デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商業会議所
■綱文

第56巻 p.103-106(DK560030k) ページ画像

大正10年5月2日(1921年)

是日、当会議所ニ於テ、前会頭故中野武営ノ銅像除幕式挙行セラル。栄一、陪賓トシテ出席シ、演説ヲナス。


■資料

集会日時通知表 大正一〇年(DK560030k-0001)
第56巻 p.103 ページ画像

集会日時通知表  大正一〇年       (渋沢子爵家所蔵)
五月二日 月 午前十一時 故中野武営氏銅像除幕式(商業会議所)


東京商業会議所報 第四巻第六号・第一〇頁 大正一〇年六月 ○中野会頭銅像除幕式招待会(DK560030k-0002)
第56巻 p.103-104 ページ画像

東京商業会議所報  第四巻第六号・第一〇頁 大正一〇年六月
    ○中野会頭銅像除幕式招待会
大正十年五月二日午前十一時当所に於て、前会頭故中野武営君の功績を表彰する為め、予て製作中の銅像竣成に付き除幕式を挙行したり、出席者は正賓遺族中野岩太・同武二・同営三の諸君並其家族親族、陪賓中野氏の故旧深縁者を始め渋沢子爵・田中外務省通商局長・鶴見農商務省商務局長・梶原・土方・伊東・石塚・安田・浅野・大橋・服部松方・団・福井・有賀・藤瀬・高田、其他の主なる実業家、大阪・京都・横浜・神戸・名古屋・長崎・函館の各商業会議所会頭・副会頭・常議員、新聞通信社員、主催側当会議所会頭・副会頭・議員・特別議員等総員百四十一名にして、午前十一時式を挙げ、中野氏愛孫千勢子嬢に因り除幕せられ、而して一同設けの食卓に着き、デザート・コースに入り、藤山会頭開会の挨拶辞に兼て中野氏の高徳を頒し、中野岩太君之に対し謝辞を述べ、次で渋沢子爵は、中野氏が商業会議所会頭在任中実業及国交上に竭力せられたることの偉大なるを称讚したる演
 - 第56巻 p.104 -ページ画像 
説ありて、最後に安田善次郎氏の発声にて万歳を三唱し、一同歓談の後午後二時散会せり(各演説の速記は四六頁に掲ぐ)


東京商業会議所報 第四巻第六号・第四六―四九頁 大正一〇年六月 ○中野前会頭銅像除幕式演説速記録(DK560030k-0003)
第56巻 p.104-106 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

中外商業新報 第一二六一八号 大正一〇年五月三日 中野前会頭の銅像除幕(DK560030k-0004)
第56巻 p.106 ページ画像

中外商業新報  第一二六一八号 大正一〇年五月三日
    中野前会頭の銅像除幕
東京商業会議所では二日午前十一時から前会頭故中野武営氏の銅像除幕式を挙行した、同所議員を始め中野氏遺族として岩太郎・武二・営三氏等並に渋沢子・馬越恭平・安田善次郎・服部金太郎・伊東米治郎加藤正義・浅野総一郎・神戸挙一・鶴見商務局長・田中通商局長等朝野名士百余名出席、先づ令孫千勢子嬢が紐を引いて除幕の式を終ると直に午餐会に移り、デザート・コースに入るや、藤山会頭は一場の祝辞を述べ、之に対し遺族中野岩太氏から挨拶あり、続いて渋沢子は故中野氏の生涯を称揚し、終りに安田善次郎氏の発声で万歳を三唱散会した、像は新海竹太郎氏の製作に成るもので却々立派である。
   ○本資料第四十九巻所収「中野武営銅像除幕式」参照。