デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商業会議所
■綱文

第56巻 p.89-93(DK560025k) ページ画像

大正9年4月22日(1920年)

是日、当会議所ニ於テ、イタリヤ国ゼノアニ開カルベキ海員労働総会ニ出席ノ政府代表委員内田嘉吉・松岡均平等一行ノ送別午餐会開カル。栄一、陪賓トシテ出席シ、演説ヲナス。


■資料

集会日時通知表 大正九年(DK560025k-0001)
第56巻 p.89 ページ画像

集会日時通知表  大正九年        (渋沢子爵家所蔵)
四月廿二日 木 正午 東京商業会議所より御案内、内田・松岡両氏送別会(同所)


東京商業会議所報 第二五号・第一〇頁 大正九年五月 海員労働総会出席員送別会(DK560025k-0002)
第56巻 p.89 ページ画像

東京商業会議所報  第二五号・第一〇頁 大正九年五月
    ○海員労働総会出席員送別会
大正九年四月二十二日正午当所に於て、今回伊国ゼノアに開催の海員労働総会に出席せらるゝ政府代表委員内田嘉吉君・法学博士松岡均平君及一行諸氏を招待し送別会を開催したり、出席者は正賓内田嘉吉君法学博士松岡均平君・岡崎憲君・古川虎三郎君・滝村立太郎君・岡上守道君・勝部兵助君・誉儀喜宣君・木内良三郎君、陪賓渋沢男爵・服部金太郎・土方久徴・有賀長文・江口定条の諸君其他実業家の主なる諸氏、並主催側東京商業会議所杉原・山科両副会頭、議員等総員五十四名にして、正午一同食卓に着き、「デザートコース」に入り杉原副会頭起て、一行諸君は何れも海事に博識経験を有せらるゝの士なるを以て、必ずや吾人の期待に背かざる効果を齎すべきを信ずる旨を述べ盃を挙げて一行諸氏の為めに健康を祝し、内田嘉吉君は東京商業会議所の既往並現在に於て海運の伸張に声援を与へたる事を称揚して、此送別宴を開催せられたるを感謝し、渋沢男爵は内田君の所説を敷衍して本邦海運業発達の歴史を演説せられ、主客一同歓を尽し午後二時三十分散会したり(各演説の速記は二七頁に掲ぐ)


東京商業会議所報 第二五号・第二七―三〇頁 大正九月五月 海員労働総会出席員送別会演説速記(DK560025k-0003)
第56巻 p.89-93 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。