デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

8章 政府諸会
1節 諮問会議
3款 米価調節調査会
■綱文

第56巻 p.554-576(DK560126k) ページ画像

大正5年9月6日(1916年)

是日栄一、農商務省ニ於ケル、当会第二回会議第三日目ニ出席シ、議長トシテ議事ヲ司ル。尚、当会ハ是月三十日限リ廃止セラル。


■資料

集会日時通知表 大正五年(DK560126k-0001)
第56巻 p.554 ページ画像

集会日時通知表  大正五年        (渋沢子爵家所蔵)
九月四日 月      本日ヨリ向五日間農商務省ニ於テ米価調節委員会アリ毎日午前十時ヨリ
            (四、五日ハ御断不参)
   ○中略。
九月六日 水 午前九時 米価調節調査会御出向(農商務省)


米価調節調査会録事 (第二回) 第一六四―二〇九頁 大正五年一二月刊(DK560126k-0002)
第56巻 p.554-576 ページ画像

米価調節調査会録事 (第二回)  第一六四―二〇九頁 大正五年一二月刊
 ○第七 本会議速記録
 - 第56巻 p.555 -ページ画像 
    第三日
 大正五年九月六日(水曜日)午前九時五十分開議
○議長(男爵渋沢栄一君) 御免ヲ蒙リマシテ今日ハ此ノ席ヲ涜スコトニ相成リマシタ、是ヨリ会議ヲ致シマス、六ノ田租納期繰下ゲヲナスト云フ問題ガ議題ト相成リマス、此ノ一読会ニ掛リマス
○二十番(岡田良平君) 此ノ田租納期繰下ゲノコトニ付キマシテハ、余リ大シテ議論モゴザイマセヌヤウデゴザイマスガ、唯ダ特別委員会ニ於キマシテ、大蔵省当局者カラ反対ノ御意見ガ出タヤウデゴザイマス、デ、大蔵省当局者ノ御意見ハ昨年ニ於キマシテ田租納期ヲ繰下ゲマシタ其ノ実験ニ基イテ、田租納期ト云フモノハ却テ今日ノ儘ノ方ガ宜カラウト云フ御意見デアリマシタヤウニ思マス、却テ納税者ニ対シテ田租納期繰下ゲハ不便デアツタラウ、サウ云フ御意見デアツタト考ヘマス、是ハ私共ガ、地方ノ実況ヲ見マシテ考ヘマス所ト違ツテ居ル点ガ沢山アルヤウデアリマス、勿論当局者ハ地方カラ色々御報告ヲ御取リニナツテ言ハレルコトニハ相違ゴザイマセヌガ、又地方ノ局ニ当ツテ居ル者以外ノ者ノ見マスル所モ、当局者ノ御参考ニ多少相成ルダラウト思ヒマスカラ、私ノ見マスル所ヲ簡単ニ御参考ニ供シタイト思フノデアリマス、私ハ地方ヘ屡々往復ヲ致シマスルモノデアリマス、又地方ノ人ト屡々面会スルヤウナ機会ガゴザイマスルデ、比較的地方ノコトニハマア通ジテ居ルト自カラ申スハ烏滸ガマシイコトデアリマスケレドモ、幾分カ分ツテ居ル積リデ居ルノデアリマスガ、私共ノ見又ハ聞込ミマスル所ニ依リマスト、昨年暮ニ於キマシテ、田租第一期ヲ繰延ベタト云フコトハ農民ニ取ツテ非常ナ利益ヲ来タシテ居ルト云フ風ニ聞イテ居ルノデアリマス、即チ中農以上ノ者ハ先ヅ米ヲ売ルコトヲ差控ヘマシタノデゴザイマス、従ツテ米ノ値段ガ昨年ノ暮ニ於キマシテ例年ノ如ク暴落ヲ致シマセヌ、相当ノ価格ヲ維持シタノデアリマス、之ガ為ニ小農階級ノ者ハ比較的高価ニ持米ヲ売払フコトガ出来タノデアリマス、即チ大凡一俵六円位ノ高イ所ノ価格ヲ以テ売払ヒマシタ所ノ者ガ随分少ナカラヌヤウニ聞イテ居リマス、之ヲ当局者ガ御覧ニナリマシテ、却テ我々ノ考ヘマスルノト反対ノ結果ヲ持ツヤウニナツテ居ルヤウニ承知致シテ居リマス、又新聞ナドヲ見マスト、此ノ田租納期繰下ゲノ為ニ利益ヲ得ルノハ中以上ノ者デアツテ、寧ロ小サイ者ハ必要ニ迫ラレテ、仮令納期ガ延納ニナツテモ矢張リ十二月ニ米ヲ売ラナケレバナラヌノデアルカラ、小農ノ為ニハ一向納期繰下ゲト云フコトハ役ニ立タヌト云フ考ヲ持ツテ居ルノデアリマス、是ハ全ク私共ノ見ル所ト反対デアル、此ノ中農及ビ大農ガ此ノ米ヲ売払ヒマセズ持米ヲシ、十二月ハドウシテモ米ヲ売ラナケレバナラヌ所ノ小農ガ比較的高価ニ其ノ米ヲ売払フコトガ出来ルノデアリマスカラ、即チ此ノ延納ハ確カニ此ノ目的ヲ達シタモノト申シテ宜シイノヂヤアルマイカ、若シ此ノ延納ト云フコトガアリマセヌデシタナラバ、迚モ小農ガ六円ニ米ヲ売払フコトハ出来ナカツタデアラウト思フ、ソレデ又或人ハ斯様ナ観察ヲ為シテ居ル人ガアリマス、納期ヲ延期スルコトハ米ヲ売ルニ至極宜カツタケレドモ、乍併持米ヲ売ツテ仕舞ツタ故ニ六月ニナツテ、サア愈々田租第一期ヲ納メナケレバナラヌト云フ時ニナツテ
 - 第56巻 p.556 -ページ画像 
最早売ル物ハ無イ、此ノ時ハモウ借金ヲシテ納税ヲスル外仕方ガナイト云フ悲境ニ陥ツタノデアルト云フヤウナ観察ヲスル人ガアリマスケレドモ、是ハ私共ノ見マスル所ト余程違ツテ居リマス、是ハ勿論地方ノ事情ニ依ツテ区々デハゴザイマスガ、私共ノ見聞シテ居ル多クニ於キマシテハ、成程十二月ニ米ヲ売払ヒマシテ最早六月ニナツテ売ルベキ米ハゴザイマセヌガ、乍併六月ニナリマスルト、養蚕及ビ製茶ノ収益ト云フモノガ少ナカラズ農民ノ手ニ落チテ居リマス、之ヲ以テ田租第一期ヲ納メルコトガ出来マスノデ、多クノ地方ニ於キマシテ此ノ繰下ゲノ為ニ細民ハ非常ナ利益ヲ蒙ツテ居ルノデゴザイマス、乍併或地方ニ於テハ斯ノ如キ副業モゴザイマセヌ、又副業ノアル地方ニ於テモ総テノ農民ガ是等ノ副業ニ従事スル訳デハゴザイマセヌカラ、中ニハ十二月ニ米ヲ売ツテ仕舞ツテ、六月ニナツテ最早売ルベキ米ハ無シ、地租ヲ納メルニ差支ヘタ者モアルデゴザイマセウ、借金ヲシテ地租ヲ納メタ者モ多クノ中ニハアルデゴザイマセウガ、乍併是等ハ若シ納期ガ繰下ゲニナラナイコトデアツタナラバ、ドウデアリマセウカ、十二月ニ米ヲ売リマシテ、其ノ金ヲ彼等ガ無益ニ費スモノデアリマセウカ否ヤ、今日我農民ノ状況ハ米ヲ売ツタ金ガ十二月ニ手ニ這入ツタトシテモ、ソレヲ無益ニ費ス余裕ガアル場合デハナイ、丁度道楽息子ニ金ヲ持タセタヤウニ、金ガ有ルカラ先ヅ十二月ニ使ツテヤラウト云フヤウナ状態デハ決シテアルモノデハナイ、十二月ニ米ヲ売ツテ其ノ金ガ這入レバ、或ハ無尽ノ掛金デアリマストカ、或ハ一年中ノ諸払デアリマストカ、借金ノ利息デアルトカ、已ムニ已マレヌモノニ向ツテ之ヲ払フノデアリマス、若シ納期ガ延納ニナツテ居リマセヌナラバ、之ヲ納税ノ方ニ向ケマスレバ、是等ノ者ニ向ツテハ其ノ時ニ借金シナケレバナラヌ、十二月ニ借金シナケレバナラヌモノデアル、ソレガ十二月ニ借金シナイデ六月マデ兎モ角モ繰延ベルコトニナツタノハ、農民ノ為ニ矢張リ少ナカラヌ利益デアリマス、十二月ハ金ノ要ル月デ、六月ハ地方デハ色々金ノ融通ガ附キ易イ時デアル、此ノ附キ易イ時ニ於テ金ヲ借リルコトガ出来ルト云フコトハ、地方ノ農民ニ取ツテハ容易ナラヌ利益ノコトデアル、斯ウ云フヤウナ実況ヲ私共ハ観察致シテ居ルノデ、ソレ故ニ納期ヲ繰延ベタコトハ中農以上ヲ益スルバカリデ、細民ヲ益シナカツタト云フ観察ハ恐ラクドウデゴザイマセウカ、又六月ニナツテ借金ヲシナケレバナラヌカラ結果ガ悪ルカツタト云フ観察ハドウデゴザイマセウカ、是ハ充分ニ御研究ヲ願フベキモノデハアルマイカト思ヒマス、ソレカラ猶大蔵当局者ノ御説ノ中ニアリマシタ、六月ニハ地方ニ於キマシテハ地方税ガ重サナツテ来ル、重サナツテハ参リマセヌガ、六月ハ如何ニモ県税地租割ト云フモノガ掛ツテ来ルヤウデアリマス、此ノ重ナルト云フコトハ成程納税者ニ向ツテハ苦痛デゴザイマスルガ、乍併仮令重ナツテ参リマシテモ、繰上ゲテ重ナルノハ大変苦痛デアリマスガ、繰下ゲテ重ナルノハ一向苦痛デナイ、然ラバ当局者ガ地方カラ御取リニナツタ所ノ報告ニ於テ、昨年ノ納期延納ノ結果ガ悪ルカツタト云フ御報告ヲ御取リニナツタノハドウ云フ訳デアルカ、此ノ点ニ於テアノ納期繰下ゲガ不結果デアルト云フ所ノ考ハ、先ヅ私ノ承知シテ居ル範囲デハ、税務署ノ役人ナドハ頗ル納期繰下ゲ
 - 第56巻 p.557 -ページ画像 
ヲ不便ト致シテ居ル、ソレカラ又町村ノ役人ハ納期繰下ゲヲ非常ニ不便ト致シテ居ルノデゴザイマス、ソレハドウ云フ訳デアルカト云フニ徴税令書ハ十二月ニ発シマシテ、実際ノ収納ハ六月ニ致スノデアリマスカラ、其ノ間ニ毎月ポツリポツリ納税者ガ持ツテ来ルノデゴザイマセウ、ソレヲ拒ム訳ニハ参リマセヌ、ソレカラ又毎月毎月夫々其ノ筋ヘ報告シナケレバナラヌ煩労ガアル、ノミナラズ、十二月ニ渡シタ所ノ徴税令書ヲ失ヒマシタ者モゴザイマセウシ、全ク忘レテ仕舞ツタ者モアル、町村長ナドデ注意深イ者ハ皆夫々催告ヲ致シテ、来月ハ愈々納メナケレバナラヌト云フ注意ヲ与ヘマシタ者モアリマス、サウシテ其ノ注意ヲナサレマスレバ、アノ切符ハ何所ヘヤツタラウト云フヤウナ訳デ、アチラコチラ探シテ到頭見附カラナクツテ、再ビ役場ヘ往ツテ徴税令書ヲ交付シテ貰フト云フヤウナ面倒ヲ見タヤウナ者ガ沢山アルノデゴザイマス、故ニ地方ノ此ノ税務ヲ取扱フ者ノ上ニハ少カラヌ煩労ガ掛ツタノデ、或ハ斯ウ云フ方ノ側カラハ結果ガ宜シクナカツタト云フ報告ガ出ルカト存ジマスガ、併シ私ハ畢竟延納ト云フコトニシテ居リマシタカラ、斯ノ如キ煩労ガ起ツタノデ、今回ノ案ノ如ク全然之ヲ繰下ゲテ仕舞ツテ、永久ノ制度トシテ納期延納ト致シタナラバ斯様ニナルト云フコトハ決シテナカラウト思ヒマス、私ノ聊カ承知シテ居ル所ハ大略コンナコトデゴザイマスルデ、御参考マデニ申述ベマス
○二十六番(菅原通敬君) 意見ヲ申上ゲテ宜シウゴザイマスカ
○議長(男爵渋沢栄一君) 宜シウゴザイマス
○二十六番(菅原通敬君) 私ハ此ノ田租納期繰下ゲ案ニ対シテハ反対デゴザイマス、絶対ニ反対デゴザイマス、特別委員会ニ於キマシテ五十三番ヨリ此ノ案ニ対スル反対ノ理由ヲ申述ベラレタコトデ尽キテ居リマス、重ネテ之ヲ繰返スヤウナコトハ致シタクナイト思フノデゴザイマスガ、五十三番ノ申述ベマシタル反対ノ理由ハ、余程私ハ充分ナル価値ガアツタト思フノデゴザイマス、然ルニ特別委員会ニ於キマシテハ、其ノ五十三番ノ意見ニ対シテ何等反対ノ意見ヲ明言スルコトナク、理由ヲ明カニセズ、直グニ決議ニナツテ居ルヤウニ、速記録ヲ見テ、甚ダ遺憾トスルノデゴザイマス、思フニ特別委員ノ諸君ハ小委員会ニ於ケル審査ニ重キヲ置カレテ之ヲ尊重セラレタル結果、其ノ儘之ヲ採用致シタモノデアルト信ズルノデアリマスガ、然ラバ小委員会ニ於テ此ノ問題ニ付イテ充分研究ヲ遂ゲラレテアツタカ否ヤト云フコトニ付キマシテハ、私モ聊カ疑ヲ有ツテ居ツタノデアリマス、一昨日ハ二十五番ノ委員ニ於テモ同様ノ感ヲ起シタモノノ如ク、小委員会ニ於ケル審査ノ模様ヲ詳細ニ承知シタイト云フ所ノ要求ヲ小委員長ニ向ツテ致シマシタ所ガ、其ノ小委員長ニ代ツテ答ヘラレタル所ノ矢作委員ノ御答弁ハ甚ダ要領ヲ得テ居ラヌノデアリマス、流石ノ矢作博士モ要領ヲ得ル答弁ヲ為スコトニハ余程躊躇セラレタヤウデアルノデアリマス、其ノ理由トシテ挙ゲラレル所ノモノヲ私ガ拝聴致シマスト云フト第一ニハ十二月・一月ト云フ間ハ節季ノ場合デアツテ、資金調達上困難スル時デアルカラ、之ヲ後ニ繰下ゲルト云フコトニナレバ、資金調達上便宜ヲ得ルニ違ヒナカラウト云フコト、第二ニハ六月ノ交ニ至レバ養蚕ニ依ツテ得タル所ノ収入ガアルノデアルカラ、納税上ノ資金ヲ
 - 第56巻 p.558 -ページ画像 
調達スルニ於テ便宜デアル、便宜ノ筈デアル、ソレカラ第三ニハ開会当時ハ大正四年度ノ納期ヲ繰下ゲルト云フコトニ付イテハ未ダ其ノ成績ヲ見ルコトガ出来ナカツタ、其ノ後ニ至ツテ納期ヲ繰下ゲタル効果ト云フモノハ余リ見ルベキコトハナカツタ云フコトヲ聞イテ居ツタケレドモ、既ニ其ノ時ハ小委員会ニ於テ決定ヲ了ツタ後デアル、此ノ御答弁カラ考ヘマスト云フト、若シ其ノ成績ニ著シキ効果ガ無カツタト云フ事実ガ明カデアツタナラバ、左様ナル決議ハ為スノヂヤナカツタト云フ風ノ御考ガ加ハツテ居ツタヤウニ想像スルノデアリマス、甚ダ其ノ理由ハ私ハ薄弱デアルト思ヒマス、私ノ想像スル所、小委会ニ於イテハ此ノ問題ニ付イテ余リ詳細ナル研究ハ為サレナカツタノデハナイカ、唯タ既ニ応急策トシテ納期繰下ゲト云フモノヲ一旦実行シタノデアルカラ、此ノ恒久策ノ上ニ於テモ之ヲ認メルノガ正当デアラウト云フ位ノ漠然タル理由ニ依ツテ、此ノコトガ決議ニナツタノデハナイカト想像スル、其ノ想像ガ違ヒマシタナラバ御許シヲ願ヒタイト思ヒマスガ、御弁明ニナル所ノ又タ御説明ニナル所ノ理由ノミヲ以テ判断致シマスト云フト、斯様ナル想像ヲ私ハ下サザルヲ得ヌノデアリマスソレデ応急策トシテ田租ノ納期ヲ繰下ゲマシテ効果アルヤ否ヤニ付キマシテハ、唯ダ今岡田委員カラモイロイロ御説明ガアリマシテ、米価調節上大分見ルベキ効果ガアツタノデアルト云フコトヲ縷々御述ベニナリマシタ、之レニ付キマシテ私ハ直ナニソレニ御賛同スルコトガ出来ヌノデアリマスガ、何レ又タソレ等ノ点ニ付イテハ申述ベヤウト思フノデアリマスガ、免モ角応急策トシテ実行致シマシタ所ノ田租納期ノ繰下ゲナルモノノ効果如何ト云フコトニ付イテハ、是レハ大分論議スベキ余地ガアルダケ、其ノ効果ノ大ナルモノデアツタト云フコトハ断ズルコトハ出来ヌノデアル、仮ニ此ノ間ニ効果ノ稍々見ルベキモノガアツタト致シマシタ所デ、其ノ所謂効果ナルモノハ国家ガ大ナル犠牲ヲ供シテマデモ求メナケレバナラヌモノデアルヤ否ヤ、其ノ所ガ皆様ノ大イニ御考慮ヲ煩ハサナケレバナラヌ点デアルノデアリマス、昨年ノ如キ場合ニ於テ、臨時的ニ唯ダ一年ノ間納期ノ繰下ゲヲ致スト云フコトデアリマスレバ、是レハ国家関係ノ上ニ於キマシテモ大シタル影響ハナイノデアルガ、唯十二月ノ末或ハ一月ノ半バニ収納スベキモノガ、翌年ノ六月ニ至ツテ収納スルト云フダケノコトデアリマス、六ケ月間ノ利息ヲ損失スルニ止マル、大正五年度ニ於イテハ更ラニ十二月ニ至リマシテ、又タ翌年ノ一月ニ至リマシテ、正当ニ収入スベキ田租ヲ矢張リ収入シ得ルノデアル、唯納期繰下ニ依ツテ受ケル所ノ国庫ノ損失ト云フモノハ国庫ダケニ過ギナイ、而カモ昨年ノ財政情況ニ於キマシテハ、昨年ニ於ケル国庫ノ剰余金ハ本年ニ繰越使用スルコトガ出来ルヤウナ財政計画ノ時デアツタノデアリマス、仮令昨年度ニ於テ壱千万円ノ収入ガ取レナイデ、本年度ニ亘ツテ収入シタ所ガ、財政ノ計画上ニ何等影響ハナイ、六ケ月間ノ利息ノ損失ニ止マル、然ルニ之ヲ若シ一時ノ一年限リノモノニ為サズシテ、永久的ノ納期繰下ト云フコトニナリマスト、申スマデモナク国ト致シマシテハ毎年決ツテ壱千余万円ノ収入ヲ得ベキコトニナツテ居ルノヲ、最初ノ年ニ於テハ壱千万円ト云フモノヲ収ムルコトガ出来ヌコトニナルノデアリマス、其ノ
 - 第56巻 p.559 -ページ画像 
為ニ国庫ノ収入ノ上ニ壱千余万円ノ欠陥ヲ来シ、全クソレヲ失ナフコトトナル、而シテソレニ依ツテ得ル所ノ対価ハドウデアルカト申シマスルト、ソレハ米価調節ト云フ上ニ効果アルヤ否ヤハ別問題ト致シマシテ、人民ノ方ニ於テ、納税者ニ於テ得ル所ハ何ンデアルカト云フト唯六ケ月間ノ金利ヲ利益スルト云フダケノモノデアル、六ケ月間ニ於ケル壱千万円ニ対スル利息ハ幾ラニナリマスカ、五分ト致シマシテ弐拾五万円、此ノ弐拾五万円ト云フモノノ利益ヲ得ルガ為ニ、壱千万円ト云フモノヲ国庫ガ損失シナケレバナラヌト云フコトニナル、斯様ナル愚策ハ世ノ中ニナカラウト思フ、斯様ナル国庫ノ損失ニナルベキ問題ニハ余リ別ニ重キヲ置カレズシテ、他ノ単ニ之ヲ納期ヲ繰下ゲタナレバ米価調節ニ効果ガアルヤ否ヤト云フ其ノ効果ノ有無ニ付テハ甚ダ疑ハザルヲ得ヌトイフヤウナ問題ヲ、軽々ニ決セラレルト云フコトハ甚ダ慨嘆ニ堪ヘナイノデアル、此ノ点ニ付イテハドウゾ皆様ノ充分ナル御考慮ヲ煩ハシタイト思フノデアリマス、而シテ更ラニ翻ツテ納期ヲ繰下ゲタ所ノ前ノ成績ハ如何デアルカ、之レニ付イテハ各々見ル所ガ異ナルデアリマセウ、又タ地方ノ情況ニ依ツテモ異ナルデアリマセウ、唯今岡田委員ガ御述ベニナツタヤウナ見方モアリマセウシ又タ地方モアルデアリマセウ、又一昨日二十五番委員ガ申シ述ベマシタヤウナ見方モアルデアリマセウ、サウ云フ情況ノ地方ニアルノデアリマセウ、ソレハ各々見ル場所ニ依ツテ判断セラレ御見解ニ依ツテ違フデアリマセウガ、大蔵省ガ全国ノ税務署ヨリ納税者ノ受ケタル影響ニ付イテ調査シタル結果ニ付イテ之ヲ見マスト云フト、全ク其ノ効果ガナカツタト云フコトハ申シマセヌ、或ル地方ニ依ツテハ其ノ効果ノ稍々見ルニ足ルベキモノモナイデハナイ、乍併大体ニ於テドウデアルカト云フトドウモ余リ其結果ハ宜シイ方デハナカツタノデアリマス、是レハ単ニ徴税切符ヲ取扱フ所ノ収税官吏ガ判断シタノデアル、或ハ町村役場ノ者ガ余リ喜バナカツタノデアルト云フヤウナ感情ヲ加ヘテノ判断デハナイ、実際ノ事実ニ付イテ調ベタノデアリマス、斯様ニ先ヅ大体ニ於テ御覧ヲ願ツテ置イテ、税務署ガ報告致シテ来タ所ノ大体ノ結果ヲ玆ニ御紹介シテ見ヤウト思フノデアリマス、申スマデモナク皆様ハ相当ナル機関ヲ御持チニナリ又地方ト色々ナ関係モ御有チニナツテ居ルコトデアリマセウ、又其ノ点ニ付イテハ特別ナ御調査ヲ為スツタコトデアルデアリマセウガ、兎モ角全国ノ一般ニ通ジテ調ベタ所ノ此ノ報告ナルモノハ私ノ見ル所ヲ以テスレバ、此ノ以上ニ信用ヲ置クニ足ルベキ有力ナル材料ハナイモノデアルト確信スルノデアリマス、長クハ申シ述ベマセヌ、其ノ要領ヲ摘マンデ御紹介致シマスガ、第一延納期限ニ於ケル納税資金ニ関スル情況、納税資金ノ調達ハ納税人ノ階級ノ異ナルニ従ツテ其ノ状態ハ一様デハナイガ、延納期ニ際シテ貯蔵米ヲ以テ納税資金ヲ調達シタト云フヤウナモノハ極メテ少ナイ、多クハ他ノ収入ニ依ツテ納税資金ヲ調達シテ居ル、中産以上ノ農家ハ米価低廉ノ為ニ貯蔵米ヲ売惜ヲ為シタ、納税資金ノ如キハ一時他ヨリ融通スルカ、或ハ他ノ収入ニ依ツテ調達スルモノガ多イノデアル、即チ大農及ビ中農ニ於テモ貯蔵米ヲ以テ該資金ニ充テタト云フ者ハ極メテ小部分ニ過ギナイ、又小農ハ食料ニ供シテ居ル者ノ外ハ殆ンド貯蔵米トイ
 - 第56巻 p.560 -ページ画像 
フモノガナイノデアル、且ツ他ニ余裕ガナイガ為ニ養蚕ノ如キ副業的労働賃金又借入レ金ニ依ツテ納税シタ者ガ多イ、即チ結局貯蔵米ヲ以テ納税資金ニ充テタト云フ者ハ極メテ少ナイ、是ハモウ全国ヲ通ジテ何レノ所ニ於テモ一致シタル報告デアリマス、ソレカラ第二ニハ延納期前後ニ於ケル出穀高ノ情況及ビ米価ニ及ボシタル影響等ニ対シマシテハ、延納期限ノ前後ニ於ケル出穀高ハ各地ノ情況ヲ総合シテ見ルト云フト、概シテ前年ニ比シテ減少シテ居ル、米価ハ昨年ニ比シテ延納法律発布当時ニ於テハ稍景気ガ好カツタノデアルガ、本年一月頃ヨリ致シテ漸次ニ低落致シタガ為ニ、大中農ハ景気ノ回復ヲ見込ンデ、先ヅ米価ノ騰貴ヲ予想シテ売惜ヲ為シ、又前ニ申シマシタ通リ納税資金ノ如キモ貯蔵米ヲ以テ調達シタル者ハ少ナイ、其ノ為ニ割合ニ出穀高ハ減少シテ居ル、乍併其ノ出穀高ヲ減少シタルガ為ニ米価ニ何等カノ影響ヲ及ボシタルヤト云フト、殆ンド何等ノ影響ヲ与ヘテ居ラヌ、ソレカラ第三ニハ延納法律発布当時ト延納期実施後トヲ通ジテ農家ノ経済ニ如何ナル影響ヲ及ボシタルヤ、是ガ大事ナ点デアリマスガ、延納法律発布当時ニ於テハ大農ヲ除キタル大部分ト云フモノハ既ニ出穀ヲ了シテ居ル、即チ延納期限マデ持堪ヘルコトガ出来ナカツタバカリデナク、延納期タル六月ニ這入ルト肥料ノ購入ト云フコトニモ注意ヲ致サナケレバナラヌ、且ツ又米価ハ依然トシテ低落ヲ持続シテ居ツタガ為ニ、中農以下ニ対シテハ納税上困難ヲ与ヘテ居ルノデアル、即チ一般農家ノ経済状態ニハ寧ロ不利ナル影響ヲ呈シテ居ル、但シ名古屋ト丸亀ト広島ノ此ノ三地方ニ於テダケハ、延納ノ為ニ金融上ノ調節ヲシナイ、農家ノ経済ヲ混乱シタト云フ恐レハアルケレドモ、恰モ六月ハ副産物ノ収入ノ時期デアツタガ為ニ比較的手許ニ余裕金ガアツタ、故ニ納税上ニハ好影響ヲ与ヘタト云フコトガ言ヒ得ル、其ノ他ハ前ニ申シマシタル如ク一般農家ノ経済状態ニハ寧ロ不利ナル影響ヲ与ヘタ、ソレカラ第四ニハ通常納期ニ比較シテ延納期限ニ於ケル納税者ノ利害及ビ其ノ徴税上ノ難易如何ト云フ問題ニ対シマシテハ、先ヅ納税者ノ利害ト云フ方カラ述ベテ見マスト云フト、通常納期即チ十二月ト云フ時ニナルト云フト、恰モ年末ニ際シテ居ルノデアツテ、地方ノ農民ト云フモノハ一般ニ越年ノ準備ヲシナケレバナラヌ、其ノ越年ノ準備ヲスルニ付イテハ先ヅ穀物ヲ以テ其ノ資ニ充ツルト云フコトニナラナケレバナラヌ又情況デアルカラ、自然地租ノ税金ノ如キモ之ヲ同時ニ調達スルノ便ガアルノデアル、態々納税ノ為ニスルト云フコトデナシニ越年ノ準備ノ資ヲ得ルト同時ニ米ヲ売ルト云フヤウナ便宜ガアル、然ルニ六月ニナルト云フト、農業ハ極メテ繁劇ノ場合デアル、殊ニ養蚕ハ最盛期デアル、農家ノ金融ハ一般ニ逼迫ヲ来シテ居ルノデアルカラ納税資金ト云フモノハドウシテモ之ヲ他ヨリ仰ガナケレバナラナイ、納税上却ツテ困難ヲ来シ納税者ニ取ツテハ利スル所甚ダ少ナイ、寧ロ通常納期ノ方ガ便利デアル、但シ先程申シタ名古屋・丸亀・広島ダケニアリマシテハ、六月ト云フモノハ田租ノ第四期分ト接近シテ居ルノミナラズ、肥料資金ノ需要期デアツテ、税金ノ調達上ニ不便デアルト云フコトハ他ノ一般ノ地方ト同ジデアルガ、此ノ延納期ニ於テハ副産物其ノ他ノ収入ガ多ク、又旧盆ニハ早イト云フ所カラ比較的金融ガ緩
 - 第56巻 p.561 -ページ画像 
漫デアルガ故ニ、通常納期ノ方ハ寧ロ不便デアルヤウニ思フト云フ報告ナノデアル、ソレカラ此ノ徴収上ノ難易如何、是ハ又国ノ行政トシテ大イニ考ヘテ置カナケレバナラヌコトデアルガ、徴収ノ難易ト云フ方カラ申シマスト云フト、殆ド皆一致シテ六月ノ方ガ困難デアル、此ノ点ガ先程岡田委員ノ申サレマシタ直接納税掛リヲ致シテ居リマス所ノ吏員、或ハ町村ノ吏員ト云フ者ニ適切ニ感ゼラレテ居ル所ノ問題デアリマスガ、是ハ唯今日ノ一事項ニ過ギナイ、私ハ其ノ点ニ於テ余リ重キヲ置イテ論ズルノデナイ
要スルニ斯様ナモノデアリマス、此ノ延納ヲ致シマシタガ為ニ納税者ノ得ル所ノ利害、又此ノ米価ニ及ボス所ノ効果ト云フヤウナ点ニ至リマシテハ、大分問題ガアルノデアリマス、必ズシモ之ガ効果アリト云フコトヲ断ズルコトハ出来ヌノデアリマス、斯様ナ訳デアリマシテ、一利一害ドチラガ宜シイノデアルト云フコトハ判断スルコトガ出来ナイ、又或ハ仮リニ之ガ幾ラカ効果ガアツタ、利益ガアツタト致シマシタ所ガ、先刻申述ベマシタ如ク一千万円以上国庫ノ収入ヲ其ノ時失フト云フヤウナ大ナル犠牲ヲマデ払ハナケレバナラヌト云フモノヂヤナイノデアリマス、六月ニ至レバ養蚕ヨリ得タル所ノ収入其ノ他ノ副産物ノ収入ガアルカラ、納税上便宜デアルト云フヤウナコトハ、或ハ多少アルデアリマセウケレドモ、其ノコトガ既ニ地租ノ納期ニ適当ナル時期デアル、地租ハ其ノ収穫ヲ以テ納付スルコトガ出来ルヤウナ風ニ納期ヲ按排スルノハ必要ナルコトデアル、ソレヲ田ニ依ツテ穫タル物ハ失ウテ、其ノ他ノ副産物ニ於ケル収入ニ依ツテ納税ヲスルト云フ時期ニ納期ヲ定メルト云フコトハ、甚ダ宜シクナイコトデアル、此ノ点カラ見マスト、納期ヲ六月ニ繰下ゲルト云フヤウナコトハ取ルベカラザルモノデアルト思フノデアリマス、是ハ大蔵ノ当局トシテヾナク、二十六番委員トシテ本案ニハ絶対ニ反対ヲ致シマス
○三十五番(高木正年君) 唯今大蔵次官ノ立場デナクト云フコトデアリマシタガ、私ハ此ノ案ニ向ツテ大蔵省ガ反対ヲ御唱ヘニナルノハ寧ロ唯今御述ベニナリマシタ事柄以外ニ於テ、一ノ故障ガアツテ已ムヲ得ズ御反対ニナルモノト思フ、元来此ノ地租納期ノ問題ハ常識上デ判断ヲ致シマシテモ、十二月十六日ヨリ一月十五日マデニ一回、二月中ニ一回、三月中ニ一回、後ノ一回ハ五月ニナツテ居ルノデアリマスガ四期ニ分ケテ納税ヲ致シマスモノ其ノ四分ノ三ハ最モ農家ノ差支ヘル時ニ於テ其ノ二期分ヲ納メルト云フコトハ、何人ノ判断ノ上デモ是ハ苦痛デアルト云フコトハ認メラレル、此ノ地租納期ノ問題ハ決シテ米価調節ノ為ニ起ツタ問題デナクシテ、其ノ以前カラ酒造税納期ノ改正地租納期ノ改正ノ如キハ議会ニ於キマシテモ既ニ一定ノ公論デアル、唯ダ予算ノ関係上之ヲ実行スルコトガ出来ナイト云フマデノ議論デアルト云フマデニ詮ジ詰メテアルノデアリマス、昨年米価調節会ガ起リマシタ時ニハ、恰モ米価下落ノ際デアリマシテ、而モ最モ農家ノ融通ニ困難スル、即チ一年ノ決算期ニ際シテ唯スラ金ノ必要アル時ニ、而モ納税スルト云フコトハ苦痛デアルト云フコトハ、是亦常識上ノ判断トシテ明確ニ何人モ其ノ事実ヲ判断シ得ルニ違ヒナイノデアリマス、斯カル十二月十六日ヨリ一月十五日マデノ間ト云フモノハ、不断ノ年
 - 第56巻 p.562 -ページ画像 
ニ於テスラ随分農家ハ困難デアル、況ンヤ米価ガ非常ニ下落シタ時ニ於テ、斯カル農家ノ計算上困難ナル時ニ第一回ノ納税ヲ終ルト云フコトハ、宜シク米価調節ノ上ニ眼ヲ注ギ、農村救済ノ上ニ思ヲ懐ク者ガ第一ニ此ノ点ニ向ツテ著目スルト云フコトハ当然ノコトデアルト私ハ信ジタノデアリマス、然ルニ其ノ結果ガ大蔵省デ御調ベニナツタ所ニ依リマスルト、唯今第一・第二・第三・第四ト算ヘ上ゲテ一々反対ノ理由トセラレマシタ、第一ノ理由ハ六月ニ於テ納税ヲスル場合ハ……聴違ヘガアルカモ知レマセヌ、若シ聴違ヘガアリマシタナラバ再ビ御訂正ヲ願ヒマスガ、六月ニ於テ納税ヲスル場合ニハ米ヲ売ツタニアラズシテ、他ノ収入ニ依ツテ納税シタノデアル、即チ米価調節上是ハ効能ガナイ、言葉ヲ換ヘテ言ヘバ、貯米ヲシテ置イテ其ノ時ニ売払ツテ納税ヲシタノデナクシテ、他ノ収入ニ依ツテ納税シタノデアルカラ、此ノ十二月ヲ六月マデ延バシタト云フコトハ、米ノ上ニ付イテハ何等効能ガナカツタト云フ御説ニ帰着スルト私ハ考ヘタ、所ガ六月ノ延納期ニ於テ何物ヲ売払ツテ納税スルモ一向差支ハナイ、唯ダ農家ノ最モ窮厄セル十二月十六日ヨリ一月十五日マデノ間ニ、仮リニ農家ニ一石ノ米ガアツテ、其ノ米ノ勘定ガ幾分ナリトモ出来テ、肥料代ヲ払ヒ若クハ納税ヲスルモノガ之ヲ五斗ニ減ズルコトガ出来テモ、矢張リ之ハ米価調節ノ上ニ効能ガアツタト云フヨリ外ナイノデアリマス、例スレバ誠ニ斯ノ如キモノデアツテ、米ハ何時売ツテモ差支ハナイ、地租延納ガ必ズシモ六月ニ米ヲ売レト云フコトヲ命ジテ納税ヲ延期シタ訳デハナイ、幾許ナリトモ暮ニ於テ米ヲ余計売レバコレタケ下落スルカラ之ヲ救済スルト云フノガ延期ノ第一ノ理由トナツテ居ル、強テ六月ニ於テ納税ヲスルト他ノ収入ニ依ツテ納税シタカラ、米価調節ニ効ガ無カツタト云フ御議論ハ私ハ議論ニナラヌト思フノデアリマス、農家ノ都合好キ時……十二月カラ六月マデノ間ニ何時売レバ都合ガ好イカ、農家ノ都合好キ時ニ売ラセルト云フコトガ農家ノ困難ヲ救済スルト云フ一ノ方法ニナツテ居ルノデアルカラ、此ノ方法ハ目的ノ一部分ヲ達シタモノ、即チ延納ノ効ガアルト云フコトヲ言ハレルノデアル、第二ハ昨年十二月カラ一月ニ掛ケテノ間ニ於テノ米価ト、六月ニ於テノ米価トノ比較上ノ御説デアツタヤウニ私ハ承ハツタ、昨年……
  〔二十六番(菅原通敬君)「チヨツト御中言デアリマスガ、高木サン、私ガ第一・第二・第三・第四ト挙ゲマシタノハ、私ガ言フノデハナク、監督局ノ報告材料ニ依ツテ言フノデ……」ト述ブ〕
アナタハ其ノ材料ニ依ツテ言ハレルノデアリマセウガ、私ハ自分ノ考ヲ言フノデアリマス、十二月ニ於ケル米価ト六月ニ於ケル米価トノ割合ハ、サウ米価ノ下落……其ノ当時ノ相場ガ廉クナカツタト云フコトガ一ノ論拠トナツテ居ルヤウニ承ハル、サリナガラ昨年ノ十二月カラ本年一月ニ掛ケタ所ノ米価ノ程度ガ、余リ六月時分ノ相場ト差異ガナイト云フ点デアリマスレバ、是ハ寧ロ地租ノ納期ヲ延期シテ、当時売ルベキ米ガ幾許カ減ジタ為ニ幾分相場ガ良カツタトモ言ハレル、是ハ又地租延納ト云フコトニ対スル反対ノ論拠トハナラヌノデアリマス、元来私共ハ常ニ此ノ米価調節問題以外ニ、今日総テノ納税ノ上ニ付イテ納期宜シキヲ得ナイト思フコトガ多々アルノデアリマス、就中最モ
 - 第56巻 p.563 -ページ画像 
納税者ガ苦シムト云フノハ、恐ラク十二月カラ三月マデニ三回程納税ヲサセルト云フ位、納税者ガ苦痛ヲ重ネル場合ハ他ノ納税ニハナイト思フ、ソレ故ニセメテ一回ナリトモ減ジタイト云フコトハ、不断納税者ノ上ニ窃カニ眼ヲ注ギ、斯ノ如キ場合ガ起ツタ時分ニ議会ノ問題トナリ、既ニ議会ノ公論ト是ハナツテ居ル、私共ハ思フニ此ノ大蔵省辺リノ御都合ノ上デ御調ベニナツタノデハナイト云フ唯今ノ御言葉デアリマシタカラ、強ヒテ大蔵省トハ申サヌノデアリマスガ、苟モ財政ニ関係アル……責任アル人ノ上カラ此ノ問題ニ付イテ御考ヲナサレタナラバ……私共ノ考デハ是等ノ局ニ当ル人ノ苦痛ト為ス点ハ、蓋シ唯今材料トシテ御述ベニナツタ問題以外ニ大ナル問題ガアルト思フ、ソレハ何デアルカト云フト、今年此ノ米価調節会ニ出マシタ所ノ永久ノ納期改正案ナルモノハ、取リモ直サズ五年度ニ於ケル所ノ五年ノ十二月ノ十六日カラ一月十五日マデノ納税ヲデス、一期ダケ免除スルト同一ノ状態ニナルノデ、所謂壱千何拾万円カラ田租ノ上カラ免除スルト同ジ様ナ状態ニナツテ居ル、従ツテ国庫ニハ壱千万円以上ノ欠損ガ出来ルト云フコトニナルノデアリマス、是ハ成程財政当局デハナイ、財政ニ大変御関係ノアル御方ガ頭ヲ刺戟サレルト云フコトハ誠ニ御尤モノコトト私ハ思フ、乍併是ニ付イテ一ツ我々ガ考ヘテ見ナケレバナラヌノハ、米価ノ下落ノ為ニ農民ガ困憊シタト同時ニ、我国ガ幾万人ノ上ニ於テ、就中工業ノ上ニ於テ、農家ニ於テモ米ヲ収穫シナイ所ノ畑作ダトカ、其ノ他余リ多クノ米ヲ得ルコトノ出来ナイ小作人等、即チ我国ノ人口ノ大部分ハ誠ニ米価下落ノ為ニ益シタル者ガドレタケアルカ分ラヌ、国庫ニ郵便貯金ガ続々殖エテ来ル中ニハ、確カニ此ノ米価下落ノ賜ヨリ殖エテ来ル郵便貯金ガアルニ相違ナイ、一般ニ工業モ稍々見直シテ来タ、其ノ中ノ分量ニ付イテ米価下落ノ為ニ蒙ツタ所ノ恩恵ト云フモノハドレタケアルカ分ラヌノデアル、ソレデアルカラ、一方ニ於テハ米価ノ下落シタ為ニ疲弊シタ農村救済ト云フコトニ付イテハ深ク国民全部ガ力ヲ挙ゲテ之ヲ助ケルト云フコトハ、米価下落ノ為ニ受ケタル恩恵ニ対シテ之ニ報ユル途デ、又国ノ上トシテモ斯ノ如キ救済方法ヲ執ルコトガ相当ノ手段デアルト私ハ信ゼナケレバナラヌト思フノデアリマス、ソレ故ニ縦シヤ壱千万円以上欠損シマシテモ、幸ニ我々ガ思ツタヨリハ五年度ノ歳計状態ト云フモノハ頗ル今日ハ好況ニ向ツテ居ルノデアリマス、現ニ昨今大蔵省ノ御報告ニ依ツテ見テモ、剰余金ハ予想以外ニ沢山アルト云フコトガ今日ノ実際デアルノデアル ○中略 幸ニモ五年度ノ歳計剰余ガ斯ノ如キ状態デアル時ニ於テ、農村救済ノ一助トシテ地租ノ納期繰下ゲヲ実行シテ、五年度ニ於テ壱千万円位ヲ以テ農家ヲ救済スルト云フコトハ、国民ガ米価下落ノ為ニ受ケタル其ノ報酬ト云フトチヨツト可笑シイノデアリマスガ、之ニ依ツテ国ガ益シタ所ノ……一方ニ於テハ国ニ剰余ノ立ツタ金ガアリマスカラ之ヲ救済スルト云フコトハ、取リモ直サズ報酬ナリト私ハ信ズルノデアリマス、ドウカ菅原君ニ於テモ一個ノ委員ノ御資格ノ上デ、公平ニ農家今日ノ状態ヲ御考ヘ下サレタイ、又納期繰下ゲト云フコトハ、常識上ノ判断デモ一期・二期・三期ハ農家ノ資金ガ逼迫シテ居ルト云フコトヲ察シ、之ヲ救済スルコトガ宜シイト云フ御考ハ菅原君ノ頭ニモア
 - 第56巻 p.564 -ページ画像 
ラウト私ハ思フノデアリマス、此ノ意味ニ於テ此ノ改正ヲスルト云フコトハ、道理ノ命ズル所デアルト同時ニ、米価下落ノ為ニ農村ノ疲弊シタ所ヲ救済スル一端ト思召シ、又米価調節ノ為ニモ、年ノ上ニ付イテ一月・二月・三月ト往カズシテ、五月デモ六月デモ七月デモ其ノ間ニ一期納メルト云フコトニスルコトハ、是ハ相当ノ改正デハナカラウカト私ハ考ヘル、ドウカ余リ是ハ御反対ナク、此ノ問題ハ今ノ時ニ於テ当然最モ必要ノ法案トシテ、是非トモ本会ヲ通過シマスルヤウニ願ヒタイノデゴザイマス
○三十八番(法学博士矢作栄蔵君) 私ハ委員長ガ御指図デアリマスカラ、委員長ニ代ツテ二十六番ノ説ニ対シテ二十六番ノ説ガ間違ツテ居ルト信ズル点ヲ申上ゲタイト思ヒマス、殊ニ二十六番ハ私ノ名前ヲ示サレタ位デアリマスカラ、已ムヲ得ズ委員長ニ代ツテ答弁ヲ致シマス私ガ考ヘマスノニ、此ノ二十六番ノ引用セラレマシタ税務署・税務監督局ノ調ベハ頗ル精確ノモノト考ヘマスルガ、其ノ報告ノ判断ヲ誤ツテ居ル、ソレデ不幸ニシテ大蔵次官ノ判断ガ間違ツテ居ルト信ジマスカラ、其ノ判断ノ間違ツテ居ルト信ズル点ヲ申上ゲテ見タイト思フ、デ、大蔵次官ハ今年ノ納税ノ成績ヲ以テ、ソレデ此ノ問題ヲイケナイモノト決定シタヤウニ考ヘテ居ルコトガ多イヤウデゴザイマスガ、私共ハ此ノ問題ハ永久ノ制度トシテ納税期ヲ変ヘタイト云フノデアリマスカラ、本年ノ納税不成績ノミニ重キヲ置イテ此ノ制度ノ可否ヲ御議論ナサルノハ第一ニ的ガ違ツテ居ルコトト思フノデゴザイマス、今年ハ大正三年以来米価ガ非常ニ暴落ノ為ニ、農家ガ非常ニ困難シテ居ル際デアツタノデアリマス、サウデアリマスカラ延納シマセヌデモ、平日ノ慣習ニ違ツタ制度ノ取リ方ヲシマセヌデモ農家ハ納税ニ困ツタノデアリマス、慣レナイヤウナ時期ニ税ヲ取レバ徴収ハ困難デアツタリスルノハ無論デアリマスシ、一ツハ臨時ノ方策ト云フノハ納税期ノ改正ニ付キマシテ多少欠点ガアツタヤウニ私ハ考ガヘル、ソレデ六月三十日ト致シタノデアリマスガ、第四ハ七月三十日トシタ方ガ適当デアツタカモ知ラヌ、乍併私共ハ全体六月三十日デ差支ナイト考ヘマシタシ、原案者モサウ云フ意向デアリマシタカラ私共ハソレニ賛成シタノデアリマスガ、永久ノ制度トシテハ私共ハ特別委員デアルカラ修正説ハ出シマセヌガ、七月三十日トシタ方ガ良イカモ知レナイ、サウナレバ徴税ノ困難ハ除ケタノデアルマイカト思フ ○中略 ソレカラモウ一ツ地租ノ延納期ハ一向効ガ無イト云フコトデアリマスガ、ソレハ成ル程今年ハ米ノ供給過剰ノ為ニ数年来米価ガ非常ニ下落シテ居ツタノデアリマス、ソレデ此ノ地租ノ延納ヲ許シタ位デハ大イナル米価ニ影響ハナカツタノデアリマスガ、乍併今日大正三年度・四年度ノヤウナ米ノ供給過剰ノ状態、暴落ノ状態ヲ以テ之ヲ普通ノ年ト私共ハ見テ居ラヌノデアリマス、サウデアリマスカラシテ普通ノ永久ノ制度ノ良シ悪シヲ判断スルノハ、ドウモ普通ノ年、或ハ過去数年間ノ平均ト云フモノヲ標準ニ致シテ御判断ヲ願ヒタイノデアリマス、此ノ点ニ付キマシテ次官ノ間違ツテ居ルト云フコトヲ特ニ御注意ヲシテ置キタイト思フノデアリマス、ソレハ明治二十一年カラシテ大正五年度迄ノ時機ニ依ツテ価格ノ平均ノ相場ガ出テ居リマス、一月ハ一番米ノ廉イ時デアリマス
 - 第56巻 p.565 -ページ画像 
ソレカラ次第ニ高クナリマシテ、八月ハ最モ米ノ高イ時機ニナツテ居ルノデアリマス、六月ニナレバ余程高イ、七月ハ尚ホ高イト云フ訳デアリマシテ、一月ト八月ノ相場ヲ比ベマスト十八ケ年間ノ平均ニ依ツテ見ルト一円以上違フ、又米ガ市場ニ出ルノハ何月ニドレタケ出ルカト云フト、端境期カラ翌年ノ一月迄出ル、数量ハ移出検査ヲ受ケマスノガ六割ニ当ツテ居ルノデアリマス、ソレデアルカラ此ノ時機ニ移出検査ヲ受ケタ者ハ市場ニ販売サレルモノデアルト断定致スコトガ出来マセヌガ、併シ一月迄ノ間ニ沢山ノ数量ガ売ラレルト云フコトハ菅原次官自身モ認定ニナツタ、米ヲ売ル時機ハ越年ノ為ニ序ニ売ルカラ大イニ十二月ニハ下落スル、其ノ序ニ売ルコトハ手数ヲ省クト云フコトヨリ暴落ノ関係ニアルコトヽ此ノ方ガ重キヲ置イテ居ル点デアリマス其ノ点ガ間違ツテ居ルト思フ、ソレカラモウ一ツ菅原次官ノ特ニ御注意ヲ願ヒタイノハ、一月ノ相場ハ廉カラウガ、一年全体トシテ高イトカ、廉イトカ、平均スレバ同ジコトデナイカト云フヤウナ御考デアルデアリマセウガ、ソレハ大イナル間違ヒデアリマシテ、一月ノ節季迄売ラレル米ハ地主ノ米ヨリ寧ロ中農以下ノ米ガ能ク売ラレル、ダカラ我々ハ何時米ガ廉イト云フコトニ付イテハ、一年ノ平均ノ相場ガ同ジデアルカラ、一月ガ廉クテモ構ハナイトハ言ヘナイ、ソレハ社会政策上カラ考ヘマシテモ、小作農ト自作農ガ米ヲ売ル時ニハ成ルベク高ク売ラセタイノデアリマス、三年ノ平均カラ言ヘバ、地主ハ差支ナイトフコトデアリマシテモ、私共ハ中農以下ノ者ガ売ル時ニ米価ガ、高イト云フコトニ特ニ重キヲ置イテ居ルノデアルカラ、其ノ点ヲ充分御了承ヲ願ヒイタイト思フノデアリマス、ソレカラ尚菅原次官ハ延納シタ為ニ今年金ヲ調達シタノハ是ハ主モニ米デ調達シタノデ無クシテ、副産ノ資金等デ調達シタノデアル、而シ田租ハ田カラ穫ツタモノデ納メヤウ、他カラ穫ツタモノデ納メテハ困ルト云フ御説モアリマスガ、是ハ菅原君ハ宮城県ノ農業ノコトハ能ク知ツテ居ラレルガ、日本全体ニ付イテハ知識ガ足ラヌト思フ、我ガ国ノ米作ハ田ト云フノハ米バカリ作ルノデハナイ、但シ宮城県デハサウデアリマスガ日本全体カラ言フトサウデナイ、而カモ二毛作ハ毎年増加シテ行クノデアリマス、此ノ二毛作ノ増加ト云フコトハ政府ガ非常ニ奨励シテ居ル際ナノデアリマシテ、既ニ目的ヲ達セラレマシテ、明治三十七年ニハ二毛作ハ三割七分デアリマシタノガ、大正四年ニハ三割九分九厘ニナツテ居ルノデアリマス、而シテ耕地整理ガ段々普及シマスレバ、二毛作ヲ増スベキ段別ハ益々増加スベキ筈デアリマス、決シテ四割弱ヲ以テ満足シテ居ラヌノデアリマス、サウデアリマスカラ地租ハ唯上ル、宮城県ノ農業ヲ以テ日本全国ヲ律スルノハ大イナル誤リデアルト云フコトヲ申上ゲテ置カナケレバナラヌノデアリマス、ソレカラ尚大農ヤ、中農ハ延期ガアツタ為ニ売惜ミヲシタ、ダカラ宜イト云フヤウナ御演説ノヤウデアリマスガ、私共ハ売惜ミハ必要ハナイト考ヘル、売惜ミヲシマセヌケレバ今年ノヤウナ時ニハ益々低落スルノデアルカラ、地主ナリ、中農ハ米ヲ矢鱈ニ持越ス、ソレデ米価ヲ調節スル力ガアルト云フコトガ重モナ点ダト承知シテ居ル、菅原君モ宮城県デハ大地主デアリマスガ、自分ノコトヲ考ヘタラ余程良ク分ルダラウト思フノデアル、ソレカラ
 - 第56巻 p.566 -ページ画像 
シテ納税ノ難易ト言ヒマスカ、是ハ私ハ考ヘマスノニ少シ納税期ヲ七月ノ一日カラ三十一日ト直シタナレバ全国ノ養蚕ノ収入ガアリマス、又他ノ収入モアル、又野菜物ノ収入モアリ、又麦藁真田等ノ収入モアリマスカラ、一般ニ宜ロシイ、而カモ六月ハ地方税ノ附加税ト衝突スル、斯ンナコトデ困ルト云フコトモアリマス、而モソレハ専門家ノ説デアリマスカラ、謹ンデ敬聴シマスガ、七月迄頂戴シマスト都合ガ好イ、関東関西地方ハ夏秋蚕ノ収納モアリマスカラ、確カニ納税ハ出来ルノデアリマス、菅原次官ハ今年ダケノ考ヲ以テ論ゼラレタノハ甚ダ不都合デアル、我々ハ六月ト極メタノハ或ハ間違ツテ居ツタ、出来得ベクンバ七月ノ一日カラ七月三十一日迄ト延バシテ戴キタイノデアリマス、ソレカラ今年ノ延納ハ殆ド効能ガ無カツタト云フコトデアリマスガ、私共ニハ大変効能ガアツタト信ジテ居ルノデアリマス、私共ノ判断ガ間違ツテ居ルカ、菅原君ノ判断ガ間違ツテ居ルカ、菅原君ノ説ニ依ツテモ納期ノ延期ヲ発表シタ時ニ少シ米価ガ高クナツタト云フ、私共ハ一月米価ガ高イト云フコトニヒドク重キヲ置イテ居ルカラ、ソレニ幾ラカ効ガアツタト云フコトガアレバ、菅原次官カラ地租延納ノコトヲ承認シテ戴イタノデアル、洵ニ有難イト思フ、モウ一ツハ菅原君ノ挙ゲナイ点ヲ申シテ見マス、本年ノ米作ハ五千五百六十万石ト斯ウ云フ予想ガ農商務省カラ一昨日発表ニナツテ居リマス、斯ノ如キ豊作ヲ発表スルコトガ出来タト云フノハ、私ハ地租ノ延納ダケガ効能ガアツタノダト云フコトハ言ハヌガ、大イニ与ツテ力アリト信ズルノデアリマス、地租延納ナカリセバ、肥料ノ借金ヲ払フコトガ出来ヌカラ新タニ肥料ヲ買フコトガ出来ナイ、或ハ肥料ヲ買入レル金ガナカツタガ為ニ、中農以下ハ肥料ヲ施スコトガ出来ナイト云フ不幸ナ状態ニ陥リマシテ、ソレガ為ニ米ノ減収ヲ来タス筈デアツタト思フ、ソレヲ免レタノハ、高木君ノ御提議ニナリマシタ延納ト云フノガ此ノ米価調節会ノ臨時会ノ容レル所トナリ、大蔵当局ノ同意ニ依リマシテ通過シタニ依ツテ、斯ノ如キ好結果ヲ得タモノト信ジテ居ルノデアリマス、サウデアリマスカラ、私ハ今年ドウモ地租ノ延納ハ余程我ガ農家ノ救済ニハ効果ガアツタモノデ、米価調節ニモ効ガアツタモノデアルト思フノデアリマス、唯時機ガ或ハ徴収上不便デアツタカモ知レマセヌ、七月一日カラ三十一日迄トスレバ、大蔵省ト雖モ多分御同意下サルコトト思ヒマス
○五十番(法学博士松崎蔵之助君) 大分御討論ガ始マツタヤウデアリマスガ、チヨツト御尋ネシタイノハ、特別委員会ノ委員ノ御説デスカ農家ノ経済状態ナドガ御分カリナツテ居ルヤウナ御主張デアツタ、ソレデ私ハ御尋ネシタイ、若シ農家ノ経済状態ガ御分リニナツテ居ルナラバ、斯ノ如キ田租納期ノ繰下ゲト云フヤウナ、謂ハヾホコトンノ提案ヲナサラズニ、寧ロ繰上ゲヲシヤウト云フヤウナ意見ハ委員会ニ於テハナカツタモノデアリマスカ、ソレヲチヨツト伺ヒタイ、附加ヘマスガ、此ノ委員会ハ七月ニ繰上ゲレバ大部都合ガ好イト云フヤウナコトヲ仰ツシヤル人ガアルヤウデアリマス
○三十八番(法学博士矢作栄蔵君) 大正四年ノ農村ノ困難ナ時ニ当リマシテ、地租ノ繰上ゲト云フヤウナコトヲ主張スルト云フコトハ、我
 - 第56巻 p.567 -ページ画像 
我農民ニ同情ヲ有ツテ居ル者トシテハ大体主張ノ出来ナイ事柄デアリマス
○二十八番(小山健三君) 私ハ重大問題デアルト考ヘマス、先刻二十六番即チ大蔵省ノ当局ノ方ヨリ縷々実際的ノ事実ヲ挙ゲテ反対セラレマシタ、是ハ余程傾聴セネバナラヌコトト考ヘマス、大体私共ノ応急調査会ニ於キマシテ、田租納期ヲ繰下ゲルト云フコトニ於テハ賛同シタ一人デアリマス、併シ是ハ一時的ノコトデゴザイマスカラ、必ズアア云フヤウナ米価ノ非常ニ下落シテ農村ガ困憊シテ居リマス場合ニ於キマシテ、低利資金スラ供給スルト云フ場合デゴザイマスカラ、丁度二十六番ガ言ハレマス通リ、国家ノ利息ノナイ金ヲ一時融通ヲ与ヘタト云フ形ニナルノデアリマス、応急的ノ援助ト致シマシテハドウシテモ試ミナケレバナラヌコトデアツタト信ジテ居リマス、乍併之ヲ永久的ニ改正スルト云フコトニ付イテハ余程事実ヲ穿鑿シナケレバナラヌノミナラズ既ニ二十六番ガ言ハレタ通リ、国庫ガ千万円以上ノ損失ヲシナケレバナラヌノデアリマス、今日ノ国庫ノ状態ニ於テ千万円ノ犠牲ヲ払フトスルモ、尚ソレニ報ヒラレルダケノ効果ガアルカドウカヲ言ハレタ、是ハ余程重要ノ関係デ、此ノ問題ヲ決スル為ニハ考ヘナケレバナラヌコトト存ジマス、乍併二十六番ノ御述ベニナツタコトハ不幸ニシテ岡田委員ガ述ベラレタ所トハ稍々反対ノ形ニナツテ居ル、岡田委員ハ事実ノ問題ヨリ段々御調ベニナツタコトデアリマシテ、精細ニ実際ヲ御述ベニナルト同時ニ、斯ウ云フコトヲ附加ヘラレタ、税務官吏若クハ町村公吏ト云フ者ガ、自己ノ手数上ノ為ニ、手数ヲ省略スル為ニ、或ハ繁雑ヲ避ケル為ニ事実ヨリ遠ザカツタ報告ヲシテ居リハシナイカ、ソレガ為ニ実際ニ合ハヌト云フヤウナ意味ヲ附加ヘテ答ヘラレテ居ル、是モ一応考ヘナケレバナラヌト考ヘマス、要スルニ二十六番ノ述ベラレタノハ、多クハ税務官吏ノ報告ヲ根拠トシテ述ベラレタノデアリマセウ、而シ私ハ是ハ余程重キヲ置カネバナラヌト存ジマス、一体税務官吏ハ税務官吏デ一種ノ態度ガアルト思ヒマス、一種ノ何ト申シマスカ、語弊ガアリマスガ、多少誅求的態度ガアルノデアリマス、ソレデ斯ウ云フヤウナ重要ナ問題ヲ実行セラレタ以上ハ、農村ノ側カラ農商務省ハ応急的ノ救済策ニ対シテ、即チ納期繰下ゲニ対シテドウ云フ効果ヲ齎シタノデアラウカト云フコトハ充分調査サレテ居ラレル筈デアル、若シ未ダサレテ居ラナケレバ、納税ノ充分ナル処分ニ付イテ甚ダ遺憾デアルト考ヘル、デ私ハ両方ヲ聴カナケレバ片言ヲ聴イテ訴ヲ裁判スルノハ戒メナケレバラナヌト思フ、単ニ大蔵次官ノ御述ベニナツタル即チ税務官吏ノ報告ニ基イテ、其ノ報告ノミニ依ツテ決スル訳ニイカヌ、是ハ私ハ事実ガ大切デアルト思フ、永久的ニ国庫ガ千万円以上ノ損害ヲ受ケテ、サウシテ効能ノナイコトヲスルト云フコトハ、今日ノ財政上ニ於テ甚ダ忌ムベキコトデアル、要スルニ一年試ミテ見テ其効果ト云フモノガ微少デアツタナラバ、是ハ永久的ノ制度ト更ヘルノハ余程考ヘナケレバナラヌ、況ンヤ納期ト云フモノニ付イテハ商工業者側ノ所得税・営業税ニ於テモ充分考慮スベキ余地ガアルノデアリマス、唯単ニ幾ラカ米ガ上ガル工夫ガアレバ宜イト云フコトノミニ走ツテ、今日之ヲ軽々ニ決スルコトハ甚ダ考ヘナケレバナ
 - 第56巻 p.568 -ページ画像 
ラヌコトト考ヘル、農商務省当局ノ方ガ農政ノ側ヨリ御調ベニナツタ所ノ精細ナル御報告ヲココデ希望致シマス
○五十番(法学博士松崎蔵之助君) 唯今委員ノ方カラ御答弁ガアリマシタガ、斯様ナル答弁ハ私ニ於テハ了解ガ出来ナイ、デ、若シ討論ガ始ツタト致シマスレバ、私ハ意見ヲ述ベマスガ、私モ此ノ改正案ニ対シテハ徹頭徹尾反対致サナケレバナラヌ、何故ト申シマスト、此ノ第一期・第二期・第三期・第四期ト時期ノ配分工合ヲ見マスト、二月カラ六月ニ渉ツテ謂ハヾ一年ノ中ノ末ノ方ニ於テ納メルコトニナツテ居ル、ソレデ之ヲ農業ノ方カラ見マスルト、最早収穫ガ終ツテ、大抵ノ農家ニ於テハト云ヒタイ、但シ、大農・中農界ハ能ク御存ジノ御方ガアルガ、サウデハナイ大部分ノ農家ニ於テハ、各其ノ収穫物ヲ処分シテ仕舞ツタ後デアル、処分シテ仕舞ツタモノヲバ、ソンナラ取ツテ置ケバ宜シイ、貯ヘテ置ケバ宜シイケレドモ、是ハ立派ナ方々ニ対シテ望ムコトデアツテ、迚モ普通田舎ノ無智文盲ノ者ニ向ツテハ望ムコトハ出来ナイ事柄デアル、ソレデアリマスカラ、昔ノ徳川時代ニ於テ田租ヲ唯ダ一年一回納メマス時ニ方ツテハ、非常ニ此ノ米価ナルモノハ歳ノ暮ニ下落致シタモノデアルガ、其ノ余習猶存スルト云フテ宜シカラウト思フ、ソレデ委員ノ御方ナドハ繰延ベタ為ニ、或ハ納期ヲ改正シタ為ニ、ソレガ大分農家ノ潤ニナツタト言ハレテ居ルケレドモ、仮リニ此ノ近頃ノ米価ノ変動ノ工合ヲ御覧ナサツタラバ、必シモサウデナイコトハ御分リニナラウ、昔ハ十二月ニ於テ最モ下落シタモノデアリマスケレドモ、近頃ハ収穫ノアル端境、収穫ガ始ツテ後ニ至ツテ大分高価ヲ維持シテ居ル、ソレデ十二月ニ於テ何時モ下落スル訳デナイ一月・二月・三月頃迄、寧ロモツト継続シテ居ル時ガアル、ソレ故ニ私ナドガ言フノニ、若シ之ヲ繰上ゲマシテ収穫ノアツタ時、収穫ガアルト云フハ他デハゴザイマセヌ、農家ノ懐ガ裕カデアル時ニ租税ヲ徴収シマシタナラバ、大イニ農家デモ便利デアルト同時ニ、納税ヲ仕易イノデアル、今其ノコトニ付イテ他ノ経済上社会上ノコトカラシテ説明ガ出来マス、殊ニ十二月ナルモノノ納期ニ付イテハ其ノ説明ガ付クノデ、ト云フノハ他デハアリマセヌ、此ノ十二月ハ例ノ正月ノ用意ヲスルノガ一般国民ノ常習デアル、ソレ故ニ、或ハ其ノ家族ナドノ生活ノ費用、或ハ衣服ノ調達ナドノコトニ付イテ大分家族ナドニネダラレル、ソコデソンナラネダラレルカラ詰リ納期ヲ繰下ゲヤウ、是モ一ツノ理由カモ知レヌ、乍併繰下ゲタカラドウスル、或委員ノ説明スル所ニ依レバ、或ハ負債ノ利子トカ其ノ他逃レルニ逃レヌ費用ニ充テ、ソレデ融通ガ付クト或ハ仰シヤラレルカモ知レナイ、併シソレヨリ人情ノ弱点ナルモノガ大イニ働クノデアリマス、デ、正月前ニナリマスレバ或ハ子供、或ハ家族ノ為ニ要求ニ依ツテ、先ヅ田租ヲ納メタナラバソコマデハ手ガ届カヌモノノ、懐ニチヨツトオ銭ガアルニ依ツテ之ヲ調ヘテヤツテハイケナイケレドモ、知ラズ識ラズ濫費スル、ソレ故ニ寧ロ此ノ田租納期ヲ繰上ゲテ置キマスノハ、農家ヲシテ節倹ヲ守リ勤勉ナラシムルノデナクシテ、節倹ヲシロト云フコトニナル、斯ウ云フ効果ガ一体アルモノデアル、サウ云フ時ニ唯ダ便宜トカ何トカ云フ点バカリ御考ヘニナツテハ、少シク私ニ於テハドウモ物足ラヌヤウナ気
 - 第56巻 p.569 -ページ画像 
持ガスルノデス、デ、従来此ノ第一期ノ田租ヲ私ハ十二月ノ末ニ納メルノハ、其ノ時ガ当ヲ得テ居ナイト云フ意見デアル、或ハ九月・十月十一月頃ハ余リ此ノ収穫アルニ拘ラズ値段ノ下ガラナイ時デアル、然ルニ此ノ時ヲバ利用セズニ、唯ダ或ハ豊年デアルカラ村芝居ヲスルトカ、何ノ御祭ヲスルトカ、何ノ騒ギヲスルト云フコトノミニ余裕ヲ向ケサセルノハ、決シテ為政上得策デナイ、其ノ時ガ須ラク利用スベキ時デアル、然ルニ斯ノ如ク繰下ゲヲシテ、一年ノ下半期ニ於テ一遍田租ヲ納メナクテハナラヌト云フコトニ定メマシタナラバ、モウ既ニ懐ハ空シイ、空シイノミナラズ、是カラ先キハ春季ニ際スルノデ、将来ノ耕作ノ用意ニ取掛ラナケレバナラヌ時、又生活上或ハ飯米ガ足ラナイトカ云フ時期ニ際シテ居ル、ソレ故ニ私ハモウ大農、或ハ中農ノ考カラシテ見タラ斯カルコトガ宜シイカモ知レナイガ、ソレ以外ノ大部分ヲ占メテ居ル農家ニ取ツテハ、斯カル改正ハ決シテ得策デナイ、或農家ニ取ツテハソレガ宜イカモ知レヌ、何故ナレバ一時逃レデ足レリトスル愚民ハ最モ歓迎スルデアラウケレドモ、能ク将来ヲ慮リ、サウシテ農村ノ繁栄ヲ欲スルナラバ、農家ニ最モ租税ヲ納メルニ適シテ居ル時ヲ選ブ、之ガ為政ノ要道デアル、其ノ道ニ背イテ居ルコトハ改正スベキデアル、猶田租期ヲ繰下ゲレバソレハ農民ニ同情アル改正ト言ハルル、斯カル何ダカ訳ノ分ラナイ御説ヲ以テ、国民ノ多数ヲ占メテ居ル其ノ国民ノ利害休戚ニ関スルコトヲ一口ニ放言サレルコトハ決シテ取ラヌ、其ノ御方ニ対シテ私ハ言ヒタイ、私共ハ繰上ゲヤウ、或ハモツト次ニ戻サウト云フタ所ガソレハ農民ニ対シテ不親切デアル、同情ガナイトハ決シテ言ハナイ、私モ実ハ農民出デアル、マダ大変アリマスガ、是位ノコトダケ申上ゲテ置イテ、反対スルダケノ理由ヲ一応申述ベテ置キマス
○番外(農商務次官上山満之進君) 二十八番ノ御尋ネニ御答ヲ致シマスルニ付キマシテハ、チヨツト会長ノ御指揮ヲ受ケナケレバナラヌト思フ、私ハ斯ウ云フ風ニ心得テ居ル、此ノ会議ノ問題ニナリマシタ事柄ニ付キマシテハ、一個トシテハ色々意見ガゴザイマシテモ、当局者トシテハ会議ガ御済ミニナツタ上デ、慎重ニ調査ヲ致シテ、ソレカラ当局者ノ意見ヲ決メル、斯ウ云フ筋道ト考ヘテ居ル、唯今二十八番カラ御尋ネノコトハ、当面ノ問題、唯今議事ニ上ボツテ居リマス問題ヲドチラニスルト云フ判断ヲスルニ付イテ、唯一トハ申シマセヌ、重要ナル点デアル、当局者トシテ省議ヲ悉シタ論トシテ申スコトハ憚カル方ガ宜シイ、私一個ノ意見ヲ申セト云フコトデゴザイマスレバ、ドチラガ利益ニナルカ存ジマセヌガ、私ハ私デ考ヲ有ツテ居リマスガ、私ハソレヲ申サヌ方ガ宜シイ、斯ウ云フ風ニ考ヘテ居リマス、二十六番ハ大蔵次官ノ職務デオイデナサル、委員ノ一人トシテ申述ベラレルノハ是ハ差支ゴザイマセヌ、此ノ席デハ甚ダ都合ガ悪ルイヤウニ思ヒマス、併シ皆サンガ宜シイ、何デモ言ヘト仰シヤレバ私ハ決シテ躊躇致シマセヌ、ソコヲチヨツト伺ヒタイ
○二十八番(小山健三君) チヨツト私ハ唯今農商務次官カラ御述ベニナツタコトニ付イテ……私ハ此ノ農商務次官若クハ農商務省ノ当局者ニ会員トシテ之ニ付イテ意見ヲ教ヘテ戴キタイト云フコトハ希望セヌ
 - 第56巻 p.570 -ページ画像 
ノデアリマス、唯タ事実デス、是マデ既ニ応急調査会ニ於テ建議シマシタ所ノ納期繰下ゲガ、如何ニ効果ヲ齎シテ居ルカ、其ノ結果ト云フモノハ是ハ決シテ枉ゲルコトハ出来ナイ事実デアリマスカラ、其ノ事実ヲ会員デナクシテ、農商務省当局者トシテ、斯ウ云フ調査デアル、斯ウ云フ効果ガアツタトカ、或ハ是ハ無効デアルトカ云フ事実ヲ御述ベニナルノハ何等忌避スルコトハナカラウト信ズル、又其等ノコトハ述ベラレルベキ筈デハナイカト私ハ思フ
○四十番(志村源太郎君) 小委員会其ノ他ニ於キマシテ、本案ヲ研究致シマシタコトニ付イテ、二十六番委員カラ調査ガ足リナイヂヤナイカト云フ御話ガゴザイマシタ、二十六番委員ノ調査不充分ト云フコトハ如何ナル点ニアルカ存ジマセヌ、成程各税務監督局ニ御照会ヲ致シ充分問糺シタコトハゴザイマセヌ、併シ小委員ノ集リニ於キマシテハ各委員出来ルダケノ智識デ出来ルダケノ調査ヲ致シマシタ、又始終委員会ニ出席シテ居リマシタ所ノ幹事諸君ニ調査ヲ煩ハシマシテ、本案ヲ決議スルニ至リマシタノデアリマス、本案ハ詰リ田租第一期分、即チ十二月十六日カラ一月十五日ニ至ル納税分、此ノ金高ヲ申シマスト約千弐百万円、若シ一石拾弐円ト致シマスレバ八・九十万石ノ米ヲ此ノ際売出サセルガ宜イカ、宜クナイカ、ト云フ問題デアリマス、米ノ石数カラ申シマスレバ、比較的小額デアリマス、サリナガラ、従来ノ米価ヲ上カラ申シマスルト云フト、損スル所余程至大デアル、又之ガ社会政策ト申シマスト云フト、少シ大キウゴザイマスガ、農家ノ中デ米価下落ノ為ニ最モ困難ヲ感ズル小農ノ経済ニ余程影響ヲ来タシマス斯ノ如ク認メマシテ本案ヲ決シマシタ次第デアリマス、何ヲ以テ之ヲ言フカ、先刻矢作博士カラ申サレマシタ通リ、明治三十一年カラ大正四年ニ至ル十八ケ年ノ米価ノ月々ノ表ヲ調ベテ見マシタ所ガ、一年中最モ廉イ時ハ一月デアリマス、其ノ次ノ廉イ時ハ十二月デアリマス、即チ納税第一期分ノ十二月カラ一月ニ掛ルノガ最モ廉イ時デアリマス之ヲ数字デ申シマスト、毎年八月ト云フ月ガ一番高イ月デゴザイマス此ノ十八ケ年ノ経過デ申シマスト、八月ノ相場ガ拾五円四拾銭デアリマス、ソレガ十一月ニ拾四円五拾銭デアリマス、拾五円四拾銭ガ拾四円五拾銭ニナリ、十二月ハ拾四円弐拾銭、一月ガ拾四円拾八銭デアリマス、是ガ最極度デ、二月・三月・四月ニナレバヅンヅン騰ツテ来ル一月ガ拾四円十八銭、二月ガ拾四円七銭七厘《(マヽ)》、三月ガ拾四円五拾銭、四月ガ拾四円五拾弐銭ニナリ、サウシテ六月ガ拾四円七拾七銭、七月ガ拾五円ニナリ、八月ガ拾五円四拾銭ト云フ経過ヲ示シテ居ルノデゴザイマス、此ノ米価ノ最モ低イ十二月・一月ト云フ時ニ於テ第一期ノ納税ガアルト云フ事柄ハ、米価調節上、及ビ米価下落ニ依ツテ最モ困難ヲ感ジマスル所ノ小農ノ経済上ニ影響スル所ハ最モ大ナルモノト認メマシテ、第一期分ノ納期ヲ繰下ゲマスコトニ決定致シマシタノデゴザイマス、但シソレヲ六月三十日ト致シマスルカ、七月三十一日ト致スカト云フコトニ付キマシテハ、委員会ニ於テ大ナル議論ガゴザイマシタ、各々其ノ信ズル所ニ依ツテ六月・七月ト云フコトニ付イテ主張ガアリマシタガ、終ニ決定セラレマセンデ、最後ノ認定ハ之ヲ幹事ニ委託シ……認定ト申シマスト語弊ガアリマシタガ、最後ノ材料蒐集ハ
 - 第56巻 p.571 -ページ画像 
幹事ニ委託シマシテ、終ニ全国ヲ見渡シタ所ガ六月三十日ガ適当デアルト云フ所ノ幹事ノ報告ヲ得マシタ、ソレヲ根拠ト致シマシテ六月三十日ニ第一期ヲ繰下ゲタ次第デアリマス、委員会ノ経過ハ大体右様ノ次第デ、又事実モ右様ノ次第デアリマス、是ダケノコトヲ申述ベテ置キマス
○五十六番(鈴木梅四郎君) 私ハ農商務省ノ当局者ニ承ハリマス、二十八番カラ御尋ネニナツタ事実ノ御報告ヲ求メマスルコトヲ希望シマス、大蔵省ノ側デハ此ノ納期ヲ延期シタト云フコトノ効果ニ付イテ、斯ク斯クノ報告ガアルト云フ、具体的ニ玆ニ報告ガアルノデゴザイマス、ソコデ農政ノ局ニ当ツテ居ル農商務省ノ当局者モ、此ノ問題ニ付イテ御調ガ付イテ居ルナラバ、之ヲ有リノ儘御報告ヲナスツテ、我々ノ参考ニ供セラレルノガ最モ忠実ナル態度ト私ハ思ヒマス、但シ此ノ辺ニ付イテ御取調ガナケレバ宜シイ、ナケレバナイト云フコトヲ玆ニ御明言ニナレバ宜イ、議論ヲスルノデハナイ、ドウ斯ウト云フヤウナ事柄デ其ノ説明ヲ御避ケニナルノハ、慎重審議ヲ致シマスル精神カラ申シマスト、私共ハ甚ダ不親切ナル態度ト考ヘル、重ネテ要求ヲ致シマス
○三十八番(法学博士矢作栄蔵君) 此ノ田租繰下案ト云フノハ、元ト是ハ委員ノ方カラ出マシタ案デアリマシテ、農商務省当局ノ提出シタ案デハナイノデアリマス、サウデアリマスカラシテ、此ノ二十八番若クハ五十六番ノ要求ニ対シテ、農商務省ガ答弁シテ悪イト云フ筈ハナイノデアリマスガ、併シ同一ノ政府デアツテ、兎ニ角二十六番ハ委員デアリマシテ、大蔵次官ト云フ資格デ述ベタデハナイノデアリマセウ併シ大蔵次官タルコトハ何人モ知ツテ居ルノデアリマス、ソレデ政府ガ農商務省ト大蔵省ト別レマシテ、第一此ノ問題ニ付イテ違ツタ判断ヲ述ベルト云フコトハ、政府ノ統一ガナイト云フ結果ニナルヤウニ見エルノデアリマス、斯ノ如キ問題ニ付イテ答弁ヲ求メルノハ……農商務省ノ提出案デハナイ、委員ノ提出案デス、ドウカサウ云フ御無理ノコトヲ御尋ネデナク、ソレハ委員御銘々ノ御判断デ御評議ナスツテハ如何デスカ、是ダケ申上ゲテ置キマス
○五十六番(鈴木梅四郎君) ナル程同ジ政府ノ委員ニシテ説ガ違ヘバ統一ガナイト云フヤウナコトハ、チヨツト言ヒマストドウカ知リマセヌガ、斯ノ如キ問題ニ付イテハ意見ノ相違ノアルノハ当然ノコトデアル、相違ノ点ヲ闘カハシテ、練リニ練ツテ、玆ニ初メテ一ツノ案ガ出来ル、其ノ立場ニ依ツテ違ツタ所ノ材料、違ツタ意見ヲ交換シテ審議討論スルノガ最後ノ要点デアル、然ルニ左様ナ取調ガアツタナラバ示シテ貰ヒタイ、唯斯ウ云フ要求ニ対シテ何カ説ナラバ云々ト云フヤウナ話ガアルカラ、我々ハナカナカ其意ヲ得ヌト思フ、併シ具体的ノモノガナイト仰シヤルナレバソレデ宜シイ、アルナレバ御示シヲ願ヒタイ、議論デハナイ、事実デアル、其ノ事実ノ御調ベガアツタナラバ是非御示シヲ願ヒタイ、違ツテ居テモ宜シイ、同ジ政府ノ部内ニ於テモ此ノ問題バカリデハアリマセヌ、沢山アリマス、モウ凡ソ総テノ問題ハ皆各省違ツテ居リマス、ソレハ必ズシモ政府ノ不統一ト云フヤウナモノデハナカラウト思フ、況ンヤ玆ニ慎重審議調査スルト云フ場合ニ
 - 第56巻 p.572 -ページ画像 
於キマシテ、事実ガアリマスナラバ御示シヲ願フノガ相当ノコトト考ヘマス
○九番(法学博士田島錦治君) 私ガ此ノ問題ニ付キマシテハ、凡ソ皆様方ノ意見ヲ拝聴シタ上デ賛否ヲ決スル積リデアリマス、ソコデ皆様方ノ述ベラレタ説ヲ聴キマスト、ドウモマダ足ラナイ点ガアリハシナイカト思フ、ソレハ皆米価ノ下落シタ場合ニ付イテ言ハレテ居ツテ、騰貴シタ場合ニ一言モ言ハレテ居ル方ガナイヤウニ思フ、若シ米価ガ騰貴シタ場合ニ於キマシテ、地租納期ヲ繰下ゲル必要ガアルカドウカト云フコトモ考ヘナケレバナラヌ、第二ノ点ハ地租ト云フモノガ仮リニナイトスル、或ハ一年ヲ通ジテ毎月同ジヤウナ額ヲ納メルトシテモ果シテ米価ガ、一月ニ廉ク高《(マヽ)》クナルト云フコトガアリ、サウシテ又其ノ他ノ月ニ此ノ統計ガ示シテ……イヤ統計ト言フテハ語弊ガアルカ知リマセヌガ、唯今小委員長ガ述ベラレタヤウニ何年カノ平均ヲ以テ参ルト、一月ガ廉クテ幾月ガ貴イト云フヤウナコトハアリハシナイカ、仮リニ地租ト云フコトヲ度外ニ於テサウ云フコトハアリハシナイカト云フコトヲ疑フ者デアル、地租ガナクテモ恐ラク一月ニハ必ズサウ云フ傾キヲ有ツテ居ルモノデナイカト思フ、米価ノ如キモノハ……ソレデ且ツ又仮リニ一月ナラ一月ト云フ所ノ納税期ヲ繰下ゲタ結果如何ナルモノガ現ハレテ来ルカト云フト、マダ能ク分リマセヌガ玆ニ御廻シニナツタ正米相場表ガ其ノ結果デアルトシタ所デ、果シテ一月ノ正米相場ガ拾参円拾銭、二月ガ拾弐円九拾八銭ニ下ツテ居ツテ、比較的一月ガ高ク二月・三月ガ廉カツタト云フコトハ、是ハ果シテ地租納期ヲ繰下ゲタ原因カドウカト云フコトハ分ラヌ、凡ソ統計上ノ事実ハ複雑ナ原因カラ起ツテ来ルノデアツテ、同ジ統計デアツテモ之ヲ判断スル人ノ判断ニ依ツテ、其ノ原因ガ是レニアルソレニアルト云フコトハ皆違ハナケレバナラヌ、果シテ然リトスレバ、繰下ゲニ付テ良好ナ結果ヲ来タシタト云フ説ヲ主張サレタノガ岡田委員、却ツテ良好デナカツタト云フコトヲ主張サレタノハ菅原委員デアリマスガ、併シ私ガマダ此ノ事実ヲ充分ニ存ジマセヌカラ、其ノ両者ニ付イテ適当ナ判断ヲ下スダケノ材料ヲ持ツテ居ラヌ、又次ニ此ノ問題タルヤ、誰方ガ御考ヘニナツテモ租税ノ納期ヲ繰下ゲルト云フ事柄ガ国庫ニ壱千弐百万円ト云フダケノ欠陥ヲ生ズルト云フコトハ、ドウモ重大ナ問題ダラウト思フ、其重大ナル問題ヲ決スルニ、マダ其ノ繰下ゲト云フコトニ依ツテノ効果ガ充分ニ明ラカニナツテ居ラヌ、カカル時ニ当ツテ之ヲ軽率ニ議了スルト云フコトハ、私ハ実ハ農民ニ向ツテ最モ同情ヲ有ツテ居ルガ、残念ナガラドウモ賛成ガ出来ナイ、各方面ニ渡ツテ事実ノ調査ヲシテ、地租ト云フモノガナイトシテ、米価ガ如何ナル関係ニ於テ上リ下リスルモノデアルカト云フコトヲ能ク調ベナケレバナラヌ、ソレカラ又第二ニ調ベタイコトハ、唯今申上ゲタ通リ米価ガ下落シタ時又米価ガ騰貴シタ時ニハ如何ト云フコトヲ考ヘナケレバナラヌ、騰貴シツツアル場合ニ於テモ十二月・一月等ニ租税ヲ払フコトハ宜イコトデナイカ、元来租税ヲ払フノハ国民ノ義務デアツテ、一年ヲ通ジテ成ルベク好イ時ニ払フノガ当前デアリマスガ、兎ニ角此ノ納期繰下ゲト云フコトガ永久ノ制度トシテ存スルコトニナルト、重大ナ問題デアリマシ
 - 第56巻 p.573 -ページ画像 
テ其ノ影響スル処又少カラヌコトト思ヒマスカラ、臨時ノ繰下ゲニ付イテハ賛成シマス、何故賛成シタカト云フト、去年ノ如ク下落シテ農民ガ困ツテ居ルト云フコトガ明カデアリマスレバ、一年限リ繰下ゲルコトニ賛成シタ、本年モ若シ同ジ情況ニナルナラバ、矢張リ本年モ一年ダケ繰延バスト云フコトハ此ノ問題外デアリマスガ、ソレハ賛成スル、永久ノ問題ニ付イテハ研究スベキモノト思フ
○三番(渡辺修君) チヨツト私ハ農商務省ノ方ニ問ヒタイ、先刻来小山君或ハ鈴木君等ノ要求ガアリマシタガ、何カ御調ベガアレバ御出シニナツテ差支ナイト思ヒマス、一応御出シニナツタ後デ私ハ意見ヲ述ベタイト思フ、如何デセウ
○番外(農商務次官上山満之進君) 先刻申上ゲタノハ調査ノ結果ヲ述ベレバ判断ヲ附加ヘナケレバナラヌ、尤モ調査ノ結果ニナレバ唯単純ノ問題デナクシテ、斯ノ如キ六ケ敷イ問題ニハドウシテモ其処ニ判断ガ伴ハナケレバ調査ガ出来ナイ、ソレ故私ハドチラガ片方ノ御議論ニ若シ言フコトアリトスレバ多少ノ力ヲ添ヘルコトニナルカラ、サウ云フコトハ避ケタイト思フ、ソレヲ申サヌデモ大概皆様ノ能ク自カラ御判断ノ出来ルコトデアルト思フ
○三十九番(藤田四郎君) 私ハ別段議論ヲ致スノデアリマセヌ、此ノ案ヲ特別委員会ニ於キマシテ研究致サレタル情況ハ、二十六番ヨリ甚ダ軽卒ナモノデアツタカノ如キ御話デアリマスガ、是ハ其ノ当時ニ特別委員ノ御方カラ反対論モアリマシタシ、又本年ノ臨時ノ繰下ゲニ付イテノ余リ成績ノ良クナカツタト云フヤウナ御話モ承ツタガ、併シ是ハ小委員会ニ於テ討議ヲ致シマシノハ、四月カラ六月ノ初メ頃マデト心得テ居リマスガ、其ノ当時マデニ小委員ノ連中ガ耳ニシタ所ニ於キマシテハ、十二月カラ一月ニ掛ケテ暴落スベキ米ヲ幸ヒ暴落サセズニドウニカ幾分カ繰上ゲルト云フヤウナ気味ノアツタト云フコトヲ、唯個人々々カラ聞イタコトニ心得テ居リマス、之ニ付キマシテ当時マダ納税期ニ至ツテ居リマセヌ時デアリマシタカラ、別ニ調査スルヤウナ場合ニ至リマセヌ、併シ委員ノ多数ノ考ハ、此ノ問題ト云フモノハ此ノ会ニ於テ初メテ起ツタ問題デナク、先刻三十五番カラノ御話ノアリマシタ如ク、殆ンド天下輿論ノ希望スル所ニナツテ居ル、コトノ善シ悪シハ措テ、天下輿論ノ希望スル所デアル、議会ニ於テモ殆ンド十数年ノ間問題ニナツテ居ル、何人モ此ノ事柄トシテ、反対シテ居ルコトハ聞カナイ、唯之ヲ実行スルコトハ、出来ルヤ否ヤト云フコトニ付イテノ反対ハ、政府ナリ其ノ他カラ聞イタノデアリマス、ソレデアリマスカラ、我々委員ニ於キマシテハ、此ノ米価調節上、即チ今日ノ如キ場合ニ於テ調節スル其ノ効果ノ程度ハ別ト致シマシテ材料ニナルヤ否ヤト云フコトヲ判断致シマシタ所ガ、昨年モ既ニ皆様ノ多数ノ意見デ成立ツタモノデアル、其ノ後ニ於テ、或ル機会ニ於キマシテ、財政ガ許シ得ラレルナラバ是ハ矢張リ繰下ヲ行ツタガ宜イコトデアラウ、斯ウ云フコトハ何レニスルカト云ヘバ、斯ウ云フ機会ニ調節会ノ出来タ時ニ出スガ適当ナモノデアラウト云フヤウナコトハ、皆様多数ノ御意見デアツタヤウニ心得テ居リマス、モウ此ノコトノ善悪ト云フヤウナコトハ殆ンド輿論トシテ過ギ去ツタコトノヤウニ考ヘテ居リマス、又
 - 第56巻 p.574 -ページ画像 
特別委員会即チ七月ニ開キマシタ時分ニ、大蔵省ノ方ノ側ノ或ル程度ノ御調査ハアツタヤウデアリマスガ、農商務省トシテハ、私共ガ聞キマセナンダノハ、農商務省デハ府県トカ其ノ他多数ノ実業家ノ意見マデ聴クト云フヤウナコトデ、ナカナカ纏ツタ意見ヲ聴クト云フコトハ如何ニ聡明ナル農商務大臣ガ居ラレテモ私ハ三年経タナケレバ分ラヌト思ツテ居リマスカラ尋ネマセナンダ、先ヅサウ云フ次第デアリマス
○三番(渡辺修君) 時間ガ移リマシタカラ簡単ニ要点ヲ申述ベマス、此ノ案ハ私個人ト致シマシテハ米価調節ニ余リ直接ノ関係ハ無イト思フ、乍併間接ノ影響ハ無論アル、節季ニ納税ヲスルガ宜イカ悪イカト言ヘバ、無論農民ノ方面カラ節季ニ納税シナイ方ガ宜シイカラ、間接ナリト雖モ此ノ事柄ハ米価ノ調節上ニ関係ノアルト云フ積リデアリマス、ソレ等ノ点ニ付キマシテハ段々先刻来各委員カラ御述ベニナリマシタカラ、私ハ此ノ大蔵省ト申シテモ語弊ガアルガ、菅原君ガ之ニ反対サルルト云フコトハ甚ダ遺憾ニ思フノデアル、縦ンバ米価調節ニ大シタ関係ガナクトモ、大蔵省ノ側ニ於テハ之ニ賛成セラルベキ筈デアルト思フ、何トナレバ、申スマデモナク我国ノ歳入ハ上半季ニ少クシテ下半季ニ多イノデアリマス、歳入ガ非常ニ偏重偏軽ニナツテ居ルト財政ノ運用上困ツテ居ラレルト云フコトハ何人モ非認スルコトハ出来ヌ、故ニ私共モ数年来歳入ノ調節ヲ図ラナケレバナラヌト云フコトヲ主張シ来ツタノデアリマス、ソレニハ即チ納期ヲ按排スルノデアリマス、独リ地租ト言ハズ、酒造税ト言ハズ、営業税デモ所得税デモ之ヲ年中万遍ナク大蔵省ニ這入ツテ来ルト云フヤウナ具合ニ致シマシタナラバ、以前ノヤウニ大蔵省証券ヲ発行スル、或ハ一時ノ借入金ヲ致シテ民間ノ経済ヲ圧迫スルト云フ弊ガ無クナルデアラウト思ヒマシテ、常ニ私共ハ主張シテ居ルノデアリマス、菅原君モ此ノ説ニハ同意サレテ居ル、ノミナラズ是ハ国ノ一ツノ成功デアル、歳入ノ調節ヲ図ツテ納期ノ繰下ゲヲスルト云フコトハ皆ガ主張シテ居ルノデアリマス、故ニ此ノ剰余金ガ以前ノ如ク沢山アリマシタナラバ、必ズ是ハ実行サレテ居ツタコトデアラウト思フ、然ルニ色々不時ノ出来事モアツタガ悪口ヲ言ヘバ剰余金ヲ濫費シテ、折角我々ガ此ノ剰余金ガ沢山アルカラ之ヲ以テ多年ノ懸案ヲ解決シテ歳入ノ調節ヲ図ルヤウニシタイ、斯ウ希望ヲシテ居ツタノデアリマスガ、不幸ニシテ剰余金ガ無クナツテ仕舞ツタカラ、今日菅原君ノ反対セラルルノハ唯千弐百万円ノ金ヲ如何ニシヤウト云フ点デ御苦心ニナツテ居ルコトト思フ、是ハ大蔵省モ御奮発ニナリマシテ、今藤田君カラ言ハレルヤウナ米価調節等ノ斯ンナ機会ニ於キマシテ、多年ノ懸案ヲ一ツヅヽ御解決ニナツタラドウカ、地租ノ納期ヲ斯ウ云フ風ニ繰下ゲ、又他日財政ノ許ス範囲ニ於テ酒造税ナリ其ノ他営業税・所得税ニ於テモ之ヲ按排スルト云フコトガ最モ必要デアルト思フノデアリマス、六月ニ致シマスト府県税トカチ合フカラ困ツタト云フヤウナ報告モ得テ居リマスガ、是ハ今地租ノ納期ハ永久ニ斯ノ如ク相成リマスレバ、府県税等ノ徴収等ニ於キマシテモ、地方々々ノ情況ニ依リマシテ之ヲ変更シ、巧ク按排スルコトモ出来得ルト思ヒマスカラ、ドウカ是ハ一時千弐百万円ノ欠陥ヲ生ズルノデ御困リカモ知レマセヌケレドモ、サウ云フヤウナ行キ懸リモアリマスノ
 - 第56巻 p.575 -ページ画像 
デ、米価調節ニ非常ナ効能ガ仮リニ無イト致シマシテモ、財政ノ調節ノ上カラ大体見渡シテ此ノ点ニ御賛成アルガ当然ダト思ヒマスカラ一言致シマス
○二十八番(小山健三君) 私ハ先刻事実上ニ付イテ段々当局ノ御方ニ御尋ネヲ致シマシタガ、不幸ニシテ御答弁ヲ得マセヌ、甚ダ遺憾デアリマスガ、マア斯ウ云フコトハ既ニ一ケ年ヲ経マシテ、其ノ結果ヲ見マシタナラバ余程判断ノ材料ニナラウト思ヒマシタガ、乍併ソレモ余儀ナイ次第デ、心ノ中デ是ハ判断スルヨリ外ニ仕方ガナイ、ソレデ大抵議論モ尽キタト思ヒマスカラ、討論終結ノ動議ヲ提出致シマス
  (「賛成」ト呼ブ者アリ)
○十五番(法学博士水町袈裟六君) 先刻来各委員ノ御方ノ色々有力ノ御意見ヲ拝聴致シテ居リマシタガ、私ハ本案ニハ反対ノ意見ヲ述ベマス、実ハ私ハ特別委員ノ中ニモ加ハツテ居リナガラ屡々欠席ヲ致シマシテ、到頭其ノ委員会ニ於テモ意見ヲ述ベルコトガ出来マセヌデ、今日ニナリマシテカラ、反対意見ヲ玆ニ述ベヌトスルノハ甚ダ《(ン)》不穏当ノヤウニ思ヒマス、是ハドウカ一ツ特ニ御許シヲ願ヒマシテ、此ノ案ニ対シテ反対ノ意見ヲ述ベマスデゴザイマス、ソレニ付キマシテ先刻来岡田委員・菅原委員・矢作委員、是等ノ委員ノ間ニ多ク見様ヲ異ニシテ居ル事実ノ御報告ガアリマシタノデゴザイマスガ、私ハ此ノ事実ノ見解ニ付キマシテハ、菅原委員ノ見解ニ今日ニ於テハ大体同意ヲ致シテ居リス、必ズソレニ間違ヒナイト確信ヲ致シテ居リマス、併シソレハ一歩ヲ譲リマシテ多少ノ疑問ヲ存シ得ルトシマシテモ、矢作委員等ノ御見解ハ菅原委員ノ事実ノ御見解トハ少ナクトモ両方相対立シ得ルト云フコトガ言ヘヤウト思フノデゴザイマス、是ハ同ジ事実ヲ取リマシテモ銘々ノ考ノ置キ所ニ依リマシテ見解ハ自然ニ異ナリ得ル訳ノモノデゴザイマスカラ、是ハ何等ノ皮肉モナク、又何等ノ事ナクシテモ相当ニ対立シ得ルモノト見マシテ宜シカラウト考ヘテ居リマスルデゴザイス ○中略 斯ウ云フ考カラ致シマシテ、私ハ此ノ案ニハ今日若シ決定ト云フコトデアリマスナラバ、反対ヲ致シマス、先刻九番委員ヨリ猶是ハ重大ナル問題デアルカラシテ、慎重ノ講究ヲ要スル、更ニモウ一層研究ヲ続ケテ見タラドウカト云フ如キ御趣意ノ御意見ガゴザイマシタ、至極私ハ御尤モト考ヘマシタ、斯ウ云フコトデアリマシタラ、事ニ依リマスルト、此ノ地租ノミデナク、全体ノ租税制度ニ渉ツテズツト響クコトデゴザイマシテ、汎ク其等ノ講究ヲ試ミマシタナラバ、非常ナ利益ヲ得ラレルコトデアラウト考ヘマスカラ、今日九番委員ノ御希望ガ通リマスヤウデアリマスレバ、私ハソレニ勿論賛成ヲ致シマスガ、今日此ノ席ニ於テ此ノ案ノ可否、即チ二読会ニ掛ケルカ否ヤト云フ御採決ガアルト云フコトデゴザイマスレバ、私ハ此所デ反対意見ヲ申述ベマス
  (「採決」「討論終結」ト呼ブ者アリ)
○議長(男爵渋沢栄一君) 段々御議論モ尽キマシタヤウデゴザイマスガ、今二十八番カラ討論終結ノ御提議ガゴザイマシタ、サウスルト二十六番ノ御説ガ成立チマスト二読会ヲ開クニ及バヌト云フコトニナリマス、二十六番ノ御説ニ対シテ決ヲ採リマス、二十六番ノ反対ノ御説
 - 第56巻 p.576 -ページ画像 
ニ御同意ノ御方ハ御起立ヲ願ヒマス
  起立者 少数
○議長(男爵渋沢栄一君) ソレデハ九番ノ御説ハ十五番ノ賛成ガゴザイマシタカラ、九番ノ今一応調査シテ見ヤウト云フ御説ニ御同意ノ御方ハ御起立ヲ……
  起立者 少数
○議長(男爵渋沢栄一君) 少数、ソレデハ二読会ニ移スコトニ決定致シマス、今日ハ是デ休会ヲ致シマス、チヨツト申上ゲマス、明日モ九時カラ開会致シマス、明日ハ午後モ継続致ス考デゴザイマス、ドウゾ成ルタケ定刻ニ御揃ヒ下サルコトヲ希望致シマス 正午散会
   ○当会第二回会議ハ九月四日ヨリ五日間ニ亘リ開催サレ、恒久的米価調節策ニ関スル特別委員会ノ決議案ニツキ審議シ、多少ノ修正増補ヲ加ヘテ之ヲ可決、九月十四日農商務大臣ニ答申セリ。
        答申
     米価ヲ常時調節スルノ方法御諮問ノ件本会ノ決議ニ依リ別紙 ○略スノ通リ答申候也
      大正五年九月十四日
                  米価調節調査会々長 河野広中
        農商務大臣 河野広中殿
   ○栄一ハ右会期中九月六日以外ハ出席セズ。


法令全書 大正五年上巻 内閣印刷局編 刊 【朕米価調節調査会官制廃…】(DK560126k-0003)
第56巻 p.576 ページ画像

法令全書 大正五年上巻 内閣印刷局編  刊
朕米価調節調査会官制廃止ノ件ヲ裁可シ玆ニ之ヲ公布セシム
 御名 御璽
  大正五年九月二十八日
             内閣総理大臣 侯爵 大隈重信
             農商務大臣     河野広中
勅令第二百二十三号(官報九月二十九日)
米価調節調査会官制ハ大正五年九月三十日限リ之ヲ廃止ス


青淵先生公私履歴台帳(DK560126k-0004)
第56巻 p.576 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳           (渋沢子爵家所蔵)
    任免叙授
大正五年九月二十八日 米価調節調査会官制廃止