デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
3節 其他ノ外国
5款 メキシコ共和国コロラド河流域開拓事業
■綱文

第55巻 p.604-608(DK550121k) ページ画像

大正11年10月12日(1922年)

是日栄一、飛鳥山邸ニ於テ、アメリカ合衆国人ヘンリ・チェンバレン、ジェー・シー・アリソン等ノ来訪ニ接シ、当事業ノ日米共同経営ニ関シ提議ヲ受ク。更ニ十七日、栄一、渋沢事務所ニ於テ、右両名等ト会見シ、当事業ノ企画ニ関スル説明ヲ聴取ス。


■資料

(増田明六)日誌 大正一一年(DK550121k-0001)
第55巻 p.604 ページ画像

(増田明六)日誌 大正一一年        (増田正純氏所蔵)
十月九日 月 晴
子爵ハ不相変多忙ニ終日ヲ暮サレタリ
定刻出勤
毎日事務処ニ於ケル面会人多数ニシテ、日中殆ト執務ノ遑無キ状態ナルカ、本日ノ来訪者ヲ掲クレハ如左
渡辺金三氏(加州スタンフオード大学名誉総長ジヨルダン博士ト同行来遊ノチヤンバーレイン氏ハ、墨国ニ於テ木綿作耕地ヲ日本人ト合同経営セントノ目的ヲ有スル旨、先キニ牛島謹爾氏ヨリ渡辺氏ニ書通アリシ由ニテ、昨日横浜ニチヤンバーレイン氏ヲ出迎ヒ会談シタリトテ、其概要ヲ談話ノ為メ来ル)
○下略
   ○ジヨルダン博士ニ付テハ本資料第三十九巻所収「其他ノ外国人接待」明治四十四年九月六日並ニ同十七日及ビ大正十一年十月十二日ノ各条参照。


集会日時通知表 大正一一年(DK550121k-0002)
第55巻 p.604 ページ画像

集会日時通知表 大正一一年         (渋沢子爵家所蔵)
十月十二日 木 〇時半 ジヨルダンアイリツシユ両夫妻招待会(飛鳥山邸)


竜門雑誌 第四一三号・第五三頁大正一一年一〇月 ジヨルダン、アイリツシユ両夫妻招待会(DK550121k-0003)
第55巻 p.604 ページ画像

竜門雑誌 第四一三号・第五三頁大正一一年一〇月
○ジヨルダン、アイリツシユ両夫妻招待会 青淵先生には十月十二日零時半より曖依村荘に、目下来朝中のスタンフオード大学名誉総長ジヨルダン博士夫妻、及び加州の大地主にして親日翁と称せらるゝアイリツシユ夫妻を招待せられ、尚ほジヨルダン博士一行のチヤンバーレン氏、アリソン夫妻外四名並に阪谷男爵・添田寿一氏・永井松三氏・頭本元貞氏・浅野総一郎氏夫妻・大倉男・久万俊泰氏・芝間崙吉氏・渡辺金三氏・井上秀子夫人・上代たの子女史・田中喜一氏夫人・渋沢武之助氏夫人・明石照男氏夫人等を相客とし、増田明六・小畑久五郎両氏も亦列席の上種々歓待せらるゝ所ありしと云ふ。


(増田明六)日誌 大正一一年(DK550121k-0004)
第55巻 p.604-606 ページ画像

(増田明六)日誌 大正一一年       (増田正純氏所蔵)
 - 第55巻 p.605 -ページ画像 
十月十二日 木 晴
○上略
午前九時、飛鳥山邸ニ至ル
午前十時、渡辺金三氏子爵ヲ来訪シテ、ジヨルダン博士ト同行シ来レルチヤンバーレイン氏ノ携ヒ来レル墨国土地ニ付談話アリ
午前十一時、ジヨルダン博士、チヤンバーレイン、アリソンノ三氏及久万俊泰氏来ル、子爵・渡辺氏及小生晩香廬ニ会ス、ジヨルダン博士ヨリ子爵ニチヤンバーレイン及アリソン両氏ヲ紹介シ、夫レヨリ子爵トチヤンバーレイン氏トノ間ニ墨国土地ニ関スル種々ノ問答アリ
零時半、ジヨルダン夫人・アイリツシユ夫妻、其他ジヨルダント同行シタル人々来会、又邦人側陪賓諸氏モ来着、直ニ午餐会ヲ催サレ、食事中三曲ノ弾奏アリ、三時終了、夫レヨリ子爵ハ一行ヲ同伴シテ附近ノ高等蚕糸学校及女子大学ヲ参観セシメラレタリ○下略
   ○中略。
十月十六日 月 晴
○上略
渡辺金三氏子爵を訪ねて、墨国領下加州耕地日米共同企画ニ関し談話した
十月十七日 火 晴
午前十時、兜町事務処ニ会合があつた
Mr. Chamberlain, Mr. Arison, 渡辺金三氏・渋沢子爵・小畑久五郎(通訳)・増田明六の六人集まりて、Chamberlainノ携ヒ来りシ墨国ニ於ける土地開墾事業ニ付て談話したのである
去十二日飛鳥山邸ニ於て、ジヨルダン博士の紹介にて子爵ハ両氏と会見、一応其企画を聞いたのであるが、尚其足らさる点を本日聴取つた次第なり
Chamと Ari両氏ハ交々子爵及小生の問に答へたが、要点ハ左の通である
一目的地の位置 墨国領下加州コロラドリバー河口流域で、インペリアル・バアレーニ接続した肥沃の地八十万ヱーカー、内拾五万ヱーカーは既墾地、綿作を為して居る、拾万ヱーカーは本年中には竣工の予定で灌慨溝設鑿中である
一所有権者ハ、墨国の法律ニ依りて設立セられたる、コロラド・リバーランド・コムパニーで、其株式の大部分ハ、ロサンゼルス市在住のBrant氏の処有である、然るに此人本年三月逝去した、先是、Cham氏は此人の出資に依りて牧畜の業を営んだ処、幸ニ成効して大ニ此人の信用を得た為めでもあらうか、其遺言書に此土地の経営はCham氏ニ委任セよとあつたので、氏ハ大ニ感激して之を成功セしむべく種々考慮した結果、日本人の米国各地ニ於て土地ニ成功したるを実見して居る次第より、日米共同事業と為して大ニ日本人に力を容れて貰ひたいと之考を起して、前記会社の株主に図つた処、其多数ハ一時日本人を加入セしむる事に反対したが、ブラントの遺族並Chamの熱心なる主張に依りて、本年十二月三十一日迄に共同を実現セハ其説に服すべしと約されたれバ、Cham氏ハ其
 - 第55巻 p.606 -ページ画像 
先生たりしジヨルダン博士(氏はスタンフオド卒業生なり)を訪ふて意見を糺したるに、博士は之を牛島謹弥氏《(牛島謹爾)》に紹介した、牛島氏は其談を聞き、先づ秘書を派遣して其実地を検分セしめた処が、前途有望とあるので、更ニ自身出馬して調べて見たるに、秘書役の報告ニ違ハす中々有望の地である為め、遂に自分も出資の中間入《(仲)》として五拾万弗出すと決し、尚Cham氏の意見を賛して、東京なる渋沢子爵に提議して、子爵ニ依りて日米共同事業たるの実を挙くる事にセんと、即ジヨルダン博士の渡日を機として同行セしめ、博士の紹介に依りて子爵に面談するに至りし次第である
一墨国の法律にては、墨国人が株主に加ハり、且其秘書Secretaryとなる会社ならハ、其他の総てが外国人の株主であつても少しも差支ないのである
一日本人より千五百万弗、米人より千五百万弗、合計参千万弗を出して、同等の権利にて一の会社を組織したいのである
右の外種々の談話ありしが、結局来廿日正午子爵に於て友人を会し、Cham, Aris両氏より説明して充分意見を聴く事とすべしと約された零時半午餐を共にし、再度二・三の談話を為して別れたのでたる《(あ)》
右終りたる後、二十日会合の案内状十五通を出し、午後五時半帰宅


墨国下加州コロラド河流域開拓事業書類 【(謄写版) 墨国下加州コロラド河流域開拓事業】(DK550121k-0005)
第55巻 p.606-607 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 大正一一年(DK550121k-0006)
第55巻 p.608 ページ画像

集会日時通知表 大正一一年       (渋沢子爵家所蔵)
十月十七日 火 午前十時 チヤンバーレン、アリソン、渡辺金三三氏兜町ニ来約