一二年(DK550047k-0004)
第55巻 p.258 ページ画像

集会日時通知表  大正一二年       (渋沢子爵家所蔵)
十二月廿四日 月 午後三時 日華実業協会評議員会(工業クラブ)
         午後四時 同上総会(工業クラブ)


日華実業協会報告(自大正十一年六月至大正十二年五月)第一―三〇頁刊(DK550047k-0005)
第55巻 p.258-266 ページ画像

日華実業協会報告(自大正十一年六月至大正十二年五月)第一―三〇頁刊
    第三回総会報告
                      日華実業協会
第三回通常総会ヲ去ル十二月廿四日午後四時丸ノ内日本工業倶楽部ニ於テ開会セリ
先是同日午後三時評議員会ヲ開ク、出席者二十七名(委任状共)、総会ニ提出スヘキ各種議案ヲ承認可決シ、総会ニ移ル、出席者四十三名(委任状共)
 (一)第三年度一般会務報告及(二)第三年度会計報告及第四年度収支予算ヲ承認シ、(三)会費改正案ヲ評議員会修正通リ可決シ、第四年度ヨリ実施ノ事ニ決定ス、(四)役員全部任期満了ニツキ改選ノ結果役員全部重任トシ、尚評議員ノ補欠選挙ハ会長ノ指名ニ一任ノ事ニ決定ス
      第三年度会計報告(自大正十一年六月至大正十二年五月)
           (第三回総会及評議員会ニ於テ承認可決)
支出
 経常費
 - 第55巻 p.259 -ページ画像 
                           円
  俸給手当                八、四〇〇・〇〇
  借家料                 二、九〇八・三二
  図書費                   六六七・九七
  通信費                   六三一・三三
  集会費                   五七五・四四
  事務所用諸費(筆墨紙印刷燃料其他諸費) 一、七二一・一〇
  車賃                    七一一・三九
  器具費                   一五五・八〇
   小計                一五、七七一・三五
 臨時費
  青島大学開校準備費          一一、九三〇・二一
  調査費                 一、八一〇・四〇
  集会費                   五三三・六〇
   小計                一四、二七四・二一
  借入金利子               二、五五五・九四
  現金                    九八九・三六
   総計                三三、五九〇・八六
 収入
  第二年度繰越残金              四七九・一九
  会費                 一三、八五〇・〇〇
  第二年度仮払金受入           一、五〇〇・〇〇
  利子                      三・六二
   小計                一五、八三二・八一
  借入金                一七、七五八・〇五
   総計                三三、五九〇・八六
      第四年度経常収支予算(自大正十二年六月一日至大正十三年五月卅一日)
         (第三回総会及評議員会ニ於テ承認可決)
支出之部
 経常費
                             円
  俸給手当                 一二、〇〇〇・〇〇
  借家料                   二、六一三・六〇
  図書費                     六〇〇・〇〇
  通信費                     七二〇・〇〇
  集会費                     七二〇・〇〇
  事務所諸消粍品雑費             二、一〇〇・〇〇
  車賃                      三六〇・〇〇
  器具費                     三六〇・〇〇
   総計                  一九、四七三・六〇
収入之部
 会員会費
  法人会員 二五(三〇〇円宛)        七、五〇〇・〇〇
  個人会員 六四 二(一〇〇円宛 五〇円宛) 六、五〇〇・〇〇
   総計                  一四、〇〇〇・〇〇
  差引不足額                 五、四七三・六〇
 - 第55巻 p.260 -ページ画像 
      会費改正(第三回総会及評議員会ニ於テ承認可決)

    現在                 改正案
                   円    円       円
  法人 二五(三〇〇円宛) 七、五〇〇  五〇〇  一二、五〇〇
  個人 六四(一〇〇円宛) 六、四〇〇  一五〇   九、六〇〇
      二(五〇円宛)    一〇〇   五〇     一〇〇
      計       一四、〇〇〇   計   二二、二〇〇

      第三回総会及評議員会ニ於ケル会務報告(朗読)
大正十一年六月ヨリ大正十二年五月ニ至ル第三年度会務報告
従来各年度初メノ六月ニ評議員会並ニ総会ヲ催シ来リタルモ、本年ハ恰モ支那各地ニ於ケル排日運動勃発シ会務多端ノ為延期シ、其後震災ノ為メ今日ニ至リタル次第ナリ
現在会員ハ会社銀行等ノ法人会員二十五、個人会員六十六ニテ、役員ハ本年恰モ創立以来三ケ年ヲ経過シ、会則ニ依リ全部改選期ニ達シタレハ、之ハ後刻御評議ニ俟ツ事トシ、現在役員ノ欠員ハ評議員ニ九名ナリ
会務ノ処理ハ普通会務ハ常任幹事会ニ、重要会務ハ幹事総会ヲ開キ協議シ居レリ
会計報告ハ第三年度決算、並ニ本年度予算共ニ年度ノ初ノ総会並ニ評議員会ニ於テ御承認ヲ仰クヘキノ処、今日迄延引シタル次第ナリ、別紙御手許ニ差上ケタル通リニテ、後刻別ニ会計監督ノ方ヨリ御報告ノ上御決議ヲ仰ク事トス
  青島大学ノ件
本年度ノ重ナル会務ハ、予テ御報告ニ及ヒタル青島商科大学ノ計画ニテ○中略 夫々専門家ニ依嘱シテ予算其他計画ヲ立案シ、諸般準備ニ着手中今回ノ大震災ニ遭遇シタルヲ以テ、幹事会ニ於テハ此際当分着手延期ヲ決議シタル次第ナリ
  留日中華基督教青年会館修築費寄附援助ノ件
之ハ在留民国学生唯一ノ精神的社交機関ニテ、創立以来已ニ十五年ヲ経過シ、相当ノ成績ヲ挙ケ来リタルモ、昨年四月ノ震災ニ罹リ会館ハ大破損ヲ来シ使用出来サル状態トナリ、民国基督教青年会関係有力者諸士ヨリ修築費寄附方ニツキ懇切ナル依頼モアリタレハ、日華学会ト共同ニテ之カ斡旋ニ当ル事トナリ、幸ニ各位ノ御援助ニ依リ応分ノ寄附額ヲ得テ本年六月改築落成シ、各方面ニ色々好結果ヲ来タシツツアリシカ、今回ノ震災ノ為メ会館全部焼失シタルハ遺憾トスル所ナリ
  支那各地ニ於ケル排日運動
之ハ主トシテ次年度ニ亘ルモ、本年五月頃ヨリ例ノ廿一ケ条問題ニ基因シタル排日運動支那各地ニ勃発シ、従来嘗テ見サル激烈ヲ極メ、誠ニ憂慮スヘキ情勢ヲ呈スルニ到リ、本会ニ於テハ之カ対策ニツキ廿回ノ幹事会ヲ開キ慎量熟議《(重)》ヲ遂ケ、之カ実行ニツキ屡次政府当局ニ懇請シ、又一面機宜対支関係ノ緒団体ト歩調ヲ共ニシ、支那官民ノ反省ヲ促シ之カ根絶ニ努メタリ、顛末ハ当時印刷ニ付シテ各位ニ配布致シタルモ、協会ヨリ政府当局ニ進達セシ要旨ハ
 一、責任者処罰、排日運動禁止取締
 (一)支那官憲ニシテ排日行動ヲ使嗾挑発シ、或ハ陰ニ之ヲ擁護シ又ハ其取締ヲ怠リタルモノニ対シテハ、其事情ニ応シ厳重ナル
 - 第55巻 p.261 -ページ画像 
処罰ヲ為スヲ要求スルコト
 (一)排日ヲ目的トスル諸団体ハ直ニ之ヲ解散セシメ、其従来採リ来レル日貨ノ検査、其販売者ニ対スル罰金、邦人ノ使用スル支那人ニ対スル圧迫、其他此種ノ行動ヲ厳禁シ、且爾後同様ノ集団ヲ禁遏スルノ保障ヲ要求スルコト
 (一)支那各地官憲ヲシテ排日ニ対シ厳重ナル禁止ノ告示文ヲ出サシムルコト
 (一)新聞雑誌上ニ排日教唆ニ関スル記事ヲ掲ケ又ハ伝単散布其他ノ行動ニヨリ煽動ヲ為スコトヲ厳禁シ、犯行者ヲ処罰スルコト
 (一)排日ノ決議ヲナシ、其実行ヲ迫リタル各地商務総会及其他ノ団体ヲシテ其決議ヲ取消サシムルコト
 (一)国恥紀念日ヲ設ケ、年々排日思想ヲ新タニシ、各学校教科書ニ排日的事項ヲ記載スル如キハ全然之ヲ禁止シ、之ニ反クモノハ処罰スルコト
 (一)不正ノ利益ヲ収メンカ為メ排日団体等ニ対シ運動費ヲ支給シタルモノハ之ヲ相当処罰スルコト
二、損害賠償
 (一)排日ノ結果トシテ邦人ノ蒙リタル直接並ニ間接ノ損害ハ、直ニ之ヲ賠償セシムルコト
 (一)前項ノ損害賠償ハ急ニ実行不可能ト認ムル場合ハ、其支払保証トシテ、成ルヘク損害ヲ蒙ラシメタル省内ニ於テ適当ト認ムル担保ヲ提供セシムルコト
三、善後保証
 (一)従来支那警察ノ無能不法ニ鑑ミ、各開港地ニ於ケル警察ニ特殊ノ取締方法ヲ設ケ、今回長沙ニ於ケル如キ暴行ヲ徹底的ニ抑圧セラレタキコト
 (一)近来支那各地ニ於テ続出スル排外ノ行動ヲ鎮圧スルカ為メ、別ニ協議委員会ヲ設クルノ件ヲ講究セラレタキコト
  但目下在北京公使団ノ協議中ナリト云フ水陸交通及通信機関ニ関シテハ、我政府ニテモ早日調査ヲ遂ケラレタキコト
之ノ外尚口頭ヲ以テ進達セル事項ハ
一、支那各地ヨリ情報ニヨレハ、排日行動ハ従来ノ通リ主トシテ米国関係学校ノ学生基督教青年団ノ率先ニ由ル事多ク、之ガ教唆者ハ常ニ米国宣教師ナリト認メラルルニヨリ、在留邦人等ハ早日其証左ヲ得ルニ努メ抗議ノ材料ニ資スヘク、殊ニ去ル四月米国官憲ノ武昌ニ於ケル露骨ナル排日運動演説ノ如キハ、長江上流諸地ノ排日風潮ヲ激成シタリト認メラルルニヨリ、我外務省ハ米国公使ニ対シ先ツ此件ニ関スル警告又ハ抗議ヲナサレタキコト
一、対支要求ヲ為スニ当リ、支那各地ニ於ケル排日行動益々悪化シ、邦人ノ生命財産ヲ保護セントセハ現地派遣ノ軍艦ニテハ不足ナルヘキ虞アルニヨリ、更ニ砲艦若干隻ヲ増派シ、相当多数ノ陸戦兵員ヲ具ヘテ適当ト認メラルル地点ニ配置シ、機宜ニ応シ直ニ事件ノ現場ニ急派シ、以テ鎮圧保護ノ時機ヲ失ハザルコト
一、有事ノ際居留民各自ヲ保護シ、其避難ノ斡旋等ニ当ルカ為メ、我
 - 第55巻 p.262 -ページ画像 
領事所在地ニ於テハ、其監督ノ下ニ邦人壮丁ノ義勇隊ヲ編成スルコトヲ慫慂シ、且ツ所要戎器ヲ附与セラレタキコト
一、支那政府並ニ地方官憲ニシテ前掲諸要求ヲ相当期間内ニ実行セサルカ、又ハ遂行不可能ノ場合ハ不得已随意自衛ノ手段ヲ採ルコトアルヘク、為メニ激成シタル結果ハ支那政府ヲシテ其責ニ任セシムルコト
一、此際支那文化事業其他好意的諸件ヲ附与スルハ、排日ノ不法ヲ膺懲スルノ効力ヲ滅失スルコト明瞭ナルヲ以テ、排日行動ノ終熄ニ至ルマテ之ヲ停止スルコト
        以上
尚善後ノ施設ニ就テハ引続キ審議中ナリ、其後ノ排日状況ハ揚子江ノ漢口地方ノミ尚排日風潮終熄スルニ至ラサルハ遺憾トスル所ナルモ、其他天津・上海各地ハ漸次緩和シ来リタルハ御同様欣幸トスル所ニテ当局者ノ尽力ニ対シテ感謝スル次第ナリ
今回ノ排日ハ勿論政治上ノ原因モアルヘキモ、経済上ニ因ル原因モアルヘク、此点ハ直接対支事業ニ当ラルル会員各位ノ特ニ御留意ヲ乞フ次第トス、本協会トシテハ今後益両国実業家ノ提携ノ許ニ貿易ノ促進ヲ計ルト共ニ、連年頻発ノ排日風潮ヲ未然ニ防遏スル方法ヲ講究シ、尚今回ノ如キ有事ノ場合ニ際シ、在支邦商救済ニ資スル方法ヲ研究中ナリ、各位ニシテ御気付ノ点アラハ、随時御教示ヲ賜ハランコトヲ希望スル次第ナリ
   第三回総会議事速記録
      大正十二年十二月二十四日午後四時十分開会
                   於日本工業倶楽部
○会長(渋沢栄一君)唯今ヨリ総会ヲ開キマス、先、会務報告ヲ朗読イタサセマス
   第三年度会務報告(前掲)
○会長(子爵渋沢栄一君)大体ノ御報告ハ唯今朗読ノ通リデアリマスガ、尚ホ二・三私ヨリ附加ヘテ申上ゲテ置キマス
      一、青島商科大学
之ハ大体只今朗読御報告致サセマシタ通リテ、当初協会側ニ於テ希望セシ万年兵営ガ得ラレマセンデ、其ノ代リ旭兵営ヲ租借スル事ニナリ旭兵営敷地及建物ニ依リ従来ノ計画ヲ進ムル事ニ幹事諸君ニ於テ略々相談ガ附イタノデアリマスケレドモ、之ヲドウモ今俄ニ其事ニ着手ガ出来マセヌ、詰リ又何レ実施シヤウト云フ意思ヲ以テ、自ラ時ヲ待ツテ居ルト云フ有様ニナツタノデアリマス、此長イ懸案ガ九月一日ノ大震災ニ因ツテ頓挫シタコトハ甚ダ遺憾ナ次第デアリマス、果シテ之ヲ再ビ興シ得ラルルヤ、又サウ云フ敷地ヲ見附ケ得ルコトガ急ニ出来ルヤラ、暫ク此間ニハヤラヌトカヤルトカ云フコトヲ決メルニハ、時代ノ進歩ニ委セテ更ニ十分ナル考案ヲ尽シテ新興ヲ図ルヨリ他ナカラウト思ヒマス、デ、ドウカソレダケノコトヲ御了承ヲ願ヒマス
      一、日貨排斥
 - 第55巻 p.263 -ページ画像 
日貨排斥ノコトニ対シテハ、当時日華実業協会ニ於テモ余程心配ヲ致シマシテ、何トカ改善ヲ致シタイト云フ為ニ、或ハ常任幹事諸君ト一諸ニ外務当局ノ方ニ、此席デ若クハ銀行倶楽部デ数回相会シテ、敢テ討論会ト云フ程デハゴザイマセヌケレドモ、意見ノ交換ヲ致シマシタコトモ一度ナラズ二度ナラズ、又更ニ和田君ト共ニ外務次官ヲ本省ヘ御訪ネ致シ、又亜細亜局長ニ対シテ膝詰ニ、決シテ外務当局無能ト云フヤウナ罵詈的ノコトハ申上ゲマセヌガ、サレバト申シテ唯懇願スルト云フバカリデハゴザイマセヌデ、国家トシテ是々ノコトハ出来マスマイカ、我々事業ヲ進メルニ困ルヂヤナイカ、国家ハソレ位ノ責任ヲ有シテ居ルヂヤナイカト云フヤウナ意見ヲ申上ゲタコトガアリマス、今御聞キノ通リ、支那ニ向ツテ斯ウ云フコトハ出来サウナモノヂヤト云フヤウナコトヲ、数々申上ゲマシタノデ、多少ハ含ンデ下サツタヤウデアリマス、殊ニ芳沢君ガ亜細亜局長デ在ラレタノガ公使トシテ御赴任デ、其前後ニ於テモ屡々此問題ガ出タ為ニ、同君モ余程深イ御感ジヲ以テ御越シニナリマシタ、果シテ其為ト云フコトハ言ヒ得ルヤ否ヤ分リマセヌガ、大分力ヲ入レテ色々心配シテ下スツタヤウニ思ヒマス、未ダ全ク旧ニ復シタト云フコトハ申上ゲラレマセヌケレドモ、併シ之ヲ此春若クハ五月頃ノ状態ニ較ベマスト、大イニ改善ニ赴キツヽアルト云フコトハ確カナヤウデアリマス、其間ニ付テハ、所謂時ノ解決デモアリマセウケレドモ、本協会ノ微衷モマルデ無効デハナカツタト云フコトハ申上ゲラレルデアラウト思フノデアリマス
      一、常任幹事増員
ソレカラ此幹事増員ノコトヲ一応申上ゲマスガ、六月末ニ本協会員ノ日清汽船ノ取締役角田隆郎君ヲ、評議員並ビニ幹事ニ推挙スルト共ニ会務ガ大分多忙ニナリマシタノデ、従来ノ七名ノ常任幹事ノ他ニ、角田君ニ常任幹事ニ御就任ヲ願ツテ、会務ノ諸般ヲ御担当下サルコトニナツテ居リマス、即チ今日御出席ニナツテ居ル角田隆郎君ハ皆サン御懇意ノ間柄ト存ジマスケレドモ、一応此段ヲ申上ゲテ置キマス、モウ一ツ申上ゲルコトハ、工藤鉄男ガ長ク書記長トシテ協会ノ為ニ御尽力ニナリマシタガ、同氏ノ都合上十一月カラ書記長ヲ辞任サレマシタ、是ダケハ人事上ノ変更デゴザイマス、特ニ此機会ニ於テ私ヨリ申上ゲテ置キマス、今朗読シマシタコトニ附加ヘテ申上ゲルコトハ是ダケデ尚ホ御質問デモゴザイマシタナラバ何ナリト御答イタシマス
      第三年度会計報告
○幹事児玉謙次君 第三年度ノ会計報告ヲ私カラ申上ゲマス、之ニモウ詳シク載ツテ居リマシテ、私カラ別ニ附加ヘルコトハナイト思ヒマスガ、唯、臨時費ノ中デ青島大学開校準備費ト云フモノニ約一万二千円出シテ居リマスガ、ソレハ什器其他机トカ云フヤウナ一切ノ、大学ヲ開キマスノニ必要ナモノヲ買ヒマシタノデ、之ヲ支出イタシマシタ為ニ、大変大キナ金額ガ玆ニ出テ居リマス、従ツテ通常ノ経費ト致シマスルト、会費ダケガ収入デアツテ、支出ガ普通ノ費用ノ外ニ斯ノ如ク臨時ノ費用等ガアリマシタ為ニ、別ニ財源等モゴザイマセヌモノデスカラ、之ニハ借入金ヲ一万七千円程イタシマシタ、サウシテ此一年間ノ収支ノ合フヤウニシタノデアリマス
 - 第55巻 p.264 -ページ画像 
      一、借入金始末
トコロデ元来此実業協会ハ、最初カラ基本金ヲ有タズニ始メマシテ、臨時支出等ガゴザイマシテ、青島大学ナド相当ニ今日マデ出費ガゴザイマシテ、結局協会ト致シマシテ借入金ガ三万五千円程ニナリマシタソレデドウモ将来ノコトヲ考ヘテ見マスルト唯今会長カラ申上ゲマシタヤウニ、青島大学モ一時之ヲ中止スルト、斯ウ云フコトニナツテ居リマスノデ、来年ノ方ノ予算ニモ実ハ此経費ヲ入レテアリマセヌ、サウ云フ風ニナツテ居リマシテ、ドウカ此今マデノ借入金ダケハ決済ヲ致シタイト思ヒマス所カラ、約三万五千円バカリノ借金ヲ今回十社バカリノ方々ニ御依頼申上ゲマシテ、臨時ノ寄附ヲ願ヒマシテ、三万五千円バカリノ借入金ハ本年々末マデニハ償却スルコトニ致シマシタ、従ツテ此会計報告ニゴザイマスル一万七千円ノ借入金モ、今年中ニハ綺麗ニ皆済ト云フコトニ致シマシタ、此所ニ出テ居リマスノハ今年ノ五月マデノデ遅レテ居リマスガ、ドウカ此報告デ御承認ヲ願ヒタイト思ヒマス
  〔「異議ナシ」ト呼ブ者アリ〕
      一、第四年度収支予算
○幹事児玉謙次君 別段御異議ガゴザイマセヌナラバ是デ一ツ御承認ヲ願フコトニ致シマシテ、ソレカラ第四年度ノ収支予算ノ方デゴザイマスルガ、是モ此表デ御覧ノ通リ段々事務ノ増加ニ連レマシテ人事ナドモ殖エマシテ、経常費ニ於テモ若干増加スルト云フヤウナコトニナツテ居リマス、然ルニ収入ハ会費ダケデゴザイマシテ、一万九千円ノ支出ニ対シテ一万四千円シカナイト云フヤウナ次第デアリマス、従ツテ今マデノヤウナヤリ方ヲシテ居ルト、折角返シタ借金ヲ又再ビ繰返サナケレバナラヌト云フヤウナコトニナリマスノデ
      一、会費改正
此収支予算ノ御承認ヲ得マスルト同時ニ、会費改正案ト云フモノヲ玆ニ出シマシテ、従来法人一年三百円デアルモノヲ五百円ニ改正ヲシテ戴キ、個人ガ百円ノ分ヲ百五十円ニ改正ヲシテ戴キ、ソレカラ五十円ノ分ヲ八十円ニシテ戴ク、斯ウ云フヤウナコトニ致シマシテ、一万四千円ノ収入ヲ二万二千円ニ殖ヤス、サウ致シマスト玆ニ約八千円程殖エマスカラ、十分差引不足額ノ五千四百八十円ヲソレデ補償スルコトガ出来ヤウト思ヒマス、此四年度ノ経常収支予算ノ御承認ト同時ニ、会費改正ノ御承認ヲ願ヒマシテ、マダ其外ニ……チヨト私間違ヘマシタ、此個人ノ五十円宛ノ会費ガゴザイマスデス、之ヲデス、五十円ヲ八十円ニスルト云フ改正案デゴザイマスガ、是ハ評議員会ニ先刻掛ケマシタ所ガ、此五十円ノ方ハ人数モ少イカラ是ハ据置イタラドウカ、ト云フコトデアリマシタノデ、是ダケハ修正案ガ通過シテ居ルノデゴザイマスカラ、修正案ノ通リニ此所デ御承認ヲ願ヒマシタ方ガ楽デゴザイマス、サウ致シマスト矢張リ金額ニハ大シタ差ガ起リマセヌ、収入ガ二万二千二百円程ニナリマシテ、結局八千円程ノ増収入ガ出来マスノデ、従ツテ四年度ノ経常収支予算ニ於テハ多少ノ其所ニ剰余金ガ出テ参リマスル
      一、改正会費実施期
 - 第55巻 p.265 -ページ画像 
此予算ハ五月三十一日マデノ収支予算デゴザイマスガ、六月一日カラ始メマシテ既ニ此年度ノ会費ヲ頂戴シテ居ル所ガ多々アルノデアリマスカラ、此実行ヲ今期ヨリ致シマセヌト、御覧ノ通リ矢張リ五千円程ノ不足ガ出マスカラ、此期カラ此改正案ヲ実行スルコトニ一ツ御決定ヲ願ヒマシテ、今マデノ不足ヲ改メマシテ徴収スルト云フコトニ御決メヲ願ヒマス
  〔「総テ異議ナシ」ト呼ブ者アリ〕
○幹事児玉謙次君 デハドウゾサウ云フコトニ御承認ヲ願ヒマス
      一、役員改選
ソレデハ次ハ本日ノ議案ニアリマス役員改選ノ件デアリマスガ、会則ニ依リマスト役員ノ任期ガ三年ニナツテ居リマシテ、本年六月ニ任期満了ニナツテ居リマス、総会ガ延ビマシタ為ニ唯今皆サンニ役員改選ヲ御諮リスルコトニナリマシタノデゴザイマス
○会員森広蔵君 私ハ役員ノ現在御残リノ御方ハ全部御苦労様ナガラ御留任ヲ願ヒマシテ、先程伺ヒマシタ評議員九名ガ欠員ノヤウデアリマスカラ、ソレハ御迷惑ナガラ会長ニ其推薦ヲ御一任イタシタイト思ヒマス、ドウカ皆サン御賛成ヲ……
  〔「賛成」ト呼ブ者アリ〕
○会長(子爵渋沢栄一君)私ハ一向此事業ニ関係ノナイ方デ、或ル動機カラ御勧メヲ被ツテ、一向十分ニ御役ニ立チマセヌケレドモ会長ノ重任ヲ負ツテ居ルノデス、又セメテ初メダケヤツタラ宜カラウト云フコトデ御勧メニナツタヤウニ思ヒマス、段々老衰シマシタカラ成ルベク御免蒙ムリタウゴザイマスガ、突然今日御辞退申スト云フコトモ何ヤラ御評議ノ御妨ゲニナツテイケマセヌ、兎ニ角続クダケヤツテ見マセウ、但シ未来ノ三年ガムツカシイカモ知レマセヌガ、先ヅ所謂斃レテ後止ムト云フコトニシテ、此場合留任ト云フコトニ致シマス
○会員伊東米治郎君 チヨト一言イタシタイノハ、本会ガ成立ノ時分ニ渋沢閣下ヲ是非会長ニ推戴シタイト云フ、全会一致ノ意見デアリマシテ、閣下ニソレヲ御願ヒスル委員ノ一人ト致シマシテ閣下ノ所ヘ出マシテ、色々ト御願ヒヲシテ漸ク御承諾ヲ得タ関係ガアリマスノデ、チヨト此際御挨拶ヲ致シタイト思ヒマスガ、過去三年間日華実業協会ハ申スマデモナク、所謂日支ノ関係ヲシテ独リ経済的ノミナラズ、政治的ニ於テモ、国民ヲシテ国民外交ヲ是非実行シテ、日支ノ関係ヲ親密ニシナケレバナラヌト云フ我々ノ理想ヲ実現スルト云フコトニ付キマシテハ、ドウシテモ此有力ナ閣下ヲ会長ニ仰グト云フノデナケレバ実現ガ出来ナイト云フノデ、御願ヒシタヤウナ次第デアリマシタガ、幸ニ過去三年間非常ニ協会ノ為ニ御尽瘁下サイマシテ、過去三年ノ間ニ協会トシテハ、或ハ学校ノ問題デアルトカ、干魃ノ為ニ多額ノ金ヲ募集シテ救済ヲスルトカ、其他日貨排斥問題デアルトカ、随分問題ガ多ウゴザイマシタノデ、特ニ会長ニハ非常ニ御配慮下サイマシテ、総テノ問題ガ解決スルニ至ツタト云フ点ニ付テハ、深ク感謝スル次第デアリマス、尚ホ今後更ニ三年間御苦労ナガラ御願ヒスルト云フコトニナリマシタ所、幸ニ御承諾下サイマシテ、協会ノ為ニ深ク喜ブ次第デアリマス、チヨト御挨拶ヲ……
 - 第55巻 p.266 -ページ画像 
○会員森広蔵君 私ハ此機会ニ於キマシテ、役員諸君、評議員並ビニ幹事諸君ガ御改選ニナル機会ニ於キマシテ、過去三年間会ノ為ニ御尽瘁下サイマシテ、先程モ会務御報告並ビニ引続イテ渋沢子ノ要ヲ得タ簡潔ナ御報告ニ依ツテ、至極会員一同満足ト思ヒマス次第デアリマシテ、此機会ニ於キマシテ、永年ノ間所謂日支共存、日支親善ノ為ニ御尽シ下サイマシタ労ニ対シテ、全会一致ヲ以テ感謝ノ意ヲ表シタイト思ヒマス、ドウゾ皆サン御賛成ヲ……
  〔「賛成」ト呼ブ者アリ〕
○会長(子爵渋沢栄一君)ソレヂヤ常任ノ幹事諸君ト御相談イタシマシテ、評議員ノ欠員ヲ補足シマスコトハ後カラ申上ゲルヤウニ致シタウゴザイマス、是デ会ヲ閉ジマス、御丁寧ナ御挨拶ヲ頂戴シタノハ頗ル私ノ一身ニ取ツテモ、又常任幹事諸君モ皆様ニ左様ナ御挨拶ヲ頂戴イタスコトハ、共ニ光栄トスル所デアツテ、深ク感謝イタシマス
  午后五時閉会  以上