デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
6款 日華実業協会
■綱文

第55巻 p.502-505(DK550100k) ページ画像

昭和3年6月13日(1928年)

是日及ビ爾後、屡々、当協会幹事会開カレタルモ、栄一、病気ノタメ出席セズ。


■資料

竜門雑誌 第四七八号・第八一頁 昭和三年七月 青淵先生動静大要(DK550100k-0001)
第55巻 p.502 ページ画像

竜門雑誌  第四七八号・第八一頁 昭和三年七月
    青淵先生動静大要
      六月中
引続き本月も自邸に於て、専ら療養に努めらる。


竜門雑誌 第四七九号・第七一頁 昭和三年八月 青淵先生動静大要(DK550100k-0002)
第55巻 p.502-503 ページ画像

竜門雑誌  第四七九号・第七一頁 昭和三年八月
    青淵先生動静大要
 - 第55巻 p.503 -ページ画像 
七月中
廿五日 四月廿一日以来、御病気の為め御静養中なりしが、殆ど全快せられ、試に本日より事務所に出勤せらる。


日華実業協会第八回報告書 第一六―二三頁 昭和三年一二月刊(DK550100k-0003)
第55巻 p.503-505 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一六―二三頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、幹事会 六月十三日正午、事務所ニテ開会
 児玉副会長、白岩・入江・荻野・奥村・森・角田・安川・白仁各幹事出席
 一、最近上海ヨリ帰朝ノ幹事船津氏並ニ上海日本商業会議所会頭米里氏出席、長江方面最近ノ事情並ニ時局談アリ、時局ニ関シ意見ノ交換ヲ為シ、午後三時半散会ス
一、懇談会 六月十六日正午、工業倶楽部ニ於テ、主トシテ各新聞社関係ノ諸氏ヲ招待、協会側児玉副会長、白岩・安川・奥村・入江・荻野・角田各幹事並ニ最近上海ヨリ帰朝ノ幹事船津氏・米里氏出席支那時局ニ関シテ懇談会ヲ催シ、午後四時散会ス
一、幹事会 七月三日正午、事務所ニテ開会
 児玉副会長、白岩・白仁・安川・荻野・森・角田各幹事出席
 一、曩ニ両三回小委員ノ間ニ於テ作製ノ時局ニ対スル意見書ニツキ協議決定シ、副会長及白岩幹事ハ七月四日当局ニ会見左記要項ノ意見ヲ具陳セリ
     意見書要旨
 支那時局ノ推移ハ容易ニ予断ヲ許サズト雖モ、支那本部ニ於テハ蓋シ国民政府ハ従来嘗テ見ザル複雑ナル国際局面ヲ展開ス可キ態度ニ出ヅベキ事ト予測セラル、政府ハ予メ慎重ニ之カ対策ヲ講ジ、最善ノ手段ヲ尽サレン事ヲ切望ス。
 対支問題ニ関シテハ、従来本協会ハ一貫シテ関係列国協調ノ必要ナルコトヲ力説シ来リタル所ナルカ、今ヤ此重大ナル新局面ニ対シテ吾等ハ一層此主張ノ実現ヲ期待スルコト痛切ナリ、蓋シ支那側ガ今日ノ如ク対外的ニ条約無視、義務不履行等不法無理ノ態度ニ出ヅルニ到リシハ、列国ノ対支態度ガ稍モスレバ相背馳シタルニ依ルハ何人モ之ヲ否定スルコト能ハザルベシ、同国今日ノ状況ハ、吾人ノ熱望セル和平統一ニ一歩ヲ進メタルヤノ観アリ、之ヲシテ軌道ヲ逸セシメズ、其ノ目的ヲ達成セシメントスルニハ、支那自身ノ為メニモ又利益ヲ同クスル列国ノ為メニモ、関係列国ハ其ノ態度ヲ一ニスルコト肝要ナリ、列国ノ態度ニシテ今日ノ儘ニ推移セラレンカ、近キ将来ニ於テ必ズ起ル可キ承認問題・関税問題・条約改訂・治外法権問題等幾多ノ国際的重要問題ノ折衝ニ直面シテ、相互ニ何等満足スベキ結果ヲ齎ラサヾルノミナラズ、国内的整備建設ニ関スル重要ナル諸問題モ亦為メニ紛糾ヲ来シ、或ハ収拾ス可カラザル事態惹起スルコトアルベキハ、既往ニ徴シテ予見スルニ十分ナリ、故ニ此際支那ニ対シ利害関係最モ密接ナル日・英両国間ニ於テ、先ヅ隔意ナキ協商ヲ遂ゲ、以テ諸国ノ対支態度ヲ一ニスルコト当面ノ急務ナリト
 - 第55巻 p.504 -ページ画像 
信ズ。云々
一、幹事会 七月九日正午、事務所ニテ開会
 児玉副会長、白岩・白仁・安川・入江・荻野・奥村・森・角田各幹事並ニ東亜興業会社小貫氏・日本郵船会社清水氏出席
 一、上海日本商業会議所ヨリ紹介ノ高橋悟朗氏ヨリ最近ノ南京政府実情ヲ聴ク
一、済南居留民代表来訪 十二日正午
 一、済南ヨリ上京ノ済南時局善後委員会代表、済南実業協会会頭清水喜十郎氏・商業組合長進藤直雄氏・済南病院長牧野融氏来訪ニツキ、児玉副会長外各幹事出席、済南ノ近況並ニ時局善後決議事項ノ説明ヲ聴ク
一、幹事会 七月十八日、正午事務所ニテ開会
 児玉副会長、入江・白岩・白仁・荻野・奥村・森・角田・渡辺各幹事、東亜興業会社小貫氏並ニ南満鉄道会社斎藤理事出席
 一、南京政府ノ条約改正ニ対スル態度並ニ之等ノ対策ニツキ意見交換ヲ為ス
 一、今回新ニ幹事ニ推挙ノ日本商工会議所理事渡辺鉄蔵氏ヲ紹介ス
一、幹事会 七月二十日午後四時ヨリ、横浜正金銀行楼上ニ開会
 児玉副会長、白仁・安川・白岩・森・奥村・荻野・角田・渡辺・門野各幹事、及富士瓦斯紡績会社持田氏・正金銀行武内氏・東亜興業会社小貫氏出席
 一、最近支那ヨリ上京ノ藤田青島総領事・天羽公使館一等書記官・蜂谷奉天領事各位ノ出席ヲ乞ヒ、済南事件交渉、支那条約改正宣言、奉天ノ近情等ニツキ詳細ナル説明ヲ聴キ、意見ノ交換ヲ為シ晩餐後九時散会ス
一、条約改正ニ関スル天津来電
 日支通商条約ヲ一方的意志ニ依リ廃棄シ、治外法権ノ即時撤廃ヲ規定セル臨時弁法ヲ以テ、直チニ我ガ在支邦人ニ律セントスル支那当局ノ態度ハ、国際法規慣例ヲ蹂躙シ、且ツ支那ノ実情ニ顧ミ、我ガ在留民ノ生命財産保護並ニ通商企業ノ根底ヲ破壊スル不祥事ニシテ国際信義ヲ無視スル、蓋シ此レヨリ甚ダシキモノアラズ
 吾人固ヨリ支那当局ガ建設的努力ニ待ツ所多ク、特ニ其ノ不平等条約ノ改訂ヲ希望スル国民的主張ニ対シテハ、常ニ満腔ノ誠意ヲ以テ是レガ同情援助ヲ惜ムモノニアラズト雖モ、今回支那当局ノ採レル無謀ナル措置ハ、徒ニ日支国交ヲ危態ニ瀕セシムル虞レアルモノトシテ、極力コレニ反対スルコトヲ声明ス
一、青島商工会議所代表者トノ会合
 済南事件ニ関スル青島商工会議所代表者、会頭鈴木格三郎氏・理事島津忠男氏上京ニツキ、七月廿四日東京商工会議所代表者及ビ日本経済聯盟代表者並ニ協会代表者会合ノ上、山東ノ近況並ニ済南事件解決ニ関スル青島商工会議所ノ意見ヲ聴キ、対策ニツキ凝議セリ
一、幹事会 八月八日正午、日本工業倶楽部ニ幹事会ヲ開キ
 一、上京中ノ大阪喜多幹事ヨリ、去ル二日大阪ニ於テ創立ノ日華経済協会ニ関スル報告アリ、今後ノ提携方法ニツキ協議セリ、更ニ
 - 第55巻 p.505 -ページ画像 
上京中ノ上海日々新聞社長宮地貫道氏ヨリ、最近ノ国民政府ノ財政事情其他ノ情況ニ関シ詳細ナル研究ノ結果ヲ聴キ四時散会セリ
一、幹事会 八月十八日正午、丸ノ内日本工業倶楽部ニ幹事会ヲ開ク
 一、国民政府特使王大楨氏ノ出席ヲ乞ヒ、一南京全体会議ノ経過、一国民政府ノ財政状態、一国民政府ノ経済政策等ニツキ詳細ナル説明ヲ聴キ、更ニ条約改正問題ニ関シ意見ノ交換ヲ為シ、四時散会セリ
 一、会長渋沢子爵ニハ今春来病気療養中ノ処最近全快セラレ、上旬転地保養セラレタリ
一、南京政府公布全国商業登録条令並ニ各国態度ニ関シ、関係先ニ配布ス
一、排日運動ニ対スル上海日本商業会議所来電(八月一日)
 今回ノ排日運動ハ国民党指導ノ許ニ逐次深刻ノ度ヲ加ヘ、当地総商会内ニ組織セル「反抗日軍暴行委員会」ハ恣ニ官民懲罰令ヲ設ケ、特ニ日貨ニ対シ救国基金ト称シ関税類似ノ苛酷ナル課金ヲ強制懲収シ、日貨ノ押収頻々トシテ行ハレ、邦人所有ノ貨物ニシテ今尚ホ返戻要求ニ応ゼザルモノ尠カラズ、一種ノ敵対行動ト言フベク、断ジテ黙過スベキニアラズ
 右ニ関シ当地帝国総領事ニ於テハ、屡支那官憲ニ対シ警告抗議ヲ為シ、殊ニ最近排日団体ノ解散ヲ要求シツツアルモ、支那官憲ハ愛国運動ナリトノ口実ノ許ニ是レヲ取締ルノ誠意ナク、遂ニ排日団ハ当地ニ於テ全国反日大会ヲ開キ、極端ナル排日決議ヲ為シ、今ヤ彼等ノ暴戻ナル運動ハ全国ニ波及セントス、依ツテ帝国政府ハ此ノ際南京政府ニ対シ、断然排日団体ノ即時解散ヲ要求アラン事ヲ切望ス
○下略