デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

1章 家庭生活
1節 同族・親族
2款 親族
■綱文

第57巻 p.84-87(DK570039k) ページ画像

大正9年4月4日(1920年)

是日、栄一嫡孫敬三・外孫穂積重遠等ノ発起ニヨリ、栄一ノ長寿ヲ祝シ、三田綱町渋沢邸ニ於テ、栄一ノ孫及ビ曾孫等、子供会ヲ催シ、各自手書ノ名札ヲ貼付セル賀帖ヲ贈ル。


■資料

(穂積歌子) 日記 大正九年(DK570039k-0001)
第57巻 p.84-85 ページ画像

(穂積歌子) 日記  大正九年     (穂積男爵家所蔵)
四月四日 雨午後曇
○上略
三田渋沢邸に於て
孫曾孫多数ノ催
 - 第57巻 p.85 -ページ画像 
渋沢老男爵年賀園遊会
○下略


賀帖 【喜びの日の歌】(DK570039k-0002)
第57巻 p.85-86 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕(穂積歌子) 日記 大正一〇年(DK570039k-0003)
第57巻 p.86 ページ画像

(穂積歌子) 日記  大正一〇年    (穂積男爵家所蔵)
五月十五日 快晴 秋冷
○上略
綱町邸子供会 今日綱町邸に於て子供会催され、重遠・仲子・重義に市河の両児・女中きえ・そよ同乗同所に赴く、ほゞ昨年の時の如く諸家の子供及其親たち……集りいろいろ遊戯なし歓を尽したる由にて四時過帰り来る、見に行きたかりしが遠路自動車度々往復せしむるもおつくうなれば歌子等行かず
○下略
 - 第57巻 p.87 -ページ画像 



〔参考〕(増田明六) 日誌 昭和二年(DK570039k-0004)
第57巻 p.87 ページ画像

(増田明六) 日誌  昭和二年      (増田正純氏所蔵)
十一月二十日 日 晴           明石氏運動会
今日は天気快晴風も無く誠ニ申分なき秋晴であつた
午前九時半より明石氏ニ運動会ニ招かれて、手伝旁参観ニ行つた、松子も子供達も招かれたのであつたが、松子は腎孟未癒《(盂)》、正純は五中の各組ベースボール競技、義純はお多福風の為め行かれぬので、独り忠純丈けなら却て行かぬ方がよからふと云ふ事ニ無《(成)》つて、小生のミ行つたのである、催しハ同族子供運動会で、各家の子供諸君二十人来会、参観人の内ニハ子爵・阪谷男爵・穂積令夫人等も見ヘられた、午前十時に始まり午後二時ニ終了、中々の盛況であつた
○下略