デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
7款 支那銀行設立問題
■綱文

第55巻 p.539-540(DK550112k) ページ画像

明治45年1月12日(1912年)

是ヨリ先、栄一、生産調査会委員トシテ、支那銀行設立問題ニ関与スルトコロアリ、是日及ビ十五日、飛鳥山邸ニ於テ、阪谷芳郎ト同問題ニツキ協議ヲ重ネ、次イデ十七日、桂太郎及ビ外務大臣内田康哉ヲソレゾレ訪問シテ、右ニ関シ要談ス。

○生産調査会ニ関スル資料ハ、本資料第五十六巻ニ収ム。


■資料

(八十島親徳)日録 明治四三年(DK550112k-0001)
第55巻 p.539 ページ画像

(八十島親徳)日録  明治四三年      (八十島親義氏所蔵)
十一月十七日 半晴
○上略 午後三井合名会社ニ益田孝氏ヲ訪ヒ、男爵引籠ニ付、生産調査会外国貿増進案中《(易脱)》ノ日清銀行ノ件、特別調査委員成行ヲ心配セラルヽニ依リ、益田氏ヨリ詳ニ承ル、桂首相ノ意見モ分リタリ、兎モ角今日ノ会ハ即時ノ否決ナドニ至ラズ、次回引ツヽキ調査ヲナストノ事也○下略
十一月十八日 快晴
朝王子ニ至リ、男爵ヲ其病室ニ伺候ス、今日ハ幾分軽快ノ御様子也、生産調査会日清銀行設立案委員会ノ経過ニ関シ、織田参事官・益田孝氏等ヨリ聞込ヲ復命セシニ、安心セラレタリ、男爵ハ昨日医士ノトヾムルヲモ顧ミズ、三十八度ノ熱ヲ冒シテ、益田孝氏宛一書ヲ裁シ、支那内地ニ我国人ノ商工業ヲ拡ムル為ニ必要トアラハ、日清銀行ノ設立ヲ切要ト論スルハ至当也、一ノ正金銀行ノ利害ニ関スノ理由ヲ以テ遮マントスルハ、実ニ其理無キニ驚キ入ル、権勢ト富力トヲ以テ道理ヲ圧スルノ弊ハ、必スヤ意外ノ悪結果ヲ来スニ相違ナシトノ意ニテ、委員会ヘ披露スル事ヲ希望セラレタルモノヽ由ニテ、今日モ病中乍ラ右等ノ御話ヲ申聞ラル○下略
  ○中略。
十一月廿二日 晴 寒シ
○上略 二時王子邸ニ至ル、男爵一昨日ヨリ全ク平温ナルモ、高木博士ノ注意ニヨリ、当分再発熱ヲ恐レ、絶対ニ他人面会禁止中故拝面セズ、男爵苦心ノ生産調査会貿易助長案中、日清銀行設立建議案モ、本日マガリナリニモ修正ノ上通過セシ事モ、直接ニ御話スル事ヲ得ザリシ様ノ次第也○下略


渋沢栄一日記 明治四五年(DK550112k-0002)
第55巻 p.539-540 ページ画像

渋沢栄一日記  明治四五年          (渋沢子爵家所蔵)
一月十二日 晴 寒
○上略 阪谷男爵来リ、支那銀行設立ノ事ニ関シ種々ノ談話アリ○下略
  ○中略。
一月十五日 晴 寒
○上略 阪谷芳郎氏来話ス、支那銀行設立ノ事ニ付種々協議アリ○下略
 - 第55巻 p.540 -ページ画像 
  ○中略。
一月十七日 晴 寒
○上略 午前九時半桂公爵ヲ三田邸ニ訪ヘ、支那銀行ニ関スル談話ヲ為ス
○中略 二時半外務省ニ内田大臣ヲ訪ヘ、支那銀行設立ノ事ヲ談ス○下略


渋沢栄一日記 大正四年(DK550112k-0003)
第55巻 p.540 ページ画像

渋沢栄一日記  大正四年           (渋沢子爵家所蔵)
七月廿四日 晴
○上略 永田町ニ若槻大蔵大臣邸ヲ訪ヘ、日支銀行ニ関スル草案ヲ下付セラル○下略


中外商業新報 第一〇五二九号 大正四年八月一一日 事務室 渋沢栄一男(DK550112k-0004)
第55巻 p.540 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。