デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
6款 日華実業協会
■綱文

第55巻 p.314-320(DK550062k) ページ画像

大正14年5月23日(1925年)

是年三月十六日、雲南省大理地方ニ震災アリ、是日、当協会幹事会ヲ開キ、義捐金募集ノ議ヲ定ム。栄一、病気ノタメ出席セズ。六月十八日当協会、右募集義捐金四千円ヲ、外務省ヲ通ジテ送付ス。


■資料

日華実業協会往復(一)(DK550062k-0001)
第55巻 p.314-315 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
公第三三号
  大正十四年三月三十日
                 在雲南領事 糟谷廉二
    外務大臣 男爵 幣原喜重郎殿
    大理地方震災ニ関スル件
三月十六日午后九時半頃、当地ニ於テ弱震ヲ感シタルカ、其後間モナ
 - 第55巻 p.315 -ページ画像 
ク同時刻省内大理地方ニ於テ強震アリ、其損害甚大ナル旨伝ヘラレタルモ、何分交通不便ニシテ其真想明《(相)》カナラス、二十四日ニ至リ漸ク同地ニ於ケル鎮守使ヨリ省政府ニ宛テタル大理地方大震火災ノ報告発表セラレタルモ、大理市ノ家屋数百戸焼失シ、殆ト全部倒壊シ、死者多数ヲ出セリトノミニテ、依然漠然タリ、本三十日省政府機関紙民治日報ニ於テ、同鎮守使ノ報告ヲ記載セル処ニ拠レハ、大理城内外ノ人家ハ概ネ倒壊シ、死者ハ約三千ニ達ス、至急救済ヲ要スル旨掲載セラレ且ツ今回ノ震災ハ附近鳳儀・弥渡・蒙化各県ニ及フ次第伝ヘ居レリ、当地税関外人側ニ於テハ、大理ニ於ケル死者ハ約三百名ニ過キスト称シ、其他財産損害ノ程度ニツキテモ風説区々ニシテ、正確ナル数ハ難知、雲南省トシテハ可ナリ甚大ナル損害ニシテ、目下其救済策ニツキ支那官民ニ於テ講究中ナリ、尚ホ同地方在留外人ハ宣教師其他ナルカ何レモ生命無事ナル旨各自国領事館ニ報導アリタル趣ニシテ、本邦人ニシテ同地ニ在留又ハ旅行中ノ者皆無ナリ
右御参考迄及報告候 敬具


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0002)
第55巻 p.315 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
公第四〇号
  大正十四年四月八日
                 在雲南領事 糟谷廉二
    外務大臣 男爵 幣原喜重郎殿
    大理地方震災状況報告ノ件
本件ニ関シテハ客月三十日附公第三三号拙信ヲ以テ及報告候処、今回雲南省政府ノ主要人物ヲ以テ組織セル雲南大理等属震災籌賑事務所ヨリ、北京執政善後会議各代表・各部総長・各機関・各法団・各新聞社・雲南旅京同郷会等ニ宛テ救済義捐金募集方依頼ノ通電ヲ発シタルカ、該通電(本日省政府機関紙民治日報ニ発表)ヲ見ルニ
 三月一四、一五、一六ノ三日間大理・鳳儀・弥渡・蒙化・祥雲ノ諸県ニ亘リ地震勃発シ、大理ニ於テハ火災ト海嘯起リ、城郷ノ官舎・民房・寺廟等悉ク崩壊シ、存スルモノハ百中一・二モナク、震災区域ハ六・七百支里、人民ノ死傷万余(本日民治日報紙上ニ掲載セル籌賑事務所ヨリ他ニ通知セル損害状況ニハ死傷者数千トアリ)、財産ノ損失甚タ鉅ナリ、現在死傷者ハ屍ヲ横タヘテ埋葬ヲ待チ、傷者ハ坤吟シテ救ヲ待ツ、罹災民ハ露宿シテ衣食ナシ、傷心惨目述フルニ忍ヒス、前年日本ノ震災ハ重シト雖モ、然カモ彼ノ国ハ交通便利国力充実シ、救済極メテ容易ナリ、大理地方ハ土地療セ《(マヽ)》、人民貧シク、省城ヲ 《(欠字)》ルコト遥遠、此巨災ヲ経テ力恢復シ難シ、諸公仁声義聞万流共ニ仰ク、伏テ鴻慈ヲ垂レ、鉅款ヲ義捐シテ災民ヲ恵済シ、残喘ヲ延ヘシメラレハ、死者九泉ニ感戴シ、生者ハ永ク忘レサルヘシ云々
トアリ、僻 《(欠字)》ナル同地方ノコトトテ、財産上ノ損害ノ 《(程)》度ハ少額ナルヘキモ、其震災ノ激甚ナリシハ想像ニ難カラス、尚ホ雲南省政府ハ最初三万元、更ニ今回三万元、合計六万元ヲ支出、大理ニ送金シテ救済ニ当テタル趣ニ有之候、右御参考迄及報告候 敬具

 - 第55巻 p.316 -ページ画像 

日華実業協会往復(一)(DK550062k-0003)
第55巻 p.316 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
機密公第二九号
  大正十四年四月八日
                 在雲南領事 糟谷廉二
    外務大臣 男爵 幣原喜重郎殿
    大理地方震災ニ対シ義捐金送附方稟請ノ件
大理地方震災状況ニ関シテハ、客月三十日附公第三三号及本日附公第四〇号拙信ヲ以テ及報告候通リ、相当激震ナリシ処、幸ヒ震災地域カ辺 《(欠字)》ナルヲ以テ、損害ノ程度ハ些シタルコト無之ヘキ見込ニシテ、素ヨリ世界的或ハ国家的ノ災厄ニハ無之モ、雲南省トシテ空前ノ大災害ニ有之、殊ニ昨年米作ノ不良ノタメ米価ハ勿論諸物価一斉ニ暴騰シ、省民生活難ニ陥レル折柄、罹災民ノ難渋ハ申迄モナク、財政枯渇ノ極ニアル省政府ニ於テモ救済ニ困難シ居ル状態ニ有之候、然ルニ雲南省政府始メ省民一般カ一昨年本邦関東地方ノ震災ニ対シ示セル同情振リハ、従来累次ノ報告ニヨリ詳細御了悉ノ通リ頗ル懇切ヲ極メ、猶ホ本月六日附公第三九号拙信ヲ以テ申進候通リ于今当館ニ義捐金ノ送附ヲ依頼シ来ル有様ニ有之候、就テハ我方ニ於テモ此際少クトモ雲南銀五千元位(目下雲南銀下落シ金百円ニ付雲南銀百四十元内外ノ相場ニツキ雲南銀ノ五千元ハ約金三千八百円乃至四千円ニ相当ス)ヲ義捐金トシテ支那側ニ寄附スルニ於テハ、将来日支ノ感情上一層好結果ヲ見ルコトト被存候ニ付、右支那関係ノ公私団体・銀行・会社等ニ勧誘醵出セシメラレ御送金相成様致度、尚ホ仏領印度総督ニ於テハ本国ニ於テハ相当ノ義捐金ヲ募集スル旨支那側ニ通知シタル趣ニ有之候 敬具
 追而、当省内ニ於ケル災禍ニツキテハ、従来本官個人トシテ応分ノ寄附致居リ、殊ニ此種稍大ナル天災ニ対シテハ、本官ハ館員・支那傭聘本邦人、其他在留民ト協議ノ上寄附金ヲ醵出シ、昨年五月省城南門外ニ於ケル火災(附近ニ本邦人居住ス)ニ対シテハ十名ニテ四百十元ヲ、右大理ノ震災ニ対シテハ十三名ニテ三百十元ヲ醵金寄附致候次第モ有之候間御含相成度、此段為念申添候也


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0004)
第55巻 p.316-317 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
(朱書)
外務省ヨリ廻付ノ書類
公第四五号
  大正十四年四月二十一日
                 在雲南領事 糟谷廉二
    外務大臣 男爵 幣原喜重郎殿
    大理地方震災ニ対シ義捐金募集方支那側ヨリ依頼ノ件
本月八日附機密公第二九号拙信ヲ以テ本件義捐金送附方及稟請候処、今般別紙写ノ通リ雲南大理等属震災籌賑事務所ヨリ、本邦ニ対シ広ク義捐金募集アリ度旨依頼越ノ次第有之候ニ付テハ、前信御参照ノ上可然御配慮相煩度、尚ホ別紙義捐金募集書ニ死傷万数以上《(マヽ)》、損失一億以上ノ多キニ達ストアル処、死傷者ハ兎モ角クトシテ、極メテ遍僻且《(偏)》ツ貧 《(欠字)》ナル同地方ノ損害カ如斯巨額ニ達セルヤ頗ル疑問ニシテ、義捐金
 - 第55巻 p.317 -ページ画像 
募集上誇張的ニ宣伝セルモノト被認候、又発起人ハ唐継尭ヲ除キ、其平素ノ立場如何ヲ問ハス、雲南ニ於ケル官民有力者全部ヲ網羅シ掲記致居候間、御含相成度、此段申進候 敬具
 追テ、本件依頼書ハ各国領事ヘ一様ニ送附シタル趣ニシテ、又当地ニ於テハ市政公所・東陸大学・基督教聯合会・基督教青年会等ニ於テ夫々慈善演芸会其他ノ方法ヲ以テ義捐金ヲ募集致居リ、在留本邦人ハ前信追書ヲ以テ申添候通リ、逸早ク進ンテ支那側ヘ寄附ヲ申出タルノ外、之等ノ演芸会ニ対シテモ応分ノ援助ヲ致居候
(別紙)
訳文
 「拝啓 陳者今回大理地方ニ於ケル震災情形惨激ナルニ顧ミ、弊省省議会ノ発起ニ依リ、公民大会ヲ開キ、籌賑事務所ヲ組織セリ、現在已ニ同事務所ノ成立致候ニ付テハ、義捐金募集帳及募集書○略ス御送附致候間、貴領事ヨリ貴国ニ代リテ広ク勧誘募集セラレ、以テ災民ヲ救ハルレハ、死者ハ永ク九泉ニ感戴シ、生者ハ永久忘レサルヘク、此段御依頼得貴意候 敬具」


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0005)
第55巻 p.317-318 ページ画像

日華実業協会往復(一)           (渋沢子爵家所蔵)
公第四七号
  大正十四年四月二十五日
                 在雲南領事 糟谷廉二
    外務大臣 男爵 幣原喜重郎殿
    大理地方震災ニ対シ義捐金募集方支那側ヨリ依頼ノ件
本件ニ関シテハ本月二十一日附公第四五号拙信ヲ以テ申進候処、今回更ニ別紙ノ通リ当地外交司長張維翰ヨリ依頼申越ニ付可然御取計相煩度、此段申進候 敬具
(別紙)
訳文
 拝啓 陳者大理各県ニ於ケル震災ニ対シ、曩ニ先後救済金六万元ヲ電送シ、人ヲ派シテ罹災地方官民ヲ督シテ至急救済ヲ講セシメ、且ツ四日中央及各省ニ通電シ、広ク義捐金ヲ募集救済中ナル処、玆ニ右四日附電報写ヲ送付候ニ付、速カニ在雲南各国領事ニ通知シ、代テ義捐金ヲ募集シ救済ニ資セシメラルル様致度旨省長公署ノ命ヲ奉シ申候、就テハ貴領事カ災ヲ救ヒ、隣人ヲ恤ミ、博愛ノ心ヲ有セラルハ素ヨリ敬仰スル処ニ有之、該電報写及御送付候間、御査閲ノ上貴国人士ニ対シ義捐金ヲ募集セラレ、災民ニ恵マレ候ハハ感銘ニ堪ヘス候、此段御依頼得貴意候 敬具
   電報写一通添付
訳文
 「宛名省略」雲南省大理・鳳儀・蒙化・弥渡等ノ地方三月十六日午后九時地忽チ大ニ震ヒ、海立チ山崩ル、天驚キ地裂ク、房室傾覆シ全城尽ク瓦轢ト成ル、人畜死傷シ、目ノ触ルル処死屍ニ非ラサルハナシ、大理ハ同時ニ火災ヲ起シ、狂風虐ヲ肆シ、烈焔威ヲ騰メ、繁盛ノ街衢ヲ悉ク焦土ニ付ス、人民ハ露宿風餐飢ヲ忍ヒ凍ヲ受ケ呻吟
 - 第55巻 p.318 -ページ画像 
痛楚ス、惨トシテ言フニ忍ヒス、継尭此禍殃ヲ見、心胆裂ケントス窃ニ聞ク、己ヲ立テ人ヲ立ツルハ仁者ノ宏願ニシテ、苦ヲ救ヒ難ヲ救フハ釈迦ノ慈悲ナリト、災余ノ黎民ハ溝中ノ瘠ヲ免レ難シ、善ヲ楽ム君予寗ソ壁上ノ観ヲ作スルニ忍ヒンヤ、伏テ冀クハ、力ヲ量リテ嚢ヲ解キ、共ニ善挙ヲ襄ケラレンコトヲ、仁漿義粟幸ニ西江ニ分潤ス、草ヲ結ヒ環ヲ喞《(マヽ)》ミ南国ニ報ユ可キナリ、本省ニ於テ極力巨款ヲ籌出シ、速カニ救済ニ当ルト共ニ、玆ニ謹テ電陳シ回示ヲ佇候ス
  雲南 唐継尭 四月四日発


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0006)
第55巻 p.318 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
  (別筆)
  児玉副会長、白岩・角田・安川・白仁幹事
    常任幹事会(五月廿三日正午)
 一、雲南省大理地方震災義捐ノ件
 報告
 一、上海中華学芸社援助ノ件並ニ漢口中報会ノ件
 一、次回幹事会ノ件
  (別筆)
  五月廿七日正午開催、最近支那ヨリ帰朝ノ在大阪喜多又蔵氏
  (常任幹事)ノ支那視察談


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0007)
第55巻 p.318 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
    雲南省大理地方震災ニ対スル常任幹事会決議
                (五月廿三日正午開催)
雲南省大理地方六県ニ亘ル震災ニ干シ、雲南領事ノ報告並ニ同領事ヨリノ外務大臣ニ対スル稟請ニ基キ協議ノ結果、日華実業協会ニ於テモ至急干係会員ノ義捐ヲ取纏メ寄贈スル事トス
 右ハ善隣ノ誼ニ顧ミ、且曩ニ本邦関東地方大震災ニ際シ雲南省政府始メ官民一般ノ同情ハ頗ル懇切ヲ極メ、当時九月十八日ヲ以テ雲南省官民一般ヨリ銀二万元ヲ外務省ヲ経テ震災救護局ヘ寄贈セル点等ニ鑑ミ、協会ニ於テモ干係会社中七・八社ニ一社凡ソ五百円ヲ標準トシ勧誘スル事ニ申合セタリ 以上


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0008)
第55巻 p.318-319 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
  (別筆)
  児玉副会長、喜多・白岩・入江・角田・森広蔵・森弁治郎氏
  倉知・安川・奥村各幹事出席
    幹事会 五月二十七日正午
報告
 一、大連市主催大連勧業博覧会ヨリ観覧勧誘申越ノ件
    (会期八月十日ヨリ向フ四十日間)
 一、雲南省大理地震義捐ノ件
    (右ニ対シ常任幹事会ニ於テ別紙○前掲ノ通リ申合セタリ)
 一、上海中華学芸社ノ大学設置援助ノ件
    (別筆)
*   廿五日六大商業会議所聯合委員会ニ児玉副会長及角田幹事出席、資金援助ニツキ一応ノ説明ト共ニ援助依頼ス
                            以上
 - 第55巻 p.319 -ページ画像 
 一、喜多幹事御視察談
*(欄外別筆)
[学芸社総幹事鄭貞文氏上京中


(油谷恭一) 書翰 白石喜太郎宛 (大正一四年)五月二八日(DK550062k-0009)
第55巻 p.319 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第四四〇号・第六一頁 大正一四年五月 青淵先生動静大要(DK550062k-0010)
第55巻 p.319 ページ画像

竜門雑誌  第四四〇号・第六一頁 大正一四年五月
    青淵先生動静大要
      四月中
青淵先生には先月来引続き在邸静養せられつゝあり


日華実業協会往復(一)(DK550062k-0011)
第55巻 p.319 ページ画像

日華実業協会往復(一)          (渋沢子爵家所蔵)
「会長・副会長・各幹事宛」
拝啓
    雲南省大理地方震災義捐金ノ件
右ニ関シ過日ノ幹事会ニ於ケル取極メニ依リ、四千円也関係会員ノ分義捐金取纏メ、本日外務大臣宛差出置候
尚外ニ東京市ヨリ壱千円也及ヒ幣原外相ヨリ個人名二千五百円也寄附ノ事ニ相成候、尚支部各地ニハ東方通信ヲ経テ電報ノ事ニ取計置候、右不取敢御報告迄 以上
  大正十四年六月十八日
                      日華実業協会


日華実業協会第五回総会報告書 第五―六頁 大正一四年一二月刊(DK550062k-0012)
第55巻 p.319-320 ページ画像

日華実業協会第五回総会報告書  第五―六頁 大正一四年一二月刊
    第五回会務報告 大正十三年十二月以降
○上略
      一、雲南省震災ニ対スル義捐金
 雲南省大理地方六県ニ亘ル震災ニ対シ、雲南領事ノ報告ニ基キ協議ノ上、善隣ノ誼ニ顧ミ、且曩ニ本邦関東地方大震災ニ際シ、雲南省政府始メ官民一般ノ同情ハ頗ル懇切ヲ極メ、当時九月十八日付ヲ以テ官民一般ヨリ銀二万元ヲ寄贈セラレタル等ニ鑑ミ、協会ニ於テモ関係会員中ヨリ充分ノ義捐ヲ為ス事トシ、三井・三菱・正金・大倉・満鉄・郵船・古河・日清・台銀ノ諸社ヨリ三百円乃至五百円宛ノ義捐申込ヲ受ケ四千円トナシ、更ニ東京市ヨリノ一千円ノ義捐申込ト共ニ、外務
 - 第55巻 p.320 -ページ画像 
省ヲ経テ雲南震災救護局ニ寄贈ヲ為シ、之ニ対シ雲南省長唐継尭氏ヨリ懇切ナル謝電並ニ謝状ニ接シマシタ
○下略