デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
2節 其他ノ経済団体及ビ民間諸会
3款 東北振興会
■綱文

第56巻 p.191(DK560054k) ページ画像

大正3年11月6日(1914年)

是日栄一、日本橋三友倶楽部ニ於テ、原敬・益田孝・新渡戸稲造・大橋新太郎等ト会シ、東北振興ノ具体案ニツキ協議ス。


■資料

集会日時通知表 大正三年(DK560054k-0001)
第56巻 p.191 ページ画像

集会日時通知表  大正三年        (渋沢子爵家所蔵)
十一月六日 金 午後四時 東北振興会ノ件(三友倶楽部)


竜門雑誌 第三一八号・第六六頁 大正三年一一月 ○東北振興協議(DK560054k-0002)
第56巻 p.191 ページ画像

竜門雑誌  第三一八号・第六六頁 大正三年一一月
○東北振興協議 東北の振興を実現せしむるため青淵先生・原敬・益田孝・新渡戸稲造・大橋新太郎諸氏は十一月六日午後四時より三友倶楽部に集合し、東北振興の具体案に就き種々協議の結果、拓殖会社又は拓殖協会を組織する方針の下に之れが調査をなすに決し、同九時散会せりとなり。


東北振興史 浅野源吾編 上巻・第五〇七頁 昭和一三年八月刊(DK560054k-0003)
第56巻 p.191 ページ画像

東北振興史 浅野源吾編  上巻・第五〇七頁 昭和一三年八月刊
 ○第七章 東北振興会最後の施設
    東北振興協議
 東北の振興を実現せしむるため原敬・渋沢男爵・益田孝・新渡戸稲造・大橋新太郎諸氏は大正三年十一月六日午後四時より日本橋三友倶楽部に集合し、東北振興の具体案に就き種々協議の結果、拓殖協会を組織する方針の下に之れが調査をなすに決し同九時散会せり。
   ○拓殖会社ニ就イテハ本資料第五十四巻所収「東北拓殖株式会社」「帝国開墾株式会社」「中央開墾株式会社」参照。