デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

1章 家庭生活
1節 同族・親族
2款 親族
■綱文

第57巻 p.78(DK570033k) ページ画像

大正5年3月13日(1916年)

是日、栄一外孫阪谷希一、三島寿子ト結婚ス。二十六日栄一、帝国ホテルニ於ケル披露宴ニ出席シテ、祝辞ヲ述ブ。


■資料

(阪谷芳郎) 家庭日記 大正五年(DK570033k-0001)
第57巻 p.78 ページ画像

(阪谷芳郎) 家庭日記  大正五年    (阪谷子爵家所蔵)
三月十三日 曇天
 希一・三島寿子結婚ス、日比谷太神宮ニテ式ヲ挙ゲ、ホテルニテ祝宴ヲ開ク ○下略
   ○中略。
三月二十六日
 帝国ホテルニテ希一新婚披露、来客七百人、食堂ヲ松竹梅三間ニ分ツ、余興長唄伊十郎・音蔵、三味線六左衛《(門脱)》、其他ハヤシ入リ、翁ト石橋二番、挨拶橋本圭三郎・渋沢男・徳川公(家達)・石黒男(忠悳)・加藤男(高明)


竜門雑誌 第三三五号・第六七頁 大正五年四月 阪谷家の結婚披露(DK570033k-0002)
第57巻 p.78 ページ画像

竜門雑誌  第三三五号・第六七頁 大正五年四月
○阪谷家の結婚披露 本社評議員会長たる阪谷男爵令息希一氏は三島弥太郎子令嬢寿子と婚約成り十月十三日華燭《(三月)》の典を挙げたる由なるが同月二十六日午後三時半より帝国ホテルに於て其披露の宴を催せり、当日招待を受けし朝野の貴顕紳士貴女一千余名来会、余興として長唄翁(千歳三番叟)石橋等あり、右畢つて媒妁人橋本圭三郎氏及び青淵先生の祝辞演説あり、夫れより食堂を開き徳川公爵の祝辞ありて七時過芽出度散会したる由。